イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レストラン・東京( 23 )

テラス席から海を眺めるイタリアン「GARB 江ノ島」

d0219019_16234165.jpg

曇りがちだった1日。

空に雲は多いけれど、僅かに見える夕焼けの光が海を照らして、それはそれで味わいがあります。

d0219019_16235551.jpg

江ノ島アイランドスパを満喫した我々は、海の家で夕日を眺めようといそいそと西浜海岸へ向かったのですが、なんと!!

全ての海の家が撤去作業の真っ只中でした。

確かに昼間、スパから砂浜を眺めている時、パラソルが見えないなとは思っていましたが、朝から皆さん撤去作業をしていたようです。

この日は9月1日(土)で、確かに夏休みは終わってしまったけれど、海の家ってこんなに早くシーズン終了するのですね。

江ノ島の海の家の営業は、7・8月の2ヶ月のみと決まっているそうです。

そして、海水浴シーズン中は場所や時間を規制されていたサーフィンが、9月からはその規制がなくなり、自由に波乗りができるようになるそうです。

ちっとも知りませんでした。

d0219019_16240169.jpg

海の家の目の前に広がる夕焼けを楽しみにしていた我々はかなりショックを受けましたが、すぐに気を取り直して別の場所探し。

西浜海水浴場の国道沿いには、昔と違い、お洒落なお店が色々あります。

その内の1件、国道に面して海側にテラス席のある「GARB (ガーブ)江ノ島」へ入ってみました。

d0219019_16240694.jpg

ピザ窯が目の前にあるカウンター席へ。イタリアンレストランです。

d0219019_16241475.jpg

その後、空きが出たということで、念願のテラス席へ。

2階なので眺望も良く、江ノ島と海が見えて最高です。

d0219019_16242177.jpg

刻一刻と変化する空の色が、素敵すぎます。

d0219019_16242684.jpg

まず頼んだのは、「甘海老のフリット レモン添え」750円。

ビールで乾杯。

おすすめグルメ!食欲の秋を楽しもう!

d0219019_16243680.jpg

その後、お隣の人が食べていたパスタが美味しそうだったので、同じ物を注文。

「優美豚パンチェッタのカルボナーラ タリアテッレ」1500円。

見た目通り、美味しかったー。

海の家は来年までお預けですが、レストランのテラス席から眺める海も、途方も無く美しいです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-09-08 17:19 | レストラン・東京

湘南の海が見渡せる展望レストラン「アイランドグリル」

d0219019_10431092.jpg

先日訪れた江ノ島アイランドスパ」がとても良く、夏の間毎日来ようかと一瞬思ったくらいなのですが、流石にそれは無理で・・・、でも、再び行って来ました!

前回はスパ内にあるカフェでお世辞にも美味しいとは言えないラーメンを食べたので、今回は展望レストラン「アイランドグリル」に挑戦してみました。

エレベーターで4階まで上がると、レストランがあります。

特等席の窓際は全てカウンター形式になっており、15席程あるでしょうか。

ほぼ予約で埋まっていましたが、11時半のオープンと同時に入店したので、僅かに残っていた窓際に座ることができました。

d0219019_10434821.jpg

店内はこんな感じで、結構広め。

d0219019_10431996.jpg

友人はランチセットをオーダー。

本日の前菜盛り合わせ、ピザ&スープ、シェフお薦めデザート、ドリンクが付いて2000円。

ピザ&スープは、パスタ&パンもしくはカレー&スープにもできます。

どう考えても、アラカルト&ドリンクを頼むよりランチセットの方がお得なのですが、急性胃腸炎にかかったばかりで(食べ過ぎ?)病み上がりの私は、さっぱりした物の方が無難と考え、サラダにしました。

d0219019_10440159.jpg

BBQチキン&20種ベジタブルのサラダ、1600円。

上に乗っている萎びた4枚の葉っぱが気になりますが、野菜の他に数種の豆類も入り、チキンもあるのでボリュームたっぷり。

セサミオレンジハニーマスタードドレッシング(長い105.png )もほんのり甘くて美味しいです。

おすすめグルメ!食欲の秋を楽しもう!

