イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

タグ:フリッテッレ ( 6 ) タグの人気記事

ジョルジョがやっぱり1番!カーニバル菓子

d0219019_00142227.jpg

この時季にしか見られない勇姿(笑)。
ジョルジョのウインドーいっぱいに並べられたカーニバル菓子の「スキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナ」、クリーム入りバージョン。
約20cm X 24cm四方のケーキが、この段のみならず上段にも並ぶ姿は圧巻です。

フィレンツェで1番人気のケーキ屋「Giorgio 〜 ジョルジョ」へ、カーニバル菓子を買いに日曜日に行って来ました。
d0219019_00142328.jpg
外まで続く列。
このお店ではよく見る光景。

d0219019_00142537.jpg
右が外から続くレジに並ぶ列で、左は会計を済ませた後に欲しい物を注文する人々。
すごい混雑です。
友人は「並ぶから他へ行こう」と言いますが、とんでもない!
甘いものをあまり食べない友人なので、この段違いの美味しさがきっとわからないのでしょう。
滅多に行列を作らないイタリア人が並ぶのですから、そこには理由があるというもの。
並ぶだけ価値のある美味しさなのです。

d0219019_00142416.jpg
こちらは「スキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナ」のクリーム無しバージョン。

d0219019_00142533.jpg
お米の入った揚げ菓子「フリッテッレ」。

d0219019_00142679.jpg
パリパリ、サクサクの揚げ菓子「チェンチ」。
全てカーニバルの時季にしか店頭に並ばないお菓子です。
昨日がカーニバルだったので、早いお店は昨日まで、食べられて今週いっぱいかなぁ。
中にはパスクアまで売っているお店もあります。
ジョルジョで聞いたところ、今週までは確実にあるそうです。

d0219019_00142354.jpg
「ほっ」と。フォトコンテスト

家に帰って「ほっと」したい場合はこちら。
沖縄のサーターアンダーギーのように見えますが、全て持ち帰りにした「フリッテッレ」。
左から、りんご入り、クリーム・ラム・レーズン入り、クリーム入りの3種です。
この真ん中の「クリーム・ラム・レーズン入り」が毎年不動の1位。
食べたことのない方、是非1度お試しあれ。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif
Pasticceria Giorgio
Via Duccio di Buoninsegna 36, Firenze
TEL 055-710849

[PR]
by italiawine | 2017-03-02 00:51 | ドルチェ

カーニバル時期のみ!シエナの揚げたてフリッテッレ

d0219019_21401436.jpg

アーモンドの花の芳しい香りも堪能したということで、花より団子の我々は団子の匂う方へと進みます。
やって来たのはカンポ広場。
夜は周囲を巡らす建物に灯りが燈されて、昼間とは違った美しさです。

右手に見える小屋がこちら。
d0219019_21401372.jpg
この時期にしか出店しない、フリッテッレというカーニバル菓子を売る屋台です。

この時期にシエナに来たら、買わずにはいられません。
d0219019_21401210.jpg

「ほっ」と。フォトコンテスト

こんな感じで、まさにほっとする味。
お値段も良心的で、1ユーロで4個。壁に手書きの価格表が貼ってあるのですが、「1€=4、2€=8、3€=12・・・」といった具合でずーっと書いてあり、確か沢山買っても割引がなかったような(笑)。
それでも私がシエナに住んでいた14年前から値上げなし!偉い!
d0219019_21401197.jpg
その場で揚げているんですよ〜。

鍋の蓋の裏に載せた生地は、米を牛乳で炊いたものに小麦粉や砂糖、オレンジピールを混ぜたもの。
それをスプーンですくって油の中へ落としていきます。
満パンに入れるから揚げた後が皆くっついちゃっているけれど(笑)。

揚げたてなのでサクサク!友人と半分こした2個では足りず、さらに4個追加して食べちゃいました。

d0219019_21401337.jpg
凛々しくそびえ立つマンジャの塔を見上げながら。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2017-02-25 22:03 | 散歩

