人気ブログランキング |

イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

代官山のレンガ屋跡地に立つフレンチ「ル・コントワール・オクシタン」

d0219019_15234080.jpg

代官山で食事といえば、「ラ・プティット・シェーズ」。

ここのオマール海老のオムレツライスがそれはそれは美味しかったのです。

しかし、19年間続いたお店は2006年11月17日に閉店し、もう味わうことはできません。

綺麗なオムレツ型にまとめられた周りにオマール海老のソースが掛かり、バジルソースとドライトマトがアクセントで載っていました。お皿の縁にはオマール海老の殻を砕いた粉も。今でも無性に食べたくなる味で、閉店が本当に惜しまれます。

d0219019_15235235.jpg

そんな訳で、今回のランチの場所はネットで評判を見て決めたのですが、行ってみると、これ又昔よく行った「フランス菓子 レンガ屋」の跡地。

まさかこのレンガ屋まで閉店してしまったとは。

先日の湘南のお店といい(詳しくは→こちら)、私の想い出の店はことごとく閉店してしまうらしいです(泣)。

時代の移り変わりといえばそれまでですが、寂しいものですね。

新しい店名は「ル・コントワール・オクシタン」。フレンチです。

d0219019_15241083.jpg

店に入るとすぐ右手に並ぶ、小さな木樽入りのワイン。

この中から好きなワインを選び、自分で注ぎます。1杯800円。

d0219019_15242179.jpg

満タンに注げるという情報を読み、私もやってみました。

プロとしてあるまじき注ぎ方(笑)。でもいいんです。

d0219019_15241601.jpg

中身はフランスの「レ・コンケ・ブラン」。

グルナッシュ60%、ソービニョン40%。

今楽天を見たらボトル680円。グラス1杯代より安い。。。

グラス2杯分ぐらいは注いでいるので大きなことは言えませんが、上乗せ多くないですか?こんなものですか?

d0219019_15242759.jpg

ケースにはパテなどが並びます。

注文したのは、冒頭写真の「オクシタン風オムレツ」。パン・サラダ・コーヒー付きで1000円。

この日は肌寒かったので、温かいオムレツを期待して頼んだのですが、なんと冷蔵庫から出したままの冷たさ。

外の黒板には「冷製オムレツ」と書いてあったようですが、テーブル上のメニューには「冷製」と付いていなかったので、まさか冷たいオムレツとは思わず。

しかも、ケーキ2切れぐらいの少ない量。味も普通。というか、冷たいオムレツってそもそも美味しそうじゃないですよね、普通に考えて。卵を割ってその場で作るオムレツの方がよっぽど簡単で美味しいと思うんですけどね。

セットのサラダも、お皿にちょこっと載っているこのサラダ。

パンとコーヒーが付いて1000円とはいえ、ちょっとがっかりなオムレツでした。

d0219019_13414680.jpg

コーヒーで締めくくり。

d0219019_15240404.jpg

テラス席もあってこれからの季節には良さそうですが、オムレツはちょっと。

友人の豚肉は美味しかったようです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング
by italiawine | 2018-06-29 18:32 | レストラン・東京 | Comments(0)

浅草・老舗天ぷら屋のサクサク天丼「三定」

d0219019_11243546.jpg

高校時代の大好物、天丼。

あまりに好きで、学校帰りにデパートの上にある天ぷら屋さんに、1人で食べに行った記憶があります。

その頃ほどではありませんが、今でも好きです。

d0219019_11244163.jpg

美味しい天丼を食べに行こうということで、有名店が軒を連ねる浅草へ。

雷門前はすごい人出で、人物の写らない写真を撮るのは不可能でした 💦

d0219019_11244699.jpg

そんな雷門の真横にあるのが、創業はなんと江戸時代、180年の歴史がある老舗、「三定」。

11時半のオープンと同時に入店します。

d0219019_11245003.jpg

左奥に見える急な階段を上がる2階席もありますが、1階に通されました。

d0219019_11245544.jpg

注文を終えると、お茶と胡瓜の漬物が運ばれてきます。

d0219019_11245928.jpg

そして、こちら!