d0219019_10433013.jpg

アイスコーヒーの向こうには海が見えます。

d0219019_10434021.jpg

友人の本日のピザは、何故かシラスにコーン&プチトマトのトッピングというお子様用ピザ的な外観で、勿論釜なんか使って焼いているわけはありませんが、それでも味は見た目より悪くなかったです。

d0219019_10440696.jpg

友人のセットのデザート、チーズケーキ。

d0219019_10435443.jpg

窓の下にはプールが見下ろせます。

少なくともサラダは悪くなかったですし、何より素晴らしい展望を前にゆっくり食事ができるので、スパ併設のカフェよりはこちらの方が断然オススメです。

d0219019_10441480.jpg

1日スパでゆっくりしてから外へ出ると、こんな夕空が迎えてくれました。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-09-06 18:05 | レストラン・東京

明治期の銀行を復元した、趣のある「Café 1894」

d0219019_18072948.jpg

素敵なショーメの展覧会を見る前に、併設の「Café 1894」でランチを摂ることにしました。

d0219019_18073611.jpg

明治時代に三菱一号館で銀行営業室として利用されていた空間を復元し、現在はカフェになっています。

11時の開店前、10名程の人が並んでいます。

我々は前日にWEB予約をしておきました。

d0219019_18074387.jpg

店内に入ってすぐ、高い天井に圧倒されます。

まるで外国の建物のよう。

1894年の竣工当時に撮影されたと思われる写真や図面を元に再現された元銀行営業室だけあり、カウンター窓口のような仕切りが施されています。

d0219019_18074777.jpg

予約をした甲斐あり、ゆったりしたソファ席に案内されました。

それにしても広い店内。

趣のある造りは、まるでドラマの中の1シーンのようです。

お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】

d0219019_18075330.jpg

ショーメの展覧会のタイアップメニューもありますが、この日私がオーダーしたのは、ガーデンプレートランチ(ハーブティー付き)1500円。

グリーンサラダ、海老のカクテル、シェパーズパイ、サーモンとハムのサンドウィッチ、ミニスコーンにジャムのセットです。

味は特別美味しいというほどではありませんが、こちらで頂く雰囲気そのものが味になっています。

d0219019_18080478.jpg

セットで付くハーブティー。

とても薄い色で、味もあまりしません。

いいのです、雰囲気を食すのです。

d0219019_18075820.jpg

友人は、真鯛と浅利の英国風クラムチャウダーリゾット ゆずの香り(サラダ付き)1400円。

別の友人は冒頭写真の、渡り蟹のナポリタン アメリケーヌソース仕立て(パン・サラダ付き)1400円を注文。

2人共、美味しいと話していました。

予約時には1時間しか滞在できないということでしたが、1時間が経過しても特に何も言われることなく、ゆっくりと1時間半かけて食事を楽しみました。

素敵な空間で優雅な気分に浸れること、請け合いです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング

[PR]
by italiawine | 2018-08-25 22:09 | レストラン・東京

阿佐ヶ谷で気軽にフレンチ「山猫軒」

d0219019_16282045.jpg

少し前になりますが、阿佐ヶ谷のフレンチ「山猫軒」へ行って来ました。

d0219019_16284177.jpg

「ラピュタ」という、小劇場、映画館を備えた文化複合施設の3・4階にあります。

森の中で見つけそうな木の看板が、建物正面でお出迎え。

外階段から、もしくは館内エレベーターで3階まで上がり、レストラン内に入ります。

d0219019_16272732.jpg

店内にある階段で4階に上ると、こんな空間が広がっています。

大きな天窓から暖かい陽の光が降り注ぎ、いい感じです。

お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】

d0219019_16273592.jpg

テーブルには可愛らしい生花が飾られて。

d0219019_16274259.jpg

ドリンクはアイスコーヒーにしました。

d0219019_16275802.jpg

注文したのはランチの Menu A。

前菜はオードブル盛り合わせ。

手前左から時計回りに、愛媛県宇和島真鯛のカルパッチョと細切り野菜のサラダ添え、鹿児島県グリーンピースの冷たいポタージュスープ、石山農園特選フルーツトマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ。

