イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

鮮魚が美味しい!麻布十番のイタリアン「トラットリア ケ・パッキア」

d0219019_18193902.jpg

見るだけで又食べたくなってくる、この新鮮な魚介たち。
麻布十番のイタリアンレストラン「トラットリア ケ・パッキア」でいただいた前菜です。

シェフの岡村さんとは外でお会いするばかりで、お店へはまだ1度も伺ったことがなかったのですが、ようやくこの待ちに待った機会が訪れました。
フィレンツェで知り合った友人からたまたま前日に「今度イタリアに行くんだけど」という連絡が入り、『今こっちに来ているよ〜』と返事をし「じゃあ何か食べに行こう」ということで急遽決まった夕食会。

不義理にしている友人のレストランが数件あるので、『何処にしよう』となったのですが、岡村さんには別件でも用事があったので『ケ・パッキアで!』。


d0219019_18195142.jpg

10分程遅れてしまった私を待っていた友人(ごめんなさい!!)に出してくださったソプラッサータ。
基本的に苦手な詰め物なのですが、こちらの物はもう1切れ食べたくなる美味しさ。

早く着いた友人は結局20分以上も1人で待っていてくれたのですが、私が来るまでに1切れしか食べていないところが素晴らしい。私だったら4枚全部食べてしまっていたかも。

この後、上のカルパッチョをいただくのですが、初めて食べた生の鰆の美味しいこと。びっくりです。
コハダや平目、アワビなど6種類載っていたのですが、どれも丁寧に下処理が施されており、それぞれ違う味わいなのがすごいです。
それもそのはず、寿司の名店「すきやばし次郎」で魚について教わるという、勉強熱心な岡村さんの努力があるのです。
フィレンツェで、どの魚も平坦な味しかしないカルパッチョを食べ慣れている身には、同じカルパッチョという括りでいいのかと思ってしまうほど、この一皿は別物でした。


d0219019_18200323.jpg

一緒に行った友人はイタリアンのシェフでもあり、友人なりに食べたい物が色々あったようですが、私の我儘を通してくれ、前々から食べたかったウニのリングイーネを2人でシェア。

2皿に分けてくれる心遣い。
シンプルで、美味しいです。

第二回プラチナブロガーコンテスト
旅行・お出かけ部門に応募しています。

d0219019_18201115.jpg

こちらも私の我儘で、揚げ物好きは避けて通れない仔牛のカツレツ。

中がほんのりピンクで、柔らかい。
しかも分厚い。
美味し〜い。

d0219019_18202820.jpg

デザートは大好きなモンブラン。


d0219019_18202204.jpg

ジェラートかレモンタルトを食べたかったはずなのに、私が味見をしたかったメリンガータにしてくれる心優しき友人。
でも人の顔ほどもあろうかというそのビッグサイズに、2人がかりでも完食できませんでした。

もったいないお化けに謝らなくては。

d0219019_18201897.jpg

焼き菓子大好きなのに、あまりにお腹がパンパンでこちらも食べきれなかったクッキー。
そんな私の気持ちが通じたのか、お土産にクッキーをいただきました♡

写真を撮り忘れてしまったのですが、とても丁寧に好みを聞いてくださるソムリエの方がいて、数種類のグラスワインを楽しむことができました。

d0219019_18203612.jpg

いつも朗らか笑顔の岡村シェフ。
素敵な料理の数々、ご馳走様でした!

そして全ての我儘を聞いてくれた友人、楽しい時間を有難う!

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

「トラットリア ケ・パッキア」
東京都港区麻布十番2-5-1 マニヴィアビル4F

[PR]
# by italiawine | 2018-01-28 20:03 | レストラン・東京

フィレンツェで「神戸牛」を食べる !

d0219019_01104018.jpg

こっこれは・・・!

この光る「さし」は一体!!

今でも写真を見るだけで肉汁が口に溢れる感覚が蘇るこの一片の肉。

イタリア産の肉には見ることのできないこの「さし」の正体は・・・


d0219019_01031575.jpg


どーーーーーーーーん

「KOBE」と思いっきり旗まで立っていますが、そう、「神戸牛」です!!!