上天丼、1820円。小かき揚げ(海老・イカ・貝柱)、海老、白身魚が乗っています。

この蓋が付いてくるのはきちんと感がありますが、サクサクの衣が好きなので、蒸気で衣がふにゃふにゃになってしまうのではと、何処で出されても気が気ではありません。

すぐに蓋を取りました(笑)。

d0219019_11250406.jpg

美味しそうですね。そして、実際美味しかったです。

衣も心配は無用だったようで、サクサクでした。

天丼の具にイカを使うお店が多いですが、私はイカが苦手なので、この取り合わせは有り難いです。

かき揚げに若干入っていますが、海老と貝柱は大好きなので、イカだけ省けば問題なし。

そのかき揚げの海老も、大きい物がゴロゴロ入っています。

昔、浅草の別の有名店へ行ったことがあるのですが、大混雑な上に衣もふにゃふにゃで、今ひとつでした。

こちらもお昼ど真ん中は混むのでしょうが、11時半の開店時は空いていて、ゆったり食事ができました。

d0219019_11251076.jpg

店頭で持ち帰り用も販売しているので、家で味わうのもいいですね。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング
by italiawine | 2018-06-28 12:11 | レストラン・東京 | Comments(0)

緑に囲まれたテラス席、フィレンツェ郊外「レ・カーヴェ・ディ・マイアーノ」

d0219019_12060844.jpg

外で食事をするのが気持ちの良い季節になりましたね。

北ヨーロッパからの観光客も多いフィレンツェでは、イタリアにいる間に少しでも多く日差しを浴びたい彼等で、テラス席はいつもいっぱいです。

テラスどころか、道に張り出した席もフィレンツェの街中の至る所にあります。

北ヨーロッパ人でなくとも、外の席で1杯飲んだり食事をするのは、開放感があって気持ちの良いもの。

日本は規制が厳しいようで、あまり外席がないのが残念です。

d0219019_12062283.jpg

フィレンツェの街中から少し車を走らせるだけで、喧騒を抜け出せます。

北東へ15分程走った丘にあるトラットリア、「Le Cave di Maiano 〜 レ・カーヴェ・ディ・マイアーノ」

d0219019_12062838.jpg

こちらはエントランス。

d0219019_12063755.jpg

緑が見渡せるテラス席。

フィレンツェ人らしいおじい様方も食事に来ています。

d0219019_12071408.jpg

目の前の丘の上にはお城が。

2人でお昼にボトルワインは多いので、グラスワインを聞くと「ある」という返事で、カラフもできるそう。ダメ元で泡もできるか聞くと「大丈夫」と言うので、プロセッコをカラフで頼みました。

しかし、暫くして「カラフは泡が抜けてしまうので無理」とボトルを持ってきたので、「じゃあもうボトルでいいです」と注文しました。

ところが、1口飲んだらブショネ(コルク臭)。ワインに詳しくないイタリア人の友人が開口一番「美味しい!」と言うので言い辛くなってしまった上、サービスのおじさんも全くワインに精通していなさそう&いい人だったので、言えなくなってしまいました。

子供の頃からワインに慣れ親しんでいるイタリア人。しかし、ブショネがわかる一般人は案外少ないのです。

そこへ日本人の女子が「ブショネです。変えてください。」と言っても『何言ってんだ、このアマが。わかる訳ないだろう。』と思われる感満載なので、実際言いづらいですね。

そんなブショネのプロセッコをチビチビ飲みつつの1皿目は、冒頭写真の「zuppa garmugia 〜 ガルムージャスープ」€8。

ガルムージャって何だ?と思ったら、フィレンツェ近郊ルッカの街の郷土料理だそうで、そら豆・グリーンピース・アスパラガス・アーティチョークなどを入れた、春らしいスープです。

ちょっと塩味が足りませんでしたが、なかなか美味しかったです。

d0219019_12065669.jpg

セコンドは鶏のレンガ焼き、€16。

鶏をグリルする際、熱したレンガを上に乗せて焼く事から、この名前が付いています。

身も柔らかで焦げ目がいい感じ。

d0219019_12070576.jpg

付け合わせはアーティチョークのフライ。

d0219019_12072296.jpg

そしてドルチェは、これ又知らない名前が付いていました。

スポンジに洋酒が染み込ませてあり、カスタードクリーム、メレンゲ、アーモンドを重ねています。


d0219019_12071893.jpg

中の席はこんな感じで、広いです。

でもこの時期は、やっぱり外の清々しい空気の中で食事をしたいですね。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング
by italiawine | 2018-06-25 12:16 | フィレンツェ・レストラン | Comments(0)

