イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

タグ:キャンティ・クラッシコ ( 6 ) タグの人気記事

2日間のキャンティ・クラッシコワイン展示会

d0219019_04271422.jpg

昨日、今日と2日間続いたキャンティ・クラッシコの展示会が先程ようやく終了しました。「疲れた~」の一言。

足は痛いし肩も痛い。お腹空いた(←関係ない)。


昨日は初日なので、朝の8時から会場であるレオポルダ駅跡にて仕事開始です。

430種類(!)あるキャンティ・クラッシコワインの抜栓。

430種類がどれだけかというと・・・。

d0219019_04271311.jpg

バーーーーーーン。

d0219019_04271316.jpg

ドーーーーーーン。

d0219019_04271236.jpg
ドキューーーーン(←???)。

果てしなく続くこの長い台。一体何mあるのだろう、という長さです。

向こうにいる人達が、小さい、小さい。

まるで、映画「ブルース・オールマイティ」で、モーガン・フリーマン扮する神様に届く世界からの願い事の詰まった果てしない引き出しが、ジム・キャリー目掛けて出て来る時のよう。わかるかな?(笑)

430種類がそれぞれ6本ずつ並んでいるので、その総数といったら2580本。

2580本ですよ!!

朝に抜栓するのはその内の860本。これ又すごい数。

それを20人くらいで開けるのですから、1人約40本。

こんなのはまだいい方で、数年前までは各種類を4本ずつ抜栓していたので、1600本を朝の2時間かけて皆で開けていたのです。さすがにそれだけ開けると2時間後には手がワイン色に変色していました。

それが半分になったのですから、今は楽なもんです。


一昨日のキャンティの展示会同様(詳しくは↓)、
ジャーナリスト達が希望するワインを4~6本持って彼らの席まで運びます。

それを朝の9時から閉会の18時まで行うのですから、重労働です。

お昼だってたったの30分休憩。

それでも毎年仕事を受けるのは、トスカーナを代表するワインの、年に1度の最も大事なイベントに参加するという意義があるから。

そして毎年この時期にしか会わない世界から集まるジャーナリスト達に会うことができるから。

ジャーナリストの中には、私の担当するテーブルをわざわざ選んでくれる人もいて、本当に有難いことです。

d0219019_04271185.jpg

昨日の仕事の後は、展示会後に用意されたアペリティーヴォのシャンパンを6種類味見することができました。

ご褒美、ご褒美♡


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2017-02-15 04:38 | ワインイベント | Trackback | Comments(2)

キャンティ・クラッシコワイン試飲会の舞台裏 (才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_10354241.jpg


2月14日のキャンティを皮切りに、23日のブルネッロ・ディ・モンタルチーノまで、10日間に渡って行なわれたトスカーナワインの試飲会。
世界各国からジャーナリストやバイヤー、インポーターが集まり、今年市場に出回るワインを試飲します。
ソムリエの仕事で1番好きなのが、この期間に行なわれるキャンティ・クラッシコの試飲会『Chianti Classico Collection』です。

今年は17・18日の2日間でした。
大きなイベントなのでフィレンツェのみでなく、グローセットやルッカ、アレッツォ等から2日間で総勢60名程のソムリエが召集されます。
1日目、私は意味も無く朝の8時前に1番乗りしてしまったので(こんなことならバールでコーヒー飲んでくるんだった!)、誰もいない会場で写真撮影。

d0219019_1026318.jpg

350種のキャンティ・クラッシコワイン。各種6本ずつ計2100本のワインが台の上に並んでいる様は壮観です。

d0219019_10272942.jpg

我々ソムリエは2時間前に会場入りし、700本の抜栓&チェックをします。

d0219019_10424450.jpg

こちら、フィレンツェ組。

d0219019_1028714.jpg

ワイン台の両側には6人掛けのテーブルが左右22台ずつ。264人のジャーナリストに対応できます。
ソムリエはジャーナリストに指定されたワインを1度に6本、ワイン台からテーブルまで運びグラスにサービスします。

d0219019_10363085.jpg

それにはこのキャンティ・クラッシコの黒雄鶏マークが付いたラックが大活躍。
これがあれば、1度に6本難なく運べます。
難なく・・・ではないですね。
開始直後でワインが全く減っていない時は、約1,3kgX6本=7,8kgもあるのです。
だんだんワインの量が減ってくるといえども、5kg前後のラックを持って1日にワイン台とテーブルの間を何往復もするのはかなりいい運動です。

