イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Essenziale ( 3 ) タグの人気記事

「エッセンツィアーレ」シェフ特製のドーナツとは?

d0219019_22172960.jpg

京都の話題を続けて書こうと思ったのですが、あまりに量が多く、その間にフィレンツェでも旬なことが起こるので、こうして時々フィレンツェの話題も混ぜながら進めていこうと思います。
読んで下さる方にはごちゃごちゃになってしまって申し訳ありませんが、どうかお付き合い頂けますと嬉しいです。

というわけで、今日はフィレンツェの話題。

美味しそうなキツネ色をしたドーナツ。
フィレンツェのイタリアンレストラン「エッセンツィアーレ」(詳しくはこちら)のシェフ、シモーネ・チプリアーニが手掛ける、期間限定販売のドーナツなのです。

4月22〜25日、そして28日〜5月1日まで、中央市場2階でのみ購入できます。

d0219019_22173022.jpg
今日のお昼に行ったら、シェフはバッサーノ・デル・グラッパという北イタリアの町へ出張だそうで、「エッセンツィアーレ」のコックさんが店頭に立っていました。
今日が本来定休日のレストランは、明日が祭日なので夜は臨時営業をするらしく、仕込みもあるのにこのドーナツ販売も加わり、スタッフ全員大忙しのようです。

d0219019_22172807.jpg
ドーナツは2種類。
奥がお店でも時々出しているという「パッパ・アル・ポモドーロ」入りの物。
「パッパ・アル・ポモドーロ」はトスカーナの伝統料理で、パンとトマトを使ったスープなのです。
それをドーナツに入れるって、炭水化物X炭水化物なんですけど!
イタリアには、カスタードクリームやチョコクリームを入れた甘いドーナツしか存在しないので、アイデアとしては画期的とも言えるのですが、なぜにパッパ・アル・ポモドーロで思い付いてしまったのか。
日本の美味しいカレードーナツを教えてあげたくなります。

手前は「『市場側に甘いバージョンも作ってくれ』と頼まれて作った」という、ホワイトチョコレート&ライム&抹茶という不思議な組み合わせの代物。

d0219019_22172743.jpg
今しか食べられないしと思い、「両方お願い!」と彼に伝えてから、混み込みの人の波間を通り抜け、少し離れた場所にあるレジへ支払いに向かいます。

バールで売っているドーナツは、1つ1〜1、5ユーロが平均なので、これはレストランのだし€2くらいかな〜なんて思っていたら、なんと1個4ユーロ!たっ高い!!
でも彼に既に両方頼んでいたので今更後へもひけず、8ユーロ払いました。

d0219019_22172728.jpg
たった8日間のイベントの為に、こんなシールまで作ってしまう中央市場。
ローマのテルミ二駅にも出店したし、飛ぶ鳥を落とす勢いだもんねと感心しながら開けます。

d0219019_22172691.jpg
はーい、炭水化物ドーナツ!(笑)。
スープの時はもっとパンの存在を感じるパッパ・アル・ポモドーロですが、これはかなり滑らかなクリーム状にしてあるので、ぱんXドーナツという違和感なしに味わえ、悪くないです。
クリームも温かかくて○。

結構ボリューミーだったので「抹茶クリームはおやつに食べよう」と思っていましたが、これを書いていたら食べたくなり、今食べてみました。
こちらはかなり高得点。ホワイトチョコが甘過ぎるかと思いきや、抹茶の渋さとライムの爽やかさが利いて、全然甘過ぎません。食べている途中に反対側のクリーム注入口からクリームが出てきてしまったので、穴のある方から食べることをお勧めします。

期間限定のこのドーナツ。
皆さんも是非お試し下さい。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2017-04-24 23:22 | フィレンツェ・レストラン | Trackback | Comments(0)

スタッフが最高なレストラン! "エッセンツィアーレ”(旅行・お出かけ部門)

d0219019_07523899.jpg


巷で噂になっている、イケメンシェフ。(なっていない?)
彼の元へ再び行ってきましたーーー!!!(戻るのが早過ぎる?)
今回は彼の写真もありますよ!(キャー♡)
しかも出血鼻血大サービスで2枚!!!(ほんとにー♡)
そこで呆れている男性陣も、是非最後まで読んで下さいね♡