どれも小さめですが、素材の味がしっかり引き出されています。

d0219019_16281279.jpg

自家製天然酵母パンにはオリーブオイルを付けて頂きます。

主菜は、冒頭写真の「千葉県スズキのポアレ、山菜と桜海老のフリット添え」。

ポアレにフリットという面白い組み合わせですが、揚げ物大好きなので美味しく頂きました。

d0219019_16282571.jpg

最後にプチデザートが付いて2100円。

この日は頂きませんでしたが、平日は500円のサービスワインもあるので、ワイン片手にゆったりランチもいいですね。

居心地の良いフレンチレストランでした。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング

[PR]
by italiawine | 2018-08-18 16:55 | レストラン・東京

ゴージャスな店内で食べる代官山中華「龍坊」

d0219019_15285345.jpg

小龍包。餃子と並ぶ、飲茶の2大巨頭ではないでしょうか。

昔はその存在さえあまり知られていなかったのに、いつの頃からか大人気になりましたよね。

お洒落な代官山で、そんな小籠包を食べてきました。

d0219019_15285900.jpg

入り口も店内もシックでゴージャスな雰囲気のお店は、「龍坊」。

ロンファンと読みます。

各テーブルにバラの生花が飾られ、それだけで驚く庶民の私達。

否、友人達は庶民ではないのですが、それでも驚いていました。

よく見たら窓辺とトイレにもバラの生花。オーナーはお花屋さんも経営しているのではと疑いたくなります。

だってバラ、高いですもん(笑)。

d0219019_15290345.jpg

さて、そんなゴージャスロンファンで注文したのは、1300円のランチ。

値段がゴージャスではない点、嬉しい限りです。

まずは、セロリの前菜とスープ、お茶が運ばれてきます。

d0219019_15290966.jpg

次は小龍包かと思いきや、メインの「海鮮と野菜のアツアツ土鍋ご飯」が運ばれてきました。

イカ、海老、帆立、野菜は筍、青梗菜、ブロッコリー、人参、さやいんげんと具沢山ですが、ご飯の割に餡の量が少なく、最後はご飯だけ余ってしまいました。

前菜・スープ・メインとも、味にややパンチが欠けるかも。

小龍包も然り。

d0219019_15291474.jpg

友人は「名物 担々麺」にしていました。

名物というくらいですし、こちらの方が正解だったかしら。

お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】

d0219019_15292027.jpg

特製デザート。

スプーンが一緒に写っているのでわかると思いますが、本当にひと口。

まあ、代官山で1300円。贅沢は言えないですかね。

「中国料理人の最高クラスである特級厨師を取得したシェフによる、華やかで繊細な中華料理は、中華という枠組みを越え、欧風の息吹を感じさせるヌーベルシノワ」とHPには書いてあるので、夜にちゃんとした料理を頂くと、又違うのかもしれません。

でも、その片鱗をランチでも垣間見せてくれたらいいな、という気はします。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-08-11 16:08 | レストラン・東京

イギリスを感じながら英国料理「キャプテンクック」

d0219019_17315443.jpg

その昔、イギリスに憧れて、会社の休憩時間にはイギリス在住日本人の「イギリス人は食器を洗剤で洗った後、水で流さない」と書いてある本を読んでは『体に悪くないのか』と心配したり、ソーダブレッドやキドニーパイが食べてみたくて1人で原宿のイギリス料理屋に行ってみたり、いつかイギリスへ留学しに行くんだと考えていました。

