イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ダッチパンケーキの美味しい「Path 〜 パス」

d0219019_16322616.jpg

新緑の美しい前記事の代々木公園へ行くなら、朝食で有名なこちら「Path 〜 パス」に立ち寄るのもオススメ。

実は、私も友人に教えてもらいました 110.png

朝8時から営業らしいですが、流石に早い。でも大人気のパンオショコラは10時頃に売り切れてしまうらしいので、9時過ぎ到着予定で出発しました。

しかーし!

代々木上原の改札を出て、携帯の地図を示しながら駅員さんに尋ねます。「このパスというお店に行きたいのですが」

すごく有名らしいお店なのに、若い女性の駅員さんは知らない様子。

彼女が示す駅備え付け地図の代々木上原駅の場所が、どうも私の調べた場所と違う。あれ、おかしいな。

どうやら、最寄駅の「代々木公園」を「代々木上原」と勘違いしていた私。ショック。そりゃあお姉さんもお店のこと知らないですよね。

いや、でも距離的に近いでしょと思い、「公園駅まで歩いて何分ですか」と聞くと『15分くらいです』・・・。

「(もう1つの最寄り駅)代々木八幡まで電車で行きます!」

すると、親切な駅員さんは「再び改札を通ると高くなってしまうので、これを八幡の駅で提出して下さい」と、運賃を払わなくていいような用紙を記入して渡してくれたのです!

私のただのおっちょこちょいさが原因で上原で降りてしまったのに、なんという神対応。素晴らしいです。

そうして八幡駅へ向かうべく、再び電車に乗りました。

ところが、気付くと下北沢の駅。あれー、来た時通ってきたぞ。慌てて降車。間違えて反対方面行きの電車に乗っていたのでした。

ここまでくると、自分の頭が大丈夫かちょっぴり不安になりますが、気を取り直して逆のホームへ回り、新宿方面へ。

無事に代々木八幡駅に着いた時には既に9時50分。やばい!パンオショコラが売れてしまう!!

現在地を細かくピンポイントで指してくれないIphoneの地図に振り回されながらも、9時58分にめでたく到着!

d0219019_16323878.jpg

「ようやく」という言葉がぴったりすぎる到着。

よくウェイティングが出るそうですが、見たところ外に人は無し。よし!!!

中へ入ってお店の方に聞くと、満席なので待っていて下さいとのこと。

気になるパンオショコラは?

d0219019_16331719.jpg

入り口横でお兄さんが作っているこれ、そうですよね?!でもまだ焼成前。。。


d0219019_16330811.jpg

あったー!!!残り3つ!!!間に合った!!!

左がそのパンオショコラで、右にあるのはシュークルキャネルという、クイニーアマンにちょっと似た物。


d0219019_16325212.jpg

左からカヌレ、マドレーヌ、フィナンシェ。焼き菓子好きにはたまらない画。

売れてしまう前に、全て1つずつ持ち帰り用に包んで貰いました。

しかし、パンオショコラと並ぶ人気のクロワッサンは既に売り切れておりました。

d0219019_16332422.jpg

待っている5分程の間に、3組が待ちに加わりました。1組退席したので、いよいよ店内へ。

7〜8名が座れるカウンター席の奥に、2人掛けのテーブル席が5つほどあったでしょうか。

1番奥のテーブル席へ通されます。

d0219019_16333315.jpg

お目当ては看板メニュー「生ハムとブッラータのダッチパンケーキ(1500円)」なのですが、1人1皿は大きそうな予感。

他の1皿を頼んでシェアするか悩みましたが、せっかく来たので満喫しようと、1人1皿のダッチパンケーキにしました。

オーダー毎に作るそうなので、注文してから30分掛かります。

d0219019_16334754.jpg

先に飲み物が運ばれます。

ホットコーヒー350円はカップのみ。ソーサーが欲しいかも?

アイスコーヒー480円は、酸味の苦手な私には、ちょっと酸味が強過ぎました。

d0219019_16340130.jpg

そして、待ちに待ったダッチパンケーキ。

メイプルシロップが別に付いてくるのであまり甘くないかと思いきや、シロップ無しでも結構甘い。

生ハムとブッラータの塩気とよくマッチしています。

外側はサクサク、中はオムレツと伊達巻の中間のような食感。

半分を食べ終えた時点ではとても美味しく、「1人1皿で良かったかも」と自分の選択を肯定しましたが、終盤は結構辛かったです。半分の「もうちょっと食べたい」くらいで終わらせるのが、個人的にはベストなようです。

