イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

プレミウム社のワイン試飲会 in 辺鄙&素敵な場所

d0219019_20563376.jpg
プレミウム社主催のワイン試飲会へ行ってきました。
ワインの生産地だけあり、ワインに関する様々なイベントや試飲会がよく開催されるのですが、こちらに住む日本人の悩みはどうやって行くかということ。
たいていの日本人は車は勿論バイクさえ持っていないので、交通の便が不便な所で行われるイベントは問題なのです。

今回の会場も、イタリア人の友人に「車がないと無理だよ」とバッサリ。
数年前に同じ試飲会へ行ったのですが、イゾレ・エ・オレーナを始め、結構良いワインが揃っているのです。そしてその時は確かに車で行ったのでした。

会場の地図を見てみると、電車の駅が徒歩20分の所にあります。
プラティニョーネという聞いたことのない駅名でも、フィレンツェの駅から20分と意外と近い。よし、電車で行こう!

ホームを降り「出口」とある方へ進むと、いきなり道。
あれ?駅舎は?券売機もないけど、帰りの切符はどうすればいいのだ。
一緒に降りた男性に聞くと「ここでは買えないよ。僕は往復買ってきたんだ。」ですって。
d0219019_21013114.jpg
駅の外には大きな幹線道路のみ。迷う心配がありません。

両端には工場などがぽつぽつと並び、車がビュンビュン走るその道路を歩きます。途中からは歩道さえなし。これは暗くなったら歩けないなぁ。

d0219019_21013005.jpg
そして20分後、車にもひかれずに無事に会場のホテルへ到着。糸杉の並木が出迎えてくれます。

周りにあるのは工場や大型ショッピングモールなのに、何故か場違いな雰囲気の素敵なホテル。

d0219019_21012950.jpg
中に入って試飲を始めましょう。

d0219019_20563503.jpg
「ほっ」と。フォトコンテスト
まずはほっと一息、泡ものからということで、フランチャコルタ「モンテロッサ」のフラミンゴ。
女子が好きそうなラベルです。味も好き。

d0219019_20563265.jpg
トスカーナ「Le Macchiole 〜 レ・マッキオーレ」。

私の持っているガイド本によると、右からボルゲリロッソ€17、パレオ€65、スクリオ€75、メッソーリオ€140という価格!
まず冒頭写真のパレオのマグナム2006年物を飲んだのですが、苦手なカベルネ・フラン100%。やっぱりダメでした。
他の4種類も、それぞれブドウ品種は違うものの、あまり好みではありませんでした。

人気のある生産者なので、テーブルの前は人だかりなんですけどね。
d0219019_20563243.jpg
隣のテーブルのピエモンテ「La Spinetta 〜 ラ・スピネッタ」の方が好みです。

ここも、右端のバローロが€130、その左のバルバレスコが€110と、価格はマッキオーレ並みで高嶺の花。

d0219019_20563131.jpg
邸宅型ホテルなので、会場も素敵。
プレミウム社の顧客メインで、あまり大々的に宣伝されていない試飲会なのですが、沢山の人です。

40社が参加しており、他にも色々試飲しましたが、会場内が暗くて上手に写真が撮れませんでした。
d0219019_20563418.jpg
最後は好きなもので締めましょう。

トスカーナの「Isole e Olena 〜 イゾレ・エ・オレーナ」。

d0219019_20563312.jpg
中でもこのヴィンサント・デル・キャンティ・クラッシコ2006、最高でした。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2017-02-28 21:50 | ワインイベント | Trackback | Comments(0)

自然派ワインの試飲会 in フィレンツェ

d0219019_04271997.jpg
自然派ワインの試飲会へ行ってきました。

どうしようかなと思っていたブラインドテイスティング(ワインの銘柄を隠してする試飲)ですが、会場に着いたら友人達も参加していてまさに始まるところだったので、私も参加することにしました。