イタリア人の間でも ”マッサージをする肉” として知られている神戸牛。

ここ最近「WAGYU」と表記されている和牛は見ることがありますが、さすがに神戸牛は初めてかも。

しかも・・・

d0219019_01024719.jpg


値段が!ゼロが1つ多いよね?!

なんと1kg400ユーロ!!!

1kg40ユーロ前後で食べられるフィレンツェ名物ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナと比べたら、10倍の値段です。

「本物かいな」と半信半疑で口に入れましたが、口の中に溢れるさし感はまさに日本の高級牛の味。

これが、神戸牛か松坂牛か近江牛かと問われたら、さすがにどれかとは言い当てられないけれど、ここで「神戸牛」として販売するには神戸牛組合とやらに毎月数万円を払わないといけないそうなので、どうやら本物らしいです。

残念なことに、この焼き方だと脂が際立ってしまって、同席していたイタリア人も

「美味しいけれど、100gだけでいいかな」との感想。

私もなんと勿体無いことに、3分の1さえ食べ切れませんでした。

これにさっぱりおろしポン酢があったり、すき焼きかしゃぶしゃぶで食べられたら、100gでも200gでもいけますよ。

はーーー勿体無い!

d0219019_01054764.jpg


そしてイタリアのフィレ肉で締めくくる私達。

これは全て食べ切れてしまうのだから恐ろしい。

やっぱり土地の物はその土地で食べるのが1番美味しいのかしら。

調理法も違うしね。

d0219019_01123780.jpg


1kg400ユーロのお肉を食べ切れずに友人に渡し、フィレ肉のステーキは平らげ、デザートまで食べるという、ね。

なんだかね。

でも写真を見ると又食べたくなるということは、それだけ美味しかったということですね。

トライしたい方は是非!


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif


[PR]
# by italiawine | 2017-11-08 02:34 | フィレンツェ・レストラン

買い過ぎには気を付けたい、フランス・メルカート

d0219019_22560091.jpg
イタリアではなかなか味わえない、バターたっぷり、サクサクのクロワッサン。
毎年恒例のフランス・メルカートがフィレンツェにやって来ました。
クロワッサンを買いに行かなきゃと思いつつ行かれないまま、いつの間にか最終日。
どうする、面倒くさい、いや、でも、クロワッサンが待っている。
ようやく重い腰を上げて、行って来ました。

d0219019_22584387.jpg
と言っても、うちから徒歩5分。
家の前の道から、会場にある教会見えてるし。

快晴の下、サンマルコ広場を突っ切ります。
広場中央に立つ銅像。
ミケランジェロ広場のダヴィデ像もそうだけれど、こういう銅像の頭には必ずと言っていいほど鳩がとまっていますよね。
厳格な雰囲気の銅像と、小馬鹿にしたように頭に乗った鳩のギャップに、いつも可笑しくなります。

d0219019_22592167.jpg
左にはサンマルコ教会。
青い空に白いファサードが映えますね。

d0219019_23000467.jpg
そこから2分ほど歩いてサンティッシマ・アンヌンツィアータ教会。
イタリアに来た頃、なかなか覚えられなかった名前です。
今となっては懐かしい。

今日はこの教会前の広場が会場。

d0219019_23030783.jpg
聖人の日の祝日、しかもお昼時とあって混んでいます。

d0219019_23040569.jpg
すぐにお目当てのパン屋さんへ。
皆忙しそうに働いています。
会場内で、このパン屋さんが1番集客率が高いと思います。

d0219019_23045979.jpg

真ん中の黄色いトウモロコシパンも美味しそう〜。
だが大きい。
1人暮らしを呪うのはこういう時。

d0219019_23055047.jpg
かぼちゃのスープ屋さん。
ハロウィンらしいディスプレイが可愛いです。

d0219019_23065322.jpg
魅了的なチーズ屋。

d0219019_23074394.jpg
日本でも人気のモンドールが€12(約1600円)。

d0219019_23083337.jpg

美味しそうで思わず買ってしまったベリー類の載ったパン。
このクラムに何故か弱い私。クラムが載っていると、ついつい食べたくなってしまいます。
2年前のこのマーケットの写真を見たら、同じパンの写真が撮ってあり、思わず笑ってしまいました。
好きな物はあまり変わっていないようです(笑)。
でも、味は日本のメロンパン、中もそれほどふかふかしておらず、いまひとつでした。

