イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Il Vezzo〜イル・ヴェッツォ

d0219019_2394437.jpg


という訳で、昨日の予告通り本日はミニョンと同経営の隣りのレストラン「Il Vezzo〜イル・ヴェッツォ」をご紹介します。ご紹介とか言って、別に知り合いでも何でもないのですが。

中央市場のすぐ近く、グエルファ通りにあるこのレストラン。長いこと美味しくなさそうなピッツェリア&トラットリアのような店だったのですが、或る日家の近くで昼食時に何処かないかと探していると、小綺麗なレストランに様変わりしていたので入ってみることにしました。
二重のテーブルクロスに椅子までカバーが掛けてあり、小洒落たレストランの雰囲気。

d0219019_2421779.jpg

壁に自転車が掛けてあったりして面白いです。所どころに使われた石も効果的。

d0219019_2454198.jpg

ハウスワインの白はフィレンツェから車ですぐのフィエーゾレに畑を持つBibi Graetz社のCasamatta。

d0219019_2461484.jpg

まずはアンティパストに”vellutata di zucca gialla〜かぼちゃのスープ”。ちょっと多めの赤胡椒が味を邪魔するので、なければもっと美味しいです。

d0219019_2463019.jpg

友人は確か”スモークハムの薄切りフォアグラのせ”。ハムが普通の豚ではなくて何か別の物だったと思うのですが、忘れてしまいました。すみません。”petto d’oca〜ガチョウの胸肉”だったかなぁ。見た目がちょっとそれっぽいですよね。フォアグラだし。少しお味見させてもらいましたが、薄いフォアグラのねっとりまったり感とハムが好相性で良い一品です。

d0219019_247572.jpg

セコンドは2人とも”il filetto di cinta senese con mandorle e confettura di arance〜チンタ・セネーゼのフィレ肉・アーモンドソース、オレンジジャム添え”。オレンジのジャムは余計だったけれど、アーモンドの粒々ソースの食感がよく、お肉も美味しい。量も丁度いいです。

d0219019_2503959.jpg

ドルチェは”panna cotta al cioccolato bianco〜ホワイトチョコレートのパンナコッタ”。またパンナコッタですか、ですよね。お昼に1皿では寂しくて、2皿では具合は良いけれど、その後のドルチェにタルト等のお腹に溜まる物はもう無理で、そうなると口からスルっと入る柔らかいパンナコッタやプディング系にどうしてもなるんですね。わかっていただけるでしょうか。だったら食べなきゃいいんですが、食べないのも又寂しいんです。初めて入るお店では特にドルチェも確かめておきたいですしね。
ここのパンナコッタもちょっぴり残念でした。やや固めで、外のホワイトチョコレートが厚くてこちらも固くて。チョコの中を開けるとパンナコッタが出て来る見た目はいいのですが、食後にこのチョコ、しかも甘いホワイトチョコの固まりは重いです。ソースぐらいがいいのではないでしょうか。そしてパンナコッタはふるふるに。これ、大事なのに本場のイタリアでそうでない物にしょっちゅう出会うのはどうしたものでしょう。

d0219019_2511731.jpg

食後のコーヒー。2重になっているカップが可愛いです。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ


Ristorante Il Vezzo
Via Guelfa 24/A
TEL 055-281096
[PR]
by italiawine | 2014-02-07 02:51 | フィレンツェ・レストラン | Trackback | Comments(0)

Cake&Catering "Mignon〜ミニョン"

d0219019_2034571.jpg


今朝は8時に中央市場のネルボーネでスーゴのパニーノ。
水曜と土曜のみ”stracotto〜ストラコット”といって、牛肉の煮込みを挟んだパニーノが食べられるのですが、私は牛肉の塊は無しで、その煮込みソース、いわゆる”sugo〜スーゴ”のみを挟んでもらうのが好きです。ソースといっても挽肉も入ってミートソースのような感じです。
今朝は日本人の団体さんが10人くらい並んでいたので私と友人も列の最後尾に並んでいたのですが、パニーノを作るステファノが先に私達の分を作ってくれました。
自分達が並んでいてこれをやられると(イタリアではしょっちゅうこの場面に遭遇します)かなり頭に来るのできちんと列に並んだのですが、頼んでいないのにステファノが作ってくれちゃったので、申し訳ないと思いつついただきます。