ところが数年後に何故かイギリスではなくイタリアへ行くこととなり、イギリス熱も次第に収まっていったのでした。

そんな遠い昔の記憶を呼び覚ましてくれたのは、広尾にある英国料理専門店「キャプテンクック」。

メニューは英国出身であるオーナーのお祖母さんのレシピを発展させたものだそうです。

d0219019_17311991.jpg

お店は、広尾駅から北に向かってすぐ、路地を右に入った所。

熊の毛皮の帽子を被った、英国の近衛兵の大きな人形が目印です。

なのに、道路の向こう側の沢村ベーカリーに気を取られ、友人も私も気付かずに通り過ぎる始末。

行く際は、駅から右側の路地を気にしながら歩いて下さい(笑)。

d0219019_17312618.jpg

入ってすぐの、1枚板の大きなテーブル席。

シャンデリアが素敵。

d0219019_17313704.jpg

こちらは1番奥の席。

イタリア北部アルトアディジェ州でもよく見かける、角を利用したライト。

店内は物凄くイギリスチックで、テンションが上がります。

メニューは一応予習をしてきて「ブレッド&ブレックファスト」1650円を注文。

冒頭の写真の料理で、自家製ライ麦ブレッドにグリルベーコン、イングリッシュソーセージ、グリルトマト、マッシュルームとビーンズを詰め込み、チーズと卵で蓋をし、オーブンでこんがり焼いた1品。

卵の白身に火が通っていなかったのが苦手で、美味しいのですが中の具が意外に少なく、パンも飽きてしまうので完食はできず、他の料理にすれば良かったかなと思いました。

d0219019_17314258.jpg

セットで付いた英国紅茶は普通に美味しかったです。

d0219019_17314812.jpg

友人の「シェイクスピアズグローブ」1400円は、かなりのインパクト。

卵をアボカドで包み、更にベーコンで巻いた物で、周りにトマトとフェタチーズが添えられています。

d0219019_17320048.jpg

切るとこんな感じ。大胆なビジュアルです。

大きめのアボカド1個丸ごとは結構ヘビーに見えますが、完食した友人によると美味しかったそうです。

d0219019_17320632.jpg

トイレはエレベーターで2階へ行くシステム。

2階には又違った雰囲気のフロアーが広がっています。

トイレも綺麗で、なんかとってもお金の掛かっていそうなお店です。

d0219019_17313257.jpg

静かに働く店員さん達のいるカウンター。

マンゴーやデーツの入ったそそられるスムージーや、スパークリングアイスコーヒーという気になるメニューがあったので、いつか再訪してみたいです。

おすすめ夏レシピ&お出かけ夏グルメ【PR】

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング

[PR]
by italiawine | 2018-07-25 18:36 | レストラン・東京

昔のお洒落な原宿店を懐かしんで「オーバカナル」

d0219019_14424745.jpg

以前よく通っていた原宿のオーバカナルが無くなったと知ったのは、つい最近の事。

調べてみたらそれは15年も前の事で、私がイタリアへ渡った2003年に閉店していました。

だから知らなかったのでしょう。

当時は珍しかったオープンカフェで、原宿・青山界隈で仕事&生活をするお洒落な人々が集うあの雰囲気が、独特でした。

あれが皆を虜にしていたのでしょうね。

久しぶりにあの雰囲気を感じたくなり、赤坂、紀尾井町、高輪、銀座と東京に4店舗ある内の、紀尾井町店に行ってみました。

d0219019_14425492.jpg

ほぼ降りる機会のない「赤坂見附」駅。

すぐ目の前に、都会にそぐわない釣り堀が。

高層ビルの谷間にちょこんとあって、異空間を生み出しています。

d0219019_14430162.jpg

5分程歩くと、目の前に「オーバカナル」が!

そうそう、この感じ〜!!

紀尾井町店は初めてですが、あの原宿店と同じ香りを纏っています。

d0219019_14433377.jpg

11時半からはランチメニューがあります。

日替わりメニューは肉か魚が選択でき、魚にしました。

d0219019_14431113.jpg

1人2切れのバゲット。

d0219019_14432521.jpg

白身魚のソテー・ひよこ豆&インゲン付き、950円。

味はいいですが、若干ボリューム不足。

d0219019_14435196.jpg

という事で、レモンタルトも追加オーダー。

メレンゲが美しい。

おすすめ夏レシピ&お出かけ夏グルメ【PR】

d0219019_14434518.jpg

テーブルの上にはゴルゴのフィギュアが。

可愛いのですが、ちょっとお店の雰囲気にそぐわない感も。

d0219019_14435919.jpg

原宿店もそうでしたが、こちらもブーランジェリーが併設されています。

d0219019_14440621.jpg

チョコとオレンジのスコーン。

美味しそう過ぎて罪ですね。

d0219019_14441664.jpg

今の季節はオープンテラスも気持ち良いですね。

久しぶりにオーバカナルの空気を満喫でき、満足なランチでした。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-07-15 15:29 | レストラン・東京

