イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

フレッシュフルーツのケーキが美味しい「メゾン・ジブレー」

d0219019_23155667.jpg

小田急線・中央林間の駅から徒歩10分程の場所に美味しいケーキ屋さんがあるという記事を読み、たまたま近くに用事があったので、行ってみることにしました。

東急ストアの店員さんに場所を尋ねると、「昔レストランだった一軒家」というお話。


d0219019_23164062.jpg

これかな?

d0219019_23170144.jpg

これでした!「メゾン・ジブレー」。
「ベルグの4月」で働いていた江森宏之シェフの、昨年7月にオープンしたばかりのお店です。

d0219019_23172599.jpg

店内でも食べられるということで、こちらの「紅まどんなのタルト」にしてみました。

タルト生地がサックサクで、私の大好きな味がします。
紅まどんなという蜜柑もとても甘みがあってジューシー。

d0219019_23174631.jpg

連れが頼んだのはこちら。
「ルノー」といって、ヘーゼルナッツの生地・クリームと、オレンジのバタークリームの組み合わせ、480円。

400円のコーヒーが、紙コップで出て来たのがちょっぴり残念。


d0219019_23183148.jpg

木を多用した白い店内は清潔感があり、可愛らしいです。

第2回プラチナブロガーコンテスト
「旅行・お出かけ部門」に応募しています。

d0219019_23184040.jpg

冬のデコレーションも素敵。

d0219019_23185253.jpg

ウインドーには試してみたくなるケーキがいっぱい。

d0219019_23191177.jpg

「柚子と黒豆のバターケーキ」を持ち帰りにしました。

柚子の酸味と上にかかったアイシングの甘みが調和し、そこに黒豆が加わって、珍しくも素敵な組み合わせでした。

オープン時間すぐに伺ったのですが、お客さんがコンスタントに来ていました。
近くにあったらすぐにでも再訪したいお店です。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

「メゾン・ジブレー Maison Givrée」
神奈川県大和市中央林間4-27-18

[PR]
by italiawine | 2018-02-05 23:54 | ドルチェ

横浜を海から眺めよう。シンプルクルージング。

d0219019_21585167.jpg

さて、横浜中華街で目一杯食べ歩きをした我々は(詳しくは→こちら)、腹ごなしに山下公園まで歩いてみました。
といってもすぐ近く、5分程です。

氷川丸、大きいですね。
大学時代、そして就職してからもここ一帯はよく来ていたので、かなり懐かしいです。

その横にシーバス乗り場があり、何気なく見てみると横浜駅までの便があと5分で出発。
元々横浜まで行く予定だったので、乗ってみました。

d0219019_21585850.jpg

こちらがシーバス。

他に2階建て、3階建てのクルージング用の船があるみたいですが、これは最もシンプルなタイプ。
山下公園から赤レンガ、みなとみらいを経由して横浜駅東口まで30分程、料金は700円です。
時間は短過ぎず長過ぎず、価格も丁度いいですね。

d0219019_21591151.jpg

氷川丸を後にして、出発です。

この日は暖かったので、後方の屋根のない席に座ってクルージング気分を楽しみました。


d0219019_21595967.jpg

遠くにはベイブリッジにレインボーブリッジまで見えます。

第2回プラチナブロガーコンテスト
「旅行・お出かけ部門」に応募しています。

d0219019_22004036.jpg

みなとみらいの向こうに、丁度夕焼けが沈むところ。
最高です。

d0219019_22011212.jpg

終点が見えて来ました。

d0219019_22012352.jpg

あれ、こんな所にあったんだという、なかなか地味な所にあるコンパクトな終着駅で下船。

思った以上に楽しめて、とっても満足です。

海から横浜を見るという、貴重な体験ができます。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-02-04 22:48 | 散歩

節分の豆まきに初参戦!

d0219019_15304124.jpg

今日は2月3日。

立春の前日ということで、節分ですね。

近所の神社が豆まきをするというので、人生初、行ってきました。

テレビでは、力士が有名な神社で豆まきをする様子を、ニュースで毎年流していますよね。

ここの神社では、10粒くらい豆の入った小さなビニール袋をまいてくれ、それを皆で奪い合い拾い合います。

袋の中には小さな紙切れが入っており、醤油や洗剤、酒や米などが当たる仕組みになっています。

d0219019_15304836.jpg

豆をまく方々の入場です。
私もあっち側をやってみたいな〜。

第2回プラチナブロガーコンテスト
「旅行・お出かけ部門」に応募しています。

d0219019_15311291.jpg

さあ、いよいよ始まりです。

100人ぐらいの人々が待ち受ける中、壇上から豆が撒かれます。

豆を取る方が大事なので、写真など撮っていられませんでした。

なのに、収穫ゼロ。

私より1m前くらいまでは届くのですが、ここまでがなかなか届かない。
周りの皆も「届かない。無理だ」と諦め模様。
女性の投げ手がお年を召した方ばかりで、さすがに遠くまで投げられないようです。
それでも、若い男性がこちらの方まで頑張って飛ばしてくれたのですが、小さい袋なので、手を何度か擦りはしたものの、手中に納めるまでに至るには、簡単ではありませんでした。

