イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ドルチェ( 15 )

ヴィーニタリーで見つけた美味しくて甘い物

d0219019_19574447.jpg
4日間続いたワインのイベント「ヴィーニタリー」も最終日。
毎年最終日は来場者も少なく、生産者も早く上がる気ムード満々なので、のんびりした1日となります。
時刻も既に15時を回っており、もうそろそろ片付け始めようかねという雰囲気。

そんな時、近くのブースの生産者が↑上のお菓子を1本持って、友人である私の隣の生産者に
「これ、すごい美味しいよ!!試食で出たら一気に人が集まって、もうないかもね。今までに食べたことがないほど美味しいんだから!」と興奮気味にまくし立て、そのまま自分のブースへ戻って行きました。

甘い物にはとりわけ目のない私。
知り合いでもないのに彼のことを追いかけ、
『今聞いていたんだけど、それ何処でやっているの?』
と質問しました。

どうやら隣のピエモンテ州のパビリオンにあるスローフードのブースで扱っている様子。
私のブースから歩いて1分程の近さなので、ささっと急いで行ってみました。

d0219019_19574540.jpg
こちらのお姉さんが紹介していました。
経緯を話し、売ってもらえないかと頼むと
「売るのは無理だから、味見する?」
と1本くれました。棒状のパイ生地の上にアイシングが掛かっています。
そう、ヴィーニタリーはワインもそうですが、オリーブオイルや食品も試飲&試食は無料でも販売はしてもらえないのです。

d0219019_19574618.jpg
パイのお菓子もなかなかですが、私が気に入ったのはこちらのパネットーネ。
クリスマスに食べる、あのちょっとパサついたスポンジケーキにドライフルーツが入ったような物が市場の大半を占める、あれです。勿論こちらのように、少数ですが、中には美味しい物もあるんです。

こちらは、ブランデーと柑橘系の蒸留酒が染み込ませてあり、とてもしっとりしています。
私が毎年購入している、お気に入りのボンチ社の『パンブリアコーネ』をも上回るかのような美味しさ。
欲しい〜。売って〜!!

d0219019_19574493.jpg
私の溢れ出る気持ちを読み取ったのか、優しいお姉さんは、このパネットーネを1つと、パイ生地のお菓子を1パック持たせてくれたのです。
嬉し〜い。

いただいたパンフレットを見ると、トレヴィーゾにある『フラッカーロ』というお店。
1932年創業の老舗のお菓子屋さんで、15年以上前から原材料は有機の物を使用しているそうです。
美味しい上に安全。最高ですね。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2017-04-15 20:42 | ドルチェ

豆大福が人気の "虎ノ門・岡埜栄泉"

d0219019_23375758.jpg
どんどん行きます、食べ物ネタ。
書く方も飢えていたのではと思わせるこの勢い、このイキイキ感!(笑)

こちらもイタリアではまず食べられない、美味しい和菓子。
最近は中華料理屋さんでゴマ団子とかは食べられるようになったんですけどねぇ。
美味しい和菓子はまだまだ。

そんな私が飛びついたのが「虎ノ門 岡埜栄泉」。
おかのえいせん、と読みます。
d0219019_23375848.jpg
あらあら、こんなに並んでいます。
人気なんですね。
d0219019_23375988.jpg
店内は広くなく、お客さん3〜4人が入るといっぱいになってしまいます。
なので外まで列が続いているのですね。
持ち帰りのみで、2人の店員さんが対応してくれます。

豆大福が評判らしいのですが、桜餅も美味しそうだったので1つずつにしました。
大福は豆も大きく、もちもち。
桜餅は上品な甘さで、こちらの方が好みでした。

「ほっ」と。フォトコンテスト

日本の味、ほっとしますね。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

虎ノ門 岡埜栄泉 本店
港区虎ノ門3-8-24
Tel 03-3433-5550

[PR]
by italiawine | 2017-03-16 23:51 | ドルチェ

ジョルジョがやっぱり1番!カーニバル菓子

d0219019_00142227.jpg

この時季にしか見られない勇姿(笑)。
ジョルジョのウインドーいっぱいに並べられたカーニバル菓子の「スキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナ」、クリーム入りバージョン。
約20cm X 24cm四方のケーキが、この段のみならず上段にも並ぶ姿は圧巻です。

