イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

ソムリエの仕事 @ Palazzo Corsini

d0219019_20224094.jpg


フィレンツェで今日から13日まで開催される「Biennale Internazionale dell’Antiquariato di Firenze」。今年で28回目です。Biennaleとは2年に1回という意味なので、56年の歴史ある骨董品のイベントです。
アルノ川沿いに建つコルシーニ邸で行われ、豪華な屋敷内もロケーションも見事ですし、館内に展示されているイタリア各地から持ち込まれた骨董商自慢の品々は全て高価なものばかり。
屋敷を出る時には持ち物検査もされます。
盗む人がいるってことかしら?

d0219019_2025065.jpg

昨日はプレオープニングイベントが行われ、ソムリエとして参加してきました。
Lega del Chianti〜キャンティ連盟からの依頼なので、紹介するワインはキャンティ・クラッシコにキャンティ・クラッシコ・リゼルヴァばかり。
「Colle Bereto」「Castelli del Grevepesa」「Castello San Donato in Perano」「Castello di Cacchiano」「Principe Corsini」「Castello di Fonterutoli」「Castello d’Albola」「Poggiolino」と8社のワインです。

d0219019_20194410.jpg

一緒に働くソムリエ仲間は、コースを一緒に受け試験勉強も一緒にした悪友ヴァン二君。
彼はフィレンツェのファッションイベント・ピッティウォーモを主催する会社でマーケティングを担当しており、仕事柄口が達者、達者。
よくそんなに出鱈目なことが口からスラスラ出て来るなぁとこちらは感心するばかり。
サボりながら仕事をしているように見せるのがすごく上手いので若干心配でしたが、昨日はあまりサボらず働いてくれました(笑)。

d0219019_20185569.jpg

2階のテラス部分に設置された我々のワインコーナー。
夏も冬も変わらぬ制服の背中に太陽がジリジリと照り付け、2人で「暑い、暑い」と言っていましたが、夕方には涼しくなりました。
テラスの向こうに流れるアルノ川はあいにく濁っていましたが、見晴らしは最高です。

d0219019_2012383.jpg

天井のフレスコ画も素晴らしい。

d0219019_20132987.jpg

屋敷内には彫刻も沢山。昔の貴族はこんな所に暮らしていたのですね。溜め息が出ます。

d0219019_20142438.jpg

あまりに多くの消化器に驚いたりして。まあ、建物だけでも価値があるでしょうから焼けたら大変ですもんね。我が家には勿論1個しかありません、消化器。しかもお隣さん2件と共同で1個のみです。。。

優しいキャンティ連盟の方々。仕事が終わって、ワインを2本ずつくれました。わ〜い。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2013-10-05 20:27 | ワイン