なかなか奥深い豆掴み業。
1時間半後にもう1度行われるので参加したいところですが、さすがにちょっと恥ずかしいので、翌年に希望を託したいと思います。

周りを見ると、皆結構掴んでいたんですよね。
今年は出掛けていて参加しなかったうちの母も、毎年何かしら貰っていました。

豆を取れなかった子供は、参加賞としてうまい棒が貰えます。
取れなかった大人も欲しい。。。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-02-03 15:59 | イベント

横浜中華街で食べ歩きグルメ

d0219019_10470025.jpg

昔流行りましたよね、エッグタルト。
久しぶりに食べましたが、今まで食べた中で1番美味しいと断言できるこちらのエッグタルト、横浜中華街で食べて来ました。


d0219019_10471384.jpg

中華街も久しぶりです。

いつもは美味しそうなレストランを選んで食事をする中華街ですが、今回は

「食べ歩きグルメ旅」!!!

全部で9品目を食べ歩きしました。
結構いきましたね。
好みは人それぞれなので、皆さんには全て試して頂きたいですが、独断と偏見による私のランキング順にお送りします。

まず9位。

d0219019_10475053.jpg

「新錦紅〜しんきんこう」のエビのクレープ包み。600円。
注文をしてから温めてくれるので、5分程待たないといけません。

米粉で作った皮に2尾のエビが入ったものが3本。
1本200円は高くないかなぁ。
プリプリといわれる皮も、ワンタンの皮の様なするっとした食感を想像していたのですが、結構分厚くてブリブリした感じがちょっと苦手でした。


d0219019_10481599.jpg

第8位は「中華街大飯店」の北京ダック。250円。
前評判が良かったので期待していましたが、「ちっちゃ!」。


d0219019_10482012.jpg

長さ10cmくらいでしょうか。
パリパリの鴨を期待していましたが、否でした。残念。


d0219019_11293828.jpg

真冬ですが、人が多いですね。
修学旅行なのか、高校生ぐらいのグループが沢山いました。

さあ、7位にいきましょう。

d0219019_10484577.jpg

「公生和〜こうせいわ」のフカヒレスープ、300円。

うーん、300円で期待する方が間違っているのか、フカヒレ感はなしですね。
とろみの付いた卵スープという感じ。


d0219019_10490382.jpg

6位は「同發〜どうはつ」の芝麻湯圓、420円。
数日前のTVで私の大好きな石ちゃん(石塚英彦)が、「すごい好きな味」と話していたこの団子スープ。
「同發」の喫茶店にあり、思わず入ってみました。

まずウインドーにあったサンプルは団子が5個だったのに実際は4個という衝撃。
サンプルと同じ見た目にするのは無理と承知していますが、数くらい合わせて欲しいですね。

石ちゃんがコメントをしていた様に、温かい生姜味の甘いスープに入った小さな胡麻団子。
ただ、微妙にぬるい。
熱々ならもっと美味しいはず。

d0219019_11524831.jpg

裏道に一際目立つ建物は、関帝廟〜かんていびょう。
なんと、100年以上の歴史があるそうです。

d0219019_11525439.jpg

お参りの作法がわからないので、ここだけ見学させて頂き、後にしました。

続く第5位は。

d0219019_10492760.jpg

「ちまき屋」のちまき、500円。
中華の中でも私の好物の1つであるちまき。
普通に美味しいですが、特別感はなし。
渋谷「麗郷」の方が好みです。

d0219019_11345922.jpg

4位は「鵬天閣〜ほうてんかく」の焼き小籠包、フカヒレと豚肉2種盛り4個で620円。
ここのお店、学生さん達でかなり混んでいました。

d0219019_11350659.jpg

中のスープもたっぷりで美味しいです。

第2回プラチナブロガーコンテスト
「旅行・お出かけ部門」に応募しています。

d0219019_11351241.jpg

こんな大鍋で焼いています。

d0219019_11400287.jpg

いよいよ表彰台に上る第3位は、胡麻団子。
中華街に来ると必ず買う物です。

どこのお店で買うかは決めておらず、中華街大通りの美味しそうなお店を探します。
決めては
・保温されていること
・大きいこと
の2つです。

もっちりサクサクで大満足の味でした。

d0219019_12022501.jpg

そして2位は、冒頭のエッグタルト、150円。
焼きたてに当たることもあるそうですが、私達は残念ながら既にできている物でした。
それでもサックサク。

お店横にある椅子に座って頂きました。


d0219019_12025618.jpg

さあ、強敵8品を蹴倒して第1位に輝いたのは、こちら「東林」のお店から。。。

d0219019_12030161.jpg

なんと、変わり種のピーナッツ団子。2個で560円。
ピーナッツバターとかそれ程好きではないのであまり期待していませんでしたが、期待を裏切る美味しさ!

