人気ブログランキング |

イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「ロミオとジュリエット」の舞台、ヴェローナの街の見どころ

d0219019_17250803.jpg

今日はヴェローナの観光名所をご案内。

迫力あるこちらは、かつての円形闘技場、アレーナです。

ローマのコロッセオに似ていますね。

1世紀の建築で、2万人を収容できます。

ヴェローナ在住の友人が「中に入りたい?」と言ってくれたのですが、入場料が必要。

オペラか何かを上演している時ならそのチケットで入れるので、又の機会にします。

翌日はたまたま毎月入場料無料日である第1日曜日で、友人達はしっかりアレーナに行っていました(笑)。私は仕事119.png

d0219019_17252036.jpg

そしてヴェローナといえば、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台になった所です。

ジュリエットのモデルとなったカプレーティ家の屋敷が残っており、観光客で大賑わい。

2階部分にバルコニーもありますが、実際にはなかった物を、ファンの要望で後付けしたそうです。

バルコニーへも出られる屋敷内の見学は有料ですが、庭だけなら無料で入ることができます。

d0219019_17253043.jpg

庭にはジュリエッタ像(イタリアでは女性名はaで終わるので、ジュリエットではなくジュリエッタになります)があり、右胸を触ると恋が成就すると伝えられています。

d0219019_17253964.jpg

近くにあるのは、エルベ広場。

毎日白いパラソルの下に市場が立ち、野菜や果物、土産物などを売っています。

広場に面してカフェやレストランのテーブル席が並び、お茶やアペリティーヴォを楽しむのに最適。

中央には14世紀に造られたヴェローナのマドンナの噴水があり、夏には涼を運んでくれます。

d0219019_17254886.jpg

中には入ることができないのでひっそりとしていますが、ロミオのモデルとなったモンテッキ家の屋敷も残っています。

赤い服の女性の後ろにある門がそれで、「所謂ロミオの家」と書かれた看板が目印。

d0219019_17251468.jpg

オレオがてんこ盛りのジェラートを思わずパチリ。

後ろのケースにジェラートが盛りもりですが、こういうお店は大抵美味しくないので注意しましょう。

d0219019_17255967.jpg

街を流れるアディジェ川に架かる石橋は、その名も「ピエトラ橋」、石の橋という意味です。

紀元前1世紀のもの。

d0219019_17255339.jpg

この日は雨の後で川の水が濁っていますが、川沿いにはバールやエノテカのテラス席があり、いつも大人気。

空席を見つけたら行ってみて下さい。

d0219019_17260786.jpg

川沿いの散策も、とても気持ちがいいのです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング
by italiawine | 2019-05-28 18:27 | 散歩 | Comments(0)

ガルダ湖畔へ魚を食べに「ラ・フィアスカ」

d0219019_22435869.jpg

さあ、予約していた21時になったので、レストランへ向かいます。

「La Fiasca 〜ラ・フィアスカ」という、ガルダ湖畔にあるトラットリア。

金曜夜の店内は満席です。

d0219019_22433315.jpg

まずは、地元のワイン、ルガーナを1杯。

ルガーナのトレッビアーノ品種から作られ、産地もシルミオーネのあるガルダの南が代表的な産地という、正に地元のワインです。

さっぱり軽い口当たり。

d0219019_22433810.jpg

友人が頼んだのは、チーズの盛り合わせ €12。

ブリー系の白カビにグラーナと、かなり一般的な組み合わせ。

もうひとひねり欲しいですね。

d0219019_22434867.jpg

私は、「帆立のカカオバター焼きに野菜のソテー」€16。

1つ€5近いホタテさん。高っ。


友人のプリモは、ビーゴリというヴェネト地方のパスタで、イワシ・ドライトマト・パン粉和え、€10。

この色合い・・・まるで病院食のような見た目。

期待を裏切る事なく、味も病院食のような薄味(苦笑)。

私の冒頭写真のプリモは、スモークしたティンカ(日本語名はテンチ)というヨーロッパ産のコイ科の淡水魚を詰めたトルテッリで、グリーンピースのクリームが敷いてあります。