湘南の海を一望する「鎌倉海浜公園」

d0219019_15273762.jpg

江ノ電に揺られ、極楽寺から1駅先、稲村ガ崎へやって来ました。

駅から2〜3分で海岸線に出ます。

久しぶりの海。我が青春の海です。

小学生の頃は家族で、高校以降は友人達と来た、思い出の沢山詰まった海。

大学生の頃は、夜バイトが終わった後に車で遊びに来たり。(元気だ。今では考えられません。)

就職してからも何度も来ましたね。

行く所はいつも決まっていて、珊瑚礁の唐揚げカレー、サブマリンドッグのホットドッグ、葉山ボンジュールのバゲット等の大好きな物を食べるのがお決まり。

なのに今残っているのは珊瑚礁だけという衝撃的事実。



この海岸線にあった、カッコ良すぎて入れなかったバーも、建物はそのままで中身は変わってしまったようです。

無くなる前に、頑張って入っておけば良かったー。

有名な葉山の日曜朝市はまだ継続しているようで嬉しい限り。

ここで、朝早くから並んでラ・マーレド・チャヤのケーキの切り落とし(100円)を買ったりするのです。

皆早朝から並び、8時半開場後すぐに売り切れてしまうので、1度なんて夜中に家を出て、駐車場で仮眠をして朝市に挑むなんてすごいこともやりました。若かった。。。

そして逗子マリーナで地元の子供達に紛れながら、売店のソフトクリームを賭けてボウリングをする。

このボウリング場も、もうないらしいです(泣)。

15年他の国にいるのでその間に色々なことが変化するのは致し方無いですが、それでもすごく悲しい。

d0219019_17262906.jpg

センチな気分で眺める海。この日、波がとても高いです。

イタリアで「東京の海ってどう?」と聞かれると、厳密には東京の海ではないですが、東京人が行く海ということで、湘南の海について「E' grigio! 〜 灰色!」と答えるのですが、昔の記憶も何処へやら、意外に蒼いではないですか!!

しかも写真ではわかりませんが、砂が真っ黒。

こんなでしたっけ?


海沿いにある、鎌倉海浜公園・稲村ガ崎地区へ。

d0219019_15284006.jpg

階段を登って上まで行くと、紫陽花が咲いていました。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】

d0219019_15284532.jpg

一休みできる展望台。

あまりに気持ち良くて、風に吹かれながらのんびりしました。


d0219019_15285118.jpg

「かながわ景勝50選」にも選ばれているこの公園。

左手に江ノ島が見えます。

好きだったお店は無くなってしまっても、この景色だけは変わらない青春の思い出。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2018-06-22 17:48 | 散歩 | Comments(0)