10時間半の労働時間中、お昼休憩30分+コーヒー休憩10分のみ。
それ以外はずーっと立ちっぱなし。
怠け者というイメージが定着しているイタリア人ですが、やる時はやります!(笑)


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]
by italiawine | 2015-02-26 10:44 | アンテプリマ・トスカーナワイン | Trackback | Comments(0)

“un gallo, un territorio, molte anime” キャンティ・クラッシコ討論会

d0219019_23284456.jpg


ワインと食のプロモーションを手がけるエノクラブ・シエナのダヴィデ・ボヌッチが企画した、キャンティ・クラッシコの生産者30名とワイン40種を集めた討論会が昨日、フィレンツェのフォーシーズンズホテルで開催されました。

我が家から徒歩で10分程のフォーシーズンズ。いつもなら徒歩で行きますが、フィレンツェの中心地で最も豪華なホテルへ行くならエレガントでなきゃと張り切って11cmヒールのグッチのパンプスを着用。ブーツやサンダルなら11cmでもへっちゃらですが、オープントゥといえども私の苦手なパンプス。しかも私のサイズがなくて少々きついのに目をつむって購入した代物。やっぱり足が痛くなり広げてもらってもまだ痛く、でもこれ以上やると踵がスポスポ抜けちゃうのでできず・・・。そんなパンプスなのでバスで行こうと思ったら、この日は1日中バスのショーペロ。ひえ〜何てついてないんだ。歩きました、仕方なく(泣)。フィレンツェの歩きにくい石畳をこんな靴で!10分のはずが15分以上掛かっちゃいました。

ホテルに入るなり、クリスマスデコレーションでお伽の国と化したラウンジにうっとり。でもショーペロとパンプスのせいで遅れて着いたので、すぐに2階の会場へ。

d0219019_233058.jpg

ちょっぴり狭めの廊下でアペリティーヴォ。スプマンテのロゼと、フェルモのロゼ。ワイン名を聞いたカメリエレがフランス人で、フランス語訛りのイタリア語で答えるので、Rが独特の(痰を吐くようにと昔先生に教わった)発音でよくわかりませんでした(笑)。
料理はビュッフェ形式かと思いきや、カメリエレがお皿を持ちながら練り歩くシステム。しかも1つのポーションがミニサイズ。カメリエレが通る度に手を伸ばしたけれど、ちっとも満腹にならない。これから21時まで3時間セミナーがあるのにお腹空いちゃうよ〜。しかも今夜はこのアペで夕食のつもりだったのに・・・。

アペ時間が終わり、シャンデリアのぶら下がるお隣りのゴージャスな部屋へ。
Cigliano, Villa Calcinaia, Le Cinciole, Lamole, Castello di Monsanto, Monteraponi, Bibbiano, Badia a Coltibuono, Felsinaといった9つのワイナリーの生産者がそれぞれの土地の違いについて説明をしました。