有難い事に、見た目も味も良かったです(笑)。

d0219019_22434303.jpg

こちらも友人が注文した物で、野菜のグリル €4,5。

玉葱、赤チコリ、パプリカ、ズッキーニ、茄子と5種類あり、お得感があります。

d0219019_22440205.jpg

食後のコーヒーと一緒に出てきたお菓子。

こういうの、嬉しいですよね。

右はズブリチョローナ(もしくはズブリゾローナ)という、ヘーゼルナッツを使ったほろほろ崩れる焼菓子。

左はメレンゲです。

この後、車の置いてある駐車場まで20分近く歩く羽目となり、しかも、行きに「ここ良さそうだね」と話していたレストランを駐車場近くにあるのを見て思い出し、ちょっぴり後悔しながら帰宅した我々でした。

でも、食後の運動ができたので良しとします。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

Trattoria La Fiasca
Via Santa Maria Maggiore 11, Sirmione
Tel 030-9906111

by italiawine | 2019-05-24 23:55 | レストラン・イタリア | Comments(0)

超薄生ハムのクロストーネでアペリティーヴォ

d0219019_15350018.jpg

ガルダ湖の周辺を散策しながら、夜のレストランに電話をすると、予約をできたのは21時のテーブル。

お腹を空かせた我々は、近くのワインバーでアペリティーヴォをすることに。

クロストーネ好きの友人が生ハム載せをオーダー。

芸術的な薄さで切られています。

生ハムは上手な人の手切りも美味しいですが、スライサーの極薄も好きです。

d0219019_15345434.jpg

ドリンクはノンアルコールのサンビッテル。

日本でも人気の炭酸水サンペレグリーノ社の製品で、香料&着色料を加えた不健康そうな炭酸ソーダですが、この程良い苦味が何ともいえない。

10ml入りという手軽なサイズなので、冷蔵庫にいつも常備していました。

イタリアでは夕方のアペリティーヴォの時間にアルコールを頼むと、このようにオリーブやナッツ、スナック類を無料で出してくれる所が多いです。良い習慣だ(笑)。

d0219019_15343701.jpg

夕食まで時間があるので、再び散策。

こちら、マリア・カラスが夫であるジョヴァンニ・バッティスタ・メネギーニ氏と共に、50年代に滞在したお屋敷だそうです。


それを説明するプレートがありました。

d0219019_15344842.jpg

ジョヴァンニはマリアの最初の夫で、30歳年上のイタリア人実業家だったそうです。

閑静な住宅街の一角で、彼等も散策を楽しんだのでしょうか。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

Enoteca delle Antiche Mura
Via Antiche Mura 10, Sirmione
030-916259

by italiawine | 2019-05-24 16:08 | 散歩 | Comments(0)

ヴェローナから足を延ばして、水の綺麗なガルダ湖へ。 sanpo

d0219019_18464311.jpg

ワインのイベント「ヴィーニタリー」の際、毎年前日もしくは当日入りをするのですが、今年はヴェローナに住む友人達が

「早めにおいで。山の上に素敵な場所があるから、そこに遊びに行こう」

と言ってくれ、2日前にヴェローナ入り。

その場所はヴェローナから車で2時間かかるそうですが、天気予報は雨。

それでは行っても仕方ないということで、近場のガルダ湖へ行くことに。

d0219019_18462472.jpg

ヴェローナから車でおよそ40分。

一旦乗り入れた有料駐車場のすぐ脇に無料駐車場を見つけ、すぐさま移動。良かった!

