イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レストラン・東京( 11 )

クオリティーの高い前菜、町田のイタリアン「イル・バッコ」

d0219019_15373380.jpg

又コスパの良いランチを見つけてしまいました。

場所は町田。

梅でも見ようかと芹が谷公園まで散歩をした帰り。しかも、公園に梅が1本もなかったというオチ付き。

公園から駅の方へ歩いて来て、小田急の線路沿いを1本入ったところに、こちらがありました。


d0219019_15372621.jpg

「Il Bacco 〜 イル・バッコ」。

イタリアンじゃないですか。バッコというのは酒の神の名で、ワインや飲酒という意味もあります。

火・水・木しかやっていないというランチ。

丁度オープン時間の11時半だったので、入ってみます。

注文したのはランチメニュー。

2種類から選べるパスタを、連れと1種類ずつオーダーしました。

d0219019_15372164.jpg

まずは前菜。

手前から時計回りに、ブリのカルパッチョ、豚ハム&ピクルス、グリーンサラダ、自家製パン。隠れていますが、パンに付けるスプレッドチーズも載っています。

脂のよく乗ったブリ。ハムもいいし、パンがもちもちして想像以上に美味しい。

パンが美味しいのって、手を抜いていない感があり、私的に結構重要ポイントです。

かなり高クオリティーな前菜です。


d0219019_15370085.jpg

鶏としめじのスパゲッティー。

なかなかいいです。

私は上のタラコのスパゲッティー二にしました。予想外にトマト味だったのが、若干タラコの味を消してしまっていたかも。

HOTな食べ物教えて!

d0219019_15370945.jpg

店内はこんな感じでコンクリート打ちっぱなしですが、木のテーブルがいい味を出していて、暖かい感じ。

左側にカウンターがあります。

又来たくなる雰囲気。


d0219019_15365293.jpg
食後のドリンクにコーヒーと紅茶。

ミルクが泡立って出て来たのが嬉しいですね。


そして驚くのが、このランチメニュー、1000円なんですよ!!

すごくないですか?

特に前菜が美味しくて、手が掛かっているところに脱帽です。

ソースやマヨネーズまで、全て手作りだそうです。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

Il Bacco
町田市原町田6−29−4 寺田ビル1ーE
Tel 042-850-8148

[PR]
by italiawine | 2018-03-10 16:11 | レストラン・東京

銀座でゆったり鯛煎茶漬け「茶CAFE竹若」

d0219019_17565580.jpg

都内で用事があったので、ランチは何処にしようということで、先日何かの雑誌で見た鯛茶漬けを食べようと思い立ちました。

東銀座駅からすぐの「茶CAFE竹若」。

元々、刺身にお茶や出汁をかけた時の、あの半生状態の生臭さ感があまり好きではなく、鯛茶漬けも特別好きなわけではないのですが、こちらの鯛はゴマだれで和えてあるということで、そのまま食べてもいいかなと思い、決めました。

お店が築地の活魚料理屋の経営ということで、魚も鮮度が良いらしいです。

さらに、ランチセットだと鯛とご飯が1回ずつお代わり無料とのこと。お得です!

d0219019_17563946.jpg

11時の開店を待ち、入店します。

天井が高く、落ち着いた店内。2階席もあります。

椅子もゆったりしていて、座り心地良好。

d0219019_17563355.jpg

まず、煎茶が運ばれ、喉を潤します。
ポットに入ったお湯も供され、後で茶漬けに使ったり、量もたっぷりなので食後のお茶も楽しめます。

ここで、残念なお知らせ。
無料だったお代わりが、鯛、ご飯とも1回150円になっていました。
今までが太っ腹過ぎたのでしょうか。仕方ないですね。

d0219019_17562119.jpg

こちらが、鯛煎茶漬けセット。1380円。
赤出し、新香、おからの小鉢、茶葉衣の鶏唐揚げが付きます。

d0219019_17560805.jpg

唐揚げもどれも、いいお味です。

HOTな食べ物教えて!


