人気ブログランキング |

イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:カフェ・東京( 20 )

憧れの自家製レモネード「ミーガン バー&パティスリー」


d0219019_11014917.jpg


暑い夏の日。

さっぱりした物が飲みたいな、と思って頼んだ「自家製レモネード」。

単純なのに、なかなか美味しい物に出会った事のなかったレモネード。

小さい頃、外国の児童文学によくレモネードとコケモモパイが登場し、どれ程美味しいんだろうと、勝手に想像を膨らませていました。

イタリアに渡ってすぐ、「リモナータ(レモネードの伊語)でも作ろうか」と大家さんに言われ、ワクワクしながら待つ私の目の前に出された、黄色の濁った液体から受けた衝撃。

レモンを絞って水で薄めた物に砂糖を加えただけのその飲み物は、私の想像とは全く違う飲み物。

炭酸じゃない、めちゃくちゃ酸っぱい、濁っている、と想像外の三拍子。

しかも、熱湯を加えて砂糖を溶かすなんて繊細な事を考えない大家さんだったので、砂糖ジョリジョリ。

どうやら国ごとにレモネードの定義は違うらしいのですが、イタリアのそれは私の理想とは対極にある代物でした。

d0219019_11015993.jpg


訪問したのは、お気に入り「ミーガン バー&パティスリー」。

カウンター前の定位置(ってまだ3回目ですが)が埋まっていたので、ちょっと外して座ったら目の前にレコードが沢山並んでいました。

BGMはレコードなんですね。

d0219019_11015477.jpg


そして出てきたレモネードは、まさに幼少期に恋い焦がれていたレモネード。

炭酸入り、優しい甘さ、そして濁っていない!(笑)。

今まで飲んだ、どのレモネードより美味しくて、地味に感激。

d0219019_11020272.jpg


友達が好きそうな、くるみたっぷりのエンガディナーが並んでいました。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング

by italiawine | 2019-08-25 14:44 | カフェ・東京 | Comments(0)

全てが素敵!ミーガン バー&パティスリー


d0219019_11015307.jpg


袋を開けた途端にレモンの良い香りが広がる、レモンポピーシードパウンドケーキ。

見たかったインド/フランス映画とアメリカ映画の2本の合間が30分しかなく、お店に入っている余裕がなかったので、ベンチでパウンドケーキ&コーヒーでブレイク。

毎日行きたいカフェの、『バー&パティスリー・ミーガン』さんで先日買った物。

前日食べた時よりしっとり感が増していました。

d0219019_11020170.jpg
あなたがおススメする夏にピッタリなスイーツ&デザート教えて


こちらは発酵バターパウンドケーキ。

そして映画の後に、お店に再び行ってきました。

流石に毎日は無理でしたが、前回の初訪問から2日後の再訪問。

d0219019_11020502.jpg


まずは冷製コーンポタージュスープ。

暑い夏にぴったり。

d0219019_11021109.jpg


そして、この日もまさかのビール&バナナパイセット。

他のケーキも食べてみようよ!という感じですが、このバナナパイが美味し過ぎて、もう1度食べたかった!

平日はケーキセットでコーヒー・紅茶・オレンジジュースがお得になる、と店員さんがお勧めしてくれたにもかかわらず、ビール (°▽°)。

だって、この日も相当蒸し暑かったんです。

お陰で、「先日も来て頂きましたよね、ビールでわかりました!」と面割れ(笑)。

職業柄、ワインも飲もうよ!という感じですが、ビールも好きなのでいいのです。特に夏は。

でもこちらのお店、自然派ワイン的な物が多そうで、実は気になっています。

カクテルも変わっていて、夜にも来てみたい。

ともかく、このビールで覚えていて下さったスタッフさんもそうですし、ミーティングが終わってお水を注いで下さった店長さんかマネージャーさんらしき方、前回水を飲みまくる私にすかさず注いで下さった女性スタッフさん、皆さんとっても感じがいいのです。

通いたくなるお店で、それは個人的には1番重要な要素。

その上、美味しくて雰囲気の良いこちらのお店、又次回行くのが楽しみです。

同じ建物内にホテルがあるので、モーニングの時間は混み合うようですが、その後はゆったりとした時が流れています。

オススメです!