d0219019_23092646.jpg
全く買う気のなかったジャム類。
なんの気なく足を止めると、スイスでとっても美味しかったヨーグルトに入っていたルバーブが!
子供の頃から大の食いしん坊ゆえにお菓子作りが趣味だった私は、あらゆるレシピ本でよくこの「ルバーブ」という物を目にしていました。ただ、日本では実物を見る機会はなし。
イタリアでもあまり普及していません。
1度ルバーブ入りのパイを食べたのですが、甘酸っぱくて「こんな物か」と思っただけ。
それだけに、スイスで食べたルバーブ入りヨーグルトの美味しさは衝撃だったのです。

ただ、甘過ぎるジャムが苦手なので、売っているおじさんに「これかなり甘いですか?」と質問。
フランス人のおじさんはイタリア語がわからないながらも「甘い」という単語は認識したようで、「甘いよ。ジャムだもの!」
そ、そうですよね。。。私は甘さ控えめかどうかを知りたかったのですが、そんな微妙なイタリア語が彼に通じる訳もなく、諦めました。
2個買うと安くなるというので、もう1つはマンゴー味を選択。
フランスなのにマンゴー味って!
どう考えたってフランスでマンゴーは栽培していないでしょう。
実はこれも理由があり、この夏パリのジャック・ジュナンのチョコレート屋さんに行った際、そこのマンゴー味のキャラメルがこれ又衝撃の美味しさで、「フランス=マンゴーが美味しいかも?」という図式が頭の中に成立。
勿論フランス産マンゴーはないだろうから、「フランス=マンゴーの使い方が上手い」という図式に勝手に書き換えました。
まあジャック・ジュナンの使う上等でこだわり抜かれたであろうマンゴーをこのマーケットで売っているジャムに期待するのは浅はかとも思われますが、好奇心に任せて買ってみました。

d0219019_23100649.jpg
禁断のクッキー屋。
これ、全く同じお店が、クリスマス前にサンタ・クローチェで開催されるヨーロッパ・メルカートに毎年出るのですが、毎年買わずにはいられない代物。

d0219019_23104665.jpg
昔はバターガレットが好きだったのですが、この手前の小さなカラメル味のクッキーが出てからは、毎年こればかり大量に買います。
今回もこれを15枚程、そして新入りのクイニーアマン(右)とココナッツサブレ(左)もお試しに。

そして、〆に今日の第一目標のクロワッサン売り場へ(←まだ買ってなかったんかい!)。
隣のおばちゃんが「クロワッサン4つ頂戴」と袋に詰めてもらい、終わりかと思ったら「もう4つ入れて」って。
えー全部買い占めないでね〜と心の中で祈っていたら、焼き立てのクロワッサンが運ばれて来ました。
やったね!!!
もう既に色々買ってしまったし、ここはクロワッサン2つとパン・オ・ショコラを1つにしておくかと思いましたが、おばちゃんも利用していた『クロワッサン3つ購入で1つおまけ!』という看板に誘惑され、
「クロワッサン4つとパン・オ・ショコラ1つ下さい」

えっっっ、あなたは淋しい一人暮らしですよね?
この大量の、しかも今日中に食べるのが最も美味しい物ばかりをどうするつもりですか?

