イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「エッセンツィアーレ」シェフ特製のドーナツとは?

d0219019_22172960.jpg

京都の話題を続けて書こうと思ったのですが、あまりに量が多く、その間にフィレンツェでも旬なことが起こるので、こうして時々フィレンツェの話題も混ぜながら進めていこうと思います。
読んで下さる方にはごちゃごちゃになってしまって申し訳ありませんが、どうかお付き合い頂けますと嬉しいです。

というわけで、今日はフィレンツェの話題。

美味しそうなキツネ色をしたドーナツ。
フィレンツェのイタリアンレストラン「エッセンツィアーレ」(詳しくはこちら)のシェフ、シモーネ・チプリアーニが手掛ける、期間限定販売のドーナツなのです。

4月22〜25日、そして28日〜5月1日まで、中央市場2階でのみ購入できます。

d0219019_22173022.jpg
今日のお昼に行ったら、シェフはバッサーノ・デル・グラッパという北イタリアの町へ出張だそうで、「エッセンツィアーレ」のコックさんが店頭に立っていました。
今日が本来定休日のレストランは、明日が祭日なので夜は臨時営業をするらしく、仕込みもあるのにこのドーナツ販売も加わり、スタッフ全員大忙しのようです。

d0219019_22172807.jpg
ドーナツは2種類。
奥がお店でも時々出しているという「パッパ・アル・ポモドーロ」入りの物。
「パッパ・アル・ポモドーロ」はトスカーナの伝統料理で、パンとトマトを使ったスープなのです。
それをドーナツに入れるって、炭水化物X炭水化物なんですけど!
イタリアには、カスタードクリームやチョコクリームを入れた甘いドーナツしか存在しないので、アイデアとしては画期的とも言えるのですが、なぜにパッパ・アル・ポモドーロで思い付いてしまったのか。
日本の美味しいカレードーナツを教えてあげたくなります。

手前は「『市場側に甘いバージョンも作ってくれ』と頼まれて作った」という、ホワイトチョコレート&ライム&抹茶という不思議な組み合わせの代物。

d0219019_22172743.jpg
今しか食べられないしと思い、「両方お願い!」と彼に伝えてから、混み込みの人の波間を通り抜け、少し離れた場所にあるレジへ支払いに向かいます。

バールで売っているドーナツは、1つ1〜1、5ユーロが平均なので、これはレストランのだし€2くらいかな〜なんて思っていたら、なんと1個4ユーロ!たっ高い!!
でも彼に既に両方頼んでいたので今更後へもひけず、8ユーロ払いました。

d0219019_22172728.jpg
たった8日間のイベントの為に、こんなシールまで作ってしまう中央市場。
ローマのテルミ二駅にも出店したし、飛ぶ鳥を落とす勢いだもんねと感心しながら開けます。

d0219019_22172691.jpg
はーい、炭水化物ドーナツ!(笑)。
スープの時はもっとパンの存在を感じるパッパ・アル・ポモドーロですが、これはかなり滑らかなクリーム状にしてあるので、ぱんXドーナツという違和感なしに味わえ、悪くないです。
クリームも温かかくて○。

結構ボリューミーだったので「抹茶クリームはおやつに食べよう」と思っていましたが、これを書いていたら食べたくなり、今食べてみました。
こちらはかなり高得点。ホワイトチョコが甘過ぎるかと思いきや、抹茶の渋さとライムの爽やかさが利いて、全然甘過ぎません。食べている途中に反対側のクリーム注入口からクリームが出てきてしまったので、穴のある方から食べることをお勧めします。

期間限定のこのドーナツ。
皆さんも是非お試し下さい。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2017-04-24 23:22 | フィレンツェ・レストラン

