イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

魚介のフリット〜中央市場

d0219019_6331973.jpg


フィレンツェはサン・ロレンツォ地区にある中央市場。サン・ロレンツォ市場とも呼ばれます。
ここで昨年の夏まで3年間働いていたこともあり、今でも殆どの店の人が知り合いです。
市場だけあって男勝りの職場で、歯に衣着せぬ物言いの人ばかり。先祖代々続く店も多く、よって大半がフィオレンティーニ、お客も半分はフィオレンティーにということで、「鍛えられただろうね」とよく言われます。確かに。フィレンツェ人はきつい冗談を言うことで有名なのです。知らない人が聞いたら気分を害するくらいに。でも、私は中央市場で鍛えられる前に、5年間ホームステイしていたフィレンツェ人家庭で十分基礎を築いていたので、いいのか悪いのかわかりませんが、へっちゃらでした。
でも、皆とてもいい人達なのです。用事がなくてもそんな友人達とお喋りをしに遊びに行ってしまいます。
今の自宅は市場から徒歩3分の所にあるので、週2回は友人達に会いに、そして新鮮な食材を買いに顔を出します。

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から来る方とは反対側、サン・ロレンツォ広場側の右の入り口を入ると魚屋が並んでいます。全部で7件でしょうか。
どこがいいかと時々聞かれますが、難しい質問です。
入ってすぐ右手の「Barabino」は現店主アレッサンドロのお祖父さんが戦後に開いた店。彼の家族は皆魚屋で、Borgo Ognissantiの魚屋もその一つです。
「ドルフィ」は魚の種類が多いので、5種類以上は違う種類の魚を入れないといけないことになっているカチュッコ(リヴォルノで有名なトマトベースの魚介スープ)などを作る時に便利。
「サンティーニ&パルミジャーニ」も新鮮な上、いつもア店主のアンドレアがかなりおまけをしてくれるので、他で買うのが悪くて彼のいる時はなるべくここで買うようにしています。
1番奥右手のマッシミリアーノの店は、寿司の販売も以前していたぐらいでマグロが得意なので、マグロが必要な時はお薦めです。
いずれにしても、各ショーケースを覗いてみて、目当ての魚が新鮮なものを選ぶのが1番ですね。

d0219019_6352845.jpg


さて、本日はそんな沢山あって迷ってしまう魚屋の中から、もう1人のアンドレアの店をご紹介。店名は「Ultima spiaggia」といいます。昨年から店頭で始めた魚介のフリット(フライ)。イカ、海老、バッカラ(鱈)のミックスフライが手頃な値段で楽しめます。魚屋ゆえ、ネタの鮮度は保証付き。しかもその場で揚げるのでいつでもアツアツです。愛想のいいスティーブンが揚げ担当です。常に列ができていますが、待つ間にアンドレアが白ワインをサービスしてくれます。ここは市場、もちろんプラコップです。テーブルや椅子はないので、店の前の台にフリットを置いて立ち食いですが、元来イタリアのストリートフードであるフリット、それが本来の食べ方とも言えます。

d0219019_6354293.jpg


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

Pescheria Ultima Spiaggia
Interno Mercato Centrale di San Lorenzo
Tel 055-213007
[PR]
by italiawine | 2013-07-26 06:38 | 中央市場