イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ぶらりと立ち寄るのに丁度いい、カジュアル魚介レストラン "Fiaschetteria di Pasce" (才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_955964.jpg


噂を何度か聞いていた魚介のレストランにようやく行ってきました。
『Fiaschetteria 〜 フィアスケッテリーア(ワイン屋・立ち飲みワイン屋)』という名のように、レストランというよりもっとカジュアルな雰囲気です。

d0219019_962899.jpg

オープン時にはテーブル席がなく、写真左奥の壁にくっ付いた台しかなく、来店を足踏みさせる要因でした。今回テーブル席が設置されたというので、足を向けてみることにしました。

近くのサン・フレディアーノ地区に店を構えていた魚屋の2人の息子が出した店で、昼間は魚屋として販売もしています。

d0219019_965985.jpg

確かにショーケースの魚は新鮮そう。

d0219019_972750.jpg

前菜がケースに並び、見て選べます。

d0219019_975545.jpg

右が魚介のアランチーニ、左がバッカラ入りポテトコロッケ。

d0219019_982749.jpg

まずは、アーティチョークと海老のサラダ、€10。

d0219019_985383.jpg

ワインはフランスのスパークリングワインをボトルで。€15。まずまずの値段でしょうか。BIOのワインなどもありました。

d0219019_992142.jpg

スモークサーモンのマリネ、€5。

バッカラのポテトコロッケも頼みました。1つ€2X5個。

黒板には2種のパスタとセコンドが数種書いてあり、冒頭写真のスカンピ(手長海老)のスパゲッティ、€13を。小さいながらも海老が沢山入っていて€13はいいです。スパゲッティも粉の味がしっかりしています。

ショーケース内の魚を選び、生やグリルで食べることもできるそうですが、価格が書いておらず、結構高くつくと聞いていたので注文しませんでした。

前菜や黒板のメニューには価格が記載してあるので、そこから選べば会計の時にあまりの高額にびっくり仰天というケースは防げると思います。

がっつり食べたわけではありませんが、3人で€53。
1人€18で味も満足。なかなかお薦めです。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!

Fiaschetteria di Pasce
Piazza Taddeo Gaddi 5/6R Firenze
TEL 055-706492
[PR]
by italiawine | 2015-02-27 09:17 | フィレンツェ・レストラン

アグリツーリズモでワイン会・食べ物編(才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_7274154.jpg


友人アドリアーノのワイン会は、いつも美味しい食べ物も沢山出ます。
ワインよりもそれを目当てに行っているとかいないとか。。。

試飲会場のテラス部分の床が揺れて酔いが回るのを言い訳に、休憩と称して食べに走ります。
まずは朝食に(←って、しっかりバールでクリーム入りスフォリィアとカプチーノを摂りました。しかも前夜、車を運転してくれる友人に「集合してから朝食のためにバールに寄れる?」とメールで確認する念の入れよう。どこまで食いしん坊なんでしょう。)・・・カントゥッチーニから。

d0219019_7282398.jpg

どーんと大粒チョコレート入り、レモンとライムの果肉入りの2種類が陳列されています。

d0219019_728977.jpg

手前左手のミューズリー入りは朝食にぴったり。他に珍しいミント&チョコチップなんてものもあり、濃いミント味が苦手な私でも気に入る爽やかミントでした。
フィレンツェでも売っているそうなので、今度買いに行こう。
ところが今日仕事で、このワイン会に参加していたうちのオーナーに会った際、「あのカントゥッチーニ美味しかったよね〜」と盛り上がり、うちのショップで扱うことになるかもしれません。やったー!