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング

by italiawine | 2019-08-14 12:05 | カフェ・東京 | Comments(0)

毎日通いたくなる「ミーガン バー&パティスリー」


d0219019_15323697.jpg


とても好みのお店を見つけました。

d0219019_15305733.jpg


入り口はココ。

ずーっと行きたかったのになかなか機会が無く、ようやく初訪問。

バー&パティスリー・ミーガン。

d0219019_15311571.jpg


入って右手にはカウンターと厨房、左手には奥の方まで2人掛けの席が続きます。

d0219019_15310563.jpg


カウンターの上には魅力的な物が載っていました。

手前左から「レモンポピーシードパウンドケーキ」450円、「バナナブレッド」400円、「パイナップルとココナッツのパウンドケーキ」450円、「発酵バターのパウンドケーキ」400円。

d0219019_15310897.jpg


美味しいと噂のドーナツ、280円。

20円で好みのフィリングを詰めてくれます。

d0219019_15542154.jpg


そして細長い店内の左奥に、丸ごと欲しくなるようなショーケースが。

d0219019_15312073.jpg


カルダモン、ポピーシード、シーソルトといった、一捻りある、どれも試してみたいテイストのクッキー。

d0219019_15312580.jpg


オートミールチョコクッキー。

d0219019_15313095.jpg


カヌレ、300円。

d0219019_15313425.jpg


ポルヴォローネ(イタリア語!)、150円。

d0219019_15314529.jpg
あなたがおススメする夏にピッタリなスイーツ&デザート教えて


チェリーパイ、550円。

d0219019_15315001.jpg


高知県産ブラックベリーとラベンダーのケーキ、450円。

d0219019_15320005.jpg


フレッシュケーキ達。

テンション上がりっぱなしです。

全て好み!全て食べたい!!!

d0219019_15320637.jpg


先ず頼んだのは、ビール。えっ?!

あれだけ誘惑的な甘い物を写しておきながら、ビールですか。

だって、暑かったもので ( ・∇・)。

それにしても、見た目100点満点ビール。

薄ーいガラスも、泡の比率も最高な、サッポロ黒ラベル、650円。

d0219019_15321451.jpg


お供はこちら、アメリカンキャラメルバナナパイ、650円。

ビールにバナナパイ・・・。

いいのです。

ランチメニュー+ケーキも考えたのですが、あまりにも食べたいスイーツが多かったので、甘い物攻めで行く事に決めたのです。

バナナパイに目が無いので、ショーケースで姿を見た時から名前も見ずに決めていましたが、キャラメル入りだったのですね。

そのキャラメル、とても良いアクセントになっていました。

d0219019_15322065.jpg


友人は手堅く、アボカドトースト w / ポーチドエッグ、1000円。

私も、食事系ならこれにしようと思った1皿です。

色合いも、ポーチドエッグのプルプルさも◎。

何より、レモンでなくライムなのがいい。

d0219019_15322645.jpg


私の2品目は、ドーナツ。

カスタードクリーム、小倉あん&ホイップ、ジャム&ホイップの中から選んだフィリングは、カスタード。

このドーナツ、何か物凄く懐かしい味がして、幸せな気分になります。

もう1個いけそうでした。

友人が食後に頼んだのは、冒頭写真の「季節のフルーツタルト」750円。

今の時季は、マンゴーとパイナップル。

タルトの部分が分厚く、そこがめちゃくちゃ美味しいと友人が話していました。

想像していた通りの、最高のバール。

味・ビジュアル、お店の雰囲気もさる事ながら、店員さんの感じもとても良かったです。

近所なら毎日通いたいお店です。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング

BAR&PATISSERIE Megan
渋谷区東1−29ー3、Shibuya Bridge B棟1F
Tel 03-5962-7648

by italiawine | 2019-08-12 16:45 | カフェ・東京 | Comments(1)

