イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

イタリアで過ごす大晦日

d0219019_2341232.jpg


日本の大晦日といえば、紅白・年越しそば・除夜の鐘ですね。
こちらでは、「cenone〜チェノーネ」といって家族や友人とレストランや自宅で盛り沢山の料理を食べます。街では屋外コンサートがあちこちの広場で行なわれるので、夕食後に街に繰り出す人も多いです。そして年の変わる夜中の0時にはスパークリングワインで乾杯。

朝から雪のちらつく寒いフィレンツェの大晦日でした。
トスカーナの田舎町にある友人の実家で過ごすことになっていたので、電車に乗って雪のフィレンツェを後にします。
実家でも朝から雪が降ったそうですが、私達が着いた時にはすっかり止んでいました。

冒頭はこの田舎町の丘の上の広場から見た2014年最後の日没です。
気温の低い凛とした空気の中での素晴らしい日没でした。

d0219019_2351325.jpg

あまりに寒くて広場の噴水も凍っています。

d0219019_2572188.jpg

綺麗な夕日を名残惜しみつつ、寒いので家に戻ります。

d0219019_2373683.jpg

夕食は私達も手伝いましたが、友人の妹が張り切って作ってくれました。
テーブルセッティングが大好きなお母さんによるセッティング。
周りがスモークサーモン、中央が赤パプリカソースのブルスケッタです。このソース、絶品でした。

d0219019_2382517.jpg

プリモは右がトピナンブル(菊芋)とミントのラザーニャ、左がとうもろこしのポレンタ&ゴルゴンゾーラです。トピナンブルはよくスープにしますが、こんな使い方もあるんですね。

d0219019_2385818.jpg

ここで何故かエッグベネディクト。
「美味しいけど、朝食向きだよね」。。。確かに!

肉料理もするつもりでベリー類とバルサミコのソースも作ってあったのですが、来るはずだったカップルが来られなくなり、5人で食べるには多過ぎるということで肉は無しになりました。24、25、26日とクリスマスはみんな連日食べ過ぎだったので、丁度いいかも。
食後はお母さん手作りのティラミス。

暖炉の前でお喋りをして過ごし、夜中0時にはなんと懸賞で当たったという3リットルのプロセッコで乾杯。
2015年の幕開けです♪

【お年玉プレゼント付き】 私の年末年始&新春の一枚!

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2015-01-11 02:54 | イベント