300年の歴史、鎌倉名物「力餅家」

d0219019_11391294.jpg

ずーっと昔から気になっていたお店、「力餅家」。

湘南へ車で行く際はよくこのお店の前を通り過ぎ、大きく「家餅力」と書かれたインパクト大の暖簾を横目で見ながら「行ってみたいな」といつも思っていました。

食いしん坊の私が何故1度もお店に入らなかったのか謎ですが、車を駐車しにくい場所故諦めていたような記憶が微かにあります。

今の時期は店前の車の通りもそう多くはないですが、海へ行くシーズンの夏になると交通量も多かったと記憶しています。

きっとそのせいでしょうね。

今回は徒歩だったので、初めて中に入ってみました。

d0219019_11392285.jpg

女性の店員さんが2人いて、気軽に写真を撮らせてくれました。

私が学生の頃からあるので「このお店、長いですよね」というと、『そうですね、300年以上の歴史があります』とのお返事。

お見逸れしました。学生の頃どころじゃない。まさかそんなに長い歴史があるとは。

d0219019_11391717.jpg

このお店の名物は「権五郎力餅」で、餅をあんで包んだ日持ちのしないタイプと、求肥を包んだ日持ちのするタイプの2種類あります。

餅タイプは10個入りしかないので、バラ売りのある求肥タイプにしました。1個95円。

しかーし、帰ってから調べると、餅タイプの方かなり絶品らしいです。しまった。よく調べてから行けば良かった。

3〜5月には中の餅がヨモギ餅になるそうで、それもかなりそそられます。

d0219019_11392826.jpg

お店を出ると、すぐ向かいに食パンで有名な「ブレッドコード」があります。

15時頃だったのですが、既に完売のようで閉めに入っていました。

イタリアから戻る度に驚くのが、ケーキとパンの値段の高さ。

私が向こうへ渡った15年前は、350〜400円のケーキ、100円台のパンが主流だったので、今の価格を見るとびっくりします。

食パンブームもすごいですね。1000円の食パンとか、普通にありますものね。

でもここのパン、美味しそうなので1度買ってみたいです。

d0219019_11393525.jpg

15分程かけて、極楽寺駅まで歩きました。

駅のすぐ目の前に極楽寺があります。

中は撮影禁止なので、門とアジサイをパチリ。

極楽寺駅、初めて来たかもしれません。

風情がある駅だと思ったら、「関東の駅百選」に選ばれていました。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】

d0219019_11394015.jpg

駅のホームのベンチで電車を待ちながら、先程購入した力餅をパクリ。

小ぶりですが、さっぱりとした甘さのあんで美味しかったです。

次回は餅タイプに挑戦ですね。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2018-06-21 12:38 | ドルチェ | Comments(0)

江ノ電とアジサイの人気スポット「御霊神社」

d0219019_21502628.jpg

江ノ電といえば、このショット。

民家の脇をスレスレに走る車体とアジサイのコラボが有名な場面ですよね。

子供の頃から、家から最も近い海が湘南だったので、江ノ電にも慣れ親しんでいるはずでしたが、意外とこの有名スポットが何処なのか知りませんでした。

長谷駅から近い、御霊神社でした。

境内のすぐ脇を、線路が通っています。

d0219019_21503486.jpg

レトロな後ろ姿。

d0219019_21504145.jpg

こんなハイカラ車両もありますよ。

私的には、身近で日常的な存在の江ノ電ですが、意外と知名度が高いみたいです。

先日TVで関東出身でないタレントさん2人が「昔から江ノ電を知っていた」と話しており、その内の1人は「上京してすぐ江ノ電に乗りに来た」そうです。ちょっとびっくりでした。

でも嬉しいですね。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】

d0219019_21510616.jpg

列車が何本か通り過ぎ、前の方でカメラを構えていた人々が去ったので、1番前を陣取ります。

カメラ小僧かって(笑)。

d0219019_21511486.jpg

来たーーー!!

d0219019_21512279.jpg

今日のベストショット♡

d0219019_21513092.jpg

私を含め、にわかカメラ小僧率高し!

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2018-06-20 15:00 | 散歩 | Comments(0)

色も種類も豊富なアジサイ「長谷寺」

d0219019_18211061.jpg

鎌倉アジサイ巡りの第2ポイント、それは長谷寺。

江ノ電「長谷」駅で下車し、徒歩5分。

「あじさいの径」と呼ばれる眺望散策路へ入るには、この時期整理券が配られ、券に印刷された番号が表示されたら中に入れます。

待ち時間が長い時は、一旦外へ出て再入場できるそうなので、便利ですね。

我々が到着した時はすごい人でしたが、意外に待ち時間は少なく30分待ち。

d0219019_18214337.jpg

時間まで境内を散策します。

散策路以外の場所にも、様々なアジサイが咲いています。

d0219019_18212815.jpg

力強い色。

明月院はブルーの紫陽花が大半を占めていましたが、こちらは色も豊富です。

d0219019_18215757.jpg

眺望散策路へ入る順番が来たので、登り始めましょう。

階段が続き、ゆっくり進みます。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】

d0219019_18221873.jpg

鎌倉の町が眼下に見えてきました。

d0219019_18224207.jpg

周りは紫陽花でいっぱい。

d0219019_18225379.jpg

可愛過ぎる。

d0219019_18232373.jpg

頂上付近。湘南の海が見えたー!

標高が結構高いですね。

d0219019_18234900.jpg

入場は規制されていますが、1度入るとどれだけ中にいてもいいので、皆思い思いに花の写真を撮ります。

d0219019_18240781.jpg

フリルのように小さな、グラデーションになったガクがとっても綺麗。

明月院も素晴らしいですが、長谷寺は40種類を超えるという種類も色も豊富な紫陽花が、楽しませてくれました。

d0219019_18242735.jpg

紫陽花で埋め尽くされた花畑。見応えがあります。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2018-06-19 15:00 | 散歩 | Comments(0)