繊細で美味しいケーキと紅茶「リール銀座」 oishii

d0219019_18404884.jpg

銀座でお茶をする場所の候補を2軒挙げていたのですが、私の気を若干強く惹いていたのはこちらだったので、ラデュレが混んでいて選ぶ必要がなくなり、実は丁度良かったのです。

お店は「リール銀座」。

横田秀夫シェフ監修のデザートラウンジ。

お茶をするのに予約ができ、とても便利で有難いです。


白を基調とした落ち着いた店内。

d0219019_18402572.jpg

紅茶は茶葉の香りで選択できるよう、テーブルに持ってきてくれます。

左から花妖精(黄山有機紅茶)、相思相愛(黄山有機紅茶)、有機アールグレイ、ダージリン、有機フルーツハーブティー、有機スパイスティー。

香りのとても良いスパイスティーを選択。

d0219019_18405260.jpg

葉を蒸らした状態で運んでくれるので、すぐに注げます。

久しぶりに外で美味しい紅茶をいただきました。

d0219019_18405662.jpg

友人が選んだのは、「2019岡本シェフの母の日スペシャル」1500円(セット2300円)。

5月12日までの限定デザートで、サクサクのパイ生地でパッションムースをサンド。トロピカルソースでメレンジェしたベリーのせ、バルサミコとフランボワーズのソルベ添えです。

d0219019_19414206.jpg

私は母の日スペシャルと迷ったのですが、「ベリーベリーパンケーキ」(同価格)を選択。

ドライブルーベリーを入れて焼き上げた、リコッタチーズのパンケーキ。カシスリキュールを加えたブルーベリーソースを挟み、上にはフレッシュベリーとシャリュトリューズのアイスにバラの香る生クリームをたっぷり。

そう、このたっぷりなバラの生クリームに惹かれちゃったのです。

上に載ったケッパーの様な物は、ピスタチオの砂糖漬けです。

このケーキが大正解。

メニューの写真だとパンケーキがタルトの様に見え、固めでボリュームがあり過ぎるかもと心配したのですが、そんなことは全くなく、ソフトでとても軽いのです。

大きさも丁度良く、美味しい紅茶と一緒に嬉しいひと時を過ごせました。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2019-05-09 19:46 | カフェ・東京 | Comments(0)

乙女心をくすぐる可愛さ・ラデュレ 銀座店

d0219019_14242303.jpg

イスパハンのアントルメ。

ハート型が可愛すぎます。

ローズの香りの柔らかなマカロン生地、ローズペタルのクリーム、フランボワーズ、ライチの組み合わせ。

銀座でのカフェ候補の1つは三越内のラデュレでしたが、長蛇の列・・・119.png

d0219019_14240986.jpg

左のサントノーレも美味しそうですし、中央のローズ&フランボワーズも魅力的。

食べたいですねぇ。

でも、カフェ待ちの列は見えているだけで10人程。その先が曲がっていて見えないので、一体何人並んでいる事やらわかりません。

【キャンペーン】ゴールデンウィークの思い出&おでかけスポット教えて!

d0219019_14241559.jpg

苺姿のこんな可愛らしいフレーズ・ラデュレまであります。

それにしてもケーキの説明が大雑把すぎ!

「お味もイチゴの可愛いムース」って。それだけかい!!!

渡部の映画紹介風に、ここは私めがご説明しましょう。

「ココナッツ風味のダックワーズビスキュイ生地、イチゴのムースクリーム、イチゴのコンフィ、イチゴと、イチゴ感満載の逸品となっております」

中央はプレジール・シュクレ。

これも「ミルクチョコレートとヘーゼルナッツのケーキ」って・・・。

「ヘーゼルナッツのダックワーズ、プラリネクリスピー、ミルクチョコレート、ミルクチョコレートのガナッシュ、ミルクチョコのクレームシャンティ」と、サイトにあるような説明をここに書く事はできないのでしょうか。謎です。

