イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:市場・マーケット( 4 )

世田谷ボロ市で食べまくり

d0219019_18343221.jpg


東京・世田谷で年に4日間開催される「ボロ市」。
東京都指定無形民俗文化財であり、今年で440年という長い歴史を持ちます。

父が世田谷生まれだというのに、その存在さえ知らなかった「ボロ市」。
母は父と結婚して世田谷の家に住んでいた頃、行ったかもしれないという薄い記憶。
まあうん10年前ですからね。

d0219019_18344773.jpg

11時頃に到着したのですが、既にすごい人。

「ボロ市」名物のお餅があるというので、餅大好物の私は販売場所を探します。

ようやく最後尾を見つけましたが、長蛇の列。
最後尾のプラカードを持つお兄さんに聞くと「2時間待ちです」との返事。

お餅に2時間!!結構衝撃!!

自分よりつきたてのお餅を好きな人はいないだろうと思うぐらいに大好きなのですが、2時間はないな。
並んでいる皆さんの気合いに脱帽です。


d0219019_18373379.jpg

最後尾から遠く離れたゴールには、名物代官餅のテントが。

炊きたてのもち米のいい香りが漂っています。


d0219019_18383012.jpg

写真だけ撮りました(笑)。
あんこ、きな粉、おろしの3種類だそうです。
食べたいな〜。

d0219019_18391269.jpg

2時間待ちする根性のない私は、5〜6人待ちのソーキそば屋さんへ。

前世は沖縄にいたと思う程沖縄が好きで、日本にいた頃は毎夏行っていましたが、もう15年くらい戻っていません。


d0219019_18391884.jpg

懐かしの味。

美味しいに決まっている。


d0219019_18394956.jpg

たこ焼きもいいですね。

タコを食べると腹痛の起こる私ですが、たこ焼きだけは大丈夫。

何故だ。でもたこ焼き好きなので有難い。


d0219019_18400077.jpg

たこ焼き屋さんの向かいにある、美味しいと評判の甘酒屋さんへ。

第2回プラチナブロガーコンテスト
旅行・お出かけ部門に応募しています。

d0219019_18401135.jpg

前に並んだおじいさんは、「昨日美味しかったから」と言って、魔法瓶を持参していました。


d0219019_18401810.jpg

1杯150円。体が温まりますね。

アルコール分ゼロなのに、小さい頃はお酒の味がして嫌いでしたが、今はたまに飲むと美味しいですよね。


d0219019_18402897.jpg

中華料理屋さんの店頭ではこれまた大好きな中華系ストリートフードが!
真ん中の水角(ハムスイコー)に目がないんです。

横のゴマ団子と春巻きも買いました。
水角とゴマ団子は出来立てでほかほか。美味しくないはずがない。


d0219019_18404165.jpg

あら、こちらは何?

海老のすり身を食パンで巻いて揚げたもの。
あまり期待していませんでしたが、くどくなく美味でした。

ボロ市がストリートフード市の様相を呈していますが、食べ物以外の出店の方がもちろん多いです。
特に古い着物や、何故だか手袋を売る店が多かったです。


d0219019_19265219.jpg

可愛いミニ盆栽を売る店もあったり。

d0219019_18405753.jpg

〆はサーターアンダギー。
沖縄で始まり沖縄で〆る。

食べ過ぎ、ですよね。

食べ物でない物は、母の手袋だけ買いました。


d0219019_18421588.jpg

お腹も一杯ということで、乗り換え駅の豪徳寺から徒歩で行ける、その名も「豪徳寺」へ。

駅から7分とあったのに、意外に遠い。
境内も予想以上に広く、ボロ市で歩き回って疲れた足には拷問のようでした。


d0219019_18422451.jpg

三重の塔まであったりして。
彦根藩主井伊家の墓所でもあります。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2018-01-29 19:46 | 市場・マーケット

買い過ぎには気を付けたい、フランス・メルカート

d0219019_22560091.jpg
イタリアではなかなか味わえない、バターたっぷり、サクサクのクロワッサン。
毎年恒例のフランス・メルカートがフィレンツェにやって来ました。
クロワッサンを買いに行かなきゃと思いつつ行かれないまま、いつの間にか最終日。
どうする、面倒くさい、いや、でも、クロワッサンが待っている。
ようやく重い腰を上げて、行って来ました。

d0219019_22584387.jpg
と言っても、うちから徒歩5分。
家の前の道から、会場にある教会見えてるし。

快晴の下、サンマルコ広場を突っ切ります。
広場中央に立つ銅像。
ミケランジェロ広場のダヴィデ像もそうだけれど、こういう銅像の頭には必ずと言っていいほど鳩がとまっていますよね。
厳格な雰囲気の銅像と、小馬鹿にしたように頭に乗った鳩のギャップに、いつも可笑しくなります。

d0219019_22592167.jpg
左にはサンマルコ教会。
青い空に白いファサードが映えますね。

d0219019_23000467.jpg
そこから2分ほど歩いてサンティッシマ・アンヌンツィアータ教会。
イタリアに来た頃、なかなか覚えられなかった名前です。
今となっては懐かしい。