目の前は、もうガルダ湖です。

d0219019_18463345.jpg

湖のほとりに、物凄く大きな木を発見。


丁度陽が落ちる前の時間で、空の色が水に反射してとても綺麗。

d0219019_18464870.jpg

ガルダ湖の総面積は370㎡、イタリアで最も面積の広い湖です。

南北に52km、東西に18kmというのですから、相当大きいです。

d0219019_18465486.jpg

この日行ったのは、シルミオーネという地域。

レストランも沢山あります。

d0219019_18470086.jpg

それにしても、驚くのは水の透明さ。

東京から行く湖といえば、芦ノ湖、相模湖、河口湖、山中湖など、水が透き通っている印象がないので、湖でこんなに綺麗な水なんだ!とびっくりです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2019-05-23 23:39 | 散歩 | Comments(0)

フィレンツェで見る1番好きな夕焼け

d0219019_14472323.jpg

夕焼けは何処で見ても美しいものですが、フィレンツェなら何処から見るか。

ミケランジェロ広場やサン・ミニアート・アル・モンテ教会、はたまたバリオーニホテルの屋上、エクセルシオールの最上階レストラン・セストオンアルノのテラス、季節によっては時間的にぎりぎりだけれどドゥオーモのクーポラから等々。

私が1番好きなのは、アルノ川に架かる橋の上から。

どの橋でも西側を向けば夕陽が見えるのですが、中でもヴェッキオ橋の1つ西側、サンタ・トリニタ橋から見るのが好きです。

d0219019_14464661.jpg

こちらはヴェッキオ橋から3つ西のアメリゴ・ヴェスプッチ橋近く。

雲が邪魔をして、この日はあまり綺麗に見られませんでした。


東に歩いてカッライア橋を超えると、サンタ・トリニタ橋に着きます。

川沿いの家、住んでみたいですね。

d0219019_14470185.jpg

最上階の灯りのともるテラス、見えますか。

家にこんなテラスがあったら、どんなに幸せでしょう。

d0219019_14470625.jpg

川の反対側には、2階部分が広いテラスとなった建物があり、大きな木が2本も生えています。

私がシエナで2ヶ月お世話になった家はまさにこんな感じで、羨ましい限りでした。

d0219019_14471589.jpg

だんだん家に灯りがともっていく感じも好きです。

d0219019_14471934.jpg

夕刻の青い光に包まれたヴェッキオ橋。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2019-05-23 15:29 | 散歩 | Comments(0)

レインボーブリッジを見渡す眺望抜群、お台場「To the Herbs」

d0219019_22064170.jpg

初めて見ました、お台場の「自由の女神」。

じゃあNYのはあるの?と聞かれれば、それもなし。

姉が熱狂的に好きだった「アメリカ横断ウルトラクイズ」で何度もその姿を拝見し、すっかり見た気になっていましたが、実はNY自体行ったことがないのでした。

これ、確かアメリカと同じでフランスから贈られたのよね、と思いながらイタリア人に説明すると

「いや、アメリカから贈られたと思う」と反論する輩が1名。

携帯で調べると、やはりフランスからでした。ほーらね。伊達に日本人やっていません(笑)。

d0219019_22065066.jpg

お台場といえば、フジテレビ。

お台場なんて、来るの20年振りくらいです。

d0219019_22070339.jpg

ガンダムだー!

勿論、初めて見ました!

大きい。。。

【キャンペーン】ゴールデンウィークの思い出&おでかけスポット教えて!

d0219019_22065508.jpg

良いお天気で、空も綺麗です。

d0219019_22070922.jpg

アクアシティお台場でお茶をする時間が30分しかなく、取り敢えず近くにあった「To tha Harbs」へ。

なんと、テラス席の目の前には、レインボーブリッジを臨む絶景が広がっていました。

d0219019_22071615.jpg

ちょっと薄めでタピオカも少ないタピオカティーでしたが、この眺望付きで500円なら許せます。

イタリア各地の有名広場に面したカフェも、この価格設定、見習ってほしいものです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2019-05-22 22:38 | 散歩 | Comments(0)

水上バスで隅田川クルーズが気持ちいい!