d0219019_14243111.jpg

フィレンツェにも数年間だけラデュレが存在しました。

その頃、私が勤務していたワインショップ近くにお店を持っていた常連さんが、「笛」と日本語で書いて欲しいと或る日言ってきました。

商品の笛の前に置きたいそうで、お安い御用と家に帰って筆で書き、翌日渡しました。

1ヶ月後、その常連さんがみえて「あなた宛に黄緑の箱を置いていったのだけれど」と言われました。

『何の事?』と思いながら、忘れ物や預かり物を置いてある物置を探すと、黄緑のラデュレのマカロンボックスが。

そして中を開けると、何と空っぽ!!!

確かに、確かにですよ、日本に帰って2〜3週間留守にしていました。でも、でもーーーー145.png137.png136.png

せめて「キミが戻る前に賞味期限が切れてしまうから、断腸の思いで食べました」とか一言あってもいいだろーーー!!!

しかも、空の箱を何故に取っておくーーー。捨てておけーーー!!!

まあ、取っておいてくれたお陰で何者かが食べてしまったことは確認できましたが。

イタリア人ってば!!!(日本人の同僚も1人いましたが、彼女は絶対にそんな事はしないと断言できます)

勿論こんなイタリア人ばかりではありません、有難い事に!

d0219019_14242700.jpg

さて、話を銀座に戻して。

素敵なマカロンボックスは、2019年春の新作コレクション。

壁紙のスペシャリスト「ア・パリ・シェ・アントワネット・ポワソン(A Paris chez Antoinette Poisson)」とのコラボによるギフトボックス。

ラデュレのための特別なデザインだそうです。

季節のフレーバーである、ローズ・カルダモンやラヴァンド(ラベンダー)といった、花のフレーバーを合わせると引き立ちますね。

という訳で、カフェはもう1つの候補地へ。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

ラデュレ サロン・ド・テ 銀座店
中央区銀座4-6-16 銀座三越 2F
Tel 03-3563-2120

by italiawine | 2019-05-08 15:24 | カフェ・東京 | Comments(0)

やみつきになるタルトマフィン「マイリトルハピネス」

d0219019_14494900.jpg
【キャンペーン】『ほっとフォトコンテスト』温まる、癒される「ほっ」とする写真を募集中!

金柑がゴロゴロ入ったタルトマフィン。

外のタルト生地のサクサク感と、中のしっとり感。そこに合わさる金柑。

美味しくない訳が無い。

d0219019_14495507.jpg

目黒駅に程近い洋服屋さん、「リトルハピネス」。

左側に併設されているカフェが、「マイリトルハピネス」。

d0219019_14484979.jpg

カフェから洋服屋さんを見たところ。

ヨーロッパで買い付けをされているそうです。

d0219019_14485666.jpg

こんなコーナーが家にあったらいいな。

d0219019_14490405.jpg

カウンターには3席。

1人なのでここで十分です。

カウンターといっても、落ち着く感じ。

d0219019_14484489.jpg

目の前のキッチンに並んでいる物を見るのも楽しい。

真ん中の茶色い入れ物、素敵です。

左のガラスジャーに入ったクッキーはコーヒーを注文すると1枚頂けるのですが、アーモンドの粉がほろほろして、とっても美味しいのです。

d0219019_14491926.jpg

お昼がまだだったので、ソーセージを。

ドイツのシュバインツブルスト。「ドイツの屋台で売られている焼いた白ソーセージ。ほんのりハーブが効いていてジューシー」とメニューにあり。750円。

白ソーセージ、大好き。

イタリアの屋台でも、必ず白を頼んでしまいます。あのプニプニ柔らかい食感がたまりません。味も繊細。

d0219019_14491091.jpg

ソーセージを食べていたら飲みたくなってしまい、白ワインを追加オーダー。

クレムザー・シュミット・グリューナー・フェルトリーナーという、絶対覚えられない名前を持つオーストリアの微発泡酒。

綴りを見たら、イタリアでいうヴェルトリーネルでした。

昼間から素敵なカフェでワイン。しかも1人で。楽しい。

d0219019_14493002.jpg

可愛い。。。!!