この時期だけのフリッテッレ(旅行・お出かけ部門)

d0219019_23293561.jpg


そう、この時期にしか食べられないお菓子。
そして、私が最も好きなイタリア菓子。
何故、この時期だけなんだ〜!!
と言いたくなります。

1月6日のエピファニア(キリスト教で、救世主の御公現の祝日)が過ぎるとお菓子屋の店頭に並び始め、カーニバル(謝肉祭)が終わると共に姿を消します。
今年のカーニバルは2月26日なので、このお菓子を食べられる期間はたったの1ヶ月ちょっと。
短過ぎる!

d0219019_002929.jpg

今朝、いつものジャコーザへ朝食を食べに行ったら今年初のフリッテッレがあったので、プレーンタイプとレーズン入りのを1つずつ注文しました。
カプチーノと一緒に。
大食いの私がこれだけで足りるの?と思われる方!
ははは。ジャコーザ近くのパン屋さん『TOP』でフリッテッレを買って帰るという目論みがあるからなんですねぇ。

第一回プラチナブロガーコンテスト

d0219019_03628.jpg

TOPへ入ると、あるある。
先週はまだなかったフリテッレがあります。
でも私のお目当てはこのオースドックスなフリッテッレではなく、冒頭写真のフリッテッレなのです。
厳密にいうとcastagnore〜カスタニョーレというお菓子で、揚げたシュー生地の中にクリームを入れた物。
でも、フィレンツェではこれもフリッテッレと呼びます。

TOPの店内は混み込みで、7〜8人並んでいたのでくじけそうになりましたが、今買わないと今日と明日のおやつがないので(明日まで全部食べずにいられるのか・笑)辛抱して並びました。

d0219019_0181952.jpg

同じくこの時期にしかないスキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナの生クリーム入りも買って、

d0219019_016175.jpg

美味しそうなクッキーも買って。
明日までもつかな、このおやつ(笑)。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2017-01-21 23:52 | ドルチェ

食べ納めのフリッテッレ!(才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_21192167.jpg


前回に続き、フィレンツェで見かけるカーニバル菓子といえば『スキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナ』、そしてもう1つ外せないのが『Frittelle 〜 フリッテッレ』!
『 スキアッチャータ〜』はフィレンツェ特有のものですが、『フリッテッレ』はイタリアの他の地域でも見られるカーニバル菓子です。
昨年は『 スキアッチャータ〜』にはまっていましたが、今年は『フリッテッレ』がマイブーム。といいながら、『 スキアッチャータ〜』も軽く10回以上は食べましたが(苦笑)。フリッテッレなんていくつ食べたか覚えていません。

小麦粉、牛乳、砂糖、卵、バター、レモンの皮、イーストを混ぜて小さく丸め、油で揚げたお菓子です。これがオーソドックスなプレーンタイプです。

d0219019_21202514.jpg

フィレンツェでは『フリッテッレ・ディ・リーゾ』といって、お米の入ったものが一般的でしょうか。牛乳で米を柔らかく煮、砂糖・レモンの皮・小麦粉・イーストを混ぜて油で揚げます。割ってみるとこんな感じ。お米の粒々が見えます。

d0219019_21263293.jpg

こちらは林檎の産地で有名なトレンティーノ・アルト・アディジェでよく作られる林檎入り。
ヴェネツィアでは林檎の他にレーズンとピスタチオも入れるそうです。

d0219019_21211046.jpg

そして私の一押しはこちら!!
生クリーム&カスタードのミックスクリーム入りです。というか、今迄の記事を読んで下さっている方の中には「何でもこのクリームが入っていればいいんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、図星です(笑)。どんなお菓子でもこのクリーム入りが1番好きです♡ 本当に美味しいんだなぁ〜。こちらはパン屋「TOP」のものです。

d0219019_21231634.jpg

何件も他のお店を味見しましたが、「ジョルジョ」のものがさくさく&クリームの美味しさで1位です。
真ん中の白いアイシングのかかったものは、レーズン&ラム酒たっぷり、中にはさらにクリームが入っています。写真を見ただけで又食べたくなってしまいます。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]
by italiawine | 2015-02-26 21:26 | ドルチェ

今日もフリッテッレを探して。。。(才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_18264931.jpg


先週土曜の朝は、いつものように中央市場のネルボーネで ↑ のパニーノを食べた後、
「今日はどこのケーキ屋に行く?」
ということで、マルチェッロに行くことに決めました。
今の時季にしか食べられないカーニバル菓子、クリーム入りのフリッテッレ(一口サイズの揚げドーナツにクリームを入れたもの)に目がないので、確か3〜4年前に食べて美味しかったマルチェッロのを食べなくては、という訳です。