但し、連れは最後まで美味しく食べていました。

次回はシェアして、別の料理も味わってみたいです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-05-31 18:53 | レストラン・東京

自分的公園ランキング第1位「代々木公園」

d0219019_21015347.jpg

バラが見頃の代々木公園。

生まれた時から、近くを通る沿線上に住んでいるので、名前だけはとても馴染み深い公園。

なのに、訪れたのは今まで1度か2度。実際には殆ど馴染みのない公園なのです。


d0219019_21004871.jpg

代々木八幡駅に近い西門から入ると、すぐに大量の緑が。

代々木公園と聞いてまず思い浮かべる「竹の子族」(古い)とイメージ真反対のこの緑の量。

東京のど真ん中ですよ、ここ。

d0219019_21013154.jpg

少し歩くと、まるで彫刻のような木が。

d0219019_21013892.jpg

こんな風に、根元から枝先まで筋が入っているのです。

作り物のよう。

d0219019_21005991.jpg

そして、今まで1度も気に留めたことがなかったのに、今年はとても気になるこの木、ヤマボウシ。

d0219019_21011000.jpg

鮮やかな緑に映える白い花がとても美しい。

何故に今まで知らなかったのか不思議なくらいです。

d0219019_21011982.jpg

ヤマボウシ、ピンクのお花もあるんですね。初めて見ました。

新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】


d0219019_21020114.jpg

様々な新しい品種が出ている薔薇ですが、ここでは古来からある品種を主に育てているそうです。

緑や花を愛でながら散策していると、サイクリングセンターを発見。

後ろにもペダルの付いた、2人用のタンデム自転車をレンタル。

自転車に乗るのは15年ぶり。2人乗りもできないのに果たして乗りこなせるのでしょうか。後ろに乗るのはこれ又40年くらいは乗っていない母親なので、助けは期待できません。

というより、後ろで母のペースで漕がれると却って怪しいことになるので、足をペダルに載せないようにしてもらいました(笑)。

まずは自転車置き場で練習。

センターのおじさんがとても良い人で、サドルの位置を変えてくれたり傘を預かってくれたり、私の練習も温かく見守ってくれました。

d0219019_21014663.jpg

こちら、タンデム号。

ヨロヨロ進みます。

公園内にはサイクリングコースがあり、その中での歩行やジョギングが禁止されており、私のようなヘッポコには
かなり有難いコースです。でなければ衝突事故続出です。

10分程で回れるコース1周で200円。

初めは危なっかしかった運転も、次第に快適に。サイクリング、楽し〜い!!

出発時には想像もできなかった、2周目走行へ。

「もう1周してきま〜す!!」と、センターのおじさんに大声で伝えます。

ピチピチのジーンズを履いている上、普段は使わない筋肉を使い、太ももはプルプル震えがきそうなところで2周目終了。

センターのおじさんに「まさか2周もするとは思わなかったよ〜」と言われました(笑)。

ちなみに2周目以降は100円になります。

再び徒歩で散策を始めると、国立代々木競技場へ続く渋谷門に歩道橋が。


d0219019_21020863.jpg

こんなに素敵な歩道橋を見たことがありません。

元々アーチのようになっている木が異様に好きな私。

彼方に見える高層ビルと緑の組み合わせが最高です。

この歩道橋に住みたい。って変ですね。

d0219019_21021658.jpg

反対側から見るとこんな感じ。いいですね〜。

d0219019_21022636.jpg

池で水を飲むカラス達。

カラス、かなりの数がいます。ちょっとガーガーうるさい。

d0219019_21023418.jpg

高さの変わる噴水。

この前にあるベンチで寛いで、癒されまくり。

公園はとても広く、トイレや一休みできるベンチが沢山あり、便利です。

園内に3件ある売店の1件で食べたソフトクリームも美味しかった!

どうして今まで利用しなかったのか、勿体無いことをしました。

一気に「好きな公園」の第1位に躍り出た代々木公園。この近くに住んで、いつでも歩いて来られたらいいのになぁ。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-05-30 23:38 | 散歩

プルプルやわらか、京都「笹屋昌園」わらび餅

d0219019_16432173.jpg

わらび餅。

最も好きな和菓子と言いきれる(と思う)、わらび餅。

前回の「紀の善の抹茶ババロア」(詳しくは→こちら)に引き続き、東急ツインズで限定販売されるわらび餅。

抹茶ババロアの時は、13時から100個限定販売。10分前に行って91、92番目でした。

今回は100個どころか、たったの30個(汗!!!)。しかも1人2個まで買えるので、皆2個ずつ買うならたったの15人しか買えないという計算。一体何時に行けばいいのか。

今回も13時開始だったので、12時20分に到着したところ、まだ列が短くほっとしました。15、16番をゲット!