d0219019_23412775.jpg

Badia a Coltibuono のRoberto Stucchi Prinetti氏

d0219019_2342650.jpg

Monteraponi のMichele Braganti氏。左が主催者のDavide。

d0219019_2342389.jpg

Felsina のGiovanni Poggiali氏。

d0219019_23425152.jpg

Montevertine のMartino Manetti氏。

d0219019_23432784.jpg

こちらが40種類のワインの一部。
今年、キャンティ・クラッシコの新しい格付けが導入されました。今までの「キャンティ・クラッシコ・アンナータ」、「キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ」に加え、その上のカテゴリー「キャンティ・クラッシコ・グラン・セレツィオーネ」の導入です。この新カテゴリー「gran selezione」のワインは、他の土地から運ばれた葡萄やワインを混ぜることなく、ワイナリーのある土地で生産された葡萄のみから作られたワインで、30ヶ月以上+ボトル内で3ヶ月以上の熟成が必要とされます。
この新格付けにはあまり意味を見いださず、ボルゴーニュのように地域名をラベル表記し地域を特化することが必要だと唱える生産者が多く、最後は生産者だけではなく、ジャーナリストやレストラン経営者らも発言して興味深い討論会となりました。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2013-12-06 23:47 | ワイン | Trackback | Comments(0)

ソムリエの仕事 @ Palazzo Corsini

d0219019_20224094.jpg


フィレンツェで今日から13日まで開催される「Biennale Internazionale dell’Antiquariato di Firenze」。今年で28回目です。Biennaleとは2年に1回という意味なので、56年の歴史ある骨董品のイベントです。
アルノ川沿いに建つコルシーニ邸で行われ、豪華な屋敷内もロケーションも見事ですし、館内に展示されているイタリア各地から持ち込まれた骨董商自慢の品々は全て高価なものばかり。
屋敷を出る時には持ち物検査もされます。
盗む人がいるってことかしら?

d0219019_2025065.jpg

昨日はプレオープニングイベントが行われ、ソムリエとして参加してきました。
Lega del Chianti〜キャンティ連盟からの依頼なので、紹介するワインはキャンティ・クラッシコにキャンティ・クラッシコ・リゼルヴァばかり。
「Colle Bereto」「Castelli del Grevepesa」「Castello San Donato in Perano」「Castello di Cacchiano」「Principe Corsini」「Castello di Fonterutoli」「Castello d’Albola」「Poggiolino」と8社のワインです。

d0219019_20194410.jpg

一緒に働くソムリエ仲間は、コースを一緒に受け試験勉強も一緒にした悪友ヴァン二君。
彼はフィレンツェのファッションイベント・ピッティウォーモを主催する会社でマーケティングを担当しており、仕事柄口が達者、達者。
よくそんなに出鱈目なことが口からスラスラ出て来るなぁとこちらは感心するばかり。
サボりながら仕事をしているように見せるのがすごく上手いので若干心配でしたが、昨日はあまりサボらず働いてくれました(笑)。

d0219019_20185569.jpg

2階のテラス部分に設置された我々のワインコーナー。
夏も冬も変わらぬ制服の背中に太陽がジリジリと照り付け、2人で「暑い、暑い」と言っていましたが、夕方には涼しくなりました。
テラスの向こうに流れるアルノ川はあいにく濁っていましたが、見晴らしは最高です。

d0219019_2012383.jpg

天井のフレスコ画も素晴らしい。

d0219019_20132987.jpg

屋敷内には彫刻も沢山。昔の貴族はこんな所に暮らしていたのですね。溜め息が出ます。

d0219019_20142438.jpg

あまりに多くの消化器に驚いたりして。まあ、建物だけでも価値があるでしょうから焼けたら大変ですもんね。我が家には勿論1個しかありません、消化器。しかもお隣さん2件と共同で1個のみです。。。

優しいキャンティ連盟の方々。仕事が終わって、ワインを2本ずつくれました。わ〜い。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2013-10-05 20:27 | ワイン | Trackback | Comments(0)

ワインイベント "Vino al Vino" a Panzano

d0219019_3274129.jpg


今月の12〜15日の4日間、トスカーナのキャンティ・クラッシコワインの生産地パンツァーノ・イン・キャンティで、毎年恒例のワインイベントが開催されました。
パンツァーノ村の小さなメイン広場で行われるアットホームな雰囲気が好きで、5〜6年通っています。
参加する20のワイナリーには「Fontodi」や「La Massa」などの有名所も含まれていて、この地が上質なワインの生産地であることを示しています。