d0219019_17555647.jpg

鯛は最初の数切れをお刺身で食べ、残りは茶漬けで食べました。

あられがアクセントになり、茶漬けもいけますね。

盛りが結構上品なので、鯛を1皿追加しました。


d0219019_17554442.jpg

まだ時間が早いせいか我々の他には2組しかおらず、静かな時間の流れる店内。

外を行き交う人々を眺めながら、ゆっくりしました。


d0219019_17553855.jpg

待ち用の素敵な椅子。
何処で調達したのでしょう。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

茶CAFE竹若
中央区銀座4−10−5, 東急ステイ銀座1F
Tel 03-6264-7585

[PR]
by italiawine | 2018-03-04 19:12 | レストラン・東京

日本家屋で楽しむイタリアン「ラ・バリック」

d0219019_14554955.jpg

今日はフィレンツェで知り会った友人との再会という事で、これ又フィレンツェで出会った友人がソムリエとして働いていらっしゃる、江戸川橋のレストラン「ラ・バリック」へお邪魔しました。

駅から徒歩3分と書いてある、お店のサイトの地図を見ながら探すも、何処にあるのか全くわからず。
「駐車場奥」とあるので、反対側の道から入るのかもと回ってみても、それらしい物はなし。
車の横に立っていた作業服姿のお兄さんに聞いても、
「あっ、僕、神奈川の人間なんで」
と、ここら辺の事情に詳しくないよと暗に言われ。

困ったなと思っていると、自転車に乗ったおじさんから
「スタイルいいね〜」
と声を掛けられます。
イタリア人は可愛くない子にも「綺麗だね!」と言ってくるので、私も向こうでは受け入れモード満載なのですが、頭が『ここは日本』と思っているので、一瞬何を言われたのか脳が反応しませんでした。それでも頭の中で反芻して言われた意味がわかり、
思わず『有難うございます』とお礼を言っている自分。
ここはイタリアか!
日本人イタリア人化計画か!!
でも、お世辞でも何でも、褒められるとやっぱり嬉しいので、日本の方もどしどし女性を褒めてみて下さい。
世の中に幸せ気分が増えると思います。
お世辞だって嘘だって、要は何だっていいのです!!(笑)

イタリア人化おじさんに衝撃を受けながらも、お店が見つからないので、近くにある姉妹店の食材屋さんに聞きに行きます。
わざわざ外へ出て教えてくれたお店は、確かに地図通り。
でも、ビルの横を入るような場所で、まさかそこにレストランがあるとは思いません。
案の定、私の友人も迷って来ました。


d0219019_14562541.jpg

さて、久しぶりの再会には、トスカーナにあるフェラガモのワイナリー、イル・ボッロの、その名も
「ボッレ・ディ・ボッロ」で乾杯。
言葉遊びのような名前です。
ボッレとは泡という意味で、サンジョヴェーゼ種100%で作ったロゼのスプマンテです。
なんと、ラベルにこちらのレストランの名前が入っています。すごい。

d0219019_14562190.jpg

アミューズにはマルケ州の伝統料理で、オリーブの実に挽き肉を詰めた、オリーベ・アスコラーネ。

d0219019_14561773.jpg

こちらもアミューズ。

d0219019_14561103.jpg

素敵なお皿に載ったパンが出て

HOTな食べ物教えて!

冒頭写真の前菜は「鮮魚のカルパッチョ」。
好き過ぎじゃないですか。何処でもこればかり食べていますね(笑)。

d0219019_14560601.jpg

こちらは友人の前菜盛り合わせ。

えー、ボリューム満点じゃないですか。
カルパッチョも美味しかったですが、このボリュームならこちらにすれば良かったかしら。
しかも、カルパッチョも載っている模様。後悔。