まずは泡ワイン。
6種類が注がれます。
友人と一緒のテーブルになれなかったので、周りは知らないイタリア人ばかり。
ヴィアレッジョにエノテカを持つ男性、フィレンツェの女性エノテカ店主、フィレンツェのレストランシェフと、皆やはりワインに関係のある職種ですね。
d0219019_04272025.jpg
結構真剣?(笑)
テーブルごとに正解を競い合うわけでもなく、皆の試飲が済んだところで正解の発表。

d0219019_04272037.jpg
こちらの5種類でした。

d0219019_04271946.jpg
その次に行われた白ワインのブラインドテイスティングはこちらの6本。

d0219019_04253373.jpg
赤は8種類とだんだん増えてきます。
そして赤が1番難しい。
自分が白と泡が好きで、飲む機会が多いのもあるでしょうが、やぱり木樽で熟成させることが多く熟成年数も白よりは一般的に長い赤。その分影響を受ける要素も多く、本来のブドウの味が変化する度合いも大きいので、味が複雑になってきますね。

d0219019_04253207.jpg
さすがにトスカーナだけあってキャンティは友人が言い当てていましたが、イタリア人にとっても赤は難題だったようです。

これでブラインドテイスティングは終了なので、生産者のいる隣の試飲会場へ移動します。
d0219019_04253327.jpg
ピノ・ネーロとミューラートゥルガウで作るスプマンテ。

d0219019_04253135.jpg
彼らが生産者で、ロンバルディア州から来ています。

d0219019_04253488.jpg
ここで一息。
じゃが芋&サーモンのスープにクルトンとイワシの卵を載せ、オリーブオイルをたっぷりかけた一品。
優しい味に魚卵の塩気がよく合います。
d0219019_04253109.jpg
「ほっ」と。フォトコンテスト

朝晩はまだ寒いけれど、昼間は春が近づいていることを少しずつ感じられるようになりました。
2皿目は気持ちの良い外のベンチで食べます。

サルシッチャという生ソーセージとストラッキーノチーズをパンに載せてトーストし、さらに茹でた黒キャベツを加えています。
美味し〜い!!
d0219019_05084366.jpg
赤も飲みましたよ。
ここの若いドルチェット、良かったです。

d0219019_04253091.jpg
イタリア各地から集まった23の生産者。
なかなか充実した試飲会でした。

〆には、熟成させる樽がそれぞれ異なる4種類のパッシート。
締めくくりに相応しい味でした。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2017-02-27 05:16 | ワインイベント | Trackback | Comments(2)

魚が恋しくなったら "パーネ・エ・オーリオ"

d0219019_03433999.jpg
昨夜は友人経営のレストラン、パーネ・エ・オーリオ 〜 Pane e Olio へ行ってきました。

いつもサービスを担当しているオーナーのジャンルーカが金曜夜というのにお休みで、シェフのアルドがサービス担当でした。
朝9時から18時まで彼もキッチンで働いていたそうですが、仕上げをするのは他のコックさん達。
正直、アルドが良かったな。
d0219019_03434086.jpg

ワインリストにあったドイツのリースリングが飲みたかったのですが、2014年ものしかないそうで、もう少しフレッシュな物が良かったので2015年のトレンティーノのソーヴィニョンにしました。
「Fanti 〜 ファンティ」社産です。
ちょっぴり酸味が強かったものの、まずまずでした。
d0219019_03434052.jpg
アペリティフには、ポテトのクリームとイカソテー。
味薄め。

アンティパストには冒頭写真の「Tartara di mare, Timo e Limone candito 〜 海のタルタル、タイム、レモンピール」€14。
ヨーロッパキダイ、まぐろ、スズキの3種類から好きな魚を選べ、私はスズキ、友人は鯛にしました。

魚は新鮮ですが、塩味が若干足りず。
やっぱりアルドの仕上げがないからかしら。
d0219019_03433737.jpg
プリモには「Scialatielli, Cozze, Pomodoro del Piennolo vesuviano, Peperoncino e Basilico 〜 シャラティエッリパスタ、ムール貝、ヴェスーヴィオのピエンノーロトマト、唐辛子、バジル」€12。

