イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

トリノでチョコレート「グイード・ゴビーノ」

d0219019_11363129.jpg

チョコレートの街、トリノ。

ヘーゼルナッツとカカオ、砂糖から作られたチョコレート、ジャンドゥイオットが有名ですね。

今回トリノは24時間に満たない短時間の滞在だったので、開いていて、尚且つ行ったことのないお店を探しました。

丁度ホテルのすぐ側に1軒有名らしい所があったので、チェックイン後すぐに行ってみました。

トリノには4軒、ミラノに1軒店舗があるようです。

d0219019_11354463.jpg

歴史を感じる外観。

左右に入口があり、左がバール、右がチョコレートショップのようです。

d0219019_11354964.jpg

チョコレートショップらしい右の入口から入ります。

第三回プラチナブロガーコンテストを開催!「旅行・お出かけ部門に応募します」

d0219019_11362029.jpg

店内は外観と同じようにアンティークな木材で作られ、正面と左右には様々な種類のチョコレートが並んでいます。

1人で店番をしていた若い女性の店員さんに

「隣りのバールも同じ経営ですか?」と聞くと

『違うわ』の一言。

もう少し、『うちはチョコレートのみで、お隣は別の経営なの』とか説明しれくれても良さそうなのに。

居心地の悪い中チョコレートを見ていると、5〜6人の日本人客が入って来ました。

その中の1人がショーケース上に切って出してある試食に気付き食べたので、私も店員さんに「いいですか?」と聞いて試食しました。

皆購入しようと来ているでしょうから、『ご試食どうぞ』と自ら勧めてくれてもいいですよね。

彼等はかなり大きな箱詰めを購入して出て行きました。

残った私は店員さんと更なる会話を試みようと「日本人はよく来るのですか?」と質問。

返ってきた答えは『まあまあね』の一言。

コラーっ!!!会話が進まないじゃないかーーー!!!

d0219019_11360268.jpg

イタリアはお店で会話をするのも1つの楽しみなのに、これでは全く成立しない。

やる気のない店員さんに見切りを付け、バラでちょこちょこ買ってお店を出ました。

d0219019_11355648.jpg

真ん中の「タイ産生姜のホワイトチョコレートがけ&ミント」、生姜が物凄く辛かったです。

あまり期待していなかった右の「南瓜のヘーゼルナッツチョコレートがけ」は、甘く煮た南瓜が柔らかく、とても美味。

でも、あの店員さんならもう行く気しないなぁ。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング

[PR]
# by italiawine | 2018-12-09 12:17 | ドルチェ

アルバ産白トリュフたっぷりのタヤリン

d0219019_19160825.jpg

久しぶりのトリノということで、ピエモンテの伝統料理を楽しめる「Solferino 〜 ソルフェリーノ」を予約しておきました。

d0219019_19093970.jpg

ソルフェリーノ広場にあるこのレストラン、広場に面した席もあります。

d0219019_19153419.jpg

店内へ入ると大きな広間があり、その奥にこちらのこじんまりとした部屋があります。

広間よりも落ち着けて良い感じ。

私の席はこの右側のテーブルで、トイレの目の前。2週間近く前に予約をしたのに、トイレの前とは。1人だったからでしょうか。

でも、清潔なトイレだったので特に問題はありませんでした。

d0219019_19092768.jpg

まずはスプマンテから。

Borgo Magredo の Brut「Sior Berto」。

レストランなのにグラスで €3,5(約450円)!!

フィレンツェなら、この倍はします。こういう場面で、フィレンツェの物価の高さを痛感します。

d0219019_19154733.jpg

1人前にしては山盛りのパン。

ピエモンテで定番の細長いグリッシーニ、白と茶色のパンはモチモチしています。

この時期、アンティ・プリモ・セコンドのトリュフづくし €80のコースもあったのですが、サイトを見て既に決めていました。

d0219019_19154339.jpg

それがこちら、「Vitello Tonnato 〜 ヴィテッロ・トンナート」、€11,50。

こんなに芸術的なヴィテッロ・トンナートを見たことがありません。

香味野菜で茹でた牛肉に、マヨネーズ・ツナ・ケッパー等で作ったソースを添えた料理で、盛り付けは薄切りにした牛肉を並べて上から無造作にソースを掛けるのが通常のこの料理。