お手頃価格で楽しむ京ランチ 「藤本」

d0219019_22042786.jpg
京都1日目のランチは「藤本」で予約していました。

d0219019_22042879.jpg
素敵な入り口です。

d0219019_22042816.jpg
先付けはホタルイカに菜の花とスナップエンドウ。上には柚子のジュレがかかって、良い香り。

d0219019_22042782.jpg
お椀はぐじ(甘鯛)と新玉ねぎ。
優しいお出汁です。

そして冒頭写真のお造り。
手前右から太刀魚、長崎の剣先イカ、明石のシマアジ、北海道の甘海老に、奥が熊本の本まぐろです。
お醤油と塩が付いてきました。

d0219019_22042663.jpg
焼き物は山口の鰆一本釣り、味噌幽庵焼き。小松菜のおひたしと。

d0219019_22042538.jpg
春を感じる蕗の炊き込みご飯に赤出汁のお味噌汁、お漬物。

d0219019_22042552.jpg
7〜8名がけのカウンターでいただきました。

d0219019_22042467.jpg
デザートはカウンターに5種類全てを載せて、一つ一つ説明をしてくれます。
その中から好きな物を選ぶという形。
5種類全ての選択も可能ということで、カウンターに並んでいた別のお客さんも皆、全種類を頼んでいました。
料理も「お腹いっぱいでもう入らない」という量ではないので、全種類でも余裕です(笑)。

手前左が紅茶のシャーベット、奥はジェラートにフルーツカクテル、右のお皿は奥から時計回りにりんごのミルフィーユ、上新粉のお餅、パンナコッタのきな粉&黒蜜がけ。

2900円と手頃な値段で京都らしい料理を味わえるお店です。

帰りは板さんが外に出て、ずっと見送ってくれました。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
京都市中京区衣棚通り三条下ル了頓図子町475-10
Tel 075-211-9105

[PR]
by italiawine | 2017-04-23 22:51 | 京都・レストラン

阿闍梨餅本舗の限定菓子「満月」

d0219019_21165745.jpg

さて、前回からお送りしている京都の美味しいもの。
日本に一時帰国していた間の4日間、京都へ小旅行へ行っていました。
そこで食べた&観た物を順にお伝えしていきたいと思っています。
特に食べた物の数がおびただしいので、いつ書き終えるのか若干不安ではありますが(笑)。

京都行きを決めてから出発まで5日しかなかったので、15冊のガイド本&インターネット&4年前に行った際の情報を駆使し、寝る間を惜しんで予定を立てました。
試したい甘味だけで22件にもなってしまい、お店の営業日と場所を考えながら立てる予定に苦心したこと。
更にそれをメインに訪問する見所を考え(逆ですよね、普通・笑)、朝食&昼食&夕食の場所を差し込むのは頭がパニックになりそうでした。

それでもどうにか予定を立て、いざ出発!

朝9時前には京都へ着き、ホテルへ荷物を預け、まず向かったのが前回の豆大福のお店「出町・ふたば」でした。
そこから徒歩15分程にあるのが今回の和菓子屋さん。
「阿闍梨餅」で有名な『満月」です。

d0219019_21170128.jpg
立派な店構えです。
心配していた「出町・ふたば」のような行列もなし。良かった〜。

d0219019_21170142.jpg
中はこんな感じで、右奥にはその場で食べられるようにかテーブルがあり、お茶のポットが置いてありました。

d0219019_21170031.jpg
阿闍梨餅だけなら京都駅のデパートでも買えるのですが、今回の目的はこちら!
この本店と銀閣寺店のみ、しかも土・日・祝日しか販売しない「満月」というお菓子を買いに来たのです。
日持ちは6日、1個270円です。

d0219019_21165423.jpg
中は白こし餡、それを包むのはちょっと硬めの洋風生地です。
知名度は低いですが、明治33年に九條家御用達の命を受けて調進した、由緒あるお菓子のようです。
う〜ん、好みでしょうが、私は阿闍梨餅の方が断然好きです。

d0219019_21165945.jpg
もちろん阿闍梨餅も買いました!
今となっては何処で知ったのか記憶にないのですが、私の好きな京菓子の1つです。
比叡山で修行する僧侶の網代笠をかたどった丸い形。もっちりした皮がたまりません。
1個108円という価格もお値打ちです。