これまでの2皿に反し、ちょっと味が濃いめ。
でも大きなムール貝がプリプリして美味しいです。
d0219019_03400400.jpg
友人が頼んだのは「Maltagliato semintegrale al Pescato del giorno 〜 スズキのラグー、マルタリャートパスタ」€15。

d0219019_03400247.jpg
今日は看板娘、マレーネが愛嬌を振りまきます。
生後4ヶ月という幼さ。

d0219019_03400141.jpg
良い香りのするキッチンへ入りたいけれど、きちんと境界線で我慢するマレーネ。

d0219019_03400147.jpg
ドルチェは「Parfait ai Cantucci e Vin Santo, Fichi secchi e Mandorle 〜 カントゥッチクッキーとヴィンサントワインのパルフェ、ドライ無花果、アーモンド」€6。
「ほっ」と。フォトコンテスト

「ほっと」する感じでとても美味。
d0219019_03400055.jpg
友人のはとても綺麗な「Lingotto Bianco alla mousse di Liquirizia e coulis di Lamponi 〜 甘草のムース・白い延べ棒型、ラズベリーソース」€6。

d0219019_03400031.jpg
ここに来ると飲んでしまう「Ca' d'Gal」のモスカート・ダスティをグラスで、ドルチェと一緒にいただきます。

d0219019_03395946.jpg
シェフ・アルド君。
外で会う時は勿論いつも私服なのですが、レストランの中で見るのは珍しい、彼の私服姿です。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif
Pane e Olio
Via Faentina 2, Firenze
Tel 055-488381

[PR]
by italiawine | 2017-02-26 04:46 | フィレンツェ・レストラン | Trackback | Comments(0)

カーニバル時期のみ!シエナの揚げたてフリッテッレ

d0219019_21401436.jpg

アーモンドの花の芳しい香りも堪能したということで、花より団子の我々は団子の匂う方へと進みます。
やって来たのはカンポ広場。
夜は周囲を巡らす建物に灯りが燈されて、昼間とは違った美しさです。

右手に見える小屋がこちら。
d0219019_21401372.jpg
この時期にしか出店しない、フリッテッレというカーニバル菓子を売る屋台です。

この時期にシエナに来たら、買わずにはいられません。
d0219019_21401210.jpg

「ほっ」と。フォトコンテスト

こんな感じで、まさにほっとする味。
お値段も良心的で、1ユーロで4個。壁に手書きの価格表が貼ってあるのですが、「1€=4、2€=8、3€=12・・・」といった具合でずーっと書いてあり、確か沢山買っても割引がなかったような(笑)。
それでも私がシエナに住んでいた14年前から値上げなし!偉い!
d0219019_21401197.jpg
その場で揚げているんですよ〜。

鍋の蓋の裏に載せた生地は、米を牛乳で炊いたものに小麦粉や砂糖、オレンジピールを混ぜたもの。
それをスプーンですくって油の中へ落としていきます。
満パンに入れるから揚げた後が皆くっついちゃっているけれど(笑)。

揚げたてなのでサクサク!友人と半分こした2個では足りず、さらに4個追加して食べちゃいました。

d0219019_21401337.jpg
凛々しくそびえ立つマンジャの塔を見上げながら。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2017-02-25 22:03 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

シエナの裏道で見つけた春の訪れ

d0219019_22332172.jpg
大好きなシエナの裏道を散策していると、桜に似た大きな木が花を咲かせていました。
むせ返るような芳香。
強く、とてもいい香りがします。
何の木でしょう?アーモンドかしら?