前回来た時の話を職場のエノテカですると、「僕たちも行きたーい。彼等がうちのお店に来てくれるんだから、僕たちも行かないとね」ということになり、仕事の後にみんなで来ることになりました。なので、今回は8人の大所帯。
前回のブログはこちらです ↓

d0219019_07520570.jpg

1本目は、Foradoriのマンツォーニ・ビアンコ「Fontanasanta」2015。

そして、アミューズとして冒頭の一皿が運ばれて来ました。
下に野菜クリームが敷いてあり、上にフリーズドライ状の数種の野菜が載っています。

今回も、3品のコースにしました。

d0219019_07520514.jpg

私の1皿目は、前回食べてとっても美味しかった「Lingua alla pizzaiola / 牛タン、トマト、オレガノ、玉葱、水牛のモッツァレッラ」。前回よりちょっぴり牛タンが硬かったのですが、それでも皆から大好評でした。特に上にかけてくれるピッツァイオーラソースを皆気に入ったよう。

そして、そして、そしてーーーーーーーーー!!
イケメンシェフの登場でーす!!!!!!
ジャ〜ン。

d0219019_09080763.jpg

スーツ姿もキマっていますねぇ。
左がシェフのシモーネ、右がダヴィデ君です。
はい、もう1枚いきますよー。

d0219019_09080746.jpg

笑顔も可愛いシェフ。
この2枚の間に舌を出しておどけてくれたのですが、撮り逃しました。
どうですか、皆さんの好みでしたか(笑)?

d0219019_07520312.jpg

さて、そんなシェフが私達にサプライズを用意してくれました。
こちら、ただの目玉焼きに見えますが、実は白い部分は卵白ではなく、イカで作られています。
擦り下ろしたイカを伸ばして焼いたそう。
黄味はそのまま卵の黄味ですが、面白いアイデアですね。

第一回プラチナブロガーコンテスト

d0219019_07520320.jpg

2本目はプリンチピアーノ・フェルディナンドのランゲ・ネッビオーロ「Coste」2015。
味見をしてみると問題があり、うちのテーブルを担当してくれている男性がすぐに変えてくれました。
この男性もとても親切で、いい人なんです。
このレストランの良い所は、スタッフが全員明るく気が利き、親切なこと。
食べに来る人をいい気分にさせるって、1番大事なことだと思います。


d0219019_07520258.jpg

2皿目も前回同様、「Comfort spaghetti / スパゲッティ、バター、アンチョビ、セージ、鶏レバー、木苺」。
これも美味しいんです。

このレストランの面白いところは、テーブルの各席にカトラリー入りの引き出しが付いており、自分で取り出すことです。
「これ、楽しいよね」と友人が先述のうちの担当君に話すと、『僕らが楽ですから』っていう楽しい答え。確かに!


d0219019_07520150.jpg

コーンラーメン?
いえいえ、とうもろこしのニョッキ、白身魚のソースです。
どことなく日本っぽい味。
私の前に座った友人2人は絶賛していましたが、私はこの日スタートからあまり空腹でなく、この時点でお腹ははち切れんばかり。なので思いきり味わうことができませんでした。


d0219019_07520146.jpg

合わせたワインは Eottore Germano のリースリング「Hérzu」2015。
この日のワインで1番気に入ったワインです。
どこかで見た生産者だと思ったら、先日ピッツァを食べた時のスプマンテも同じ生産者でした。
詳しくはこちら ↓
チェックしたい生産者です。


d0219019_07520058.jpg

そしてドルチェは「Fior d'evo / ミルク、生クリーム、砂糖、卵白、エキストラヴァージンオイル、パン、塩、黒キャベツ」、€7。
さっぱりしていて、沢山食べた後でもすーっと入るドルチェです。

今回も大満足。料理も勿論大事ですが、サービスってそれを上回るものがあります。
ここは良いスタッフに恵まれた店だと言えます。

私が美味しいと言ったために職場の皆と来ることになったので、今回は責任重大でした。
そのプレッシャーでお腹が空かなかったのかも?!
結果は、皆も満足してくれました。良かった〜。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

Essenziale
Piazza di Cestello, 3R, Firenze
TEL 055-2476956

[PR]
by italiawine | 2017-02-03 09:11 | フィレンツェ・レストラン | Trackback | Comments(0)