原料となる丹波大納言小豆の不作により、収穫の始まる秋までは、毎週水曜日の販売中止を先日決定したばかり。
「コクがあるのが丹波大納言の特徴で、北海道産を使うと餡の味が変わってしまう。他産地の物を使うよりは思い切って休止日を設けることにした」のだそうです。
老舗菓子屋の心意気を感じますね。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

阿闍梨餅本舗 京菓子司 満月
京都市左京区鞠小路通り今出川上ル
Tel 075-791-4121

[PR]
by italiawine | 2017-04-18 22:06 | 京都・菓子&甘味

京都の有名な豆大福「出町・ふたば」

d0219019_00264439.jpg
ぷくぷくの豆大福。
なんと、30分も並んで勝ち取った戦利品。

d0219019_00264747.jpg
だって、お店に着いたらこーんなに並んでいたのです。ざっと50人くらい。

豆大福で有名な、京都の「出町 ふたば」という、明治32年創業の餅屋さんです。

d0219019_00264730.jpg
少しずつ前へ進みます。

d0219019_00264548.jpg
30分経ってやーっと最前列。長かったー。

d0219019_00264677.jpg
売り子さんも多いですが、中で作っている人の数も多いです。
この列を捌くには必要でしょうね。

d0219019_00264599.jpg
売り子さんに数を言うと、ここから取ってくれます。

d0219019_00264421.jpg
季節によって変わるのでしょうね。
今は春らしい桜の包み紙です。
待ちきれずに京都御苑前の道端で開けてしまいました。

北海道美瑛・富良野の選りすぐりの赤えんどうと、つきたてのお餅の中には十勝産小豆のあっさりこしあんが入っている、と栞にはあります。
1個180円也。

感想はと言うと・・・、
う〜ん、普通に美味しいけれど、30分待つ程ではないかな
というのが素直な意見。

d0219019_00264399.jpg
一緒に購入した、こちらの方が好みです。
左は白えんどうの豆大福。中にはさつまいもの餡が入っています。
右はさつまいも餡で包んだおはぎ。

d0219019_00264249.jpg
中を開けるとこんな感じ。
でも30分はないかなぁ。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

出町 ふたば
京都市上京区出町通今出川上る青龍町236
Tel 075-231-1658

[PR]
by italiawine | 2017-04-18 00:54 | 京都・菓子&甘味

どうしても見たかった日本の桜

d0219019_19374278.jpg

京都に旅行をしている間に東京での開花宣言。
期待していた京都の桜は蕾さえまだという状態で、「せっかく京都に来たのに、東京で咲いちゃうよ〜」なんて思っていましたが、開花宣言からが長い、長い。
このままでは日本滞在中に見られないかもという危機感さえ抱きましたが、帰伊間際に気温が上がり、どうにか滑り込みセーフで見ることができました。

それでも満開にはまだ早かったですね。
2年前に一時帰国した際は、この日に日本に着いて既に大方の桜は散ってしまった後だったのですが、今年はかなり遅め。

d0219019_19374931.jpg
花のついている木と、まだの木の差が激しいです。
咲いている木はこんなにぎっしり。
私の桜ショット&お花見弁当

d0219019_19374651.jpg
豚足のように先が2つに分かれている花弁。
って例えが。。。

d0219019_19374877.jpg
水量が少ないので、子供達が川岸に降りて遊んでいます。
のどかな光景ですね。

川の両側から、桜が川に向かって大きく垂れ込んでいるのは圧巻でした。
中には川面に届きそうな枝も。

川べりには住宅が並び、ここに住んでいる人達は家に居ながらにして花見ができるという羨ましい環境。

d0219019_19374371.jpg
枝の途中からも、こんな風に花が塊で咲いています。
生命力の強い花なのですね。

d0219019_19374109.jpg
桜のカーテン。
車も通らないので、散歩にもってこいですね。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2017-04-17 20:09 | 散歩