d0219019_15595033.jpg

東京クルーズなるものに行ってきました。

こんな近未来的な乗り物があるなんて!!

d0219019_15585636.jpg

対岸にアサヒビアホールのある、浅草の乗船場から出発です。


いますね、近未来くん。

東京都観光汽船という会社が運航する船は13種類もあるそうで、近未来くんはその中の1つ。

定員100名で、近未来くんという名前では勿論なく、「エメラルダス」という名を持っています。

松本零士氏デザインだそうで、代表作「クイーンエメラルダス」からとったようです。

船内ではエメラルダスの他、星野鉄郎やメーテルによる観光アナウンスも流れるらしく、ファンには堪らないでしょうね。

d0219019_15590115.jpg

私が乗ったのは結構普通の「アワータウン」号、定員320名。

船内は、99%外国人観光客!

日本人ほぼ皆無。

私も浅草までは来ても、その先が自分の行動エリアでないこともあり、水上バスがある事さえ知りませんでした。

隅田川は、かなり昔に友人が結婚式ランチをした屋形船クルーズ以来です。

d0219019_15591019.jpg

皆が写真を撮るのでレインボーブリッジかと思って真似をして撮ったら、違うじゃありませんか。

隅田川に架かる中央大橋ですね。

このクルーズでは、レインボーブリッジを含めた15もの橋の下を通ります。

d0219019_15591558.jpg

浜離宮に到着。

ここも初めて(笑)。

d0219019_15592167.jpg

燕の御茶屋。

常に思いますが、東京の公園は高層ビルとの共存が面白いですよね。

d0219019_15593453.jpg

中島の御茶屋では、有料で抹茶と和菓子セットが頂けます。

目の前で点ててくれるかと思いましたが、できた物を運んでくれるいわゆる喫茶室でした。

中は無料で見学できますが、廊下を渡って木張りのテラスに出るのみなので、入らなくてもいいかもしれません。

d0219019_15593964.jpg

再び乗船し、今度は本物のレインボーブリッジ。

d0219019_15594439.jpg

絵になりますね。

浜離宮までは乗船時間35分、300円の浜離宮入園料込みで1040円です。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2019-05-22 16:44 | 散歩 | Comments(0)

絶対おすすめ!見応えがある上に無料な「町田市立博物館最終展」

d0219019_14560427.jpg

青野武市(あおのたけいち)『金赤被牡丹文蓋物(きんあかきせぼたんもんふたもの)』、日本2002年。

「輪郭をぼかすようにグラヴィールを施すことで、牡丹の花の豊かなボリューム感が表現されています。」

町田市立博物館がその45年の歴史に幕を閉じるということで、現在『工芸美術の名品』を集めた最終(ファイナル)展が開かれています。

本日から会期後半となりますが、今回は会期前半に展示されていた作品の一部をご紹介します。

「」内の説明は、博物館に準じます。

d0219019_14555702.jpg

鉄絵牡丹文瓶(てつえぼたんもんへい)、中国/磁州窯、12世紀。

「青花が創造される前に一世を風靡した鉄絵の優品。やわらかな象牙色の肌に漆黒の鉄絵で描かれた簡略な文様には、日本人好みの和やかさがある。」

現代でもアジア雑貨のお店で売っていそうな感じですね。

d0219019_14555062.jpg

鉄絵草花文枕(てつえそうかもんちん)、中国/磁州窯系、金時代 13世紀。

「陶器製の枕。上面には一枝の花を可憐に描いています。使わない時は立てて寝室のインテリアにしたそうです。」

現代にもマッチしそうで、とても好みです。

d0219019_14554347.jpg

白釉緑彩花文盤(はくゆうりょくさいかもんばん)、ミャンマー、15〜16世紀。

「乳濁した独特の釉で描かれた大胆な文様は、同じものが殆どない1点ものです。大らかな文様にもかかわらず、作りや仕上げは、非常に丁寧です。」

このお皿も、食卓に出したい。

d0219019_14553239.jpg

白磁牡丹文水注(はくじぼたんもんすいちゅう)、日本/伊万里、江戸時代17世紀。

「濁し手(にごしで)と呼ばれる柿右衛門特有の白磁です。本作は色絵を施す前の珍しい作品です。」

【キャンペーン】ゴールデンウィークの思い出&おでかけスポット教えて!