フィレンツェで1番人気のケーキ屋「Giorgio 〜 ジョルジョ」へ、カーニバル菓子を買いに日曜日に行って来ました。
d0219019_00142328.jpg
外まで続く列。
このお店ではよく見る光景。

d0219019_00142537.jpg
右が外から続くレジに並ぶ列で、左は会計を済ませた後に欲しい物を注文する人々。
すごい混雑です。
友人は「並ぶから他へ行こう」と言いますが、とんでもない!
甘いものをあまり食べない友人なので、この段違いの美味しさがきっとわからないのでしょう。
滅多に行列を作らないイタリア人が並ぶのですから、そこには理由があるというもの。
並ぶだけ価値のある美味しさなのです。

d0219019_00142416.jpg
こちらは「スキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナ」のクリーム無しバージョン。

d0219019_00142533.jpg
お米の入った揚げ菓子「フリッテッレ」。

d0219019_00142679.jpg
パリパリ、サクサクの揚げ菓子「チェンチ」。
全てカーニバルの時季にしか店頭に並ばないお菓子です。
昨日がカーニバルだったので、早いお店は昨日まで、食べられて今週いっぱいかなぁ。
中にはパスクアまで売っているお店もあります。
ジョルジョで聞いたところ、今週までは確実にあるそうです。

d0219019_00142354.jpg
「ほっ」と。フォトコンテスト

家に帰って「ほっと」したい場合はこちら。
沖縄のサーターアンダーギーのように見えますが、全て持ち帰りにした「フリッテッレ」。
左から、りんご入り、クリーム・ラム・レーズン入り、クリーム入りの3種です。
この真ん中の「クリーム・ラム・レーズン入り」が毎年不動の1位。
食べたことのない方、是非1度お試しあれ。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif
Pasticceria Giorgio
Via Duccio di Buoninsegna 36, Firenze
TEL 055-710849

[PR]
by italiawine | 2017-03-02 00:51 | ドルチェ

ベルギーの "レオニダス" チョコレート (旅行・お出かけ部門)

d0219019_20545124.jpg

友人夫妻から嬉しい贈り物をいただきました。
レオニダスのチョコレートBOX!
嬉しすぎます。

1週間前に貰ったのですが、開けるのがもったいなくて取っておきました。あはは。
でも生チョコレートは消味期限が短いことに気付き、開けることにしました。

ラッピングも品があって綺麗ですね。
イタリアにはないな、こういうの(笑)。

d0219019_20545099.jpg

ラッピングペーパーの縁を、箱の縁に合わすという手の込みよう。
ここまでなかなかできません。エライ!

そして、そして・・・

d0219019_20545021.jpg

わ〜美味しそう。

「レオニダス」は、1913年創業のベルギーのチョコレート専門店。
ギリシャの菓子職人レオニダス・ケステキディス氏という、舌を噛みそうな苗字を持つ方が創業したそうです。

今は無くなってしまったようですが、私の地元にもこの「レオニダス」があり、よく利用していたのでとても懐かしいです。
イタリア語を初めて習ったのが、地元の桜美林大学で行なわれていた市民向けの講座で、そこで知り合った友人が「レオニダス」で働いていて、何かと縁のあるチョコレート屋さんです。


d0219019_20544925.jpg

ずっしり重い箱の下にはもう1段ありました。
幸せ ♡

第一回プラチナブロガーコンテスト
↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2017-02-03 21:26 | ドルチェ

この時期だけのフリッテッレ(旅行・お出かけ部門)

d0219019_23293561.jpg


そう、この時期にしか食べられないお菓子。
そして、私が最も好きなイタリア菓子。
何故、この時期だけなんだ〜!!
と言いたくなります。

1月6日のエピファニア(キリスト教で、救世主の御公現の祝日)が過ぎるとお菓子屋の店頭に並び始め、カーニバル(謝肉祭)が終わると共に姿を消します。
今年のカーニバルは2月26日なので、このお菓子を食べられる期間はたったの1ヶ月ちょっと。
短過ぎる!

d0219019_002929.jpg

今朝、いつものジャコーザへ朝食を食べに行ったら今年初のフリッテッレがあったので、プレーンタイプとレーズン入りのを1つずつ注文しました。
カプチーノと一緒に。
大食いの私がこれだけで足りるの?と思われる方!
ははは。ジャコーザ近くのパン屋さん『TOP』でフリッテッレを買って帰るという目論みがあるからなんですねぇ。