【キャンペーン】「小さい春、み~つけた!」
思いがけず、春の訪れを感じました。

ここは、カンポ広場のすぐ裏手というのに観光客が殆ど来ないところ。
木の立っている場所の右側にずーっと緑が広がっていて、たまに鷹匠がタカの訓練をしています。
あまり見る機会がないので、見掛けたらラッキーですね。
d0219019_22332170.jpg
目の前にあるのは市場広場、ピアッツァ・デル・メルカート。
左手前の背の低い建物で、カンポ広場よりも長い歴史があります。

毎月第3日曜にはアンティーク市がたち、数多くの店が出店。
私がシエナでホームステイしていた家の夫婦はここで家具を見つけるのが好きで、家の中には珍しくてお洒落な物が所どころに散らばっていました。
d0219019_20435042.jpg

近くの路地も味があります。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2017-02-24 23:05 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

ノスタルジーに駆られる街、シエナの秘密スポット

d0219019_20435425.jpg
友人のエノテカ(詳細は→こちら)を後にし、シエナ散策を始めます。

イタリアに住んで今年で14年目。
その大半はフィレンツェですが、イタリア語を勉強していた1年目は、その9ヶ月をシエナで過ごしていました。

元々留学を決める時、私立の語学学校よりは厳しいといわれる外国人大学に行きたくて、イタリアに2校しかないシエナかペルージャの選択を迫られました。

大学の卒業旅行でローマ、フィレンツェに数日間滞在したのみで、他のイタリアを全く知らない頃。それでもトスカーナの田園風景は何度か映像で見たことがあり、イタリアの標準語がフィレンツェで生まれたと聞き、行くならトスカーナのシエナにしようと決めました。

ただ、シエナに1年は長いし、いきなり外国人大学は難しすぎるかもと考え、最初の4ヶ月をフィレンツェの語学学校、シエナに移ってからも慣れる為の2ヶ月を語学学校、その後の半年を外国人大学にしようと計画。

それからは、2ヶ月半の留学準備コースで覚えた習いたてのイタリア語で、3校全ての入学手続き、フィレンツェでのホームステイ先の依頼、シエナの大家さんとの交渉、外国人大学のアパートの選択や手配を全て自分で行いました。今考えるとよくやったなぁと思います。
このアパート、あまりにひどくて結局住まなかったのですが(笑)。
d0219019_20435388.jpg
世界で最も美しい広場の1つといわれるカンポ広場。

学校帰りによくここで友人とお喋りに興じました。

この時期でも何人かいますが、夏になると、皆地べたに座って日光浴です。夜はここに来れば誰かしらに会えるという、シエナの憩いの場。
d0219019_20435272.jpg
少し歩いて、私の大好きな公園へ。シエナ大学の学食の裏手にあります。観光客には知られていない、お薦めスポット。

d0219019_20435166.jpg
シエナの煉瓦色の街並みが広がります。

d0219019_20435091.jpg
「ほっ」と。フォトコンテスト

春から夏にかけては、今でも交流のある2人のスウェーデン人とドイツ人の友人達と一緒に、ここのベンチでお昼を食べるのが大好きでした。

私のイタリア生活の原点はここにあり、シエナに帰る度、10数年前のここでの生活シーンが幾つもいくつも頭の中に浮かび上がり、今の自分を見つめ直すことになります。

1年間だけの目的で勉強していたあの頃、まさかその後14年もこの地に留まることになるとは夢にも思っていなかったあの頃。果たして私の選択は正しかったのかどうか。

帰る度にほっとする気持ちが押し寄せてくると同時に、どうしようもないノスタルジーに駆られる街、私にとってシエナはそんな街です。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2017-02-23 21:48 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