パスクアには欠かせない!仔羊肉

d0219019_17210717.jpg
爽やかな初夏の陽気のフィレンツェ。開け放した窓からは心地よい風が入ってきます。
今日はキリスト復活祭のパスクア、明日はパスクエッタで祝日です。

この日は家族で一緒にランチをとる習慣があります。
私の家の両隣は若いイタリア人が住んでいるので、皆実家に帰っているのか静かな朝です。
今日は落ち着いてのんびり過ごせるぞ〜なんて思っていたら、朝10時を過ぎた辺りから近くに住むイタリア人のお喋り声が聞こえ始めました。ここで過ごす家族ももちろんいますからね。

日本に住んでいると、近所の家の話し声が聞こえることってあまりないと思うのですが、こちらでは皆声が大きいのか、建物の構成上よその家の窓が対面にあることが多いせいか、よく聞こえてきます。
ここに戻ってくる度にイタリアらしさを感じることの1つです。

さて、パスクアの食卓に欠かせないのがアニェッロ、仔羊です。
家庭によって、煮込みにしたりオーブンで焼いたり。細かいパン粉をつけて揚げるのも美味しいです。

d0219019_17210553.jpg
でもそんなことはすっかり忘れていて、行きつけのお肉屋さんに行ったらそこらじゅう仔羊だらけ。
それで思い出したという訳です。
お肉屋さんにとってはクリスマスに続くくらいの掻き入れ時。皆忙しそうに働いています。
彼が切っているのは肋骨、ラムチョップの部分ですね。
う〜ん、見ていたら食べたくなってきました。

d0219019_17210607.jpg
こんなグロテスクな頭まで。。。
オーブン焼きにして食べます。

日本でラム肉というと北海道のジンギスカンですよね。そして「臭みがある」という言葉が必ず付いてくる。
学生時代に本場で食べ、臭みはそんなにないけれど、特別美味しくもないという印象でした。

こちらに来て1年目、シエナでサルデーニャ人の女性とアパートをシェアしていた頃。
サルデーニャは仔羊をよく食べるので、彼女もシエナの家で何度かオーブン焼きをしていました。
その匂いの臭いこと。確かにラムは独特の香りがありますが、彼女が焼くその肉は、サルデーニャから持ってくる間に少し傷んでしまうのか否か、ものすごい匂いを発していました。
それがアパート中に充満するのですからたまったものではありませんでした。
1口貰ったお肉も、勿論その臭い味。
それ以来、ラムは苦手な物のカテゴリーへ追いやられました。

ところが数年後、レストランで友人が頼んだラムのグリルを味見させてもらったら、とても美味しかったのです。
なんだ、こんなに美味しいんだ!!!と目から鱗。
それ以来、レストランで見かけると注文するようになりました。

d0219019_17210760.jpg
自分で調理をするのは今日が初めて。
このラムチョップを3切れ購入。3ユーロ(約330円)。
えっ高い!!こちらで鶏や豚を買うと3ユーロで私には2食分ぐらいあるので、ラムは倍ということになります。

d0219019_17210564.jpg
にんにくを熱したフライパンで、塩胡椒したお肉にローズマリーをのせて焼きました。
びっくりするほど柔らか。肉の質がいいのか、レストランで食べるよりもかなり柔らかです。
脂肪部分が苦手な私には、骨と合わせて3分の1以上は捨てる部分なのでかなりコスパの悪い1品となりましたが、又食べたくなる美味しさでした。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2017-04-16 18:38 | パスクア

ヴィーニタリーで見つけた美味しくて甘い物

d0219019_19574447.jpg
4日間続いたワインのイベント「ヴィーニタリー」も最終日。
毎年最終日は来場者も少なく、生産者も早く上がる気ムード満々なので、のんびりした1日となります。
時刻も既に15時を回っており、もうそろそろ片付け始めようかねという雰囲気。