d0219019_7291915.jpg

イタリアの甘い朝食後はやっぱり塩味系ですよね。子ヤギや鹿、猪などのサラミを次々試食。

d0219019_73082.jpg

生ソーセージのサルシッチャとじゃが芋を合わせたもの。これはヒットです。

d0219019_7304492.jpg

猪のソプラッサータ。普通は猪ではなく豚の頭の部分で作るサラミで好きではないのですが、この猪版は美味しい。

d0219019_7324328.jpg

「L’Abbonzanza」という生産者のチーズ。中でもフォッサという穴蔵で熟成させた左のチーズがミルキーで好みです。

d0219019_7331088.jpg

えっ?こ、これは・・・?
そうです、生トリュフが贅沢にも丸ごと入ったハムです。
サラミ類の中でもわりかし低価格のハムにトリュフというミスマッチ。不思議なコンビです。
試食は4種類あるハムの内、まずは普通のハムから。大量にスライスし、ピアディーナという薄パンを温めて挟んでくれます。スモークハムも同じようにパンでサンド。

d0219019_7334058.jpg

うま〜い。
初めは4人だったのにだんだん人垣ができ、おじさんも実演販売の様相を呈してきました。いよいよトリュフ入りハム!ですが、さすがにボリュームたっぷりのピアディーナサンドはもう食べられませんということで、ハムだけ1枚切ってもらいました。

d0219019_7341293.jpg

こ〜んな感じ。さすがにハイクオリティのトリュフを使っているわけではないので、香りはあまりしません。2番目に食べたスモークハムの方が口中でとろけて美味しかったです。

d0219019_7353154.jpg

こちらは右が26ヶ月、左が10年熟成のパルミジャーノ・レッジャーノチーズ。
10年ものはコクはありますがちょっぴり固く、26ヶ月の方が好みです。

まだ他にアーティチョークやドライトマト、にんにく、きのこのオイル漬け、生ハムのブース等もあるのに、庭では近くの有名レストラン(名前は忘れました)のシェフが用意する料理が次々に出てきます。

d0219019_7363487.jpg

パルミジャーノの前菜3種

d0219019_738118.jpg

卵麺のサルシッチャソース

d0219019_7383517.jpg

アスパラガスとからすみのリゾット。
もうお腹いっぱ〜い。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]
by italiawine | 2015-02-27 07:40 | ワインイベント

アグリツーリズモでワイン会(才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_2329971.jpg


月曜日はトスカーナ州の海沿い、カスティリィオンチェッロまで行ってきました。
友人のアドリアーノが開催するワイン&食のイベントです。
場所は丘の上にあるアグリツーリズモ“Casale del Mare”。
着いた途端、馬が出迎えてくれました。
餌をもらえると思ったのか、後を付いて来る姿がなんとも可愛いです。

d0219019_23322957.jpg

2月にしてはとても暖かい日で、ワイン生産者の友達と日向ぼっこ&お喋り。
最高の田舎日和です。

d0219019_23323579.jpg

朝早くまだ誰もいない会場で、「飲む?」と言われたので、早速試飲させてもらいました。
ぼってりしたボトルが愛嬌のある、ロンバルディア州ブレーシャのワインです。
ロンバルディアの赤い土着品種グロッペッロを初めて100%使用して作ったスプマンテが印象深かったです。

d0219019_2335067.jpg

15種ほどあったシャンパンも全て味見。
綺麗なロゼです。

d0219019_23352925.jpg

私の好きなオーストリアとドイツの白も沢山並んでいます。

d0219019_23355551.jpg

こちら、私の働くワインショップのオーナーと奥さん、そして彼等の作るボルゲリのワインです。彼は醸造家でもあるのです。

d0219019_23362779.jpg

そのワインショップの皆が好きな、ピエモンテ州のモスカート・ダスティ『Ca’ d’Gal』。
早飲みが主流なのに、左のボトルはなんと2008年。驚きですが、年齢を感じさせないすっきりさです。ここのは甘みもさっぱりしていて飽きずに飲めるワインです。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]
by italiawine | 2015-02-26 23:42 | ワインイベント

食べ納めのフリッテッレ!(才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_21192167.jpg


前回に続き、フィレンツェで見かけるカーニバル菓子といえば『スキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナ』、そしてもう1つ外せないのが『Frittelle 〜 フリッテッレ』!
『 スキアッチャータ〜』はフィレンツェ特有のものですが、『フリッテッレ』はイタリアの他の地域でも見られるカーニバル菓子です。
昨年は『 スキアッチャータ〜』にはまっていましたが、今年は『フリッテッレ』がマイブーム。といいながら、『 スキアッチャータ〜』も軽く10回以上は食べましたが(苦笑)。フリッテッレなんていくつ食べたか覚えていません。