d0219019_14521983.jpg

そして、友人はトリッパのパスタ。


d0219019_14521166.jpg

私はトリッパが苦手なので、カラスミとブロッコリーのスパゲッティ。


d0219019_14515021.jpg

デザートには春らしい苺で。
美味しかった〜。

d0219019_14515964.jpg

友人は鉄板ティラミス。

d0219019_15453691.jpg

オーナーのお祖父様の自宅だったという建物は、古き良き日本の家屋という佇まいで、素敵です。

d0219019_15454307.jpg

廊下の奥にはお庭も。

d0219019_14514111.jpg

可愛らしいお砂糖入れ。

d0219019_14512963.jpg

嬉しいプティフール。

d0219019_14511894.jpg

グラス用のワインがこんなにいっぱい。
トスカーナワインも見られます。

落ち着いたランチが味わえる、素敵なお店でした。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

リストランテ・ラ・バリック・トウキョウ
文京区水道2-12-2
Tel 03-3943-4928

[PR]
by italiawine | 2018-03-03 16:08 | レストラン・東京

コスパ最高イタリアン「ダ・テレーサ」 oishii

d0219019_18012897.jpg

なんかブログがSSL対応になったそうで、何が悲しいと言ったら、それまで皆さんにクリックして頂いた「Facebook シェア」(記事の最後まで読んで頂くと出てくる青いマークです)が全てリセットされて、ゼロになってしまったことです。

しかも全ての記事から!!

こんなことがあっていいのだろうか。

今までクリックして頂いた皆さんには、本当に申し訳ないです。

これに懲りず、是非またクリックして下さいませ。

その1クリックがとても励みになります。

あっ、ついでに記事最後の「桜&小鳥ちゃんマーク」もクリックして頂けましたら尚のこと嬉しい限りでございます 112.png ぺこり



さて、そんなお願いの後は、中山にあるイタリアンのご紹介。

HOTな食べ物教えて!


d0219019_17585293.jpg

フィレンツェで修業をした友達がシェフをしているので、お邪魔してみました。
中山駅から徒歩5分程の、「トラットリア ダ・テレーサ」。

しかも、20年以上ぶりに会う高校時代のバイト仲間と!

久しぶりの再会を喜びあった後は、前菜をいただきます。

後列左から時計回りに、フィノッキオーナサラミ、ラディッキオ・タルディーヴォ、白いんげんと玉ねぎのサラダ、鮮魚のタルタルにその横はカルパッチョ、紫芋に雲丹フレーク、そして中央にトスカーナのパンのサラダ・パンツァネッラが並びます。
さすがフィレンツェ帰り、トスカーナ物が3品入っています。
日本滞在が長くなり、既に懐かしくなっている味たち。
人生の3分の1を過ごしている外国の土地の食べ物を、まだ自分がどういう大人になるかもわかっていない頃に親しくしていた友人達に味わってもらうのは、不思議な感じであり、そして感慨深いものがあります。

パスタはラグーのオレッキエッテを選択。
ボリュームがある上に、美味しいです。


d0219019_17575558.jpg

デザートはパンナコッタ&チーズケーキ。

自家製パンにドリンクが付いて、なんと1600円。
とてもコスパのいいお店です。
一緒に行った友人達も気に入ってくれ、大満足です。
シェフ、ご馳走様でした!

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-03-02 19:09 | レストラン・東京

横浜中華街で食べ歩きグルメ

d0219019_10470025.jpg

昔流行りましたよね、エッグタルト。
久しぶりに食べましたが、今まで食べた中で1番美味しいと断言できるこちらのエッグタルト、横浜中華街で食べて来ました。


d0219019_10471384.jpg

中華街も久しぶりです。

いつもは美味しそうなレストランを選んで食事をする中華街ですが、今回は

「食べ歩きグルメ旅」!!!