今日はこの教会前の広場が会場。

d0219019_23030783.jpg
聖人の日の祝日、しかもお昼時とあって混んでいます。

d0219019_23040569.jpg
すぐにお目当てのパン屋さんへ。
皆忙しそうに働いています。
会場内で、このパン屋さんが1番集客率が高いと思います。

d0219019_23045979.jpg

真ん中の黄色いトウモロコシパンも美味しそう〜。
だが大きい。
1人暮らしを呪うのはこういう時。

d0219019_23055047.jpg
かぼちゃのスープ屋さん。
ハロウィンらしいディスプレイが可愛いです。

d0219019_23065322.jpg
魅了的なチーズ屋。

d0219019_23074394.jpg
日本でも人気のモンドールが€12(約1600円)。

d0219019_23083337.jpg

美味しそうで思わず買ってしまったベリー類の載ったパン。
このクラムに何故か弱い私。クラムが載っていると、ついつい食べたくなってしまいます。
2年前のこのマーケットの写真を見たら、同じパンの写真が撮ってあり、思わず笑ってしまいました。
好きな物はあまり変わっていないようです(笑)。
でも、味は日本のメロンパン、中もそれほどふかふかしておらず、いまひとつでした。

d0219019_23092646.jpg
全く買う気のなかったジャム類。
なんの気なく足を止めると、スイスでとっても美味しかったヨーグルトに入っていたルバーブが!
子供の頃から大の食いしん坊ゆえにお菓子作りが趣味だった私は、あらゆるレシピ本でよくこの「ルバーブ」という物を目にしていました。ただ、日本では実物を見る機会はなし。
イタリアでもあまり普及していません。
1度ルバーブ入りのパイを食べたのですが、甘酸っぱくて「こんな物か」と思っただけ。
それだけに、スイスで食べたルバーブ入りヨーグルトの美味しさは衝撃だったのです。

ただ、甘過ぎるジャムが苦手なので、売っているおじさんに「これかなり甘いですか?」と質問。
フランス人のおじさんはイタリア語がわからないながらも「甘い」という単語は認識したようで、「甘いよ。ジャムだもの!」
そ、そうですよね。。。私は甘さ控えめかどうかを知りたかったのですが、そんな微妙なイタリア語が彼に通じる訳もなく、諦めました。
2個買うと安くなるというので、もう1つはマンゴー味を選択。
フランスなのにマンゴー味って!
どう考えたってフランスでマンゴーは栽培していないでしょう。
実はこれも理由があり、この夏パリのジャック・ジュナンのチョコレート屋さんに行った際、そこのマンゴー味のキャラメルがこれ又衝撃の美味しさで、「フランス=マンゴーが美味しいかも?」という図式が頭の中に成立。
勿論フランス産マンゴーはないだろうから、「フランス=マンゴーの使い方が上手い」という図式に勝手に書き換えました。
まあジャック・ジュナンの使う上等でこだわり抜かれたであろうマンゴーをこのマーケットで売っているジャムに期待するのは浅はかとも思われますが、好奇心に任せて買ってみました。

d0219019_23100649.jpg
禁断のクッキー屋。
これ、全く同じお店が、クリスマス前にサンタ・クローチェで開催されるヨーロッパ・メルカートに毎年出るのですが、毎年買わずにはいられない代物。

d0219019_23104665.jpg
昔はバターガレットが好きだったのですが、この手前の小さなカラメル味のクッキーが出てからは、毎年こればかり大量に買います。
今回もこれを15枚程、そして新入りのクイニーアマン(右)とココナッツサブレ(左)もお試しに。

そして、〆に今日の第一目標のクロワッサン売り場へ(←まだ買ってなかったんかい!)。
隣のおばちゃんが「クロワッサン4つ頂戴」と袋に詰めてもらい、終わりかと思ったら「もう4つ入れて」って。
えー全部買い占めないでね〜と心の中で祈っていたら、焼き立てのクロワッサンが運ばれて来ました。
やったね!!!
もう既に色々買ってしまったし、ここはクロワッサン2つとパン・オ・ショコラを1つにしておくかと思いましたが、おばちゃんも利用していた『クロワッサン3つ購入で1つおまけ!』という看板に誘惑され、
「クロワッサン4つとパン・オ・ショコラ1つ下さい」

えっっっ、あなたは淋しい一人暮らしですよね?
この大量の、しかも今日中に食べるのが最も美味しい物ばかりをどうするつもりですか?