鎌倉・長谷の、心地よい自然派ワインバーレストラン「ボータン」

d0219019_18222047.jpg

鎌倉でランチとなると、候補が沢山あって悩むところ。

今回は、アジサイ巡りで訪問するお寺のある、北鎌倉と長谷周辺で探してみました。

そして予約をしたのが、長谷駅から徒歩5分の場所にあるビストロ・ワインバーの「ボータン 〜 Beau Temps」。

d0219019_18231001.jpg

葡萄の蔦が絡まる、素敵な一軒家です。

d0219019_18243874.jpg

カウンター席の向こうには、夜のアラカルトメニューが書かれた黒板が。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】

d0219019_18244437.jpg

テーブル席もあります。

厨房のシェフとサービスの方と、2人で切り盛りされています。

席に着くと、シェフがわざわざ厨房からテーブルまで来て、「本日はご来店有難うございます」と挨拶して下さいました。

こういった心遣い、お店の真摯な姿勢が伺えますね。

予約時の電話での対応も、とても良かったのが思い出されます。

d0219019_18245045.jpg

vouvrayの泡 850円を注文し、一緒に出てきたのがこちらの見慣れた水用グラス。

フィレンツェのエノテカ「Le Volpi e l'Uva」のグラスと一緒です!なんか嬉しいな。

「Le Volpi e l'Uva」については、こちらをご参照下さい。↓




d0219019_18245559.jpg

お昼のセットメニューは、前菜+メイン+カフェで1800円。

この日の前菜はこちら。

手前左から時計回りに、人参のラペ、グリーンサラダ、パン、ラタトゥイユ、燻製ポテトサラダ。

なかなかボリュームがあります。

d0219019_18250353.jpg

メインは肉か魚かの選択で、魚にしました。

カジキマグロのソテーに、インゲンや蕪・バジリコが添えられ、グリーンピースのソースとイタリアンパセリのソースがアクセントになっています。

コーンのフライが甘くて絶品。

マグロもよくあるパサパサ感がなく、しっとりして美味しい。

d0219019_18251970.jpg

予約をした時は知らなかったのですが、お話をしてみたらイタリア関係で繋がっていることがわかり、デザートをご馳走して頂いてしまいました。

ブラッドオレンジのタルト。

イタリアはシチリアで有名なこのオレンジ、日本では愛媛で生産しているそうです。

初めて知りました。

d0219019_18253338.jpg

ココナッツのカタラーナ、パイナップル添え。

クレームブリュレに似たドルチェですね。ココナッツ味は珍しく、冷んやりとして暑い日にピッタリ。

料理は美味しくて値段が手頃、サービスも細やかな素敵なお店を発見できました。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2018-06-18 14:56 | レストラン・東京 | Comments(0)

北鎌倉の「葉祥明美術館」で見るアジサイ

d0219019_16443158.jpg

鎌倉の明月院へ向かう途中に、素敵な洋館があります。

行きは門が閉まっていたので、個人の方の邸宅かと思いましたら、帰りに通ったら開門されていて、絵本作家の「葉祥明美術館」でした。

ショップと庭は無料で入れるということで、お邪魔しました。

d0219019_16444172.jpg

可憐な花を付けた紫陽花。

d0219019_16450626.jpg

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】

洋館前のお庭には紫陽花が綺麗に咲いています。

d0219019_16451542.jpg

絵の具のような青色が美しい。

d0219019_16454276.jpg

こちらは写真ではよくわかりませんが、大きなガクを付けたとても立派なアジサイです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2018-06-17 15:00 | 散歩 | Comments(0)

ブルーだけではない、色とりどりな明月院の紫陽花

d0219019_18295159.jpg

赤葡萄のような綺麗な紫色で、ワインを想像させるアジサイ。

明月院は、大半が「明月院ブルー」と称される青色のアジサイで埋め尽くされていますが、中にはこんなに可愛らしい色の物も咲いています。

d0219019_18295737.jpg

とても大きなガクを持つ、白い紫陽花。

d0219019_18301103.jpg

大小幾重にも重なったガク。

d0219019_18302963.jpg

色は「明月院ブルー」ですね。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】

d0219019_18304481.jpg

薄紫も素敵。

d0219019_18305033.jpg

縁どりタイプ。

d0219019_18310539.jpg

紫の中に、白色のアクセント。

d0219019_15285287.jpg

まとまって咲き乱れる明月院ブルーもやはり圧巻ですね。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2018-06-16 15:36 | 散歩 | Comments(0)