それから待つこと40分。

d0219019_16431778.jpg

ケースに並ぶのは、大正7年創業の老舗、京都「笹屋昌園」の『極み』。

特製の銅鍋で、熟練の職人さんによって手作りされるわらび餅です。

d0219019_16431085.jpg

楽天の週間ランキングわらび餅部門では、通算331回の1位を獲得しているそう。

200g入りで1180円。

d0219019_16430073.jpg

最高級の本蕨粉を使用しており、その割合が多い為に切り分けが困難なので、箱に流した状態での提供だそうです。

やっぱり柔らかい方が断然美味しいですよね。

写真では伝わりにくくて残念ですが、さっぱりとした甘さ、するする喉を通っていく滑らかさで、本当に美味しいのです。

半分食べて残りは翌日にと思っていましたが、夕食後だというのにぺろっと全部食べてしまいました。

それどころか、1kgぐらい平気でいけそうです(笑)。

d0219019_16425535.jpg

このように付属のきな粉を付けて食べます。

「笹屋昌園」では、「極み」よりワンランク上のわらび餅、「至高」もあります。

本蕨粉100%で作る「至高」は完全予約制で、本店でしか購入できないそう。1度は試してみたいものです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-05-26 17:32 | ドルチェ

菖蒲とアジサイで癒される、薬師池公園

d0219019_17075314.jpg

アジサイという花を、昔は好きではありませんでした。

梅雨を思い出させるからなのか。苦手なカタツムリのお友達というイメージが強いからなのか。

確固たる理由を思い出せないけれど、何故か好きではなかったのです。

ところがここ1〜2年、気になる花に一気に昇格しました。これ又理由もなく。

昔から額アジサイだけはどうにか嫌いではなく、最近様々な種類の額アジサイを見かけるようになったから、というのが1つの要因なのかもしれません。


d0219019_17092219.jpg

町田市民にはお馴染みの、薬師ヶ丘公園へ行って来ました。

町田駅からバスで20分程の所にあります。


d0219019_17091689.jpg

藤もツツジも終わってしまい、鑑賞できる花はないだろうと思っていましたが、ツツジが少し残っており、まだ菖蒲が既に咲いていました。

d0219019_17091071.jpg

三脚を構えたおじさま達がちらほら。綺麗ですものね。


d0219019_17085700.jpg

懐かしの池。

一時期この近くに住んでいたことがあり、良く遊びに来ていました。
昔は鯉が沢山いて、橋の上からパン屑などをあげたものですが、今は餌やりが禁止になっており、そのせいか鯉の姿が見られません。

それでも亀は健在。

d0219019_17085121.jpg

小学校の写生大会で来たり、遠足で桜を見に来てこの芝生の上でお弁当を広げたりと、学校行事でも何度か訪れています。


d0219019_17084449.jpg

他から移築した、江戸時代の茅葺き屋根の民家が2件あります。

d0219019_17083778.jpg

お腹が空いたので、ちょっと一息たぬきうどん。

破格の1杯300円。麺は少し柔らかいですが、天かすに麩、ネギ、ワカメも入ってこの価格ですから。

d0219019_17082545.jpg

300円なのに、ロケーションだって抜群。

藤の季節は素晴らしいでしょうね。

d0219019_17090321.jpg

野菜の直売もやっていて、思わず新じゃがに小たまねぎ、グリーンピースを購入。

お腹を満たした後は、アジサイ園の方へ行ってみます。

d0219019_17081871.jpg

これ、昔からよくある感じの紫陽花ですよね。

d0219019_17080631.jpg

儚げな色。

d0219019_17074755.jpg

紫も美しい。

d0219019_17074233.jpg

白交ざりもいいですね。


d0219019_17073737.jpg

咲いているアジサイはまだちらほらでしたが、この種類は満開でした。

d0219019_17073237.jpg

ピンクも可愛い。

d0219019_17072419.jpg

昔は小さな沼みたいな所に咲いていたハスですが、今では大きなハス田が作られています。

大賀博士が発掘したという、2000余年前の大賀ハスの見頃は7月下旬〜8月。

朝しか咲かないということで、夏休みの或る日、親に起こされて7時頃見に行った記憶があります。
友人と姉と一緒に、眠そうな顔でハスを背にして写っている1枚の写真をよく覚えています。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-05-25 18:57 | 散歩