フィレンツェの中心地から車で10分程、ガビナーナという地域にこのマルチェッロはあります。私のお気に入りのケーキ屋です。

d0219019_1829202.jpg

salata 〜 サラータと分類される塩味系のパニーノも美味しそうですねぇ。
写真のものは生ハム&きのこサンドです。

d0219019_183067.jpg

でもやっぱり甘い物かな。
クリームたっぷりのシュークリーム。
このたっぷり感がたまらない。

d0219019_18311382.jpg

ベリー類の乗ったヨーグルトタルト。

d0219019_18314424.jpg

アラゴスタ(伊勢エビ)という名の、形もそれっぽいサクサクお菓子。
これにも目がなくてよく食べます。
迷いますねぇ。

d0219019_18324541.jpg

でもやっぱりこちらも今しか食べられない、カーニバル菓子のスキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナのクリーム入りにしました。
カフェには可愛いハートマーク♡

そしてフリッテッレを持ち帰りにしようと思ったら、クリーム無しのオーソドックスタイプはあるけれど、クリーム入りはまだ時間が掛かるとのこと。
な〜に〜!!朝9時半にまだないなんて!
ジョルジョ(私の愛するケーキ屋)のフリッテッレなんて、9時にはもうしっかりウインドーに鎮座しているのに!
この時季にしかないお菓子なのだから、朝一で用意してよね、という感じです。
仕方がないので又出直しまーす。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
[PR]
by italiawine | 2015-02-12 18:37 | ドルチェ

Colomba

d0219019_425042.jpg


キリスト教の祝日、復活祭パスクア。
十字架に掛けられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念する日です。
移動祝日なので毎年日付が変わりますが、今年は3月31日。

鳩の形を模したお菓子、コロンバ。基本的にはクリスマスに食べるパネットーネの形を変えただけというお菓子屋が多いです。干レーズンや他のドライフルーツが生地に入り、表面にアーモンドをのせた物が一般的でしょうか。
パネットーネを食べてからあまり時が経過していないのと、1つが大きいのもあって今まで購入した事がなかったのですが、近所のお菓子屋ゴレッタを通りかかったらウインドーに美味しそうなコロンバが並んでいたので、ついつい買ってしまいました。
生地は濃い黄色でしっとりし、表面がサクサクしています。ドライフルーツがオレンジピールのみというのも私好みでした。
朝食用のクッキー選びに飽きていたので丁度良かったです。
一緒に購入したレーズン入りクッキーもイタリアらしくない軽いクッキーです。
このお菓子屋は家の近所といえどあまり通らない道にあるので今まで入ったことがなかったのですが、意外と当たりかもしれません。

d0219019_4152258.jpg


もう1軒、家の近所のお菓子屋シエニには、ひよこのチョコレート菓子が並びます。白黒なのでカリメロのよう。
大きな卵型のチョコレートにおもちゃが入ったものを子供に贈るのがパスクアの習わしです。
子供ではありませんが、私も去年友人に大きなチョコレートを貰いました。
子供用よりは大人っぽいその卵には可愛らしいネックレスが入っていました。

イタリアには行事ごとに色々なお菓子がありますが、この前のCarnevaleカーニバル(謝肉祭)の時期は、フリッテッレというお米の入った揚げ菓子、そしてフィレンツェにはスキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナというスポンジケーキのようなお菓子も出回ります。どこのお菓子屋のスキアッチャータが美味しいかを議論するのがフィレンツェ人フィオレンティーニの友人達の毎年の恒例となっています。1、2位を争うのがジョルジョとマリーザなのはいつでも同じです。

d0219019_4184423.jpg


こちらはそのジョルジョのフリッテッレとスキアッチャータ。
フリッテッレはオーソドックスタイプではない変わり種で、レーズンとカスタードクリームが入りラム酒にたっぷり浸かっています。ババを思わせる程たっぷり。そしてスキアッチャータも定番はクリームなしなのですが、クリーム大好きな私は断然クリーム派です。
[PR]
by italiawine | 2013-03-24 04:19 | ドルチェ