シエナで立ち寄りたいエノテカ "エンポリオ・メディテッラネオ"

d0219019_22070759.jpg
ブルネッロの試飲を終え、シエナへと向かいます。

助手席の友人が、運転をしてくれている友人とお喋りをしてくれているのをいいことに、後ろで30分ほど爆睡してしまいました。すみません。。。


小1時間程でシエナに着き、我々が向かったのは、

【キャンペーン】私の「HOT」なモノ・コトランキング ということで、

モンタルチーノへ連れて行ってくれた日本の友人がイタリア人と共同経営をするエノテカ。ずっと来たかったのが、やっと来られました!カンポ広場の脇を入ってすぐという、とても立地の良い場所にあります。

d0219019_22070664.jpg

建物は、シエナの貴族であり銀行家のキージ家の物だったそう。ローマのパラッォツ・キージで有名ですね。そのせいか、アーチ状になった天井は高く、装飾も品格があり素敵です。冒頭の写真の、ボトル用スペースにも一つ一つライトがあって、それぞれのワインをライトアップ。新しいお店って違いますね。うちの古いエノテカとは大違い。まあ、うちのも味があると言えなくもないですが。。。


店内での各種ワインテイスティングは勿論、ワイナリー見学を始め、モンタルチーノやモンテプルチャーノ、サン・ジミニャーノやヴォルテッラといった、車がないと行きにくいトスカーナを代表する地域へのツアーも行っているそうです。


トレンティーノのスプマンテ、トレントDOCに精通したイタリア人スタッフもいて、スプマンテも色々揃っていました。

d0219019_22070767.jpg

こちらはトレントDOCではないですが、ヴェネト州トレヴィーゾのアストリア社による、寿司や刺身に合うように作られたワイン「Yu 寿司スパークリング」。ご馳走になってしまいました。アルコール度も10~11%程度と、飲みやすいワインです。

「司」の字の始まりが少し短いのはご愛嬌。


シエナに行かれる方、是非立ち寄ってみて下さいね。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
Emporio Mediterraneo
Via del Casato di Sotto 11, Siena
Tel 0577-46091

[PR]
by italiawine | 2017-02-22 22:16 | ワイン | Trackback | Comments(0)

番外編!会場外でのブルネッロ試飲会

d0219019_01383029.jpg
さて、入るまでに苦労したブルネッロ・ディ・モンタルチーノの展示会「ベンヴェヌート・ブルネッロ」ですが(詳しくは→こちら)、会場外でも試飲会があると聞き付けた私達。
興味のあるブルネッロは全て試飲をしたので、そのもう1つの試飲会へ行こうと、会場だというフォルテッツァ(要塞跡)へ向かいます。
d0219019_02005880.jpg
人で賑わっているはずなのに、いるのはワインに関係のなさそうな観光客の家族のみ。
唯一あるエノテカを外から見てみます。
中には、食事をする1組のカップルのみ。本当にここなの?
ちょうど中から人が出てきたので、聞いてみるとここだという返事。
入ってカウンターにいるお店の人に聞くと、ワインが30本ほど並ぶテーブルを指して、「好きなだけ試飲していいよ」と言うではありませんか。しかも無料!試飲用のグラスまで貸してくれます。

先程までいた展示会場には出品していない、私の好きなブルネッロ達が鎮座している!
さて、ここで【キャンペーン】私の「HOT」なモノ・コトランキング !!!

こちらでのお気に入りワイン第3位は冒頭写真の「カーヴァ・ドーニチェ」のブルネッロ2012。
d0219019_01382985.jpg
第2位は「ピアン・デッロリーノ」のロッソ2014。
どちらも素晴らしいワインです。

そして栄光の第1位はこちらぁぁぁ
d0219019_01382986.jpg
「シーロ・パチェンティ」のブルネッロ2012。
フルーティーな果実味が豊富な逸品です。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2017-02-22 02:30 | ワインイベント

最終日はブルネッロ・ディ・モンタルチーノの展示会

d0219019_23313893.jpg

9日間に渡って開催されるトスカーナワインの展示会。

トスカーナを代表するワインである、キャンティ、キャンティ・クラッシコ、ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ、ノービレ・ディ・モンテプルチャーノ、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの5種類のワイン協会が、それぞれの産地でこの展示会を繰り広げます。

