イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

フィレンツェでシチリアを食べる “arà : è Sicilia”

d0219019_7352842.jpg


仕事帰り、どうしてもここのアランチー二とリコッタチーズのジェラートが食べたくなり、行ってきました。
夜の10時を過ぎていたので、帰り道をわざわざ遠回りして行ってアランチーニが売り切れていたらイヤだなぁと、1度は行きかけた道を戻ったのですが、「なくてもジェラートはあるし」と思い直して向かいました。

店に入るとオーナーで友人のフランチェスコがいたので
「アランチーニまだある?」と聞くと、嬉しいことに『あるよ!』という返事。
『何がいい?』と言うので、5種類の中から“バター&鶏のポルケッタ風”を選択。
2階のキッチンで揚げてくれます。
入り口近くにガラス張りのミニエレベーター状の物があり、2階からあつあつのアランチーニが降りてきました。
1個€3のアランチーニ。1つで結構満たされます。

d0219019_750544.jpg

デザートにはこちらのジェラート。
羊のミルクで作った濃厚なリコッタチーズに、苺味。
ここのリコッタは絶品なので、お試し下さい。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ


arà : è Sicilia
Via degli Alfani 127/R Firenze
[PR]
by italiawine | 2014-07-28 07:55 | フィレンツェ・レストラン | Trackback | Comments(1)

桃の季節の到来!

d0219019_14375399.jpg


この時季は大好きな桃の季節。
日本では傷が付かないようにポリステロールの白い網あみで丁寧にくるまれて陳列されていますが、こちらでは私の好きな平っペったい「Tabacchiera〜タバッキエラ」という桃なんて、ごろごろ何個も重なって置かれています(汗)。
この本来「煙草ケース」という意味のタバッキエラという名前、その平たい形からきています。中国原産の品種で、1869年にアメリカに渡ったそう。
イタリアではシチリア産が有名です。

d0219019_1439910.jpg

さすがに普通の形の桃は1つ1つ仕切られていますね。果物屋さんによっては「Non toccare〜触らないで下さい」と札があったりします。
写真は黄桃。日本では瑞々しい柔らかい桃を食すのが一般的ですが、ここイタリアでは固めの物をガリガリポリポリいわせながら食べたりもします。
友人のフランチェスカは「固いのが好き」だそう。一緒に中央市場のチーズ屋で働いていた頃、よく固い桃を買ってお裾分けしてくれました。
でも私はやっぱり柔らかい派です。

d0219019_14395396.jpg

日本ではあまり食べたことのなかった生の杏。或る美国家とまず変換された(笑)、イタリア名アルビコッカです。

d0219019_14404988.jpg

外国産のいちじくも出回りました。
でも8月末頃から出始めるトスカーナ産の方が値段も安く断然美味しいので、ここは我慢、がまん。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2014-07-18 14:42 | 中央市場 | Trackback | Comments(0)