イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

ソムリエの仕事 @ Four Seasons Hotel Firenze

d0219019_541064.jpg


1974年に創刊されたイタリアのワイン雑誌「Civiltà del bere」。
その40周年を記念して、フィレンツェの7つ星ホテルといわれるフォーシーズンズでイベントが開催されました。
今回は飲む側ではなく、ソムリエの仕事です。

d0219019_5452088.jpg

16時開始の1時間前に13人のソムリエが集合して、各自のスタンドの確認、白ワインや発泡酒の為の氷の準備、抜栓、そしてブリーフィングを行います。

d0219019_5464557.jpg

写真奥の1段上がっている所が私のスタンドのある場所です。

d0219019_5472351.jpg

今日私が担当するワインはピエモンテ州の「Michele Chiarlo〜ミケーレ・キアルロ」。ピエモンテワインではかなり名の知れた生産者です。
左から「Gavi “Rovereto” DOCG 2013 〜ガヴィ“ロヴェレート”」、「Barbera d’Asti Superiore “La Court” DOCG 2011 〜バルベーラ・ダスティ・スーペリオーレ “ラ・コート”」、「Barolo “Tortoniano” DOCG 2009 〜バローロ “トルトニアーノ”」。

d0219019_548232.jpg

別室にはトスカーナの生産者が集合し、ビオンディ・サンティのブルネッロや
テヌータ・サン・グイードのサッシカイア、アンティノーリのティニャネッロなど有名どころが並びます。

d0219019_549552.jpg

グラスの準備も整ったようです。

今回のメインイベントは1974年創刊に因んで、7生産者の1974年ヴィンテージワインの試飲会。私はその間来場者にワインをサーブしなければいけないので残念ながら参加できませんでしたが、74年のピエモンテは当たり年で、7生産者の1つとしてワインを提供したミケーレ・キアルロのワインは状態もとても良かったそうです。

30分だけ休憩があったので、フォーシーズンズの社員食堂へ向かいます。
フォーシーズンズでのソムリエの仕事はよくあるので社食の場所はわかっているのですが、何しろ広い敷地。

d0219019_55009.jpg

ここから庭園へ出て

d0219019_5594471.jpg

緑を愛でつつ

d0219019_674629.jpg

芸術の前を早足で駆け抜け

d0219019_6111360.jpg

やっと到着。こちらがおそらく本邦初公開(?)のフォーシーズンズの社食。
なのに30分前の19時半に閉まったと言われ、それでもカスタードのタルト、林檎のタルト、チーズを食べさせてもらいました。ドルチェはおそらくレストランの残り物でしょうが、それでも美味しいのはさすがです。

d0219019_6114524.jpg

移動に時間が掛かるので大急ぎで胃に詰め込み、23時まで続く仕事に戻ったのでした。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2014-05-19 06:12 | ワインイベント