全部で9品目を食べ歩きしました。
結構いきましたね。
好みは人それぞれなので、皆さんには全て試して頂きたいですが、独断と偏見による私のランキング順にお送りします。

まず9位。

d0219019_10475053.jpg

「新錦紅〜しんきんこう」のエビのクレープ包み。600円。
注文をしてから温めてくれるので、5分程待たないといけません。

米粉で作った皮に2尾のエビが入ったものが3本。
1本200円は高くないかなぁ。
プリプリといわれる皮も、ワンタンの皮の様なするっとした食感を想像していたのですが、結構分厚くてブリブリした感じがちょっと苦手でした。


d0219019_10481599.jpg

第8位は「中華街大飯店」の北京ダック。250円。
前評判が良かったので期待していましたが、「ちっちゃ!」。


d0219019_10482012.jpg

長さ10cmくらいでしょうか。
パリパリの鴨を期待していましたが、否でした。残念。


d0219019_11293828.jpg

真冬ですが、人が多いですね。
修学旅行なのか、高校生ぐらいのグループが沢山いました。

さあ、7位にいきましょう。

d0219019_10484577.jpg

「公生和〜こうせいわ」のフカヒレスープ、300円。

うーん、300円で期待する方が間違っているのか、フカヒレ感はなしですね。
とろみの付いた卵スープという感じ。


d0219019_10490382.jpg

6位は「同發〜どうはつ」の芝麻湯圓、420円。
数日前のTVで私の大好きな石ちゃん(石塚英彦)が、「すごい好きな味」と話していたこの団子スープ。
「同發」の喫茶店にあり、思わず入ってみました。

まずウインドーにあったサンプルは団子が5個だったのに実際は4個という衝撃。
サンプルと同じ見た目にするのは無理と承知していますが、数くらい合わせて欲しいですね。

石ちゃんがコメントをしていた様に、温かい生姜味の甘いスープに入った小さな胡麻団子。
ただ、微妙にぬるい。
熱々ならもっと美味しいはず。

d0219019_11524831.jpg

裏道に一際目立つ建物は、関帝廟〜かんていびょう。
なんと、100年以上の歴史があるそうです。

d0219019_11525439.jpg

お参りの作法がわからないので、ここだけ見学させて頂き、後にしました。

続く第5位は。

d0219019_10492760.jpg

「ちまき屋」のちまき、500円。
中華の中でも私の好物の1つであるちまき。
普通に美味しいですが、特別感はなし。
渋谷「麗郷」の方が好みです。

d0219019_11345922.jpg

4位は「鵬天閣〜ほうてんかく」の焼き小籠包、フカヒレと豚肉2種盛り4個で620円。
ここのお店、学生さん達でかなり混んでいました。

d0219019_11350659.jpg

中のスープもたっぷりで美味しいです。

第2回プラチナブロガーコンテスト
「旅行・お出かけ部門」に応募しています。

d0219019_11351241.jpg

こんな大鍋で焼いています。

d0219019_11400287.jpg

いよいよ表彰台に上る第3位は、胡麻団子。
中華街に来ると必ず買う物です。

どこのお店で買うかは決めておらず、中華街大通りの美味しそうなお店を探します。
決めては
・保温されていること
・大きいこと
の2つです。

もっちりサクサクで大満足の味でした。

d0219019_12022501.jpg

そして2位は、冒頭のエッグタルト、150円。
焼きたてに当たることもあるそうですが、私達は残念ながら既にできている物でした。
それでもサックサク。

お店横にある椅子に座って頂きました。


d0219019_12025618.jpg

さあ、強敵8品を蹴倒して第1位に輝いたのは、こちら「東林」のお店から。。。

d0219019_12030161.jpg

なんと、変わり種のピーナッツ団子。2個で560円。
ピーナッツバターとかそれ程好きではないのであまり期待していませんでしたが、期待を裏切る美味しさ!

上にかかっているお砂糖も甘過ぎるかと思いきや、そんなことはありません。

d0219019_12030529.jpg

中身はこんな感じ。

オーダーを受けてから揚げてくれるので、ほかほかです。
レストランなのでランチを食べているお客さんもいましたが、親切にも店内のテーブルで待たせてくれました。

これ、絶対おすすめです。
中華街に行ったら、是非ご賞味ください。

レストランでゆっくり食事もいいですが、たまにはこんな食べ歩きで色々な味に挑戦するのも楽しいものです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2018-02-03 12:24 | レストラン・東京