以前”Piazza della Passera〜パッセラ広場” のバール「Caffè degli Artigiani〜カフェ・デッリ・アルティジャーニ」に行った時、私の前に3人程並んでいて、やっと私の番が来たと思ったらバールマンの知り合いで私の後ろに並んでいた女性3人に先にコーヒーを作って出したので、「二度と来てやるもんか」とそれ以降行っていません。その3人も始めから割り込む気満々なのが伝わってきていたので注意していたのですが案の定。本当に頭に来るんですよね、こういうの。このバールに昼間いる中年の男性は結構いい人なのに、この日の夜にいたこのメガネの男性のせいでイメージガタ落ちです。

さて、話を今日に戻して。
ネルボーネの後リナシェンテで用事を済ませ、まだコーヒーを飲んでいなかったのでうちの近くに昨年できた新しいケーキ屋へ行ってみます。
名前は「Mignon〜ミニョン」、小さい・可愛いという意味ですね。

d0219019_205458.jpg

コーヒーだけのつもりが、 全粒粉のブリオッシュとカプチーノを頼みます。
ショーケースにはキャロットケーキやアーモンド&レモンのケーキなど、焼きっぱなしの素朴なケーキが並んでいます。

d0219019_2065739.jpg

チーズやハムをサンドしたベーグルも美味しそう。お昼はサラダ(€5)やサンドウィッチなども食べられるそうです。

d0219019_2072515.jpg

店の奥へ進むとテーブル席があり、さらに先へ進むと

d0219019_2081238.jpg

庭にもテーブル席が並んでいます。今はまだ寒いですが、暖かくなれば気持ち良さそうな空間です。雨が降っていたので淋しい感じに写っていますが、実際はもっといい感じです。

d0219019_208407.jpg

アメリカンチックなカップケーキも。

d0219019_2011587.jpg

庭へ出る手前にはキッチンがあり、ケーキを焼くいい香りが溢れています。
隣りには同経営のレストランがあるので、次回はそこのレポートをお送りしますね。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

Mignon
Via Guelfa 24a
TEL 055-2654614
[PR]
by italiawine | 2014-02-05 20:12 | カフェ | Trackback | Comments(0)

「リストランテ・ナタリーノ」最訪問

d0219019_236422.jpg


前回の記事の「リストランテ・ナタリーノ」。4日前に再び行ってきました。

日本では考えられなかったけれど、こちらでは昼間でもワインを頼むのが習慣になっています。職場のエノテカでお昼のまかないを食べる時も、店で出しているグラスワインの中からその日の気分でチョイスして飲みます。
週に2日は休肝日にした方がいいとか聞きますが、こちらにいるとかなり難しいです。食事にワインかビールがないとなんだか物足りないんですよね。
例えば外でお昼を食べる場合、時間のある時は2人でワインを1本注文します。
時間のあまりない場合はグラスで1〜2杯。
この日は時間がない日だったのでグラスで頼みます。あまりワインに力を入れていないお店ですと、グラスワインでとんでもなく不味い物が出て来るので、無難に行きたい時は泡にします。泡ですと鬼のように不味い物はあまりないですし、泡の勢いで多少不味くてもどうにかなります。前回頼んだグラスワインがどうだったか覚えていなかったので、無難に泡にしました。フランスでいうシャンパンであるイタリアのスプマンテが良かったのですが、なかったのでプロセッコで我慢します。思ったとおり可も無く不可も無く。

前菜には冒頭写真の”polenta fritta con funghi〜ポレンタのフライ・茸のせ”、€8。ポレンタはあまり好きではありませんが、フライにしたのは好きです。ちなみにポレンタとはとうもろこしの粉を練ったもので、今ではインスタントで5分ほど練れば出来上がるものがありますが、本来は粉に水を加えて火にかけ、30分程混ぜ続けて作るものです。北イタリアの伝統料理で、肉の煮込みと合わせたりします。

d0219019_23986.jpg

こちらは友人の”penne alla carbonara piccante con pomodoro〜ペンネのトマト入りスパイシーカルボナーラ”、確か€12。カルボナーラには本来トマトも唐辛子も入れないので、要するに邪道なカルボナーラです(笑)。

