イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

シックなムードで魚を食べるなら L'Angolo del Mare

d0219019_20431022.jpg


ずーっと気になっていた「L’Angolo del Mare 〜 アンゴロ・デル・マーレ」。
2年半前にできた魚介レストランです。

良い噂はいくつか聞いていたのですが、サイトのメニューに価格がないこと、そして特にサイトの写真が店内や人物の写真ばかりで料理の写真が一切ないことが引っ掛かっていました。勿論内装やスタッフも大事なレストランの一部ですが、売りはやっぱり料理ですよね。しかも、1枚は昔フィオレンティーナで活躍していた選手が来店した際の写真。どうなんでしょうか。
でも行ってみないとわからないということで、ようやく行ってきました。

d0219019_20503972.jpg

白とベージュが基調の落ち着いた店内。

アンティは冒頭写真の生魚盛り合わせ。
「Crudo di mare : tartare di orata sedano e capperi, scampi e tartare di tonno 〜 黒鯛とセロリのタルタル、アカザエビ、鮪のタルタル」€30。
高い!生が大好きなので、生魚があれば大抵それを頼みますが、盛り合わせで€20がフィレンツェとトスカーナの海沿いの平均価格。高くて€25。ここはスタジアムに近くフィレンツェの中心地でもないのに、€30とは思い切った価格設定です。
ランチに行ったのですが、ランチでこれを頼む人は少ないでしょうね。
これだけで2人で€60いきます。
周りの客でこれを頼んでいる人は誰もいませんでした。
それでもアンティ€15〜、プリモ€16〜と、全てフィレンツェ平均より高めの設定ですが、お昼でも5〜6組はいました。
お味としては、良いです。値段の割にスカンピが少ないかな。
タルタルも大き過ぎ感があるので、半分の大きさにして€20にした方が出るのではないかと余計な事を考えます。

d0219019_20542946.jpg

トスカーナパンと胡桃パンの2種。
オリーブオイルはトスカーナの有名ワイナリー、Castello di Ama。

d0219019_2056830.jpg

プリモは「Ravioli di burrata con pesce bianco pomodoro e origano 〜 ブッラータチーズのラビオリ、白身魚とトマト・オレガノソース」€17。
ブッラータ自体もこってり、ソースもこってりで、大きなタルタルを2つ食べた後には結構きつかったです。それでも魚もたっぷりで、写真を見ると又食べたくなりますね。

d0219019_20572813.jpg

友人は「Spaghetti di Gragnano ai frutto di mare 〜 グラニャーノのスパゲッティ・魚介ソース」€16。
グラニャーノはナポリのあるカンパーニア州の市で、ここで作られたパスタは2013年よりIGP(原産地保証)認定されています。
エビが大きいです。

d0219019_20583934.jpg

ドルチェはクリームのセミフレッド・チョコレートソース&アマレーナ

d0219019_21099.jpg

友人はさっぱり柑橘シャーベット。

総評としては、若干高めですが美味しく、静かな店内でゆっくり食事を楽しめました。

L’angolo del mare
Viale Edmondo De Amicis 1r, Firenze
TEL 055-6266019


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2016-07-20 20:46 | フィレンツェ・レストラン