女子会にぴったり!「ル・サロン ジャック・ボリー」

d0219019_18162302.jpg

高校時代の友人と女子会ランチをしてきました。

片道2時間、往復に1日4時間もかけて通学していたあの頃。
真っ青でダサダサの冬用の制服が電車の中でも一際目を引き、可愛くはないけれど目立つことはないグレーの夏用制服に早く変わらないかと、夏が待ち遠しかったものです。

変テコな校則など、話題に事欠かない高校話。
いつかブログに書きたいと思っています。

こちらに帰ってくると必ず会う友人とのランチは、新宿伊勢丹にある「Le Salon Jacques Borie」にしてみました。

何度見ても覚えられない名前。
「ル・サロン ジャック・ボリー」と読みます。

ケーキセットが2500円と、私庶民にはちょっと敷居の高いこのお店。
でも、ランチコースは3900円と、コスパがいいのです。

上は、最初に出て来たアミューズの写真。
もう何だったか忘れてしまいました。
鶏だったかな?

d0219019_18163720.jpg

お代わり自由なパンは、バゲット、レーズンパン、そして中央のチーズシューの様な物の3種類。

このチーズシュー、昨夏パリのグランパレ内にあるレストラン「ミニパレ」に友人が連れて行ってくれたのですが、そこの彼女一押しのパンにそっくりなのです。
もしかして同じ系列のレストランかと思いましたが、どうやら関係ないようです。


d0219019_18164158.jpg

メインは金目鯛。

とてもお上品な量で、物足りなさをパンを完食することでカバー(笑)。


d0219019_18164642.jpg

ケーキはパリブレスト、オペラ、ジェラートの3種類。

かなり満足のいく量。

第二回プラチナブロガーコンテスト
旅行・お出かけ部門に応募しています。


d0219019_18170372.jpg

何故かプレートが2枚重ねのコーヒー。
カフェオレや紅茶等も選択できます。

注ぐ時に洋服にかからないよう、客側に別皿を立ててサーブするという気の使いよう。
初めて見たやり方です。


d0219019_18165676.jpg

プチフールはマシュマロと、ラズベリーコーティングされたアーモンド。

ケーキセットの値段を考えると、それにアミューズとメイン、プチフールの付くこのコースは、やはりかなりお得と思います。

水がなくなるとすぐに注いでくれ、サービスもバッチリ。
1人で来ているマダムも数人いました。

エントランスの待ち用ソファもエレガントで、女性が喜びそうなお店でした。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

「ル・サロン ジャック・ボリー」
新宿伊勢丹 4F

[PR]
by italiawine | 2018-02-02 19:03 | レストラン・東京

和食ランチをゆっくり「外苑うまや信濃町」 oishii

d0219019_14152404.jpg

「三代目 市川猿之助の楽屋めし」

信濃町駅からすぐの料理屋「うまや」。
歌舞伎俳優、三代目 市川猿之助がディレクションをしたそうです。


d0219019_14153565.jpg

混むようなので予約をしたかったのですが、時間がはっきりせず結局そのまま伺いました。
裏門からの入店。

13時頃到着すると、待っている人はいませんでしたが、満席だったようで20分程待たされました。
その間にもどんどん人が入って来たので、予約をした方が無難なようです。

お昼のメニューは他に
・もち豚の炭火焼とろろ定食
・チキン南蛮と薩摩汁定食
・牛タンの炭火焼とろろ定食
・銀鱈の西京焼定食
・週替わり定食
それに、前日までに要予約の「うまや御膳」、「おもだかコース」があります。

我々は、ネットで見て決めていた「三代目 市川猿之助の楽屋めし」を。
待っている間にもこの楽屋めしを運んでいる回数が多かったので、人気みたいですね。


d0219019_14155023.jpg

海老フライにお刺身、煮物など8種類の小鉢に、ご飯・お味噌汁、生卵、茶碗蒸し、サラダ、デザート、コーヒーが付いて1600円とリーズナブルなお値段。

ご飯は白米か麦飯か好みの物を選択できます。
とろろ芋を100円で追加できますが、おかずの量が結構あったので追加せず、卵かけご飯にして食べました。

d0219019_14155552.jpg

牛乳プリンのような杏仁豆腐。

第2回プラチナブロガーコンテスト
「旅行・お出かけ部門」に応募しています。


d0219019_14154251.jpg

店内の廊下。

料理自体は「めちゃくちゃ美味しい!是非もう1度食べたい!」という程ではありませんが、テーブル間も比較的ゆったりしており、ゆっくり食事を楽しみたい時には重宝しそうなお店です。