5種類の中で最も熟成期間の長いブルネッロが、最終日を飾ります。

その価格は4000円くらいからウン万円までと、イタリアでも値の張るワインです。


例年は行くと決めたら余裕を持ってチケットと車の手配をするのですが、今年はちょっと怠惰になって「行かなくてもいいかな~」と思っていたのです。

キャンティとキャンティ・クラッシコで3日間ハードに働いたし。

ところが数日前に会った友人が「行こうかなと思っている」と言うので、ちょっと気持ちが動き始め、職場のエノテカに聞いてみるも招待状はなし。他の友人をあたってみてもなし。

昨年までは招待状のみだったのに、今年から有料でチケットの販売も始めたそうで、各生産者に割り当てられる招待状が少ないのだとか。それは見つからないわ。

どうにか友人が前日に確保してくれ、車もフィレンツェからは無理だったものの、シエナからモンタルチーノまで連れて行ってくれる人が見つかりました。


ということで、朝の7時に集合。早い(涙)!

でも、いつも大混雑のこの展示会。数年前に11時に着いた時は既に長蛇の列で、寒空の下1時間も外で待たされたので、早く行くに越したことはありません。

シエナ行きのバスに乗り、8時45分に到着。

友人と合流してバールで朝食を摂り、そこから車でモンタルチーノへ向かいます。

時刻は10時。7時にフィレンツェに集合してから既に3時間が経過。

それでも、心配していた列はまだ10人程。良かった~。


さて、我々4人の内、すぐに入れるチケットを持っているのは1人のみ。1人は会場にいる生産者を呼んでから。1人はチケットなし。私はというと、チケットはあるものの、昨日の日付の物。一か八か、列に並んで入場してみます。最初の係員によるコントロールは無事に通過。次の関門、バーコードを機械で読み取るところでアウト。機械は正直です(涙)。担当者は「申し訳ないけれど、この受付でチケットを買うなら50ユーロ、オンラインなら35ユーロだからオンラインで試すことを勧めるわ」と言います。いや、€35だって十分高いですよ。

とりあえず友人が中に入り、チケットを探してくれると言います。

ここまで来るのにかかった私の3時間は無駄になるのか。しかも帰るのにも数時間。別会場でも試飲会があるというし、皆が終わるまでそちらで時間を潰していてもいいかと、諦め&ポジティブ方向に転換しかけていたところ、友人からチケットが見つかったという連絡が。有難い!

d0219019_23313997.jpg

そうしてようやく無事に会場内に潜入。

チケット有料作戦が功を奏したか、はたまた仇になったか、会場内は比較的空いています。


まずは冒頭の鉄壁ポッジョ・ディ・ソット。なくなったら困るので、先に飲んでおきましょう。生産者によって例外はありますが、基本的に今年出回る2015年のロッソ・ディ・モンタルチーノと、2012年のブルネッロ・ディ・モンタルチーノが試飲できます。加えてリゼルヴァやクルを飲ませてくれる生産者も。

d0219019_23294489.jpg

【キャンペーン】私の「HOT」なモノ・コトランキング

ということで、今年の私の1位は愛するセスティ。やっぱり美味しい。昨年11月に行きたかったのに、閉まっていて行けず。

d0219019_23294434.jpg

生産者のお二人。

d0219019_23294312.jpg

こちらはその11月に訪問したアルテジーノ。

d0219019_23313659.jpg

友人が日本に出しているクパーノ。

d0219019_23294055.jpg

別の友人が勧めていた、カパルツォの「ラ・カーザ」。ワインエキスパートのおすすめだけあって、悪くないです。

d0219019_23294320.jpg

タレンティ。

d0219019_23294529.jpg

いつも評判の良いマストロヤンニ。

d0219019_23294257.jpg

さて、私の個人的なランキングの続き、第2位は冒頭で紹介したポッジョ・ディ・ソット。

そして第3位は、うちのエノテカで扱っている大好きなピエトローゾ。ロッソよりもブルネッロが特にオススメです。

d0219019_23294177.jpg

隠し持っていた「Villa Montosoli」も味見させてくれました。約3000本しか生産しない、葡萄はサンジョヴェーゼを主体にコロリーノ、チリエジョーロ、カナイオーロを僅かに加えたワインです。