なのにこちらの一皿は、もはやアートです。

今まで大したヴィテッロ・トンナートを食べたことがなかったせいか、それ程美味しい料理と思ったこともありませんでしたが、こちらは味まで一級品。

d0219019_19155265.jpg

下に隠れた牛肉は薄すぎず丁度良い厚さ。

いつもは余ってしまうソースも、こちらのは美味しくて最後はパンでスカルペッタまでして完食。

写真があまり綺麗でなくてすみません。

ここで2杯目のワインをオーダー。

フォンタナフレッダのロエーロ・アルネイス「プラダルーポ」€4。

かなりたっぷり注いでくれ、ほろ酔い気味。

d0219019_19155769.jpg

そして今日のメイン、「Tajarin al tartufo bianco d'Alba 〜 アルバの白トリュフのせタヤリン」€30。

ピエモンテ州で有名なアルバ産の白トリュフを、目の前で削ってパスタにかけてくれます。

d0219019_19160296.jpg

う〜ん、美味しすぎます。

お代わりしたいくらい。

d0219019_19161858.jpg

ドルチェは迷わずピエモンテ名物「Bonet 〜 ブネ」€6,5。

コーヒーとアマレットでアクセントを付けたチョコレートプディングです。

第三回プラチナブロガーコンテストを開催!「旅行・お出かけ部門に応募します」

d0219019_19161285.jpg

グラスの白は泡とスティル1種類ずつしかないのに、デザートワインは何故か8種類もあって迷ってしまいます。

しかもやっぱりお安い。

我らがトスカーナのヴィンサントやムッファートもありましたが、ここは勿論ピエモンテのブラケット。

Cascina Chicco の Birbet €3,5。

d0219019_19162428.jpg

こちらのお店、私の斜め後ろのテーブル横にサイドテーブルがあり、そこでサラダの最終仕上げや盛り付けをするのです。

お客さんの前でのデモンストレーション的なものだと思うのですが、結構な音でシャカシャカやり、しかもこの斜め後ろのお客さんが頼んだ物ではなく他のテーブルの料理までやるので、彼らにとっては騒音以外の何物でもないような(笑)。

d0219019_19162908.jpg

〆にコーヒーを頼んだら、かなり大きなクッキーが4個も出てきました。

食後にこのサイズは大き過ぎますし、あまりに普通なクッキー。

もっとプチサイズで可愛らしい物にして欲しいですね。

そこだけちょっとマイナスでしたが、水とコペルトを入れて€65の夕食、大満足でした。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング

[PR]
# by italiawine | 2018-12-08 23:13 | レストラン・イタリア

紅葉の時期に北イタリア・トリノを散策

d0219019_17563221.jpg

久しぶりにトリノを訪れました。

あまりに久しぶりで前回がいつだったか思い出せないくらい。

恐らく12年ぶり。こわっ。

しかも、フィレンツェのサッカーチーム「フィオレンティーナ」の最大のライバルである為フィレンツェではその名を口にすることさえ憚られるユベントスの大ファンだったので、本拠地であるトリノは当時何十回も訪れていたので、この空白の12年間は自分でも驚きです。

d0219019_17564010.jpg

トリノといえばトラム。

微妙に広さのある街なので、移動にはこのトラムを利用すると便利です。

d0219019_17564779.jpg

栗が沢山落ちています。

拾って食べたい。。。

d0219019_17565468.jpg

レ・ウンベルト通り。

駅から5分程の距離ですが、この辺はあまり来た事がないので、バールに入り「ここの通り、夜1人で歩いても大丈夫かな」と聞いてみると『No, no!』と即答。

『見てご覧、街灯もあまりないし、夜は真っ暗で人通りもあまりないから危険だよ』と教えてくれます。

良かった、聞いてみて。

1本脇の道なら、この通り程は危なくないそうです。

d0219019_17570099.jpg

大きくて立派な建物が多いトリノ。

第三回プラチナブロガーコンテストを開催!「旅行・お出かけ部門に応募します」

d0219019_17571326.jpg

突然壁に雄牛を発見!

d0219019_17570675.jpg

壁をぶち破って出てくるかの様な、リアルな像。

雄牛はトリノのシンボルなので、街のあちこちで見かける事ができます。

d0219019_17572009.jpg

オリベスクのあるサヴォイア広場。

ここで唯一、現地に暮らしていそうな日本人を見かけました。

フィレンツェに住む日本人は大勢いますが、トリノは格段に少ないと思います。

d0219019_17572957.jpg

こんな所が街中にあるって、なんて羨ましいのでしょう。

フィレンツェには、無い!