上にかかっているお砂糖も甘過ぎるかと思いきや、そんなことはありません。

d0219019_12030529.jpg

中身はこんな感じ。

オーダーを受けてから揚げてくれるので、ほかほかです。
レストランなのでランチを食べているお客さんもいましたが、親切にも店内のテーブルで待たせてくれました。

これ、絶対おすすめです。
中華街に行ったら、是非ご賞味ください。

レストランでゆっくり食事もいいですが、たまにはこんな食べ歩きで色々な味に挑戦するのも楽しいものです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
by italiawine | 2018-02-03 12:24 | レストラン・東京

女子会にぴったり!「ル・サロン ジャック・ボリー」

d0219019_18162302.jpg

高校時代の友人と女子会ランチをしてきました。

片道2時間、往復に1日4時間もかけて通学していたあの頃。
真っ青でダサダサの冬用の制服が電車の中でも一際目を引き、可愛くはないけれど目立つことはないグレーの夏用制服に早く変わらないかと、夏が待ち遠しかったものです。

変テコな校則など、話題に事欠かない高校話。
いつかブログに書きたいと思っています。

こちらに帰ってくると必ず会う友人とのランチは、新宿伊勢丹にある「Le Salon Jacques Borie」にしてみました。

何度見ても覚えられない名前。
「ル・サロン ジャック・ボリー」と読みます。

ケーキセットが2500円と、私庶民にはちょっと敷居の高いこのお店。
でも、ランチコースは3900円と、コスパがいいのです。

上は、最初に出て来たアミューズの写真。
もう何だったか忘れてしまいました。
鶏だったかな?

d0219019_18163720.jpg

お代わり自由なパンは、バゲット、レーズンパン、そして中央のチーズシューの様な物の3種類。

このチーズシュー、昨夏パリのグランパレ内にあるレストラン「ミニパレ」に友人が連れて行ってくれたのですが、そこの彼女一押しのパンにそっくりなのです。
もしかして同じ系列のレストランかと思いましたが、どうやら関係ないようです。


d0219019_18164158.jpg

メインは金目鯛。

とてもお上品な量で、物足りなさをパンを完食することでカバー(笑)。


d0219019_18164642.jpg

ケーキはパリブレスト、オペラ、ジェラートの3種類。

かなり満足のいく量。

第二回プラチナブロガーコンテスト
旅行・お出かけ部門に応募しています。


d0219019_18170372.jpg

何故かプレートが2枚重ねのコーヒー。
カフェオレや紅茶等も選択できます。

注ぐ時に洋服にかからないよう、客側に別皿を立ててサーブするという気の使いよう。
初めて見たやり方です。


d0219019_18165676.jpg

プチフールはマシュマロと、ラズベリーコーティングされたアーモンド。

ケーキセットの値段を考えると、それにアミューズとメイン、プチフールの付くこのコースは、やはりかなりお得と思います。

水がなくなるとすぐに注いでくれ、サービスもバッチリ。
1人で来ているマダムも数人いました。

エントランスの待ち用ソファもエレガントで、女性が喜びそうなお店でした。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

「ル・サロン ジャック・ボリー」
新宿伊勢丹 4F

[PR]
by italiawine | 2018-02-02 19:03 | レストラン・東京

和食ランチをゆっくり「外苑うまや信濃町」 oishii

d0219019_14152404.jpg

「三代目 市川猿之助の楽屋めし」

信濃町駅からすぐの料理屋「うまや」。
歌舞伎俳優、三代目 市川猿之助がディレクションをしたそうです。


d0219019_14153565.jpg

混むようなので予約をしたかったのですが、時間がはっきりせず結局そのまま伺いました。
裏門からの入店。

13時頃到着すると、待っている人はいませんでしたが、満席だったようで20分程待たされました。
その間にもどんどん人が入って来たので、予約をした方が無難なようです。

お昼のメニューは他に
・もち豚の炭火焼とろろ定食
・チキン南蛮と薩摩汁定食
・牛タンの炭火焼とろろ定食
・銀鱈の西京焼定食
・週替わり定食
それに、前日までに要予約の「うまや御膳」、「おもだかコース」があります。

我々は、ネットで見て決めていた「三代目 市川猿之助の楽屋めし」を。
待っている間にもこの楽屋めしを運んでいる回数が多かったので、人気みたいですね。


d0219019_14155023.jpg

海老フライにお刺身、煮物など8種類の小鉢に、ご飯・お味噌汁、生卵、茶碗蒸し、サラダ、デザート、コーヒーが付いて1600円とリーズナブルなお値段。

ご飯は白米か麦飯か好みの物を選択できます。
とろろ芋を100円で追加できますが、おかずの量が結構あったので追加せず、卵かけご飯にして食べました。

d0219019_14155552.jpg

牛乳プリンのような杏仁豆腐。

第2回プラチナブロガーコンテスト
「旅行・お出かけ部門」に応募しています。


d0219019_14154251.jpg

店内の廊下。

料理自体は「めちゃくちゃ美味しい!是非もう1度食べたい!」という程ではありませんが、テーブル間も比較的ゆったりしており、ゆっくり食事を楽しみたい時には重宝しそうなお店です。


d0219019_14160737.jpg

帰りは表口から退店。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

「外苑うまや信濃町」
東京都新宿区霞ヶ丘町14−1 2F

[PR]
by italiawine | 2018-02-01 15:01 | レストラン・東京