そんな時、近くのブースの生産者が↑上のお菓子を1本持って、友人である私の隣の生産者に
「これ、すごい美味しいよ!!試食で出たら一気に人が集まって、もうないかもね。今までに食べたことがないほど美味しいんだから!」と興奮気味にまくし立て、そのまま自分のブースへ戻って行きました。

甘い物にはとりわけ目のない私。
知り合いでもないのに彼のことを追いかけ、
『今聞いていたんだけど、それ何処でやっているの?』
と質問しました。

どうやら隣のピエモンテ州のパビリオンにあるスローフードのブースで扱っている様子。
私のブースから歩いて1分程の近さなので、ささっと急いで行ってみました。

d0219019_19574540.jpg
こちらのお姉さんが紹介していました。
経緯を話し、売ってもらえないかと頼むと
「売るのは無理だから、味見する?」
と1本くれました。棒状のパイ生地の上にアイシングが掛かっています。
そう、ヴィーニタリーはワインもそうですが、オリーブオイルや食品も試飲&試食は無料でも販売はしてもらえないのです。

d0219019_19574618.jpg
パイのお菓子もなかなかですが、私が気に入ったのはこちらのパネットーネ。
クリスマスに食べる、あのちょっとパサついたスポンジケーキにドライフルーツが入ったような物が市場の大半を占める、あれです。勿論こちらのように、少数ですが、中には美味しい物もあるんです。

こちらは、ブランデーと柑橘系の蒸留酒が染み込ませてあり、とてもしっとりしています。
私が毎年購入している、お気に入りのボンチ社の『パンブリアコーネ』をも上回るかのような美味しさ。
欲しい〜。売って〜!!

d0219019_19574493.jpg
私の溢れ出る気持ちを読み取ったのか、優しいお姉さんは、このパネットーネを1つと、パイ生地のお菓子を1パック持たせてくれたのです。
嬉し〜い。

いただいたパンフレットを見ると、トレヴィーゾにある『フラッカーロ』というお店。
1932年創業の老舗のお菓子屋さんで、15年以上前から原材料は有機の物を使用しているそうです。
美味しい上に安全。最高ですね。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2017-04-15 20:42 | ドルチェ

ヴェローナのワインイベント "ヴィーニタリー"

d0219019_23502991.jpg
今年もイタリアで行われる最も大きなワインのイベント、「Vinitaly 〜 ヴィーニタリー」が終了しました。
4日間のイベント期間中、『キャンティ・コッリ・フィオレンティーニ協会』のブースで仕事をするので、開催地のヴェローナに滞在しました。ヴェローナは、ロミオとジュリエットで有名な北イタリアの町です。

d0219019_23503151.jpg
こちら、右のL字型のブースが私の担当ブース。
18ワイナリー・29種のワインを、訪れたジャーナリストやインポーター、ワイン愛好家に紹介するのが私の仕事です。

途方もなく大きなイベント会場。
4日間毎日いても、全ての参加ワイナリーを巡るのは不可能なほど。
10日かけても無理でしょうね。

そんな沢山のワインに溢れたイベントですが、私は仕事で自分のブースを離れることができないので、他のブースは残念ながら見学できず。
それでも近くのブースのワインや、親切な友人がグラスで持ってきてくれたお薦めワインは幾つか試飲することができました。

d0219019_23502812.jpg
イタリア最大のイベントだけあり、開場20分前でこの人だかり。
あまり並ぶことをしないイタリア人なので、なかなか見られない光景です。

d0219019_23502774.jpg
自分のブースへ向かう会場前と、帰りの閉場後のみ他のパビリオンを見る余裕があります。

こちらはトスカーナのパビリオンへ向かう途中にある、フリウリ・ヴェネチア・ジューリア州のパビリオン。
トスカーナより、モダンなブースが多い感じ。

d0219019_23502653.jpg
他のブースを見られなくても、年に1度ここでしか会えない友人とも再会できる、毎年楽しみなヴィーニタリーの仕事です。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2017-04-15 00:25 | ワインイベント