整備された広い通りを見ると、「ヨーロッパの街」という感じがします。

フィレンツェの街中の狭くてボッコボコの道とは大違い。

d0219019_17573763.jpg

今度は雄牛の水飲み場を発見。

可愛らしいです。

d0219019_17574392.jpg

溜息の出るような風景。

フィレンツェが勿論1番好きですが、トリノも全く違う美しさを持っていて、大好きです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング

[PR]
# by italiawine | 2018-12-07 18:55 | 散歩

神楽坂でフィレンツェを食す「アルベリーニ」

d0219019_15592019.jpg

フィレンツェの名店「ソスタンツァ」名物『アーティチョーク・オムレツ』の茄子バージョンが食べられる、神楽坂のイタリアン「アルベリーニ」へ行って来ました。

これ、フワッフワの卵でとても美味しいのです。

d0219019_15590000.jpg

アミューズはかぼちゃシュー。

この発想はなかったです。

塩味ですがほっこり甘い南瓜。意外にシューと合います。

ロゼの泡と合わせて。

d0219019_15590763.jpg

蒸し牡蠣、1個250円。

日本の牡蠣の分厚さと苦味が苦手なのを忘れて注文してしまったのですが、全然オッケーでした。

d0219019_15591433.jpg

この日の大ヒット作、「鶏レバーのクロスティーニ〜フィレンツェ風〜」600円。

個人的ランキング第1位は、フィレンツェの「Il Latini 〜 イル・ラティーニ」の物ですが、こちらのは何と初登場で第2位に躍り出ました!

めちゃくちゃ美味しいです。

第三回プラチナブロガーコンテストを開催!「旅行・お出かけ部門に応募します」

d0219019_15592743.jpg

冒頭の「茄子のオムレツ」を挟んで、お次は「九条ネギとカラスミのキタッラ」。

キタッラとは、断面が四角いロングパスタです。

d0219019_15593725.jpg

もう1品、軽めの(量的にです102.png )物が欲しくてオーダーしたのは「自家製フライドポテト」500円。

熱々のカリカリで、超好み。

そして・・・

d0219019_15594264.jpg

友人の誕生日のお祝いをしていなかったので、事前にお願いをしておいたらメッセージを入れてくれました。

ところが、当の友人はキョトーン。

それもそのはず、誕生日から2ヶ月以上も経ってこれを出されたら、誰でもキョトンですよね。

実は彼女の誕生日の2日前にも会っているのですが、イタリアでは事前のお祝いをしてはいけない風習なので、こんなに遅くなってしまったのです。

それでも、喜んでくれたので良かったです!


〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜


さて、それから4日しか経っていないのに、再訪です。

この日はイタリア文化会館に用事があり、調べるとアルベリーニまで徒歩20分足らずで行けることがわかったので、クロスティーニの誘惑にも引き寄せられて行って来ました。

d0219019_15594881.jpg

ワインはピエモンテの「ブリッコドーロ」のアルネイスをボトルで。

お目当の「茄子のオムレツ」と「鶏レバーのクロスティーニ」と一緒に。

この日は、ここのオーナー同様フィレンツェで料理修行をした友人と伺ったのですが、クロスティーニを食べて「本場を超えた!」と言っていました(笑)。

それくらい美味しいので、是非お試し下さい。

d0219019_15595479.jpg

私の大好きな、トスカーナを代表する魚料理「真鱈のリヴォルノ風」。

リヴォルノという海沿いの町で有名な、干し鱈のフライをトマトで煮込んだ物です。

フィレンツェでなら、中央市場内のネルボーネの物が最高。

ネルボーネでは、昔から魚を食べる習慣のある金曜日のみこのメニューを出し、それも有る日と無い日があるので、見つけたらラッキーです。

d0219019_16000004.jpg

「ランプレドットのインヅィミーノ」1300円。

ランプレドットとは牛の第4の胃で、イタリアでもほぼフィレンツェを中心としたトスカーナでしか食べられない代物です。

それ故、伊日辞書にも載っていません。

フィレンツェ人の大好物、これを挟んだパニーノを売る屋台が街中に何軒もあります。

d0219019_16000362.jpg

シェフ&オーナーである友人が出してくれたのは、私のフィレンツェの友人が作るワイン「ラ・クエルチェ」のキャンティ。

輸入のお手伝いをしているのですが、だからという贔屓目抜きで、フルーティーでとても飲みやすい。

試飲の際はワインのみを味わう事が多いので、この日料理と合わせ、改めてその美味しさを確認しました。

d0219019_16000968.jpg

生ハムやチーズとも相性抜群。

この頃にはかなり酔っていたらしく、ドルチェの代わりにこれをオーダーしたことさえ忘れていて、写真を見て思い出しました。

友人の店で酔うなんて、1番やりたくない事ですね(苦笑)。

でも、一緒に行った友人は更にツワモノで、私の横で椅子に座ったまま眠っていました(!!)。

次回は酔い無しで行きたいと思います。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング

[PR]
# by italiawine | 2018-12-03 18:44 | レストラン・東京

モンタルチーノで搾り立てのオリーブオイル

d0219019_15211476.jpg

トスカーナ州ではオリーブ収穫の真っ最中。

もう収穫を終えた所もあるかもしれません。

d0219019_15212333.jpg

トスカーナを代表するワイン、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノで知られるモンタルチーノの土地は、フィレンツェから車で2時間程。

まだ実をぎっしり付けているので収穫はまだかなと思いつつ車を進めると、端の方から準備をしていました。

d0219019_15212807.jpg

木の下にこの様な網を広げ、地面に落ちた実を集めます。

ここは平らな土地なので、おそらく機械で振動を起こして振るい落とすのでしょうね。

第三回プラチナブロガーコンテストを開催!「旅行・お出かけ部門に応募します」

d0219019_15372262.jpg

このオリーブ畑は別の所有者の敷地ですが、その先にあるワイナリーで、エキストラヴァージンオリーブオイルの味見をさせてもらいました。

右が昨年2017年物、左が今年2018年搾り立てのオイルです。

搾り立ての方が、濃い緑色をしていますね。

若摘みの物程この葉緑素による緑色が濃いのですが、光に弱いのでだんだん退色していきます。

光を通さない様に色の濃い瓶が多いのは、この為です。

d0219019_15213814.jpg

お待ちかね、フェットゥンタ。

塩の入っていないトスカーナパンにオイルを掛けていただきます。

この時期、レストランでもスターターとして出している所が多いですね。

パンを軽く焼き、ニンニクを擦り付け、搾り立てのオリーブオイルを掛けて塩を振って食べると最高です!

トスカーナのオイルらしい、ピリッとした苦味があります。

本当は今年のオイルが欲しかったのですが、まだ瓶詰めされていないとの事で、仕方なく1本だけ残っていた昨年の物を購入してきました。

d0219019_15290408.jpg

一方、アレッツォ近郊にある友人の自宅には、家族で消費する為に使うオリーブの木が200本もあるのですが、急な丘の斜面に茂っている為、ほぼ全て手作業で収穫をします。

その収穫作業が大好きで、毎年手伝うのを楽しみにしているのですが、今年訪れた日はご覧の通りあいにくの空模様で、収穫は中止。

残念ながらあの枝からポロポロ落とす気持ち良さを味わう事ができませんでした。

2015年の収穫記事があるので、ご興味のある方はご覧になってみて下さい。

d0219019_15214847.jpg

収穫を待つオリーブの実。

今年のオイルの出来栄えは如何でしょう。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング

[PR]
# by italiawine | 2018-11-07 16:12 | 美味しい物