小麦粉、牛乳、砂糖、卵、バター、レモンの皮、イーストを混ぜて小さく丸め、油で揚げたお菓子です。これがオーソドックスなプレーンタイプです。

d0219019_21202514.jpg

フィレンツェでは『フリッテッレ・ディ・リーゾ』といって、お米の入ったものが一般的でしょうか。牛乳で米を柔らかく煮、砂糖・レモンの皮・小麦粉・イーストを混ぜて油で揚げます。割ってみるとこんな感じ。お米の粒々が見えます。

d0219019_21263293.jpg

こちらは林檎の産地で有名なトレンティーノ・アルト・アディジェでよく作られる林檎入り。
ヴェネツィアでは林檎の他にレーズンとピスタチオも入れるそうです。

d0219019_21211046.jpg

そして私の一押しはこちら!!
生クリーム&カスタードのミックスクリーム入りです。というか、今迄の記事を読んで下さっている方の中には「何でもこのクリームが入っていればいいんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、図星です(笑)。どんなお菓子でもこのクリーム入りが1番好きです♡ 本当に美味しいんだなぁ〜。こちらはパン屋「TOP」のものです。

d0219019_21231634.jpg

何件も他のお店を味見しましたが、「ジョルジョ」のものがさくさく&クリームの美味しさで1位です。
真ん中の白いアイシングのかかったものは、レーズン&ラム酒たっぷり、中にはさらにクリームが入っています。写真を見ただけで又食べたくなってしまいます。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]
by italiawine | 2015-02-26 21:26 | ドルチェ

今年はもう食べられない?スキアッチャータ・・・(才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_192810100.jpg


カーニバルのお菓子はイタリア各地で色々ありますが、フィレンツェを代表するお菓子といえば『スキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナ』。

平たいスポンジケーキのようなもので、小麦粉、砂糖、ラード、卵、オレンジの皮&絞り汁、牛乳、イーストが伝統的な原材料ですが、今ではラードの代わりに植物油を使うのが一般的なようですね。
薄く焼くのが基本で、高さは3cmを超えてはいけないとか。

d0219019_19292564.jpg

基本はこちらのスポンジだけのもの。
クリームでごまかしが利かないので、職人の腕が問われます。
レップブリカ広場にある「ジッリ」のものです。

d0219019_19315651.jpg

こちらは「ジョルジョ」の生クリーム&カスタードを合わせたクリーム入り。
すごい数ですが、いつも大混雑のフィレンツェ人御用達のジョルジョ。1日で軽く売り切ってしまうのでしょう。

d0219019_19365099.jpg

同じく「ジョルジョ」のミニバージョン。ミニなのにちゃんとフィレンツェの百合のマークが入っています。

d0219019_19385646.jpg

生クリームのみを挟んだもの。ポンテ・ヴェッキオ近くの「オープンバール」です。
ここは今どきなバールなのですが、意外にケーキは美味しくてあなどれません。

d0219019_19403871.jpg

今まで見たことのないチョコレートクリームバージョンも「オープンバール」で見つけました。

美味しいのに、カーニバルの時季が過ぎるとさっと街中から姿を消してしまうお菓子。
今年はもう食べられないかな?


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]
by italiawine | 2015-02-26 19:44 | ドルチェ

キャンティ・クラッシコワイン試飲会の舞台裏 (才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_10354241.jpg


2月14日のキャンティを皮切りに、23日のブルネッロ・ディ・モンタルチーノまで、10日間に渡って行なわれたトスカーナワインの試飲会。
世界各国からジャーナリストやバイヤー、インポーターが集まり、今年市場に出回るワインを試飲します。
ソムリエの仕事で1番好きなのが、この期間に行なわれるキャンティ・クラッシコの試飲会『Chianti Classico Collection』です。