手でローストをしている三軒茶屋の「Obscura」というお店の豆だそうです。

d0219019_14494019.jpg

そしてお楽しみの金柑タルトマフィン、300円。

これ、リピートしたくなる美味しさです。

そして、実際にリピートしに行きました(笑)。

その模様は又後日。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif
マイリトルハピネス
品川区上大崎4-4-9 グリーンパーム目黒 1F
Tel 03-6417-9297

by italiawine | 2019-03-03 15:33 | カフェ・東京 | Comments(0)

白金台「ジュビリーコーヒーアンドロースター」で静かにお茶

d0219019_00270910.jpg

【キャンペーン】『ほっとフォトコンテスト』温まる、癒される「ほっ」とする写真を募集中!

ガトーショコラが美味しいという噂を聞きつけ、白金の「ジュビリーコーヒーアンドロースター」へ行ってきました。

d0219019_00262676.jpg

パキッ、スッキリ、クールな外観。

d0219019_00263951.jpg

中は外観とは違って、木が多用されて温かい雰囲気。

d0219019_00264892.jpg

歩道に面した大きな窓なので、通る人と距離が近いですが、さほど気になりません。

道路を挟んで、国立科学博物館附属自然教育園の緑が見えます。

d0219019_00270279.jpg

コーヒーが運ばれてきました。可愛いカップ。

いつもはメニューをじっくり見るのですが、この日は何故かパッと見て、フレンチ(深煎り)のジュビリーブレンド600円にしました。

ところが、後でゆっくりメニューに目を通したら、その下に11種類ものシングルオリジンが!

私の後に来店し「あまり飲み慣れないから」と言った男性に、オーナーの方が丁寧に豆の種類を説明していました。

私も、もっと色々見て決めれば良かったと後悔。

頼んだ物は、深煎り好きの私にもかなり濃いめのブレンドでした。

次回は中深煎りくらいが良いかも。

d0219019_00271674.jpg

ガトーショコラ420円は、思ったよりしっとり感が控えめでした。

オーナーの方の静かで優しげな雰囲気と、BGMの選曲が好みでとても居心地が良いです。

d0219019_00272492.jpg

最後に少しだけミルクを入れて。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif
Jubilee Coffee and Roaster
港区白金台3-18-10
Tel 03-6721-7939

by italiawine | 2019-03-03 00:57 | カフェ・東京 | Comments(0)

外国にいるかのような中庭に面したカフェ「A16」

d0219019_11494967.jpg

さて、お昼も食べたし、ショーメ展覧会で目の保養もしたし、次はカフェタイムでしょうということで選んだのは、「A16 〜 エーシックスティーン」。

d0219019_11500086.jpg

展覧会会場である三菱一号館美術館の廊下から見下ろしたカフェで、気になっていました。

d0219019_11500945.jpg

丸の内ブリックスクエアの1階に面しています。

パスタやピザがあるイタリアンですが、本店はカリフォルニアだそう。

ピザ窯も構える本格派。

本店のオーナーはワインソムリエでもあるそうで、イタリアのグラスワインも揃います。

d0219019_11501697.jpg

目の前には水と緑の空間、その向こうには洋式建築の美術館があり、まるで外国にいるかのような雰囲気。

お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】

d0219019_11510089.jpg

さすがに30度越えの外は暑いので、中の席にします。

d0219019_11503204.jpg

「とうもろこしのパンナコッタ・オートシュトロイゼル添え」680円。

とうもろこしは仄かに香る程度で主張は強くありませんが、プルプル感と周りに散らしたミューズリーの食感が良いハーモニーとなっています。

友人は、冒頭写真の「いちじくのクロスタータ バニラジェラート添え」。

1口貰いましたが、こちらも美味しかったです。

d0219019_11504079.jpg

別の友人は、「チョコレートブディーノ 海塩、上質なオリーブオイルをかけて」。

d0219019_11502208.jpg

冷たいアイスコーヒーと共に、美味しく頂きました。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング

by italiawine | 2018-08-27 14:39 | カフェ・東京 | Comments(0)

