イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

食べ放題の日本食 "Aji Tei"

d0219019_22472554.jpg


昨晩はお寿司を食べに行きました。
場所は以前こちらでも紹介した「Aji Tei〜味亭」です。
最近よく日本食レストランで見掛ける”All You Can Eat”を実施していて、メニューにあるもの全て食べ放題です。オーダー毎に調理してくれるので、温かいものが出てきます。

Ajitei大好きのT君に「 All You Can Eatは8月いっぱいだってサイトに書いてあるよ」と教えると「じゃあ8月中に行かないわけには行きませんね」と言うので、彼のお休みの昨日行ってきた次第です。お店で確認すると、9月から料金が€1値上がりするものの、続行するそうです。今は火〜金€25、土・日€27なのが、それぞれ€26と€28になるということですね。

20時に予約して行くと、店内はまだ他に3組しかいません。それが21時頃には満席になりました。平日に満席とは、”All You Can Eat”効果ですね。

d0219019_22504473.jpg

枝豆から始まり、サーモンと海老天の裏巻き、スズキと鮪・甘エビの刺身、甘エビ握り、寿司盛り合わせ、サーモンとアヴォカドの手巻き、天婦羅盛り合わせ、海老フライ、餃子、海老餃子と頼んでいきます。

おそらく2人いるであろう日本人の店員さんが今日は誰もおらず、全て中国の方でした。
他のテーブルのお皿を下げている女性の店員さんにオーダーしたくて手を挙げると、「ノー」というように首を振って断られます。「すぐ参ります」とか「お待ち下さい」でなく「ノー」というのが笑っちゃいます。
お皿でテーブルがいっぱいになってくると、「その残り少ない皿を空けろ」とでも言うようにお皿を持ち上げて指で指示します。
呼ぶと「Prego〜どうぞ」でも「Sì?〜はい?」でもなく、「Dimmi〜何?」って友達じゃないんだから。もう1人の女性の店員さんは更に迫力があって「Dimmi!〜何、言ってみ!」ってな感じです。イタリア語がそんなに得意でないのはわかるけど、Pregoくらい知っているよね。でも面白いです。
1人いた男の店員さんは彼女達に比べて親切で、なるべく彼を呼んでオーダーしました。

d0219019_22592297.jpg

ビールはキリン、アサヒ、サッポロがあるので、いつも1本ずつ頼んで味見します。
友達がお茶を飲みたいと言うのでメニューを見ると「€2,5。湯のみ1つに付きの価格。お湯の継ぎ足しは無料」とあります。ということは、同じ急須1つ分のお茶が湯のみ1つで€2,5。湯のみ2つになると€5?そんな馬鹿な。tazza(湯のみ)とあるけど、中国人だからイタリア語のteiera(急須)と単語間違えちゃったんじゃない?などとひどい解釈も出てくる始末。
感じのいい男性に「ほうじ茶下さい」と言うと「2つ?」と聞かれたので「1つ」とオーダー。しばらくして急須1つと湯のみ1つが運ばれてきたので「湯のみもう1つ下さい」と言って持って来てもらいました。会計時にレシートを見ると、これが€5取られていたんですねー。お茶は同じ量なのに、2つ目の湯のみを追加すると€2,5上乗せっておかしくない?いや、絶対おかしいですよね。友人は「僕これで飲めばよかった」と枝豆の殻入れを指差します。あはは。もしくはビールのグラスとか、1つの湯のみを2人で使うとか。たったの€2,5だけど、納得いかないものはいかないんです。

私は飲めないので、友人のみ飲んだ日本酒もメニューでは€4,8だったのにレシートには€8。これも勝手に持って来た私用の2つ目のお猪口料金か?ただこれは、家に帰ってから気付いたので€8の真相は謎です。

d0219019_22532544.jpg

それから刺身盛り合わせ、サーモンのたたき。
鶏のチャーハンは化学調味料たっぷりの味だけど、美味しい。「さすが本家ですね。」って皮肉ではないです。

最後に怒濤のデザート。ジェラート・ミスト、栗のティラミス、季節のフルーツ、パンナコッタ、ごま餅。最初の3点は来たのに、それらを食べ終わってもパンナコッタとごま餅が来ない。何故か隣りのイタリア人カップルのテーブルにその2点の空き皿が。そういえば、うちらにデザートが届いてすぐ彼等にも来ていたなぁ。偶然か?いや、偶然にしては出来過ぎている。10種類ほどもあるデザートのうち、よりによってその2種類が重なるかな?店員さんをつかまえて「まだ来ていないんですけど」と言うと「パンナコッタはもう終わりました」って!!!そんなー!パンナコッタが1番食べたかったのにぃ。しかも、間違えて隣りに置いたの君たちでしょー。そういえば、隣りの女の子がごま餅を見て「これは何ぞや」って顔してたもんな。頼んでない物が来たなら断ってくれぃ。
そして「パンナコッタはもう終わりました」と店員さんが我々に言った瞬間、隣りの2人がこちらを見てすぐにそそくさと席を立って出て行ったもんね。絶対あの2人が私のパンナコッタを食べたんだ。
味噌汁をオーダーするのが遅れてデザートと一緒に食べているT君。ちょっと気持ち悪い組み合わせかも。

ごま餅だけは無事に食べ、最後にトイレへ立ちます。いつも水の流れないトイレ。1度店員さんに言ったら「そうなんですよね」って・・・。あれから数ヶ月経つのにまだ改善されていない。直す気無いんかい。

トイレから戻ると我々が最後の客。なんかいつも最初に来て最後に帰るかも。3時間半もいてしまいました。イタリア人の食べるのが早いのか、それとも私達、食べ過ぎかしら。

Aji Tei
Viale Spartaco Lavagnini 38A Firenze
TEL 055-476100
月曜定休

最後までお読みいただき有難うございます。
下のイイネクリックを押して応援いただけますと嬉しいです。
[PR]
by italiawine | 2013-08-30 23:46 | フィレンツェ・レストラン