今年は17・18日の2日間でした。
大きなイベントなのでフィレンツェのみでなく、グローセットやルッカ、アレッツォ等から2日間で総勢60名程のソムリエが召集されます。
1日目、私は意味も無く朝の8時前に1番乗りしてしまったので(こんなことならバールでコーヒー飲んでくるんだった!)、誰もいない会場で写真撮影。

d0219019_1026318.jpg

350種のキャンティ・クラッシコワイン。各種6本ずつ計2100本のワインが台の上に並んでいる様は壮観です。

d0219019_10272942.jpg

我々ソムリエは2時間前に会場入りし、700本の抜栓&チェックをします。

d0219019_10424450.jpg

こちら、フィレンツェ組。

d0219019_1028714.jpg

ワイン台の両側には6人掛けのテーブルが左右22台ずつ。264人のジャーナリストに対応できます。
ソムリエはジャーナリストに指定されたワインを1度に6本、ワイン台からテーブルまで運びグラスにサービスします。

d0219019_10363085.jpg

それにはこのキャンティ・クラッシコの黒雄鶏マークが付いたラックが大活躍。
これがあれば、1度に6本難なく運べます。
難なく・・・ではないですね。
開始直後でワインが全く減っていない時は、約1,3kgX6本=7,8kgもあるのです。
だんだんワインの量が減ってくるといえども、5kg前後のラックを持って1日にワイン台とテーブルの間を何往復もするのはかなりいい運動です。

10時間半の労働時間中、お昼休憩30分+コーヒー休憩10分のみ。
それ以外はずーっと立ちっぱなし。
怠け者というイメージが定着しているイタリア人ですが、やる時はやります!(笑)


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]
by italiawine | 2015-02-26 10:44 | アンテプリマ・トスカーナワイン

夜のウインドーショッピング (才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_983494.jpg


先日の仕事帰り、ヴェッキオ宮殿のあるシニョーリア広場に用事があったので、広場に面したシャネルブティックの前を通りました。

夏用のサンダル。
色々あります。
いいな〜。
欲しいな〜。

クリスタルにきらきらビーズ、かなり好きです。
色も派手すぎずに落ち着いていていいですね。

d0219019_910088.jpg

どれもヒールが低く、リゾート向き。
右と中央が€690、左が€790。
1足十萬ですよ、十万!
とてもじゃないけど無理ですね。シャネルは洋服以外はセールにもならないし。

d0219019_910672.jpg

これ、可愛いですね〜!!
でも白い花がすぐに汚れそう。
ってこれを買うような人はそんなこと考えないんでしょうね。

d0219019_9113035.jpg

こちらのバッグ、私の好みにドンピシャです。
ポンポンも可愛い上にデニム地。
デニムの小物って昔から何故か弱いです。
ジーンズももちろん大好き♡

d0219019_9115438.jpg

このバッグも素敵〜と思ったら。。。

d0219019_9182138.jpg

え〜!!!!!!
1番下の「Borsa nera(黒バッグ) €8150」。
€8150?!?! 八千百五十ユーロ?!?!
他のバッグかしらと思いましたが、ここに表示されているのは「黒いバッグ」と「赤いバッグ」のみで、これはどう考えても黒色、ですよね?
クロコダイルやオーストリッチならわかりますが、質感からして皮革でもなさそうなのに。。。
きっと間違いでしょうね、というかそう願いたいですね。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]
by italiawine | 2015-02-25 09:19 | ファッション

今年も!!チョコレートコンクールの審査員 (才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_23434932.jpg


今日は昨年に引き続き、インターナショナル・チョコレート・アワーズの審査員として世界から集まるチョコレートの品評会に参加してきました。
昨年の模様はこちら、1日目と、2日目からどうぞ。
今読み返してびっくり。
昨年はチョコレートの食べ過ぎで体調を崩したのでした。すっかり忘れていました。
喉元過ぎれば何とやらですね。
今年は仕事が入っていて幸運にも(?)1セッションしか参加できなかったのは幸いでした。しかも昨年の午前中のセッションでの板チョコ攻めは鮮烈に覚えていたので、今年は賢く午後の最後のセッションを選びました(笑)。