やっぱり最高に美味しい「紀の善」の抹茶ババロア

d0219019_17145763.jpg

91、92。
一体何の数字でしょうか。

これは先日、東急ツインズで100個だけ販売した「紀の善」の抹茶ババロアの整理券です。

危うい!!
あと少し遅かったら、この、世にも美味しいババロアにありつけませんでした。

13時から販売開始だったので、「まあ少し前に着けばいいでしょう」などと10分前に到着したのですが、思いの外危うかったのだと、番号を受け取って思い知らされました。

良かった、間に合って。

d0219019_17145254.jpg

こちらが危うくも無事に手に入れたババロア。658円也。


d0219019_17144589.jpg

フタを開けると、生クリームと粒あんが。


d0219019_17143252.jpg


その下に、四角い抹茶ババロア。

これを合体させると・・・

d0219019_17142076.jpg

じゃーーーん

完成です。

初めて食べたのは、おそらく20年くらい前。
あまりに美味しかったので、それ以降色々試してみたのですが、やっぱりここのが最高に美味しい。
ババロアは抹茶の苦味が効いて、生クリームと餡は甘過ぎずにさっぱり。
至福の味です。

こちらの甘味処は神楽坂にあり、釜飯などのお食事もあるようです。

「抹茶ババロアといえば紀の善」というほど有名ですが、まだ味わったことのない方には、是非お試し頂きたい味です。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-05-24 17:42 | ドルチェ

五本木の一軒家フレンチ「tokiya 〜 トキヤ」

d0219019_20383291.jpg

芸術品のような、ケーキのような。

これ、前菜なんです。

こちらを食べに伺ったのは、学芸大学駅の「tokiya 〜 トキヤ」。友人が連れて行ってくれました。


d0219019_20391902.jpg

住宅地のちょっとわかりにくい場所にある一軒家が、今夜のレストラン。

d0219019_20391073.jpg

入り口手前のスペースです。

蚊取り線香が焚いてあり、懐かしい日本の夏の匂い。


d0219019_20384816.jpg

まずはドリンクから。

友人がアップルタイザーを注文しようとしたところ「ペアタイザーもあります」とのことで、私もそれにします。
南アフリカ共和国産ですって!

コースは「アミューズと前菜とメインディッシュのコース 1800円」、「アミューズと前菜2皿、メインディッシュのおまかせコース 3200円」、「料理5皿とデザート1皿の春のおまかせコース 4000円」の3種類あり、今回は1800円のコースをお願いしました。

d0219019_20390115.jpg

アミューズに「鶏レバーとアプリコットジャムのブリュレ」。

上部はパリパリ、杏の程良い甘さがあり、とても美味しいです。

そして、上の「鯖と苺とパセリのテリーヌ。苺、トマト、サワークリーム、ソース・ピストゥ」。

ソース・ピストゥとはイタリアのジェノベーゼのようなもので、ただ、イタリアのように松の実とチーズは入れないことも多く、バジル・にんにく・オリーブオイルのシンプルなソースらしいです。

テリーヌは想像していたより固めでしたが、鯖と苺という不思議な組み合わせも、最後にはしっくりくるような味でした。

d0219019_20382016.jpg

店内の様子。

サービスは過剰すぎず、でもグラスワインの写真を撮っているとボトルを持ってきてくれたり、料理を丁寧に説明してくれたりと、とても感じが良いです。

d0219019_20380809.jpg

メインは「デュロック豚肩ロース、牡蠣、春菊、コルニッションとハラペーニョ」。

コルニッションとは、よくピクルスに使われる小キュウリのことです。


d0219019_20373767.jpg

友人が「昆布ですか?」と聞いてしまうのも頷ける、バルサミコ酢のゼリーが載った「鴨のコンフィ」。

こちらの1皿は、+600円となります。

d0219019_20345296.jpg

メインに合わせたのはドイツのビオで、ミューラートゥルガウ、2016。グラスで800円。

グラスワインは黒板を見て選ぶのですが、白のスッキリ系が欲しかったので「青りんご、ハーブ、レモンウォーター」と説明のあるこちらにしたところ、正に好みのワインでした。

この説明がとても個性的で、「ポカリスエット」や「こんぶだし」、中には「チーズ」の文字まで!
チーズを感じるワインを想像できないし、こんぶだし風味のワインは果たして美味しいのだろうかなどと思ってしまいますが、面白いですよね。
イタリアのソムリエ界では誰も使わないような表現で、斬新です。

他の料理を食べに、再訪したいお店です。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-05-19 22:59 | レストラン・東京