d0219019_14160737.jpg

帰りは表口から退店。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

「外苑うまや信濃町」
東京都新宿区霞ヶ丘町14−1 2F

[PR]
by italiawine | 2018-02-01 15:01 | レストラン・東京

鮮魚が美味しい!麻布十番のイタリアン「トラットリア ケ・パッキア」

d0219019_18193902.jpg

見るだけで又食べたくなってくる、この新鮮な魚介たち。
麻布十番のイタリアンレストラン「トラットリア ケ・パッキア」でいただいた前菜です。

シェフの岡村さんとは外でお会いするばかりで、お店へはまだ1度も伺ったことがなかったのですが、ようやくこの待ちに待った機会が訪れました。
フィレンツェで知り合った友人からたまたま前日に「今度イタリアに行くんだけど」という連絡が入り、『今こっちに来ているよ〜』と返事をし「じゃあ何か食べに行こう」ということで急遽決まった夕食会。

不義理にしている友人のレストランが数件あるので、『何処にしよう』となったのですが、岡村さんには別件でも用事があったので『ケ・パッキアで!』。


d0219019_18195142.jpg

10分程遅れてしまった私を待っていた友人(ごめんなさい!!)に出してくださったソプラッサータ。
基本的に苦手な詰め物なのですが、こちらの物はもう1切れ食べたくなる美味しさ。

早く着いた友人は結局20分以上も1人で待っていてくれたのですが、私が来るまでに1切れしか食べていないところが素晴らしい。私だったら4枚全部食べてしまっていたかも。

この後、上のカルパッチョをいただくのですが、初めて食べた生の鰆の美味しいこと。びっくりです。
コハダや平目、アワビなど6種類載っていたのですが、どれも丁寧に下処理が施されており、それぞれ違う味わいなのがすごいです。
それもそのはず、寿司の名店「すきやばし次郎」で魚について教わるという、勉強熱心な岡村さんの努力があるのです。
フィレンツェで、どの魚も平坦な味しかしないカルパッチョを食べ慣れている身には、同じカルパッチョという括りでいいのかと思ってしまうほど、この一皿は別物でした。


d0219019_18200323.jpg

一緒に行った友人はイタリアンのシェフでもあり、友人なりに食べたい物が色々あったようですが、私の我儘を通してくれ、前々から食べたかったウニのリングイーネを2人でシェア。

2皿に分けてくれる心遣い。
シンプルで、美味しいです。

第二回プラチナブロガーコンテスト
旅行・お出かけ部門に応募しています。

d0219019_18201115.jpg

こちらも私の我儘で、揚げ物好きは避けて通れない仔牛のカツレツ。

中がほんのりピンクで、柔らかい。
しかも分厚い。
美味し〜い。

d0219019_18202820.jpg

デザートは大好きなモンブラン。


d0219019_18202204.jpg

ジェラートかレモンタルトを食べたかったはずなのに、私が味見をしたかったメリンガータにしてくれる心優しき友人。
でも人の顔ほどもあろうかというそのビッグサイズに、2人がかりでも完食できませんでした。

もったいないお化けに謝らなくては。

d0219019_18201897.jpg

焼き菓子大好きなのに、あまりにお腹がパンパンでこちらも食べきれなかったクッキー。
そんな私の気持ちが通じたのか、お土産にクッキーをいただきました♡

写真を撮り忘れてしまったのですが、とても丁寧に好みを聞いてくださるソムリエの方がいて、数種類のグラスワインを楽しむことができました。

d0219019_18203612.jpg

いつも朗らか笑顔の岡村シェフ。
素敵な料理の数々、ご馳走様でした!

そして全ての我儘を聞いてくれた友人、楽しい時間を有難う!