会場は日本でも有名な料理学校コルドンブルーのフィレンツェ校です。

d0219019_23443747.jpg

まずはこちらのチョコレートで味覚チェック。
右の黄色い物はポレンタというトウモロコシの粉を練ったもので、オリーブオイルの試飲の際に林檎が出るように、何故かこのチョコレートの審査にはいつもポレンタが口直しに供されます。ポレンタは肉料理などの付け合わせにすることが多く、ハーブやチーズが加えられていない限り、これだけで出されてもあまり嬉しいものではありません。

d0219019_23453577.jpg

こちらの小さなカップに入った4種類が1ラウンド目のチョコレートです。
チョコレートの写真掲載は禁止されているので、カップのみですみません。
ホワイトチョコにベリー類、ピスタチオ、ごまが入ったもの等々でした。

d0219019_23473223.jpg

2・3ラウンドはスプレッドタイプのチョコレートで11種類を審査しました。
スプレッドは何処の店のチョコか限定するのが難しいので、おそらくここに載せても大丈夫でしょう。

d0219019_2348594.jpg

こちらはピスタチオタイプ。シチリアに行くとよく見かけます。
美味しいですよ〜。

合計15種類を審査して、具合を悪くすることもなく終了しました(爆)。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]
by italiawine | 2015-02-24 23:52 | チョコレートイベント

キャンティワインの試飲会『Chianti Lovers』(才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_9462680.jpg


今年は2月14日の「Chianti Lovers」で幕を開けました。
その名の通り、日本でもよく知られているイタリアを代表するワイン、キャンティの試飲会です。

会場はフィレンツェ中心地近くの『元タバコ製造工場』です。
初めて訪れました。

着いてすぐにライトランチのブッフェが出ていたので軽く腹ごしらえ。
ラザニアや生ハムにペコリーノチーズ、サラダや野菜のグリル等があります。
タルトやカントゥッチーニのドルチェもありましたが、あまりお腹をいっぱいにするとワインを試飲する意欲が減るのでパス。甘い物に目が無いのにパスだなんて、自分でもちょっと驚きです。

d0219019_9484773.jpg

ブッフェ室の隣りにジャーナリスト用の試飲スペースがあり、そちらに移動。
食べ物の匂いがこちらにまで漂っており、試飲の邪魔になるので完全に配置ミスです。

d0219019_9472728.jpg

キャンティ協会に所属する100ワイナリー、148種のワインから試飲したいワインを選んでソムリエに持って来てもらいます。
夕方から仕事が入っていて時間がないので、一緒に仕事をさせてもらっている「キャンティ・コッリ・フィオレンティーニ協会」所属の12ワイナリー、23種のワインを全て、他に気になるワイナリーの物を9種で合計32種を試飲しました。

夜にはワイン生産者との夕食会も用意されていたのに、仕事のために泣く泣くキャンセルです。涙。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]
by italiawine | 2015-02-22 09:48 | ワインイベント

イタリアでもバレンタイン♡ (才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_103381.jpg


今日は2月14日。
バレンタインデーですね♡
キリスト教の行事のように思われますが実はそうではなく、その起源も諸説あり定かではありません。
日本での定着は1970年代後半だそう。
私の最初のバレンタインは小学校5年生の時。さすがにその時どんなチョコを贈ったかは覚えていませんが、それから何回手作りチョコを作ったことか。懐かしいですね。
日本では女性から男性に贈り物をしますが、イタリアではカップルがそれぞれ相手にプレゼントを贈り合います。

d0219019_1041629.jpg

こちらでの贈り物はチョコレートと決まっている訳ではありませんが、ホットチョコレートで有名なリヴォワールのウインドーは日本のバレンタインのようですね。

d0219019_1082917.jpg

デパートの中もカッファレルのハートチョコでいっぱい!

d0219019_1091020.jpg

大小揃った魚のチョコレートなんて物も。

d0219019_1093353.jpg

ティファニーのウインドー。
オスの犬くんからプードルちゃんへダイヤの指輪のプレゼント。
私も欲しい!!

冒頭の写真も同じくティファニー。
チョコレートの箱の中に、ダイヤのハート型ネックレスが。
私もこんな事されてみたい!!

d0219019_1010574.jpg

↑ これ、「I YOU ♡」ってちょっと順番間違っちゃってます(笑)


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]
by italiawine | 2015-02-14 10:12 | イベント