d0219019_23313716.jpg

こちらはうちに新しく入ったレ・マチョーケ。

d0219019_23294042.jpg

以前うちのエノテカで取っていたピアンコルネッロ。

他にも色々試飲しましたが、昔ほどは飲めなくなりました。


結局最後まで例年の大混雑はなく、比較的ゆったり試飲ができました。毎年恒例でうんざりする押し合いへし合いのランチブッフェも、嘘のように穏やか。15分待ってたったの2切れしか貰えなかった淋しいブッフェも、今年は生ハムやサラミにチーズが好きなだけ食べ放題。ドルチェまであり、例年との差に目を疑うほど。さすがに35ユーロ払って入った人に、生ハム2切れでは怒られますからね。

今年は友人達の計らいのお陰で楽しめた、ブルネッロの試飲会でした。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2017-02-21 23:42 | ワインイベント | Trackback | Comments(0)

ワインも料理もシチリア満載 "arà: è SUD"

d0219019_00432976.jpg

ジェラートとアランチーニ(ライスコロッケ)のとっても美味しいお店「arà: è Sicilia ~ アラ・エ・シチリア」は私の大好きなお店で(→こちら)、ストリートフードが楽しめる、スツールが幾つかあるだけのの小さなお店なのですが、シチリア料理をもっとゆったり寛いで味わってもらえるようにと、同じオーナーがレストランをオープンしました。


その2つのお店以外に、中央市場の2階でも彼らのアランチーニやドルチェを食べることができます。そして、昨年オープンしたローマの中央市場にも出店したので、オーナー兼シェフであるカルメロはローマに行っており、この日はレストランにいませんでした。

売れっ子ですね。

d0219019_00433235.jpg

お通しはサラミ、オリーブ、パン。


ワインはシチリア産のみですが、種類はなかなか多し。

ワインにとても詳しい、私と同じ「イタリアソムリエ協会」所属のソムリエがアドバイスしてくれます。

最初に持って来てくれた3種類は、私達の好みよりちょっと重過ぎたので、少し軽めのこちらのワインを出してくれました。

d0219019_00433178.jpg

ポルタ・デル・ヴェントのカタラット100%、2015。

d0219019_00433090.jpg

私がオーダーしたのは「Misto mare ~ 魚介ミックス」€18。左上からアランチーニ、カポナータ、鰯のすり身フライ、生赤海老。期待していたカポナータの煮込みが足りなく、シャキシャキし過ぎなのが残念。値段もちょっと高いかな。

d0219019_00433189.jpg

友人は「Insalata di mare ~ 海鮮サラダ」€16。タコと海老、レタスのサラダ。ボリュームいっぱい。


セコンドには冒頭の「Crudo di gamberi rossi di Mazara ~ マッツァーラ(シチリア・トラーパニ県の都市)の生赤海老」€20。悪くはないけれど、とびきり美味しいわけでもなく。

d0219019_00432955.jpg

夜は軽めにしたいという友人は「Grigliata mista di mare ~ ミックス海鮮グリル」€ 22。海老、イカ、タコ、鯛のグリル。

d0219019_00432850.jpg

ボトルが空いてしまったので、ソムリエがグラスワインをサービスしてくれました。アルド・ヴィオラの「クリミゾ」。こちらも同じくカタラット100%のワインですが、我々がボトルで飲んだワインとは全く異なります。

d0219019_00432702.jpg

色もこんなに濃い色。

d0219019_00432837.jpg

カジュアルな店内を勝手に想像していたのですが、クロスまで掛かって意外ときっちりとした、落ち着く雰囲気の内装。


とにかくソムリエがワインについて細かく語ってくれるので、それだけでも行く価値のあるレストランです。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

arà: è SUD
Via della Vigna Vecchia 4r, Firenze
Tel 331-2170926

[PR]
by italiawine | 2017-02-20 00:54 | フィレンツェ・レストラン | Trackback | Comments(0)