d0219019_240320.jpg

私は”spaghetti alla bottarga〜からすみ(ぼらの卵)のスパゲティ”、確か€14。値段がうろ覚えですみません。私はオリーブオイルを使いますが、ここのはバターを使うようです。このパスタ、作るの超簡単なんです。削るか薄切りにしたからすみを茹でたパスタと和えるだけ。日本では珍味のからすみ、こちらでもそんなに安いものではありませんが1人前に使う量なんてたかが知れています。イタリアでは値段の高い肉屋やガストロノミ屋を揶揄して「gioielleria〜宝石店」と言ったりしますが、まさに中央市場のジョイエッレリーアであるチーズ屋のバローニには目玉の飛び出るような価格のからすみもあります。でもここナタリーノのパスタにそんな高級品を使うとは思えませんから、€14は高いです。でも美味しいです。

d0219019_2411950.jpg

友人はセコンドに”baccalà alla livornese”、€18。前記事で説明したリヴォルノ風バッカラがこれです。

d0219019_2421040.jpg

デザートにはパンナコッタ。まっまずい〜。パンナコッタってあのフルフルさが美味しさの秘訣なのに、どんなにお皿を傾けても直立不動の固さ。そしてもう1つの重要な要素、バニラビーンズの粒々が何処にも見当たらない!生クリーム、砂糖、ゼラチン、バニラビーンズさえあれば、30分でとっても美味しいパンナコッタが作れるのに、これを作った人はパンナコッタが何たるかを全くわかっていない。チョコレートソースで誤魔化さないでくれー。イタリアの一般的なレストランでパンナコッタを頼むと、必ずと言っていい程「チョコレートソース、それともベリーソース?」と聞かれるけれど、何もかけずにバニラの味を楽しむのがいいのに。まあ、本物のバニラビーンズを使っていないからソースで誤魔化すのだろうけど。。。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ


Ristorante Natalino
Borgo degli Albizi 17/r Firenze
TEL 055-289404
[PR]
by italiawine | 2014-02-05 02:45 | フィレンツェ・レストラン | Trackback | Comments(0)

フィレンツェのレストラン・ナタリーノ

d0219019_1915367.jpg


なんと1880年創業というから130年以上もの歴史を持つレストラン、ナタリーノ。
ドウォーモ、サンタ・クローチェ教会からともに歩いて5分程の場所にあります。
昨年の暮れ、日本へ出発する前に行ってきました。

d0219019_1924821.jpg

入り口を入ってすぐ右にはカウンター、奥へ進むとテーブルの並ぶ部屋があります。
最奥の壁画の前の席へ。ちょっと薄暗いですが、なかなか落ち着く店内です。

お昼なので軽めにセコンドのみオーダーします。

冒頭の写真はオーナーがサービスで出してくれた”sformatino di ricotta con tartufo nero〜リコッタチーズのスフレ・黒トリュフのせ”。 上に掛かっている鰹節のようなものがトリュフです。目の前で削ってくれたのですが、こんなに細かく削らずに、薄くスライスできるトリュフ用のスライサーで削った方が見た目も食感もいいのにと思います。サービスしてもらったくせに文句を言うな、ですよね(笑)。

d0219019_1941522.jpg

オーダーしたセコンドはこちらの”baccalà fritto con crema di porro〜干鱈のフライ・葱クリーム添え”。昔はとっても安かったというこのバッカラ、今はお高くなってしまいました。フライにしてトマトソースで煮込んだ”baccalà alla livornese”はその名の通りトスカーナ州リヴォルノの名物なので、フィレンツェのレストランでもよく見掛ける1品です。さてこちらの葱クリーム添え、1切れなら美味しくいただけますが、2切れ目に入るとちょっとクリームが重たいかな。

d0219019_1944461.jpg

後ろの席には世界的に有名な建築家のアドルフォ・ナタリーニ氏が奥さんと一緒に来ていました。海外でも活躍する傍ら、フィレンツェ大学建築学部の教授でもあります。

d0219019_1953765.jpg

デザートにはクレーメ・カラメル。見るからに美味しそうですね。

d0219019_1962268.jpg

こちらはもったり盛られた友人のティラミス。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ


Ristorante Natalino
Borgo degli Albizi 17/r Firenze
TEL 055-289404
[PR]
by italiawine | 2014-02-03 19:06 | フィレンツェ・レストラン | Trackback | Comments(0)