イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 4 )

フィレンツェで美味しい日本食レストランは?

d0219019_1435639.jpg


イタリアにいると「お寿司作ってよ」と イタリア人の友人によく言われます。
日本でお寿司なんか握ったこともないのに、こちらに来てから何度か作る羽目になった日本の方も多いはず。私もその1人です。イタリア人はお寿司を家庭で作るものと思っているのですよね。手巻きやちらしは家でも作りますし、巻きスダレが家にある事を考えると、巻き寿司も母が作っていたような気がします。
でもイタリア人が考えるような握り寿司は外で食べたり買ったりするもの。あんなに沢山の種類のネタを家で用意したら大変ですし、寿司職人は何年も修行するもの。
イタリア人にねだられて作ったお寿司は職人さんのそれにはほど遠いものの、見た目だけはどうにかそれらしくできます。大体本物のお寿司を食べたことのないイタリア人。職人さんと私の腕の、月とスッポンさながらの違いを知る由も無し。あーあーと思う程、醤油にどっぷりと付けて食べています。意外にわさびが好きな人も多いです。

d0219019_1492414.jpg

私がこちらに来た10年前、フィレンツェの日本食といえば老舗の「エイト」に「桃山」が二大巨頭。どちらも値段は高いものの、それなりに美味しい日本食が味わえました。「エイト」は閉店し、現在はありません。
その後できた中国人経営の「wabi-sabi」は、働いていた日本人の友人の評価が良くなかったので、イタリア人にはそこそこ人気があるものの、私は行ったことがありません。同じ経営者が寿司に的を絞った「寿司マニア」をドウォーモ近くにオープンし、2号店もバッソ要塞近くにできましたが、1回行ってもういいかなという感じでした。ここでも別の友人が働いており、時々閉店後に余ったものを持ってきてくれました。1度そのサーモンで同居人がお腹をこわしてから、ちょっと食べるのが怖くなりましたが。

そしてサンタ・クローチェ前の「Kome」。ここは1階が回転寿司、2階が焼肉で、どちらもフィレンツェ初ということでオープン当初は話題を呼びました。
お昼は€15で5皿食べられるということで、私もお寿司を食べに1度行きましたが、味はいいもののポーションが小さく、一緒に行った日本人の友人共 腹5分目ほどにしかならず(彼女も女性です。私が大食いな訳ではないです、念の為)、それ以来行っていません。

数年前、まるで雨後の筍のようにあちこちに中国人経営の日本食レストランができてから、日本食も以前より気軽に食べられるようになりました。私の周りのイタリア人も、日本食をよく食べに行く人が何人かいて、彼等の行くのはこれらの中国人経営です。
サン・フレディアーノ門近くの「Yagura 」が火〜木に€22でAll you can eatを始め、何度か行きました。€22で、メニューにあるものが全て注文できるのです。
中国人経営ではないですが、€20で食べ放題の「ピングースト」はブッフェ形式なので席をいちいち立つので落ち着かないですが、「Yagura」は注文を受けてから作って席まで運んでくれるので、友人とのお喋りに集中できます。
この「ピングースト」もイタリア人に人気ですが、回転寿司のネタがどれも鮭とマグロ、台に並んでいる料理は中華がメイン、強いて良い点を挙げるならば、鉄板焼きをその場で焼いてくれることでしょうか。でも本当か否か、ゴキブリが出て一時営業停止になったとか、お肉の中からこちらで犬を飼う時に犬に埋め込むチップが出てきたとかいう噂を最近耳にしました。真意のほどは定かではありませんが。

最近のお気に入りは我が家の近くの「Aji tei」です。ここは以前からあり、隣の中華料理屋「osir」と同じ経営です。「osir」はフィレンツェの平均より若干値段が高め
ですが、私の好きな中華料理屋2店の内の1つなので時々行きます。「Aji tei」がAll you can eatを始めたというので行ってみました。平日€25、土日祝€27です。
「Yagura」との違いは、ここはお刺身とデザートもメニューに含まれている点です。お刺身は鮪、鮭、甘エビ、鯛、スズキと種類もあり新鮮で美味しいです。握りも種類が豊富な上に、こういう店によくあるお米で満腹にさせようという魂胆の大きなシャリではなく、小さめなのが良心的です。
これらのお店に共通しているのは、太巻きと裏巻きの種類が多く美味しいことです。カリフォルニアロール系の、日本では見ない具の合わせ方で邪道と言えば邪道ですが、美味しいのでアリです。