d0219019_14552536.jpg

ドラゴンステム・ゴブレット、オランダ、17世紀。

「脚部に龍のような飾りがついたゴブレットです。青色のねじり入りのガラス棒を曲げたり、道具で挟んで鰭(ひれ)状にしたりと、技巧を凝らした作品です。」

d0219019_14551902.jpg

草花文(そうかもん)コンポート、イタリア・ヴェネチア、16世紀末〜17世紀初。

「15世紀のヴェネチアで開発された無色透明なガラスは水晶のような透明さからクリスタッロと呼ばれました。」

d0219019_14551019.jpg

アントニオ・ネリ、『ラルテ・ヴェトラリア』イタリア語初版原書、イタリア、1612年。

「イタリア、フィレンツェの修道士であったアントニオ・ネリによって著され、1612年にイタリア語の初版本が出版された『ラルテ・ヴェトラリア(ガラス製造術)』は、秘術とされるガラスの技法を世に明らかにした、世界で初めての画期的な書物でした。著者のネリは、当時の知識階級の間で広く使用されていたラテン語ではなく、一般市民も読めるようにあえてイタリア語でこの本を著しました。『ラルテ・ヴェトラリア』は初版の出版から50年が経過した1662年に英語版、1668年にラテン語版、1679年にドイツ語版、そしてフランス語版が1752年に出版されました。翻訳が進むにつれ、各訳者の所見や、理解を手助けするための図版が加えられるようになり、分厚い書物になっていきました。各国語に翻訳されたこの技法書は、イタリアの優れたガラス技術がヨーロッパ各地に広まる大きなきっかけとなったのです。本書はその貴重なイタリア語版の初版原書です。」