シンプル&クリエイティブなレストラン「エッセンツィアーレ」(旅行・お出かけ部門)

d0219019_234646.jpg


私の職場によく来てくれるシモーネ・チプリアーニ。
イケメンなんです(笑)。
エッセンツィアーレというレストランの総料理長をしていて、仲のいい女子友と「イケメンシェフのレストランへ食べに行こう」と数ヶ月前から企てていたのが、やっと実現しました。

d0219019_3142915.jpg

こちら、噂のイケメンシェフ。
って、顔がわからないよ〜という方はお店に行ってみて下さいね(笑)。
シェフだけでなく、この背中を向けている彼や、厨房にいる中国系と思われる男の子達も皆可愛く、うちのお店に週1〜2回は来てくれる常連さんです。

女子友によるとシェフは格好良過ぎるらしく、彼女達のお気に入りは接客をしていたスキンヘッドの男性でした。私は興味の「き」の字も考えなかった彼なので、好みって皆違うんだなーとつくづく思いました。だから世の中まずまず上手くいくのですね。

さて、料理です。
アラカルトもあるのですが、3品セットのコースにしてみました。

d0219019_2542338.jpg

まずアミューズが運ばれてきます。
我々はゆったりとしてシェフの働くカウンターが見える2階席に通されたのですが、1階の声が若干反響して、料理の説明をしてくれる男性の声が聞き取れず、何を言っているのかさっぱりわからないのでした。
下に何かの野菜のクリームが敷いてあり、上にフリーズドライ状のカブや黒キャベツ、菊芋のチップス等が載っています。
ちょっとふりかけチックで、不思議な一品でした。

d0219019_3193968.jpg

こちら、2階から見た1階の様子。
2階にはシェフカウンター、厨房、そしてテーブル席が2つあります。

d0219019_2584884.jpg

ワインはアルザスのリースリング。
正解な選択でした。

1皿目は冒頭写真の「Lingua alla pizzaiola / 牛タン、トマト、オレガノ、玉葱、水牛のモッツァレッラ」
ここのメニューは変わっていて、原材料が書かれているだけなので、どんな料理なのか想像しにくいのです。

d0219019_353281.jpg

イケメンシェフ(イケメンはもう付けなくていい?)自らピッツァイオーラソースをかけてくれます。この時にシェフの写真を撮れ、って感じですよね。

ここがオープンする前、シェフは「サント・グラール」というレストランにいて、そこでトマトを使った薄ーい板状のゼリーを多用していたのですが、このお皿でそれが復活!していました。
牛タンはとても柔らかく、トマト&モッツァレッラと良く合います。

コースなのでアラカルトよりも小さめのポーションで出てくるかと思いきや、かなり大きく、どうやら通常ポーションのようです。
前菜といいつつも大きな牛タンはメイン料理のようで、この後出てくるパスタとセコンドまで食べきれるかしらと心配する女子友。

d0219019_371953.jpg

パンはスキアッチャータと揚げパンのような物の2種類。
この揚げパン、とても美味しくてばくばくいきたいところですが、1皿のポーションが大きいのでセーブ、セーブ。

第一回プラチナブロガーコンテスト

d0219019_392641.jpg

プリモは「Comfort spaghetti / スパゲッティ、バター、アンチョビ、セージ、鶏レバー、木苺」
赤と緑でクリスマスらしい色だね、とは女子らしい友人の弁。素晴らしい。私はそんなこと考えもしなかった(笑)。
下に隠れている鶏レバーが意外にもスパゲッティと合い、これ又美味。

d0219019_3113470.jpg

セコンドは「Mediterraneo tropicale / ホロホロ鳥、バナナ、パッションフルーツ、タッジャスカ種オリーブ、レモン」
バナナと鶏って一緒に食べたことがなかったけれど、相性いいですね。

d0219019_31252100.jpg

お腹は結構いっぱいでしたが、デザートも味見したかったので3人で1つ注文しました。「Topinambur tiramisù / 菊芋、コーヒー、マスカルポーネ、卵、砂糖」
上に載っているのは菊芋のチップスで、中には火の通った丸ごとの卵黄が入っています。

伝統料理を扱うレストランのシェフと違い、こういったシェフは新しい素材の組み合わせや調理法を考えないといけず、大変だねという話になりました。
確かに毎日食べても飽きないという料理ではないけれど、トスカーナの伝統料理を出す店の多いフィレンツェで、時には一風変わった料理を食べたいのも事実。こういうレストランも必要ですし、今の料理界の流れもありますが、昔に比べたら大分増えましたよね。
又行きたいお店です。

Essenziale
Piazza di Cestello, 3R, Firenze
TEL 055-2476956

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2016-12-29 02:48 | フィレンツェ・レストラン | Trackback | Comments(0)