d0219019_1512756.jpg

一昨日のお昼はプラート門近くの「Hoseki」へ行きました。ここは友人がオーナーと知り合いなので、お昼に時々行きます。こちらで生まれたのか、フィレンツェ語を話す中国人姉妹の感じがいいです。
海老フライをお米&サーモンで巻いた太巻きは温かく、美味でした。
海老天と蟹フライの裏巻きはどちらも美味しいのですが、それぞれに掛かっているテリヤキとマヨネーズソースの味が強く、無い方がいいみたいです。
でもこの太巻きと裏巻き、癖になって又食べたくなるんですよね。

d0219019_152994.jpg

甘エビの軍艦を頼んだら、りんごを細かく切ったものと和えてありました。ソースにしろりんごにしろ、この余計なものを足すのは彼等の方針なのか。でもこの軍艦、意外といけます。
食後のカフェはお姉ちゃんの旦那さんのイタリア人が淹れてくれるのがミソです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

Aji Tei
Viale Spartaco Lavagnini 38/a, Firenze
TEL 055-476100

Hoseki
Via il Prato 64-66/r, Firenze
TEL 055-282012
[PR]
by italiawine | 2017-01-23 03:15

フィレンツェで持ち寄りサンデーブランチ

d0219019_22584664.jpg


先週の日曜日は、私の友人であり仕事場のボスでもあるチーロの家にサンデー・ブランチのお呼ばれ。よく晴れた日曜日で、屋上のテラスでのランチにぴったり。

d0219019_23131279.jpg

14人+子供2人の大人数。イタリア・アメリカ・日本の3国籍。
皆で持ち寄った料理とワインもすごい量。

d0219019_2314576.jpg

さすがアメリカ人が作っただけあり、ケンタを彷彿とさせるチキンフライサンドで美味し〜い。
イタリア人男子に大人気でした。ケンタを食べたことがないでしょうから、初めて食べる味なのでしょうね。イタリアでは今年やっとローマにKFC1号店がオープンしたようです。

d0219019_23163843.jpg

辛口手羽先。結構辛い。

冒頭の写真はこの日の1番ヒット、ごま醤油手羽先。
鳥良の手羽を思い出させる味で、3つも食べちゃいました!
あー又食べたい。

d0219019_2321457.jpg

ワインもどしどし開けていきます。
珍しいカリフォルニア産のバルベーラ。
バルベーラは主にピエモンテ州で栽培される、イタリアの葡萄品種です。

d0219019_23194691.jpg

甘い物も盛り沢山。
ものすごくアメリカンチックなブルーベリーパイと思ったら、意外にもイタリア人作でした。

d0219019_23233959.jpg

沖縄のサーターアンダーギーに見た目そっくりなアメリカンドーナツ。

写真を撮りませんでしたが、私はティラミスを持参。
こんなに甘い物が持ち寄られるとは知らず、3台も作りました。
でも2台は終了し、3台目は翌日のチーロの朝食になったので、結果オーライ♪

d0219019_23283489.jpg

クッキー。
ここまでくると、さすがに甘い物好きの私でも手が出ません。
沢山食べた後に、この粉系、しかも1つのサイズが大きい物はきついですよね。
あっでも、この前にスコーンとワッフルも食べています(笑)。
手作り焼き菓子は大好きなのに残念!と思っていたら、私が甘い物に目が無いのを知るチーロが「持って帰っていいよ」と言うので、少し貰ってきました。良かった〜。

d0219019_23265187.jpg

14人で12本開けました!005.gif


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2016-10-05 23:09

Taste 〜食のイベント

d0219019_231941100.jpg


フィレンツェの有名なファッション展示会「Pitti」を主催するPitti Immagineが毎年3月に行う食の祭典「Taste」。今年で8回目を迎えます。大小あらゆるイベントが1年中行われるフィレンツェでも、私が最も好きなイベントです。
パスタ、生ハム、サラミ、チーズ、オリーブオイル、バルサミコ酢、チョコレート、クッキー、ワイン、ビール、コーヒー、紅茶、水まで、280もの食品会社が集まります。
その中には友人達の作る美味しい物も幾つかあるのでご紹介。

