イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

フニコラーレに乗ってコモを見晴らそう

d0219019_23161591.jpg


2日目のコモ。
早起きをして船で湖を巡ろうかと思っていたのですが、結婚パーティーからホテルに戻ったのは夜中の1時半。早起きなどできるわけもなく、のんびり9時に起き出して朝食を摂りました。
クロワッサン、チーズ、ハム、フルーツ、ヨーグルト、シリアル、ジュースと、基本は押さえたメニュー。
宿泊したのは、駅近(3分!)が決め手の「Hotel Il Loggiato dei Serviti」です。

d0219019_2325261.jpg

部屋は狭いですが寝るだけでしたし、

d0219019_23273030.jpg

バスルームは新しく清潔でした。
何よりこの暑さに荷物を持って歩く距離が少なくて本当に便利でした。

11時にチェックアウトをし、街へ出ます。
今日も暑い!
昨日は通らなかった道をブラブラしてみます。

d0219019_23293582.jpg

大きな木の下にあるレストランのテラス席。
次回はここでランチしたいな。

d0219019_23332758.jpg

昨日は故障していたフニコラーレ(ケーブルカー)の情報を得ようと、湖に面したカブール広場のツーリストインフォメーションへ行きますが、日曜日はドゥオーモ広場で営業中とのこと。それならフニコラーレ乗り場まで行ってしまおうと、歩き始めました。
小さな街なので、徒歩で5分程です。

d0219019_23355221.jpg

お、長い列ができています。
ということは、運行しているということ。
良かった〜。
15分程並んで、切符を購入。往復€5,5です。
止まっていたフニコラーレに乗り込み、7分で標高700mのブルナーテに着きます。

d0219019_23375687.jpg

外へ出てすぐに、ちっちゃなツーリストインフォメーションが。てか、ちっちゃ!!!

d0219019_23394977.jpg

視界はあまり開けていませんね。

ヴォルティアーノ灯台というのがあるらしいのですが、標識によると徒歩30分とあります。予約してある15時の列車に乗るには1時間半しかありません。
ちょっときついかなと思い、徒歩6分とあるリバティー邸へ行ってみることにします。

d0219019_23413845.jpg

駅前の教会。

d0219019_23434993.jpg

こんな道を歩いていきます。別荘なのか、ぽつぽつと大きな家が。
リバティー邸の標がなく、どの邸宅なのかわからず。

d0219019_23454576.jpg

これかな?

d0219019_23494012.jpg

さらに先に進むと視界が開けました。
眼下に広がるコモの街が一望できます。
彼も1人で来ていたので、写真を撮り合いました。
そこから先へは進めなかったので、駅方面へ引き返します。

d0219019_235285.jpg

道を挟んだ両側共同じ所有者なのか、両方を繋ぐ小橋。憧れますね。

d0219019_23535710.jpg

紫陽花も満開。

d0219019_23561690.jpg

沢山の緑に触れて、リフレッシュです。

まだ1時間くらいあったので、灯台方面へ歩いてみます。
しかし30分は30分。なかなか着かない。ごろごろ石の登り道がきつい。
何より暑い!せっかくリフレッシュしたのに、又汗が出てきました。
このまま目的地まで行ってもせわしないだけだと思い、20分程行った所で引き返しました。

d0219019_2358010.jpg

下りのフニコラーレは人いきれで酸素が足りず。
下界に着いてドアが開き、ほっとしました。

d0219019_001014.jpg

カブール広場のカフェで一息。
コモでは広場に面したテラスでビールがお約束となりました(笑)。
暑いのでこの1杯が本当に美味しい。
そしてフィレンツェへ戻ります。



↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2016-07-17 08:11 | 旅行