イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

2017年 11月 03日 ( 1 )

買い過ぎには気を付けたい、フランス・メルカート

d0219019_22560091.jpg
イタリアではなかなか味わえない、バターたっぷり、サクサクのクロワッサン。
毎年恒例のフランス・メルカートがフィレンツェにやって来ました。
クロワッサンを買いに行かなきゃと思いつつ行かれないまま、いつの間にか最終日。
どうする、面倒くさい、いや、でも、クロワッサンが待っている。
ようやく重い腰を上げて、行って来ました。

d0219019_22584387.jpg
と言っても、うちから徒歩5分。
家の前の道から、会場にある教会見えてるし。

快晴の下、サンマルコ広場を突っ切ります。
広場中央に立つ銅像。
ミケランジェロ広場のダヴィデ像もそうだけれど、こういう銅像の頭には必ずと言っていいほど鳩がとまっていますよね。
厳格な雰囲気の銅像と、小馬鹿にしたように頭に乗った鳩のギャップに、いつも可笑しくなります。

d0219019_22592167.jpg
左にはサンマルコ教会。
青い空に白いファサードが映えますね。

d0219019_23000467.jpg
そこから2分ほど歩いてサンティッシマ・アンヌンツィアータ教会。
イタリアに来た頃、なかなか覚えられなかった名前です。
今となっては懐かしい。

今日はこの教会前の広場が会場。

d0219019_23030783.jpg
聖人の日の祝日、しかもお昼時とあって混んでいます。

d0219019_23040569.jpg
すぐにお目当てのパン屋さんへ。
皆忙しそうに働いています。
会場内で、このパン屋さんが1番集客率が高いと思います。

d0219019_23045979.jpg

真ん中の黄色いトウモロコシパンも美味しそう〜。
だが大きい。
1人暮らしを呪うのはこういう時。

d0219019_23055047.jpg
かぼちゃのスープ屋さん。
ハロウィンらしいディスプレイが可愛いです。

d0219019_23065322.jpg
魅了的なチーズ屋。

d0219019_23074394.jpg
日本でも人気のモンドールが€12(約1600円)。

d0219019_23083337.jpg

美味しそうで思わず買ってしまったベリー類の載ったパン。
このクラムに何故か弱い私。クラムが載っていると、ついつい食べたくなってしまいます。
2年前のこのマーケットの写真を見たら、同じパンの写真が撮ってあり、思わず笑ってしまいました。
好きな物はあまり変わっていないようです(笑)。
でも、味は日本のメロンパン、中もそれほどふかふかしておらず、いまひとつでした。

d0219019_23092646.jpg
全く買う気のなかったジャム類。
なんの気なく足を止めると、スイスでとっても美味しかったヨーグルトに入っていたルバーブが!
子供の頃から大の食いしん坊ゆえにお菓子作りが趣味だった私は、あらゆるレシピ本でよくこの「ルバーブ」という物を目にしていました。ただ、日本では実物を見る機会はなし。
イタリアでもあまり普及していません。
1度ルバーブ入りのパイを食べたのですが、甘酸っぱくて「こんな物か」と思っただけ。
それだけに、スイスで食べたルバーブ入りヨーグルトの美味しさは衝撃だったのです。

ただ、甘過ぎるジャムが苦手なので、売っているおじさんに「これかなり甘いですか?」と質問。
フランス人のおじさんはイタリア語がわからないながらも「甘い」という単語は認識したようで、「甘いよ。ジャムだもの!」
そ、そうですよね。。。私は甘さ控えめかどうかを知りたかったのですが、そんな微妙なイタリア語が彼に通じる訳もなく、諦めました。
2個買うと安くなるというので、もう1つはマンゴー味を選択。
フランスなのにマンゴー味って!
どう考えたってフランスでマンゴーは栽培していないでしょう。
実はこれも理由があり、この夏パリのジャック・ジュナンのチョコレート屋さんに行った際、そこのマンゴー味のキャラメルがこれ又衝撃の美味しさで、「フランス=マンゴーが美味しいかも?」という図式が頭の中に成立。
勿論フランス産マンゴーはないだろうから、「フランス=マンゴーの使い方が上手い」という図式に勝手に書き換えました。
まあジャック・ジュナンの使う上等でこだわり抜かれたであろうマンゴーをこのマーケットで売っているジャムに期待するのは浅はかとも思われますが、好奇心に任せて買ってみました。

d0219019_23100649.jpg
禁断のクッキー屋。
これ、全く同じお店が、クリスマス前にサンタ・クローチェで開催されるヨーロッパ・メルカートに毎年出るのですが、毎年買わずにはいられない代物。

d0219019_23104665.jpg
昔はバターガレットが好きだったのですが、この手前の小さなカラメル味のクッキーが出てからは、毎年こればかり大量に買います。
今回もこれを15枚程、そして新入りのクイニーアマン(右)とココナッツサブレ(左)もお試しに。

そして、〆に今日の第一目標のクロワッサン売り場へ(←まだ買ってなかったんかい!)。
隣のおばちゃんが「クロワッサン4つ頂戴」と袋に詰めてもらい、終わりかと思ったら「もう4つ入れて」って。
えー全部買い占めないでね〜と心の中で祈っていたら、焼き立てのクロワッサンが運ばれて来ました。
やったね!!!
もう既に色々買ってしまったし、ここはクロワッサン2つとパン・オ・ショコラを1つにしておくかと思いましたが、おばちゃんも利用していた『クロワッサン3つ購入で1つおまけ!』という看板に誘惑され、
「クロワッサン4つとパン・オ・ショコラ1つ下さい」

えっっっ、あなたは淋しい一人暮らしですよね?
この大量の、しかも今日中に食べるのが最も美味しい物ばかりをどうするつもりですか?

まあまあ。美味しいクロワッサンは、1日経っても、そこら辺で売っているイマイチなブリオッシュよりは絶対美味しい! 
毎食1つずつ食べたって、明日のランチには無くなっちゃうじゃん!
そう思って、思いがけずに散財した袋たちを抱えて意気揚々と帰宅。

すぐに食べましたよ〜クロワッサン。
そして、それが悲しいことにあまり美味しくない。
え、こんなはずでは。。。2年前はもっと美味しかった、絶対に。
4つも買ってどうすんだい。
パン・オ・ショコラまで、チョコが少ししか入っていなくて期待を大裏切り。
楽しい食卓になるはずが、いきなりの罰ゲーム化。
これを1人で全て消化しろとー!?(←だから言ったのに)
24時間以上経過した今も、2個のクロワッサンが袋に入ったまま出番を待っています。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2017-11-03 00:36 | 市場・マーケット