d0219019_23365366.jpg


フィレンツェで知らなければモグリとも言われるクラウディオ&クラウディア兄妹の作るトルタピストッキ。卵・バター・小麦粉・砂糖を使わずに作るそれは、生チョコのようなタルトです。
今回Tasteで紹介された新製品は、クラウディオとタイ人の奥さんの間に生まれた女の子エリーザにちなみ、ホワイトチョコレートに東洋のフルーツとスパイスを使用したエキゾチックな味です。柚子の香りがとてもいい感じです。

d0219019_2343784.jpg


とても人のいいリックの作る職人ビール、MOA。先日リミニで行われたコンクールでは、イタリアン・ゴールデン・エール部門で2位に選ばれました。日本のNTTのようなテレコムイタリアで働く傍ら、趣味が高じて友人のアンドレアと自分達のビールの製造販売を開始したのは2011年。どんどん大きくなっていく彼等の黄金の飲み物を見ているのは嬉しいものです。

d0219019_0435275.jpg


トリッパで有名なレストラン「Il Magazzino」のオーナー、ルーカ。今日もトリッパ入りのパニーノの実演で大盛況でした。
[PR]
by italiawine | 2013-03-14 00:56

モンテプルチアーノ

この1週間は、トスカーナワインのお披露目時期。今秋9月や10月に市場に出される新しいワインの試飲会がめじろ押しである。
2月13日はモンテプルチアーノで作られるDOCGワイン、ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノの試飲会へ行ってきた。
36のワイナリーが参加し、2010年のロッソ・ディ・モンテプルチアーノと2008年のヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ、またそれ以前の年のものやヴィン・サントを用意している。
この試飲会はジャーナリストやバイヤー、ワイン関係者のために開かれるので、入場料は無料だが招待券が必要となる。

d0219019_7552551.jpg


入り口で招待券を提示し、グラスを貰って会場へ入る。去年までは広場にテントを張って会場が作られていたが、今年はフォルテッツァ(要塞)の改修工事が完成したので、そちらで行なわれた。屋外に張られたテントでは暖を保つ為に暖房を付けっぱなしにしなければならず、かなり経費が掛かったそうで、今回は改修が間に合って良かったと関係者が話していた。

すぐに友人アンドレアのいるコントゥッチCONTUCCIへ。彼の家はモンテプルチアーノに代々続く家族で、ワインをこの地で作り始めて1000年の歴史を持つ。彼も住む屋敷はテアトロ広場に面して建ち、見学も常時受け付けている。
この日のために樽から出して瓶詰めしたという2008年ものはまだ若くタンニンが強いが、2007年と2006年ものはもう味も落ち着いて、この日試飲したワインの中でも上位に入る。1500本しか生産していないという2001年もののヴィン・サントは会場には持ってきていないが、テアトロ広場のワイナリーで飲めるから行っておいでと言われるが、試飲会が終わる頃にはそんな元気はもうなく、またの機会にと諦める。

d0219019_829429.jpg


昼食には無料のブッフェも用意され、地元産の生ハム&サラミ類、フレッシュなリコッタチーズやペコリーノチーズ、オリーブオイルが味わえる。先に食べていた友人マヌエルに、「ポルケッタ(子豚の丸焼き)は外せないよ」と教えてもらうが、私が並んだ時はすでに子豚の残骸のみが残されていた。チーズとサラミを食べている間にパンもなくなり、オリーブオイルも試せなかった。仕方ない・・・。

食後には私の大好きなヴィン・サントを。いくつかのワイナリーのものを試すが、最後は私のお気に入りのヴィッラ・サンタンナVilla S.Annaで〆る。琥珀色の液体はシロップのように濃い。ここのヴィン・サントを知ったのは偶然で、ある日ソムリエコースの手伝いに行くと、数十本栓の抜かれたヴィン・サントが置いてあり、好きなのを持って行っていいよと言われる。有名どころのアヴィニョネージなどはグラス1杯分ほどしか中身が入っていなかったので、わからないままに2本を選ぶ。その内の1本がこのサンタンナで、その美味しかったこと。エノテカなどより安く買えるワイナリーでも50ユーロするというから、美味しくなければ怒るというものだ。

d0219019_8443182.jpg


サンタンナの生産者に「いつも来ているでしょ」と言われるが、ここは去年と今年でまだ2回目なんですけど。他の試飲会で見かけたのかもしれないが、アジア人は全て同じに見えるというイタリア人のことだから、あまり当てにはできない。
[PR]
by italiawine | 2011-02-21 08:54