パンダ好きよ集まれ!!「ぱんだ珈琲店」

d0219019_11042966.jpg

昔、パンダが大好きでした。

和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで檻の前に何十分もしがみ付き、デジカメでもないのに100枚以上子パンダの写真を撮ったり、吉祥寺のパンダ雑貨屋さんへ行ったり、勿論上野動物園へも行きました。

今でも家に数匹のパンダのぬいぐるみが残っていますが、昔のような熱はもうありません。

阿佐ヶ谷でカフェを探していたらこの「ぱんだ珈琲店」があったので、ちょっと気になって行ってみました。

店の前にぶら下がっているパンダビーチボールの表情が若干怖いです。

d0219019_11043748.jpg

階段途中に手作り感満載のコルクボードパンダ君。

眉間の丸い跡はどうしちゃったのでしょう。

d0219019_11051360.jpg

店内はこんな感じ。

予想通りのパンダ攻めで、テンション上がります。

d0219019_11044484.jpg

メニューには勿論、伝票入れらしき物にもパンダの顔が。

d0219019_11050470.jpg

注文したのは「マンゴーの杏仁パフェセット」、ドリンク付きで1000円。

生クリームの間から、パンダがウインクしています!!

スプーンもパンダという徹底ぶり。

お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】

d0219019_11045238.jpg

「ぱんだオレ」や「ぱんだモカオレ」などにすると、ラテアートでパンダの絵を書いてもらえるようですが、さっぱりブレンドコーヒーにしました。

パフェとは違うタイプのパンダスプーンというのがニクいですね。

d0219019_11045891.jpg

友人は「ぱんだケーキセット」900円。

添えられたぱんだクッキーの不細工さが心に刺さります。

d0219019_11052068.jpg

右上時計近くのパンダ達が、特にツボです。

顔だけのマグネットとか、欲しすぎる!

d0219019_11052821.jpg

反対側にも別の棚があります。

もう昔のような熱はないといっても、やっぱりパンダって可愛い。

d0219019_11053603.jpg

トトロ顔のパンダがいたりして、コレクションの多さに脱帽です。

特にパンダ好きでもない友人を虜にさせたパンダ君達、凄腕ですね!

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング

by italiawine | 2018-08-19 17:28 | カフェ・東京 | Comments(0)

フリッパーズ代官山店でパンケーキパイ

d0219019_16532698.jpg

ゴージャスな店内で中華を食べ、絶品のバナナクリームパイを楽しんだ我々は、帰途へ着く為、代官山駅を目指します。

d0219019_16530654.jpg

そして、行きに目を付けておいたこちらのお店「フリッパーズ」へ到着。

駅の目の前にあるのです。

d0219019_16531198.jpg

ふわふわ新食感の「奇跡のパンケーキ」がウリみたいです。

d0219019_16530227.jpg
こちらは店内の様子。

白を基調にした、カジュアルで清潔感のあるお店ですね。

お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】

d0219019_16525683.jpg

友人達がお子へのお土産にと、テイクアウト用のショーケースにあった商品を殆ど買い漁った後、ポツンと残るレモンクリームチーズ味。

あっでもいいんです。買うならこの味と思っていたので。

という訳で、別段買う気はなかったのですが、友人達に触発されて私も買うことに。

d0219019_16531856.jpg

「自家製チーズクリームにレモンのピールを加えた爽やかなパンケーキパイ」だそうです。

見た目はね、美味しそうなんですが、やはり作り立てではないのでパンケーキが固い。

こちらの売りの「ふわふわ新食感」のふの字もありません。

しかもレモンの酸味が強過ぎて、甘さが控えめ過ぎです。

他の味を買った友人は美味しかったと話していたので、この味だけが失敗だったのかも。

イートインのふわふわパンケーキは美味しそうなので、いつの日かイートインでリベンジ!

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2018-08-13 17:21 | カフェ・東京 | Comments(0)