場所はフィレンツェからSITA社のバスで1時間半。
ブドウ畑やオリーブの茂る眺めのいい丘陵地帯を走ります。
広場に着いたら受付で€15を払ってグラスを貰います。
あとは各ブースで、生産者の話などを聞きながら好きなだけワインを試飲できます。

d0219019_3283513.jpg

まず向かったのは友人ティツィアーノのいる「Il Molino di Grace」。
キャンティ・クラッシコ2009に、2種類のリゼルヴァ2008、そしてGratius2007の計4種類を味見させてもらいます。

お昼がまだで空腹の我々は、駐車場奥にワインを持って移動。
このイベントの度にフィカットラという食べ物の屋台が出て、いつも楽しみなのです。
フィカットラとは、ピザ生地を小さな四角状にして油で揚げたもの。トスカーナでよく食べるコッコリを薄くしたような感じです。
これに好みでチーズや生ハム、サラミ、デザート用にはヘーゼルナッツのクリーム「ヌテッラ」を挟んでもらいます。1切れ€1,5。

d0219019_3301617.jpg

私はチーズ&生ハム、チーズ&サラミ、ヌテッラの3個にしました。
私の前に並んでいた女の子も同じように3個頼んでいて、彼女には3つとも大きなフィカットラを選んでいたおじさん。私には3つとも小さいフィカットラ。
用意されたフィカットラがもう残り少なくて小さいのしかないのもわかるけど、だったらさっきの子に3個共大きいのをあげたのは間違いだったんじゃない?
全くイタリア男は可愛い子を見るとすぐこれなんだから。
バカバカしくて怒る気にもなれず。
でも、次に頼んだ私の友達が€4,5払うべきところを€3のみ台に置くと「君のは小さいからおまけで€3でいいよ。」
な〜に〜!私は大人しく€4,5払ったのに!
ここでブチ切れた私。「おじさん、私のだってこんなに小さいんだけど。」
そうしたらもう1個ヌテッラのをくれました。全くもう。
食べ物の恨みは恐いのよ!
しかも我々の後に新しいフィカットラが届き、熱々ではないけれど、どれも大きくて温かい。ついてないったらない。
ベンチに座り、ワインを飲みながら遅めのランチ。文句を言いつつも、美味しくいただきました。

d0219019_331016.jpg

さて、お腹を満たしたところでワインを補給。
うちのエノテカ「Le Volpi e l’Uva」でも扱っている「Candialle」へ。
ここのブースには知り合いのマエストロがいます。
彼はフィレンツェからすぐのチェルトーザにあるエノテカ「Vinoteca al Chianti」で働いており、もう長い知り合いです。でも皆がマエストロと呼ぶので、本当の名前を知りません。会う度にすごい力で抱擁されます。
さっきのイケメン・ティツィアーノがこれくらいの力で抱擁してくれるなら嬉しいんですけどね(笑)。

d0219019_3315751.jpg

「La Massa」。この右のワイン「Giorgio Primo」は€60くらいだったかな?

d0219019_3323249.jpg

同期のソムリエ、ルチアーノの「Panzanello」。彼とは1年間同じソムリエコースに通いました。
今年の彼のところのワイン、結構好きです。

d0219019_336547.jpg

私の好きな3大ワインの1つ「Flaccianello」を作る「Fontodi」の友人シルヴァーノ(中央)。
いつも「ワイナリーに遊びに行くね」と言いつつ、まだ1度も訪問していません。
「車がないから」と言うと「出してあげるから」と言ってくれるので、実現しなくては。
今回、キャンティ・クラッシコがとてもいい味でした。

d0219019_3401462.jpg

こちらはパンツァーノの有名なお肉屋さん「ダリオ・チェッキーニ」のダリオ。

d0219019_341654.jpg

ここのハーブ入りラルド「Burro del Chianti」はパンに塗って食べると美味しいのです。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2013-09-27 03:42 | ワイン | Trackback | Comments(0)

