イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

ワインテイスティング in ストロッツィ宮

フィレンツェで年に2回開催される、pitti immagine主催のファッションの展示会。
「Pitti uomo」の期間中は特に、フィレンツェの至る所でイベントが行なわれます。

イタリアソムリエ協会AISが催したイベントは、palazzo Strozziでのワインテイスティングという粋なもの。
ストロッツィ宮とは、16世紀前半に完成した、ルネッサンスのパラッツォ建築を代表する建物です。
企画展などがよく行なわれていますが、中に入るのは今回が初めて。

b0140740_7391073.jpg


建物を入ってすぐの吹き抜けの空間にテーブルが並べられ、AISのソムリエたちがワインをサービスしています。同じコースで学んだ友人達もちらほら。
ビールの授業などをしていただいたタッデイ先生のお姿も。
ワイングラス片手に他の先生と談笑なさっていたので、「お仕事?じゃないですよね(笑)」

b0140740_818397.jpg


ボトルにスワロフスキーガラスが123個付いていることで有名なDIADEMAの赤を飲んでみました。50~60ユーロ前後するこのワイン。ボトルは素敵ですが・・・。
でもこれ、捨てるのもったいないですよね。
かといって、ボトルからスワロフスキーを取ったりもしないだろうし。誰もが1個は取ってみようと試みるでしょうが。というか、私だったらします(笑)。
もしくは、簡単に剥がれたりして。

小さなBOXに入ったパニーノ&アーモンドを配っていたので、ぱくり。
でもこのパニーノ、超ミニサイズで、2口で終わってしまいました。

b0140740_828047.jpg

[PR]
by italiawine | 2008-06-26 08:31 | ワイン