この展覧会で初公開。思い掛けずフィレンツェの修道士で、親近感が湧きます。

d0219019_14550453.jpg

フランツ・ザッハ『グラヴィール狩猟文ゴブレット』、ドイツ、19世紀。

「唐草の中に槍を持った狩人と猟犬、獲物のイノシシが抑揚のあるグラヴィールで表現されています。」

d0219019_14545607.jpg

グラヴィール鹿文蓋付(しかもんふたつき)ゴブレット、ボヘミア、19世紀前半。

「グラヴィールを巧みに用いることで、奥行きを意識した複雑な情景が表されています。」

d0219019_14545054.jpg

懐中時計が何点かあり、こちらはその一部。

からくり付クォーターリピーター付懐中時計、スイス、1820年頃。

「この懐中時計には秘密の仕掛けがあり、下部のボタンを押すとヤギのついているパネルがスライドし、裸の男女が絡み合う姿が見えるようになっています。」

ボタンを押すことはできず、その姿を見ることはできませんでしたが、面白いですね。

d0219019_14544408.jpg

前1世紀〜後1世紀という、こんな古い物も。

パテラ杯、伝エジプト出土。

「文様入りのガラス棒を短く切って型の中に敷き詰めた後、窯で熱して器の形にしています。イタリア語で『ミレフィオリ(千の花)』と呼ばれる技法です。

ヴェネチアへ行くと、今でもよく見る技法です。

d0219019_14543799.jpg

白地青被葡萄栗鼠文瓶(しろじあおきせぶどうりすもんへい)、中国、清時代。

「ブドウの蔓の間をよく見ると、小さなリスが隠れています。たわわな実をつけるブドウと多産とされるリスの組み合わせは、子孫繁栄を意味する吉祥文です。」

d0219019_14543017.jpg

紫色龍文鉢(むらさきいろりゅうもんはち)、中国、清時代『乾隆年製」銘。

「内面に向かい合う2匹の龍と霊芝文(れいしもん)が掘り出されています。ガラスの表面を削って文様を浮かび上がらせる技法を彫琢(ちょうたく)といいます。」

d0219019_14541863.jpg

松浦玉浦(まつうらぎょくほ)、草花文(そうかもん)デカンター・グラス、日本、明治後期〜大正時代。

「松浦玉浦によるエナメル彩の最大の魅力である、日本画のような色鮮やかで繊細な表現が味わえる作品です。」

d0219019_14541143.jpg

青野武市(あおのたけいち)『金赤被木蓮文蓋物(きんあかきせもくれんもんふたもの)』、日本1988年。

「(冒頭写真の作品と)同じく金赤によって木蓮が表現されていますが、地に緑色のガラスが使われているため、落ち着いた雰囲気の作品となっています。」

d0219019_14540548.jpg

青野武市『紫被牡丹文花器(むらさきぎせぼたんもんかき)』、日本、1993年。

「器の形に沿うように牡丹が花開いています。輪郭のぼかし方の変化が陰影のような効果を生んでいます。」

d0219019_14535626.jpg

岩田久利(いわたひさとし)、花器、日本、1990年。

「濃淡二色の青色ガラスで表された文様は、まるで渦を巻きながら勢いよく流れてゆく水流のようです。久利はこれを『流影文』と称しました。

d0219019_14535160.jpg

市立博物館のコレクションの歩みを辿った名品約35点が展示された最終展第1部、かなり見応えがありました。

今日から開催の第2部では、コレクションの中でもガラスと陶磁器にスポットを当て、〈赤〉と〈青〉という象徴的な色に着目して選んだ古今東西の作品約100展が並ぶそうで、こちらも期待できますね。

何より、無料というのが素晴らしいです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2019-05-21 16:33 | イベント | Comments(0)

繊細で美味しいケーキと紅茶「リール銀座」 oishii

d0219019_18404884.jpg

銀座でお茶をする場所の候補を2軒挙げていたのですが、私の気を若干強く惹いていたのはこちらだったので、ラデュレが混んでいて選ぶ必要がなくなり、実は丁度良かったのです。

お店は「リール銀座」。

横田秀夫シェフ監修のデザートラウンジ。

お茶をするのに予約ができ、とても便利で有難いです。


白を基調とした落ち着いた店内。

d0219019_18402572.jpg

紅茶は茶葉の香りで選択できるよう、テーブルに持ってきてくれます。

左から花妖精(黄山有機紅茶)、相思相愛(黄山有機紅茶)、有機アールグレイ、ダージリン、有機フルーツハーブティー、有機スパイスティー。

香りのとても良いスパイスティーを選択。

d0219019_18405260.jpg

葉を蒸らした状態で運んでくれるので、すぐに注げます。

久しぶりに外で美味しい紅茶をいただきました。

d0219019_18405662.jpg

友人が選んだのは、「2019岡本シェフの母の日スペシャル」1500円(セット2300円)。

5月12日までの限定デザートで、サクサクのパイ生地でパッションムースをサンド。トロピカルソースでメレンジェしたベリーのせ、バルサミコとフランボワーズのソルベ添えです。

d0219019_19414206.jpg

私は母の日スペシャルと迷ったのですが、「ベリーベリーパンケーキ」(同価格)を選択。

ドライブルーベリーを入れて焼き上げた、リコッタチーズのパンケーキ。カシスリキュールを加えたブルーベリーソースを挟み、上にはフレッシュベリーとシャリュトリューズのアイスにバラの香る生クリームをたっぷり。

そう、このたっぷりなバラの生クリームに惹かれちゃったのです。

上に載ったケッパーの様な物は、ピスタチオの砂糖漬けです。

このケーキが大正解。

メニューの写真だとパンケーキがタルトの様に見え、固めでボリュームがあり過ぎるかもと心配したのですが、そんなことは全くなく、ソフトでとても軽いのです。

大きさも丁度良く、美味しい紅茶と一緒に嬉しいひと時を過ごせました。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2019-05-09 19:46 | カフェ・東京 | Comments(0)