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

「トラットリア ケ・パッキア」
東京都港区麻布十番2-5-1 マニヴィアビル4F

[PR]
by italiawine | 2018-01-28 20:03 | レストラン・東京

レトロな昭和の香り漂う洋食屋 "レストラン・ケルン"

d0219019_23112025.jpg
やっと来ましたねー、食べ物ネタ!
これですよね、これじゃなくちゃ(笑)。
イタリアではまずお目に掛かれない洋食。
しかも、かなりレトロ。

虎ノ門の「レストラン ケルン」。
TVでも結構紹介されているなかなか知られたお店のようです。

『美味しゅうございます』という台詞で有名な岸朝子さんも一押しというカニクリームコロッケ。
今日はこれ目当てで来ました。
密かに大好きなんです、カニクリームコロッケ。
d0219019_23112253.jpg
11時開店のところ、11時半に到着。
結構広い店内に、4名程の先客が。
皆さん1人で来ています。

店内もレトロな雰囲気たっぷり。
d0219019_23112264.jpg
まず、コーンスープが運ばれてきました。
衝撃のエスプレッソカップ。
小さい。。。
d0219019_23112107.jpg
海老フライも大好きなので、こちらも注文。
母と半分こして食べます。
価格はどちらもスープ・ライス付きで980円。

付け合わせはコールスローとマカロニサラダ。
マカロニサラダですよ!!
昭和すぎる!!

お味的には、カニはどこだろうと探してしまう「(ほとんど)カニ(なし)クリームコロッケ」だったので、海老フライの方がオススメです。

「ほっ」と。フォトコンテスト

レモンの輪切りが載っているところから付け合わせ&タルタルソースまで、全く同じスタイルの2皿。
何故だかほっとしてしまう昭和の味でした。
おかしいなぁ、平成生まれなのに。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

レストラン・ケルン
港区虎ノ門1-1-28、東洋プロパティ虎ノ門ビルB1F
Tel 03-3591-4158

[PR]
by italiawine | 2017-03-16 23:34 | レストラン・東京

神楽坂でトスカーナ料理『アルベリーニ』

d0219019_0305913.jpg


日本で食べた美味しい物をお送りする第2弾は、友人のレストラン。
彼が13年間イタリアで料理修行をしていた時に、フィレンツェで出会いました。
日本へ帰った彼、鉄ちゃんが開いたのは、神楽坂のイタリアン『アルベリーニ』。
駅から徒歩約6分という便利な場所にあります。

d0219019_031427.jpg

こちらもフィレンツェで出会った友人夫妻とスプマンテで乾杯しながらいただくのは、ブッラータのサラダ。
今は日本でもブッラータが食べられるのですね。

d0219019_0322612.jpg

ローズマリーと栗のリゾット。
絶品です。

d0219019_033477.jpg

鉄ちゃんが出してくれたエリンギのソテー。
ものすごくコリコリしています。

d0219019_0333814.jpg

トスカーナらしいペポーゾ。
粒胡椒をそのまま入れて煮込む、インプルネータという地で有名な牛の煮込みです。

d0219019_0341198.jpg

部位を忘れてしまったのですが、肉のトマト煮込み。

そして、冒頭写真のスパゲティー・アッラ・カッレッティエラ。
順番が変ですが、パスタが食べたくなって〆にオーダー。

d0219019_035541.jpg

サングリア。
飲みやすくて2杯も頼んでしまいました。
危険です(笑)。

d0219019_0354799.jpg

ピスタチオのティラミス。

d0219019_0364782.jpg

フィレンツェで食べる物と比べても上位に入る、サクサク美味なカントゥッチーニ。

d0219019_0373621.jpg

胡桃とレーズンのセミフレッド。

d0219019_0383652.jpg

チョコレートケーキ。

東京でトスカーナ料理が食べたくなったらこちらへどうぞ。

アルベリーニ
新宿区袋町2 杵屋ビル1F
TEL 03-6265-0620
日曜定休


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
[PR]
by italiawine | 2016-12-10 00:42 | レストラン・東京