第一回プラチナブロガーコンテスト

d0219019_03628.jpg

TOPへ入ると、あるある。
先週はまだなかったフリテッレがあります。
でも私のお目当てはこのオースドックスなフリッテッレではなく、冒頭写真のフリッテッレなのです。
厳密にいうとcastagnore〜カスタニョーレというお菓子で、揚げたシュー生地の中にクリームを入れた物。
でも、フィレンツェではこれもフリッテッレと呼びます。

TOPの店内は混み込みで、7〜8人並んでいたのでくじけそうになりましたが、今買わないと今日と明日のおやつがないので(明日まで全部食べずにいられるのか・笑)辛抱して並びました。

d0219019_0181952.jpg

同じくこの時期にしかないスキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナの生クリーム入りも買って、

d0219019_016175.jpg

美味しそうなクッキーも買って。
明日までもつかな、このおやつ(笑)。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2017-01-21 23:52 | ドルチェ

マロングラッセ入りパネットーネ

d0219019_245192.jpg


クリスマスも近くなり、イタリアのクリスマス菓子・パネットーネの時季ですね。
昔はオーソドックスなレーズンやオレンジのドライフルーツ入りの物しかありませんでしたが、近年はチェリー入り、リキュール入り、オリーブ入り、チョコレート入り、コーヒー入りなどなど、沢山の種類が出回っています。
お菓子屋さんの美味しい手作りパネットーネもここ数年人気です。

私も、チョコレート職人アンドレア・ビアンキーニのチョコたっぷりタイプや、フィエーゾレのお菓子屋さんアルチェードのパッシート(リキュール)入りなど色々試しましたが、今年の1個目は昨年買いそびれた栗系に決めました。

ヴィチェンツァで1938年から続くお菓子屋さん『Loison』の

マロングラッセ入りパネットーネ !!!

なんて素敵な響きなんでしょう 053.gif

d0219019_2455774.jpg

こんなにマロングラッセがごろごろ入っています。
しかもマロングラッセのクリーム入り。
栗好きにはたまりません。

d0219019_2463786.jpg

パッケージからして美味しそうです。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2015-12-05 02:54 | ドルチェ

食べ納めのフリッテッレ!(才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_21192167.jpg


前回に続き、フィレンツェで見かけるカーニバル菓子といえば『スキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナ』、そしてもう1つ外せないのが『Frittelle 〜 フリッテッレ』!
『 スキアッチャータ〜』はフィレンツェ特有のものですが、『フリッテッレ』はイタリアの他の地域でも見られるカーニバル菓子です。
昨年は『 スキアッチャータ〜』にはまっていましたが、今年は『フリッテッレ』がマイブーム。といいながら、『 スキアッチャータ〜』も軽く10回以上は食べましたが(苦笑)。フリッテッレなんていくつ食べたか覚えていません。

小麦粉、牛乳、砂糖、卵、バター、レモンの皮、イーストを混ぜて小さく丸め、油で揚げたお菓子です。これがオーソドックスなプレーンタイプです。

d0219019_21202514.jpg

フィレンツェでは『フリッテッレ・ディ・リーゾ』といって、お米の入ったものが一般的でしょうか。牛乳で米を柔らかく煮、砂糖・レモンの皮・小麦粉・イーストを混ぜて油で揚げます。割ってみるとこんな感じ。お米の粒々が見えます。

d0219019_21263293.jpg

こちらは林檎の産地で有名なトレンティーノ・アルト・アディジェでよく作られる林檎入り。
ヴェネツィアでは林檎の他にレーズンとピスタチオも入れるそうです。

d0219019_21211046.jpg

そして私の一押しはこちら!!
生クリーム&カスタードのミックスクリーム入りです。というか、今迄の記事を読んで下さっている方の中には「何でもこのクリームが入っていればいいんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、図星です(笑)。どんなお菓子でもこのクリーム入りが1番好きです♡ 本当に美味しいんだなぁ〜。こちらはパン屋「TOP」のものです。

d0219019_21231634.jpg

何件も他のお店を味見しましたが、「ジョルジョ」のものがさくさく&クリームの美味しさで1位です。
真ん中の白いアイシングのかかったものは、レーズン&ラム酒たっぷり、中にはさらにクリームが入っています。写真を見ただけで又食べたくなってしまいます。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]
by italiawine | 2015-02-26 21:26 | ドルチェ

今年はもう食べられない?スキアッチャータ・・・(才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_192810100.jpg


カーニバルのお菓子はイタリア各地で色々ありますが、フィレンツェを代表するお菓子といえば『スキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナ』。