乙女心をくすぐる可愛さ・ラデュレ 銀座店

d0219019_14242303.jpg

イスパハンのアントルメ。

ハート型が可愛すぎます。

ローズの香りの柔らかなマカロン生地、ローズペタルのクリーム、フランボワーズ、ライチの組み合わせ。

銀座でのカフェ候補の1つは三越内のラデュレでしたが、長蛇の列・・・119.png

d0219019_14240986.jpg

左のサントノーレも美味しそうですし、中央のローズ&フランボワーズも魅力的。

食べたいですねぇ。

でも、カフェ待ちの列は見えているだけで10人程。その先が曲がっていて見えないので、一体何人並んでいる事やらわかりません。

【キャンペーン】ゴールデンウィークの思い出&おでかけスポット教えて!

d0219019_14241559.jpg

苺姿のこんな可愛らしいフレーズ・ラデュレまであります。

それにしてもケーキの説明が大雑把すぎ!

「お味もイチゴの可愛いムース」って。それだけかい!!!

渡部の映画紹介風に、ここは私めがご説明しましょう。

「ココナッツ風味のダックワーズビスキュイ生地、イチゴのムースクリーム、イチゴのコンフィ、イチゴと、イチゴ感満載の逸品となっております」

中央はプレジール・シュクレ。

これも「ミルクチョコレートとヘーゼルナッツのケーキ」って・・・。

「ヘーゼルナッツのダックワーズ、プラリネクリスピー、ミルクチョコレート、ミルクチョコレートのガナッシュ、ミルクチョコのクレームシャンティ」と、サイトにあるような説明をここに書く事はできないのでしょうか。謎です。

d0219019_14243111.jpg

フィレンツェにも数年間だけラデュレが存在しました。

その頃、私が勤務していたワインショップ近くにお店を持っていた常連さんが、「笛」と日本語で書いて欲しいと或る日言ってきました。

商品の笛の前に置きたいそうで、お安い御用と家に帰って筆で書き、翌日渡しました。

1ヶ月後、その常連さんがみえて「あなた宛に黄緑の箱を置いていったのだけれど」と言われました。

『何の事?』と思いながら、忘れ物や預かり物を置いてある物置を探すと、黄緑のラデュレのマカロンボックスが。

そして中を開けると、何と空っぽ!!!

確かに、確かにですよ、日本に帰って2〜3週間留守にしていました。でも、でもーーーー145.png137.png136.png

せめて「キミが戻る前に賞味期限が切れてしまうから、断腸の思いで食べました」とか一言あってもいいだろーーー!!!

しかも、空の箱を何故に取っておくーーー。捨てておけーーー!!!

まあ、取っておいてくれたお陰で何者かが食べてしまったことは確認できましたが。

イタリア人ってば!!!(日本人の同僚も1人いましたが、彼女は絶対にそんな事はしないと断言できます)

勿論こんなイタリア人ばかりではありません、有難い事に!

d0219019_14242700.jpg

さて、話を銀座に戻して。

素敵なマカロンボックスは、2019年春の新作コレクション。

壁紙のスペシャリスト「ア・パリ・シェ・アントワネット・ポワソン(A Paris chez Antoinette Poisson)」とのコラボによるギフトボックス。

ラデュレのための特別なデザインだそうです。

季節のフレーバーである、ローズ・カルダモンやラヴァンド(ラベンダー)といった、花のフレーバーを合わせると引き立ちますね。

という訳で、カフェはもう1つの候補地へ。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

ラデュレ サロン・ド・テ 銀座店
中央区銀座4-6-16 銀座三越 2F
Tel 03-3563-2120

by italiawine | 2019-05-08 15:24 | カフェ・東京 | Comments(0)