代官山のレンガ屋跡地に立つフレンチ「ル・コントワール・オクシタン」

d0219019_15234080.jpg

代官山で食事といえば、「ラ・プティット・シェーズ」。

ここのオマール海老のオムレツライスがそれはそれは美味しかったのです。

しかし、19年間続いたお店は2006年11月17日に閉店し、もう味わうことはできません。

綺麗なオムレツ型にまとめられた周りにオマール海老のソースが掛かり、バジルソースとドライトマトがアクセントで載っていました。お皿の縁にはオマール海老の殻を砕いた粉も。今でも無性に食べたくなる味で、閉店が本当に惜しまれます。

d0219019_15235235.jpg

そんな訳で、今回のランチの場所はネットで評判を見て決めたのですが、行ってみると、これ又昔よく行った「フランス菓子 レンガ屋」の跡地。

まさかこのレンガ屋まで閉店してしまったとは。

先日の湘南のお店といい(詳しくは→こちら)、私の想い出の店はことごとく閉店してしまうらしいです(泣)。

時代の移り変わりといえばそれまでですが、寂しいものですね。

新しい店名は「ル・コントワール・オクシタン」。フレンチです。

d0219019_15241083.jpg

店に入るとすぐ右手に並ぶ、小さな木樽入りのワイン。

この中から好きなワインを選び、自分で注ぎます。1杯800円。

d0219019_15242179.jpg

満タンに注げるという情報を読み、私もやってみました。

プロとしてあるまじき注ぎ方(笑)。でもいいんです。

d0219019_15241601.jpg

中身はフランスの「レ・コンケ・ブラン」。

グルナッシュ60%、ソービニョン40%。

今楽天を見たらボトル680円。グラス1杯代より安い。。。

グラス2杯分ぐらいは注いでいるので大きなことは言えませんが、上乗せ多くないですか?こんなものですか?

d0219019_15242759.jpg

ケースにはパテなどが並びます。

注文したのは、冒頭写真の「オクシタン風オムレツ」。パン・サラダ・コーヒー付きで1000円。

この日は肌寒かったので、温かいオムレツを期待して頼んだのですが、なんと冷蔵庫から出したままの冷たさ。

外の黒板には「冷製オムレツ」と書いてあったようですが、テーブル上のメニューには「冷製」と付いていなかったので、まさか冷たいオムレツとは思わず。

しかも、ケーキ2切れぐらいの少ない量。味も普通。というか、冷たいオムレツってそもそも美味しそうじゃないですよね、普通に考えて。卵を割ってその場で作るオムレツの方がよっぽど簡単で美味しいと思うんですけどね。

セットのサラダも、お皿にちょこっと載っているこのサラダ。

パンとコーヒーが付いて1000円とはいえ、ちょっとがっかりなオムレツでした。

d0219019_13414680.jpg

コーヒーで締めくくり。

d0219019_15240404.jpg

テラス席もあってこれからの季節には良さそうですが、オムレツはちょっと。

友人の豚肉は美味しかったようです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング
[PR]
by italiawine | 2018-06-29 18:32 | レストラン・東京

浅草・老舗天ぷら屋のサクサク天丼「三定」

d0219019_11243546.jpg

高校時代の大好物、天丼。

あまりに好きで、学校帰りにデパートの上にある天ぷら屋さんに、1人で食べに行った記憶があります。

その頃ほどではありませんが、今でも好きです。

d0219019_11244163.jpg

美味しい天丼を食べに行こうということで、有名店が軒を連ねる浅草へ。

雷門前はすごい人出で、人物の写らない写真を撮るのは不可能でした 💦

d0219019_11244699.jpg

そんな雷門の真横にあるのが、創業はなんと江戸時代、180年の歴史がある老舗、「三定」。

11時半のオープンと同時に入店します。

d0219019_11245003.jpg

左奥に見える急な階段を上がる2階席もありますが、1階に通されました。

d0219019_11245544.jpg

注文を終えると、お茶と胡瓜の漬物が運ばれてきます。

d0219019_11245928.jpg

そして、こちら!