平たいスポンジケーキのようなもので、小麦粉、砂糖、ラード、卵、オレンジの皮&絞り汁、牛乳、イーストが伝統的な原材料ですが、今ではラードの代わりに植物油を使うのが一般的なようですね。
薄く焼くのが基本で、高さは3cmを超えてはいけないとか。

d0219019_19292564.jpg

基本はこちらのスポンジだけのもの。
クリームでごまかしが利かないので、職人の腕が問われます。
レップブリカ広場にある「ジッリ」のものです。

d0219019_19315651.jpg

こちらは「ジョルジョ」の生クリーム&カスタードを合わせたクリーム入り。
すごい数ですが、いつも大混雑のフィレンツェ人御用達のジョルジョ。1日で軽く売り切ってしまうのでしょう。

d0219019_19365099.jpg

同じく「ジョルジョ」のミニバージョン。ミニなのにちゃんとフィレンツェの百合のマークが入っています。

d0219019_19385646.jpg

生クリームのみを挟んだもの。ポンテ・ヴェッキオ近くの「オープンバール」です。
ここは今どきなバールなのですが、意外にケーキは美味しくてあなどれません。

d0219019_19403871.jpg

今まで見たことのないチョコレートクリームバージョンも「オープンバール」で見つけました。

美味しいのに、カーニバルの時季が過ぎるとさっと街中から姿を消してしまうお菓子。
今年はもう食べられないかな?


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]
by italiawine | 2015-02-26 19:44 | ドルチェ

今日もフリッテッレを探して。。。(才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_18264931.jpg


先週土曜の朝は、いつものように中央市場のネルボーネで ↑ のパニーノを食べた後、
「今日はどこのケーキ屋に行く?」
ということで、マルチェッロに行くことに決めました。
今の時季にしか食べられないカーニバル菓子、クリーム入りのフリッテッレ(一口サイズの揚げドーナツにクリームを入れたもの)に目がないので、確か3〜4年前に食べて美味しかったマルチェッロのを食べなくては、という訳です。

フィレンツェの中心地から車で10分程、ガビナーナという地域にこのマルチェッロはあります。私のお気に入りのケーキ屋です。

d0219019_1829202.jpg

salata 〜 サラータと分類される塩味系のパニーノも美味しそうですねぇ。
写真のものは生ハム&きのこサンドです。

d0219019_183067.jpg

でもやっぱり甘い物かな。
クリームたっぷりのシュークリーム。
このたっぷり感がたまらない。

d0219019_18311382.jpg

ベリー類の乗ったヨーグルトタルト。

d0219019_18314424.jpg

アラゴスタ(伊勢エビ)という名の、形もそれっぽいサクサクお菓子。
これにも目がなくてよく食べます。
迷いますねぇ。

d0219019_18324541.jpg

でもやっぱりこちらも今しか食べられない、カーニバル菓子のスキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナのクリーム入りにしました。
カフェには可愛いハートマーク♡

そしてフリッテッレを持ち帰りにしようと思ったら、クリーム無しのオーソドックスタイプはあるけれど、クリーム入りはまだ時間が掛かるとのこと。
な〜に〜!!朝9時半にまだないなんて!
ジョルジョ(私の愛するケーキ屋)のフリッテッレなんて、9時にはもうしっかりウインドーに鎮座しているのに!
この時季にしかないお菓子なのだから、朝一で用意してよね、という感じです。
仕方がないので又出直しまーす。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]
by italiawine | 2015-02-12 18:37 | ドルチェ

夜中のクッキー by Giacosa

d0219019_855728.jpg


土曜の夜。

今夜は超混みだった仕事場のエノテカ。

家に帰ったのは23時過ぎ。

サラダ&カンパリオレンジの夕食の後、ネットをしながらくつろぎのひと時。

甘い物が欲しくなり、昨日カフェ・ジャコーザで買ってきたシナモン味のクッキーをぱくぱく。

ジャコーザはロベルト・カヴァッリ経営のカフェなので、可愛い♡型 016.gif にはなくていい気もするけれどRCのイニシャル入り。

d0219019_924534.jpg


バリエーション豊かとは言い難いイタリア菓子。

ケーキ屋も少ない上に何処に行っても似たようなケーキばかり。

さらに行きつけのケーキ屋さんは夏休みの所が多く、只今スイーツ難民中です。



↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2014-08-24 09:14 | ドルチェ