イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

「リストランテ・ナタリーノ」最訪問

d0219019_236422.jpg


前回の記事の「リストランテ・ナタリーノ」。4日前に再び行ってきました。

日本では考えられなかったけれど、こちらでは昼間でもワインを頼むのが習慣になっています。職場のエノテカでお昼のまかないを食べる時も、店で出しているグラスワインの中からその日の気分でチョイスして飲みます。
週に2日は休肝日にした方がいいとか聞きますが、こちらにいるとかなり難しいです。食事にワインかビールがないとなんだか物足りないんですよね。
例えば外でお昼を食べる場合、時間のある時は2人でワインを1本注文します。
時間のあまりない場合はグラスで1〜2杯。
この日は時間がない日だったのでグラスで頼みます。あまりワインに力を入れていないお店ですと、グラスワインでとんでもなく不味い物が出て来るので、無難に行きたい時は泡にします。泡ですと鬼のように不味い物はあまりないですし、泡の勢いで多少不味くてもどうにかなります。前回頼んだグラスワインがどうだったか覚えていなかったので、無難に泡にしました。フランスでいうシャンパンであるイタリアのスプマンテが良かったのですが、なかったのでプロセッコで我慢します。思ったとおり可も無く不可も無く。

前菜には冒頭写真の”polenta fritta con funghi〜ポレンタのフライ・茸のせ”、€8。ポレンタはあまり好きではありませんが、フライにしたのは好きです。ちなみにポレンタとはとうもろこしの粉を練ったもので、今ではインスタントで5分ほど練れば出来上がるものがありますが、本来は粉に水を加えて火にかけ、30分程混ぜ続けて作るものです。北イタリアの伝統料理で、肉の煮込みと合わせたりします。

d0219019_23986.jpg

こちらは友人の”penne alla carbonara piccante con pomodoro〜ペンネのトマト入りスパイシーカルボナーラ”、確か€12。カルボナーラには本来トマトも唐辛子も入れないので、要するに邪道なカルボナーラです(笑)。

d0219019_240320.jpg

私は”spaghetti alla bottarga〜からすみ(ぼらの卵)のスパゲティ”、確か€14。値段がうろ覚えですみません。私はオリーブオイルを使いますが、ここのはバターを使うようです。このパスタ、作るの超簡単なんです。削るか薄切りにしたからすみを茹でたパスタと和えるだけ。日本では珍味のからすみ、こちらでもそんなに安いものではありませんが1人前に使う量なんてたかが知れています。イタリアでは値段の高い肉屋やガストロノミ屋を揶揄して「gioielleria〜宝石店」と言ったりしますが、まさに中央市場のジョイエッレリーアであるチーズ屋のバローニには目玉の飛び出るような価格のからすみもあります。でもここナタリーノのパスタにそんな高級品を使うとは思えませんから、€14は高いです。でも美味しいです。

d0219019_2411950.jpg

友人はセコンドに”baccalà alla livornese”、€18。前記事で説明したリヴォルノ風バッカラがこれです。

d0219019_2421040.jpg

デザートにはパンナコッタ。まっまずい〜。パンナコッタってあのフルフルさが美味しさの秘訣なのに、どんなにお皿を傾けても直立不動の固さ。そしてもう1つの重要な要素、バニラビーンズの粒々が何処にも見当たらない!生クリーム、砂糖、ゼラチン、バニラビーンズさえあれば、30分でとっても美味しいパンナコッタが作れるのに、これを作った人はパンナコッタが何たるかを全くわかっていない。チョコレートソースで誤魔化さないでくれー。イタリアの一般的なレストランでパンナコッタを頼むと、必ずと言っていい程「チョコレートソース、それともベリーソース?」と聞かれるけれど、何もかけずにバニラの味を楽しむのがいいのに。まあ、本物のバニラビーンズを使っていないからソースで誤魔化すのだろうけど。。。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ


Ristorante Natalino
Borgo degli Albizi 17/r Firenze
TEL 055-289404
[PR]
by italiawine | 2014-02-05 02:45 | フィレンツェ・レストラン