上天丼、1820円。小かき揚げ(海老・イカ・貝柱)、海老、白身魚が乗っています。

この蓋が付いてくるのはきちんと感がありますが、サクサクの衣が好きなので、蒸気で衣がふにゃふにゃになってしまうのではと、何処で出されても気が気ではありません。

すぐに蓋を取りました(笑)。

d0219019_11250406.jpg

美味しそうですね。そして、実際美味しかったです。

衣も心配は無用だったようで、サクサクでした。

天丼の具にイカを使うお店が多いですが、私はイカが苦手なので、この取り合わせは有り難いです。

かき揚げに若干入っていますが、海老と貝柱は大好きなので、イカだけ省けば問題なし。

そのかき揚げの海老も、大きい物がゴロゴロ入っています。

昔、浅草の別の有名店へ行ったことがあるのですが、大混雑な上に衣もふにゃふにゃで、今ひとつでした。

こちらもお昼ど真ん中は混むのでしょうが、11時半の開店時は空いていて、ゆったり食事ができました。

d0219019_11251076.jpg

店頭で持ち帰り用も販売しているので、家で味わうのもいいですね。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング
[PR]
by italiawine | 2018-06-28 12:11 | レストラン・東京

鎌倉・長谷の、心地よい自然派ワインバーレストラン「ボータン」

d0219019_18222047.jpg

鎌倉でランチとなると、候補が沢山あって悩むところ。

今回は、アジサイ巡りで訪問するお寺のある、北鎌倉と長谷周辺で探してみました。

そして予約をしたのが、長谷駅から徒歩5分の場所にあるビストロ・ワインバーの「ボータン 〜 Beau Temps」。

d0219019_18231001.jpg

葡萄の蔦が絡まる、素敵な一軒家です。

d0219019_18243874.jpg

カウンター席の向こうには、夜のアラカルトメニューが書かれた黒板が。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】

d0219019_18244437.jpg

テーブル席もあります。

厨房のシェフとサービスの方と、2人で切り盛りされています。

席に着くと、シェフがわざわざ厨房からテーブルまで来て、「本日はご来店有難うございます」と挨拶して下さいました。

こういった心遣い、お店の真摯な姿勢が伺えますね。

予約時の電話での対応も、とても良かったのが思い出されます。

d0219019_18245045.jpg

vouvrayの泡 850円を注文し、一緒に出てきたのがこちらの見慣れた水用グラス。

フィレンツェのエノテカ「Le Volpi e l'Uva」のグラスと一緒です!なんか嬉しいな。

「Le Volpi e l'Uva」については、こちらをご参照下さい。↓




d0219019_18245559.jpg

お昼のセットメニューは、前菜+メイン+カフェで1800円。

この日の前菜はこちら。

手前左から時計回りに、人参のラペ、グリーンサラダ、パン、ラタトゥイユ、燻製ポテトサラダ。

なかなかボリュームがあります。

d0219019_18250353.jpg

メインは肉か魚かの選択で、魚にしました。

カジキマグロのソテーに、インゲンや蕪・バジリコが添えられ、グリーンピースのソースとイタリアンパセリのソースがアクセントになっています。

コーンのフライが甘くて絶品。

マグロもよくあるパサパサ感がなく、しっとりして美味しい。

d0219019_18251970.jpg

予約をした時は知らなかったのですが、お話をしてみたらイタリア関係で繋がっていることがわかり、デザートをご馳走して頂いてしまいました。

ブラッドオレンジのタルト。

イタリアはシチリアで有名なこのオレンジ、日本では愛媛で生産しているそうです。

初めて知りました。

d0219019_18253338.jpg

ココナッツのカタラーナ、パイナップル添え。

クレームブリュレに似たドルチェですね。ココナッツ味は珍しく、冷んやりとして暑い日にピッタリ。

料理は美味しくて値段が手頃、サービスも細やかな素敵なお店を発見できました。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-06-18 14:56 | レストラン・東京