キャンティ・クラッシコワインイベント@グレーヴェ・イン・キャンティ

d0219019_21222757.jpg


トスカーナ州を代表するワインの1つ、キャンティ・クラッシコのイベントが今週から始まりました。5日(木)から8日(日)まで、フィレンツェから車で1時間のグレーヴェ・イン・キャンティで43回目の「Expo del Chianti Classico」が開かれています。
フィレンツェのSMN駅前のSITAからグレーヴェ行きのバスが出ており、片道€3,3です。

私達は12時半出発のバスに乗り、13時半に到着しました。
グレーヴェのバス停から会場の広場までは1本道ですぐです。
広場いっぱいに53もの小屋が並び、各小屋にワインの生産者がいます。
各生産者が4〜7種類ものワインを紹介していますので、全て合わせたら200〜300種類ものワインになるでしょうか。

d0219019_21374264.jpg

広場の中央にチケット売り場があります。
€10を払うとグラスを貰え、7ポイントが付きます。1杯1ポイント、キャンティ・クラッシコと ヴィン・サントは1杯2ポイントで試飲できます。

前日から暑さがぶり返したトスカーナ。
太陽が燦々と照り付け、日向はとにかく暑いです。気温35度はあるでしょうか。
ワインのある小屋は日陰とはいえ、赤ワインの飲み頃温度である14〜20より高いのは明らかです。
白ワインやロゼは冷やしている所がほとんどでしたが、ちゃんとした冷蔵庫があるわけではなく、どうしてもぬるいのです。
やはりワインは適した温度で飲まないと、その持ち味が伝わってきません。
暑いと酔いも早く回りますし、こう暑いとあまりグイグイと飲む気にもならず、どうしてものんびり試飲会になります。

d0219019_21313195.jpg

えっ何故パスタがここに?と思いきや、パスタではなくチーズでした。こんな形のチーズは見た事がありません。しかもこのおじさん、このチーズを1本ずつ手でつまんで渡してくれるのです。えー!!チーズの手渡し?おじさん、最後に手を洗ったのはいつ?
乾いたチーズならまだしも、湿っているんです、このチーズ。
その様子が可笑しくて、笑いが止まりません。
しかも私の友達たち、素直に受け取って食べてるし!
私だけはおじさんの好意を丁寧にお断りし、自分で取らせていただきました。
美味しい、このチーズ!何だこれ?!
おじさんに聞いたら売っていないですって。
じゃあ、何のために持って来ているの??手渡しパフォーマンスをする為か?

d0219019_2133999.jpg

変なおじさんを後にし、次のブースではサフラン入りのクッキーをつまみます。
トスカーナはサフランの産地で有名なサン・ジミニャーノもあり、時々サフラン売りも見掛けるのです。サフラン入りのクッキーって、いつも不味いと思うけどどうしても毎回試してしまう。これも不味かった。

d0219019_21351794.jpg

グレーヴェの有名なお肉屋さん「Falorni」が広場に面しているので入ります。
生ハムやサラミをお味見。

d0219019_21342625.jpg

この男性、何を刻んでいるかと思えば、生ハムを刻んでいました。生肉のタルタルを作るのに、塩は加えずにこの生ハムの塩分で味付けするんですって。なるほど、美味しそうです。1人分のタルタルがソース付きでプラスチックのパック入りで売っており、持ち帰りにしたり外のテーブルで食べられるみたいです。€7でした。
タルタルもいいですけど、この人結構好みです(笑)。

それにしても暑かった。
赤ワインメインのイベントをこの時季にやるのって間違っていないかな。
もう少し涼しくなると、それはそれでブドウの収穫期と重なって忙しくなるけれど、ここまで暑いとワインを味わう環境ではないですね。
来週にはグレーヴェの先のパンツァーノでもイべントがあります。
少しは涼しくなりますように。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

Woman excite ウーマンエキサイト カワイイ : カワイイ、モノ情報


広場のお肉屋さん
Macelleria Falorni
Piazza G.Matteotti, 71 Greve in Chianti
TEL 055-853029
[PR]
by italiawine | 2013-09-07 21:38 | ワイン | Trackback | Comments(0)