まあまあ。美味しいクロワッサンは、1日経っても、そこら辺で売っているイマイチなブリオッシュよりは絶対美味しい! 
毎食1つずつ食べたって、明日のランチには無くなっちゃうじゃん!
そう思って、思いがけずに散財した袋たちを抱えて意気揚々と帰宅。

すぐに食べましたよ〜クロワッサン。
そして、それが悲しいことにあまり美味しくない。
え、こんなはずでは。。。2年前はもっと美味しかった、絶対に。
4つも買ってどうすんだい。
パン・オ・ショコラまで、チョコが少ししか入っていなくて期待を大裏切り。
楽しい食卓になるはずが、いきなりの罰ゲーム化。
これを1人で全て消化しろとー!?(←だから言ったのに)
24時間以上経過した今も、2個のクロワッサンが袋に入ったまま出番を待っています。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2017-11-03 00:36 | 市場・マーケット

毎冬恒例サンタ・クローチェのマーケット

d0219019_764240.jpg


今年もサンタ・クローチェ広場のマーケットが開催されています。
時期的にクリスマス・マーケットかと思えば25日より前には撤退してしまうし、売っている物もクリスマス飾りをちらほら見かけるものの、大半は全く関係のない物なので、私の中では勝手にヨーロッパ・マーケットと認識しています。

毎年少しずつ出店者が変わるものの、多くはいつも同じ店なのであまり新鮮さはないのですが、それでも毎年行ってしまいます。

そして今年は↑のラクレットが仲間入り。
とっても美味しそう〜。

d0219019_7245027.jpg

こちらの量り売りのフランスのクッキーは私の1番のお気に入りでしたが、さすがに今年はちょっと飽き感が。でも奥のガレットは本当に美味しいんですよ。

d0219019_7352868.jpg

こちらはヘーゼルナッツ、ドライフルーツ、スパイスの入ったパン。

d0219019_7343485.jpg

ドイツのプレッツェル。
初めてドイツへ行って食べた時、甘いものと想像していたのに塩味だったのが衝撃的でした。
私以外にもそういう人がいるのか、それぞれの名前の下に「甘い」「塩味」などと書かれているのがちょっと笑っちゃいます。

d0219019_7431016.jpg

チョコレートの量り売り。
アーモンド、ヘーゼルナッツ、コーヒー豆等をミルク・ビター・ホワイトチョコレートでコーティングしたものやホットチョコレート。
どこにでもありそうなので、もう少し変わったものだと魅力的なんですけどね。

d0219019_7445025.jpg

こちらも新出店。
オーストリアのお菓子と言っていましたが、黒棒って皆さんご存知ですか?
あれに生姜とスパイスを加えたみたいな味です。
ってわかってもらえるかしら。。。

d0219019_7483918.jpg

この日は平日でまだ空いていますが、土日は大混雑で歩くのも大変です。
食べ物ばかりお伝えしていますが、食べ物以外も色々ありますよ〜(笑)。

d0219019_7492326.jpg

カラフルなカップ。
€9だったかな。

d0219019_7524592.jpg

フランスからはラベンダーと石鹸。

d0219019_7551495.jpg


d0219019_7555978.jpg

クリスマスのオーナメントを売るお店。

d0219019_7571365.jpg

そして最後はやっぱり食べ物で 011.gif
毎年食べずにはいられない、何故かイタリアに存在しないパキパキソーセージ。
これとザワークラウトをパンに挟んでケチャップとマヨネーズで味付けしたホットドッグ。
鶏&ハーブの白いソーセージがオススメです。

d0219019_825188.jpg

12月20日まで開いています。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2015-12-18 08:06 | 市場・マーケット

観葉植物を買う!

d0219019_3343893.jpg


あまりこだわってはいませんが、というか、もう少し関心を持った方がいいかもと思うのが風水です。
それでもバスマットやタオル、キッチンマットを買う時などは、色に気を付けるようにしています。
先日バス用のタオルを購入する際に風水を調べ、バスルームに観葉植物を置くのがいいと書いてあるのを見ました。 前々から知ってはいたのですが、置かずにそのまま。。。

ということで、外で小さい植物が売っていると、いいのがあるか気に掛けるようにしました。スーパーの入り口にちょこちょこあるんですよね。

そして、毎月第3日曜日にサント・スピリトで行なわれるBIOの市場でいいのを見つけました!

タイムも可愛いなーと思ったり。
やっぱり定番アイビーかなぁ、とか。

d0219019_3354589.jpg

色々種類があったので迷いましたが、こちらの「menta basilico」に決定!
後味にミントの香るバジルだそうです。
サラダとか何とかに使うといいと説明されましたが、トイレに置くのであまり食べる気にはなりませぬ。

家に帰って早速トイレに置いて、
「なんか白いタイルに緑が映えて素敵じゃな〜い?」とか、
「こんなことならもっと早く買えばよかった」とか、
2〜3日はニヤニヤしながら見ていました。

d0219019_3374792.jpg

ところが、2週間半が過ぎた今、私の可愛い可愛かったミント・バジリコちゃんは見る影もない姿に。陽が当たらないのが原因?
水は1週間に1回と言われたのに2週間過ぎてやっと1回あげたきりなのが原因?
どなたか教えて下さい。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2015-03-04 03:39 | 市場・マーケット