イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

パスクアには欠かせない!仔羊肉

d0219019_17210717.jpg
爽やかな初夏の陽気のフィレンツェ。開け放した窓からは心地よい風が入ってきます。
今日はキリスト復活祭のパスクア、明日はパスクエッタで祝日です。

この日は家族で一緒にランチをとる習慣があります。
私の家の両隣は若いイタリア人が住んでいるので、皆実家に帰っているのか静かな朝です。
今日は落ち着いてのんびり過ごせるぞ〜なんて思っていたら、朝10時を過ぎた辺りから近くに住むイタリア人のお喋り声が聞こえ始めました。ここで過ごす家族ももちろんいますからね。

日本に住んでいると、近所の家の話し声が聞こえることってあまりないと思うのですが、こちらでは皆声が大きいのか、建物の構成上よその家の窓が対面にあることが多いせいか、よく聞こえてきます。
ここに戻ってくる度にイタリアらしさを感じることの1つです。

さて、パスクアの食卓に欠かせないのがアニェッロ、仔羊です。
家庭によって、煮込みにしたりオーブンで焼いたり。細かいパン粉をつけて揚げるのも美味しいです。

d0219019_17210553.jpg
でもそんなことはすっかり忘れていて、行きつけのお肉屋さんに行ったらそこらじゅう仔羊だらけ。
それで思い出したという訳です。
お肉屋さんにとってはクリスマスに続くくらいの掻き入れ時。皆忙しそうに働いています。
彼が切っているのは肋骨、ラムチョップの部分ですね。
う〜ん、見ていたら食べたくなってきました。

d0219019_17210607.jpg
こんなグロテスクな頭まで。。。
オーブン焼きにして食べます。

日本でラム肉というと北海道のジンギスカンですよね。そして「臭みがある」という言葉が必ず付いてくる。
学生時代に本場で食べ、臭みはそんなにないけれど、特別美味しくもないという印象でした。

こちらに来て1年目、シエナでサルデーニャ人の女性とアパートをシェアしていた頃。
サルデーニャは仔羊をよく食べるので、彼女もシエナの家で何度かオーブン焼きをしていました。
その匂いの臭いこと。確かにラムは独特の香りがありますが、彼女が焼くその肉は、サルデーニャから持ってくる間に少し傷んでしまうのか否か、ものすごい匂いを発していました。
それがアパート中に充満するのですからたまったものではありませんでした。
1口貰ったお肉も、勿論その臭い味。
それ以来、ラムは苦手な物のカテゴリーへ追いやられました。

ところが数年後、レストランで友人が頼んだラムのグリルを味見させてもらったら、とても美味しかったのです。
なんだ、こんなに美味しいんだ!!!と目から鱗。
それ以来、レストランで見かけると注文するようになりました。

d0219019_17210760.jpg
自分で調理をするのは今日が初めて。
このラムチョップを3切れ購入。3ユーロ(約330円)。
えっ高い!!こちらで鶏や豚を買うと3ユーロで私には2食分ぐらいあるので、ラムは倍ということになります。

d0219019_17210564.jpg
にんにくを熱したフライパンで、塩胡椒したお肉にローズマリーをのせて焼きました。
びっくりするほど柔らか。肉の質がいいのか、レストランで食べるよりもかなり柔らかです。
脂肪部分が苦手な私には、骨と合わせて3分の1以上は捨てる部分なのでかなりコスパの悪い1品となりましたが、又食べたくなる美味しさでした。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
# by italiawine | 2017-04-16 18:38 | パスクア

ヴィーニタリーで見つけた美味しくて甘い物

d0219019_19574447.jpg
4日間続いたワインのイベント「ヴィーニタリー」も最終日。
毎年最終日は来場者も少なく、生産者も早く上がる気ムード満々なので、のんびりした1日となります。
時刻も既に15時を回っており、もうそろそろ片付け始めようかねという雰囲気。

そんな時、近くのブースの生産者が↑上のお菓子を1本持って、友人である私の隣の生産者に
「これ、すごい美味しいよ!!試食で出たら一気に人が集まって、もうないかもね。今までに食べたことがないほど美味しいんだから!」と興奮気味にまくし立て、そのまま自分のブースへ戻って行きました。

甘い物にはとりわけ目のない私。
知り合いでもないのに彼のことを追いかけ、
『今聞いていたんだけど、それ何処でやっているの?』
と質問しました。

どうやら隣のピエモンテ州のパビリオンにあるスローフードのブースで扱っている様子。
私のブースから歩いて1分程の近さなので、ささっと急いで行ってみました。

d0219019_19574540.jpg
こちらのお姉さんが紹介していました。
経緯を話し、売ってもらえないかと頼むと
「売るのは無理だから、味見する?」
と1本くれました。棒状のパイ生地の上にアイシングが掛かっています。
そう、ヴィーニタリーはワインもそうですが、オリーブオイルや食品も試飲&試食は無料でも販売はしてもらえないのです。

d0219019_19574618.jpg
パイのお菓子もなかなかですが、私が気に入ったのはこちらのパネットーネ。
クリスマスに食べる、あのちょっとパサついたスポンジケーキにドライフルーツが入ったような物が市場の大半を占める、あれです。勿論こちらのように、少数ですが、中には美味しい物もあるんです。

こちらは、ブランデーと柑橘系の蒸留酒が染み込ませてあり、とてもしっとりしています。
私が毎年購入している、お気に入りのボンチ社の『パンブリアコーネ』をも上回るかのような美味しさ。
欲しい〜。売って〜!!

d0219019_19574493.jpg
私の溢れ出る気持ちを読み取ったのか、優しいお姉さんは、このパネットーネを1つと、パイ生地のお菓子を1パック持たせてくれたのです。
嬉し〜い。

いただいたパンフレットを見ると、トレヴィーゾにある『フラッカーロ』というお店。
1932年創業の老舗のお菓子屋さんで、15年以上前から原材料は有機の物を使用しているそうです。
美味しい上に安全。最高ですね。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
# by italiawine | 2017-04-15 20:42 | ドルチェ

ヴェローナのワインイベント "ヴィーニタリー"

d0219019_23502991.jpg
今年もイタリアで行われる最も大きなワインのイベント、「Vinitaly 〜 ヴィーニタリー」が終了しました。
4日間のイベント期間中、『キャンティ・コッリ・フィオレンティーニ協会』のブースで仕事をするので、開催地のヴェローナに滞在しました。ヴェローナは、ロミオとジュリエットで有名な北イタリアの町です。

d0219019_23503151.jpg
こちら、右のL字型のブースが私の担当ブース。
18ワイナリー・29種のワインを、訪れたジャーナリストやインポーター、ワイン愛好家に紹介するのが私の仕事です。

途方もなく大きなイベント会場。
4日間毎日いても、全ての参加ワイナリーを巡るのは不可能なほど。
10日かけても無理でしょうね。

そんな沢山のワインに溢れたイベントですが、私は仕事で自分のブースを離れることができないので、他のブースは残念ながら見学できず。
それでも近くのブースのワインや、親切な友人がグラスで持ってきてくれたお薦めワインは幾つか試飲することができました。

d0219019_23502812.jpg
イタリア最大のイベントだけあり、開場20分前でこの人だかり。
あまり並ぶことをしないイタリア人なので、なかなか見られない光景です。

d0219019_23502774.jpg
自分のブースへ向かう会場前と、帰りの閉場後のみ他のパビリオンを見る余裕があります。

こちらはトスカーナのパビリオンへ向かう途中にある、フリウリ・ヴェネチア・ジューリア州のパビリオン。
トスカーナより、モダンなブースが多い感じ。

d0219019_23502653.jpg
他のブースを見られなくても、年に1度ここでしか会えない友人とも再会できる、毎年楽しみなヴィーニタリーの仕事です。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
# by italiawine | 2017-04-15 00:25 | ワインイベント

ダブルケーキセットがお得すぎる! "田村町・木村屋"

d0219019_00102259.jpg
まさにこの人から生まれたであろうという程、私の母も大の食いしん坊。
2人で何処かへ出掛けると、1日中食べてばかり。

ランチを食べ、和菓子を買い、金毘羅宮を見たら、そりゃあお茶の時間でしょう(笑)ということで、向かった先は
「田村町・木村屋」。
あんぱんの「銀座木村屋」から暖簾分けしたお店だそうです。

その名残のせいかパンもありますが、メインはケーキの喫茶店。
中でもオススメは「ダブルケーキセット」。
えっ、ダブルって?
ドリンクに、ケーキが2個付くセットです。
お昼を食べてからあまり時間が経っていないので、2個もいけるかなぁと思ったのですが、シングルのケーキセットと200円程しか差がない。そりゃあダブルにするでしょ!

食いしん坊ぶりを発揮して、母と私の分を全て違うケーキにし、4種類を味わおうという魂胆。うしし。

写真は木苺とピスタチオクリームのタルトに、バニラと木苺のムース。

d0219019_00102124.jpg
もう2種はマロンケーキにレアチーズ。

d0219019_00102109.jpg
わーい。
ケーキバイキングのような画に(笑)。

d0219019_00101835.jpg
しかもこのケーキ、こちらのウインドー内にあるケーキから、好きな物が選べるのです。
ドリンク付きのダブルケーキセットが810円なのに、1番高いケーキが450円。この値段のケーキを2個頼んだだけで既に価格オーバーという、とってもお得なセットなのです。

「ほっ」と。フォトコンテスト

街歩きの合間にほっと一息つきたい時にはまさにオススメの喫茶店です。
カフェではなく、喫茶店という言葉がぴったり。

私はコーヒーを頼んだのですが、母の注文した紅茶は、よくある寂しいティーバックではなく、ナイロン製のバックが2個もポットに入っているものでした。
d0219019_00102054.jpg
我々が着いた時は満席で店内も狭いので、寒空の下、外で待たされたましたが、2〜3分ですぐに案内されました。
待っている間にさらに2組がやって来たのですが、あまりに寒い日で皆待たずに帰って行ってしまいました。
回転は結構早いようで、その後すぐに空席が。

d0219019_00102025.jpg
1900年創業のお店。
壁には江戸川乱歩の色紙もありました。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
# by italiawine | 2017-03-17 00:39 | カフェ

高層ビル街に "金刀比羅宮"

d0219019_23562935.jpg
腹ごなしに虎ノ門の街を歩いていると、高層ビルの谷間に金刀比羅宮が突如現れます。

d0219019_23563100.jpg
まさに、ビルの谷間。
思いっきり高い建物に挟まれています。
ビルと同じ敷地にあるところが凄い。
昔は広い境内だったのでしょうね。

「ほっ」と。フォトコンテスト

日本の感じ、ほっとさせてくれますね、虎ノ門。

d0219019_23563046.jpg
手を清めるところもきちんとあって。

d0219019_23562872.jpg
しかも2個もありました。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
# by italiawine | 2017-03-17 00:03 | 散歩