まあまあ。美味しいクロワッサンは、1日経っても、そこら辺で売っているイマイチなブリオッシュよりは絶対美味しい! 
毎食1つずつ食べたって、明日のランチには無くなっちゃうじゃん!
そう思って、思いがけずに散財した袋たちを抱えて意気揚々と帰宅。

すぐに食べましたよ〜クロワッサン。
そして、それが悲しいことにあまり美味しくない。
え、こんなはずでは。。。2年前はもっと美味しかった、絶対に。
4つも買ってどうすんだい。
パン・オ・ショコラまで、チョコが少ししか入っていなくて期待を大裏切り。
楽しい食卓になるはずが、いきなりの罰ゲーム化。
これを1人で全て消化しろとー!?(←だから言ったのに)
24時間以上経過した今も、2個のクロワッサンが袋に入ったまま出番を待っています。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
# by italiawine | 2017-11-03 00:36 | 市場・マーケット

秋の気配、秋の味覚

d0219019_21072458.jpg
「秋の気配」なんてもうとっくに訪れているフィレンツェですが、ただ単にこの言葉を使いたかっただけです(笑)。

「秋の気配」と聞いて、曲が浮かんで来る方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。
ちょっと知ってみたかったりして。





朝は7〜8度と、すっかり冬のような寒さのフィレンツェ。
ダウンに手袋、マフラーまでしちゃいます。
なのに昼間は20度近くまで上がるので、気温差に付いていけずに風邪人続出。そりゃそうだ。

さて、中央市場は秋の味覚でいっぱい。
上記は今が旬のポルチーニ茸。
大きな物はかさが直径15cm程あります。

d0219019_21075272.jpg

私がイタリアに来た14年前は、スプーンで食べる程迄に柔らかく熟した柿がメインだったので、
「何だこれは!柿であって柿でない!」
と衝撃だったのですが、気付いたら、この日本で売っているような硬さの柿も幅を効かせるようになっていました。

d0219019_21081844.jpg

みんなのおうちごはん・秋グルメ!

こちらはちょっと小ぶりタイプ。
日本にいた時は柿ってあまり好きではなかったのですが、数年前から好きになり、秋になると必ず買うようになりました。

d0219019_21084464.jpg

そして栗。秋の3大ほくほく物(何それ?)といえば、南瓜、サツマイモ、栗ですよね。
イタリアの南瓜はスカスカしていて味も薄く、全くほくほくしていません。
サツマイモに至っては、最近アジア系食品店で手に入るようになりましたが、全く別物。
それでも、なきゃ困る!という程好きでもないので問題ないのですが、栗は大好き!
幸運にも、イタリアの栗は日本のそれのように美味しいです。

こちらでは、栗に一つひとつ切れ目を入れてフライパンで炒るのが、家庭での一般的な調理法。
栗ご飯も栗ぜんざいも、栗きんとんもないですからね〜。
底に小さな穴がいくつも開いた栗焼専用のフライパンも売っていますが、普通のフライパンでも問題なし。

1ヶ月程前にスーパーで初物の栗を見つけ早速レジに持って行ったところ、レジのお姉さんも
「あら、もう栗が出ているのね ♪」
と言いました。
栗の到来は、特に女性を嬉しい気分にさせます。

今回は友人の山で採れた栗たち。
小粒ですが、味は美味しいです。

d0219019_21090943.jpg

50粒くらいあったのに、翌朝残っていたのはこれだけ。
一体私は一晩でどんだけ食べたのか。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
# by italiawine | 2017-10-30 22:03 | 美味しい物

やっとパスタが作れる!

d0219019_00041083.jpg

40度超えの日もあり、100年ぶりの猛暑と言われた今年のフィレンツェの夏。

イタリアの昔からある家は壁が厚く、日中の太陽光さえ入れなければ涼しさを保ってくれるので、雨戸を閉めたままにして屋内の温度が上がらないようにします。
それもあってか、クーラー普及率の低いイタリア。
私もこの14年間のイタリア生活で、クーラーのある家に住んだことがありません。

今の家も然り。
ただ、地球温暖化のせいか、クーラーを購入したご近所さんの室外機が熱い風を送り出すせいか、さすがに暑さに耐えきれず、数年前に扇風機を買う羽目になりました。

そして今年は「パスタ禁止令」。
いくら涼しさを保つといっても、外が40度超えでは家の中も限界があります。
お湯が沸くまでの10分+パスタを茹でている間の10分、そして茹で上がってからも残る熱気。
パスタなんて作れたものではありません。

パスタほどはお湯を沸かす時間も掛からないし、と油断をして真夏の夜に作ったカップラーメン。
後悔しましたね〜。
お湯を沸かすところまでの暑さは我慢ができたのですが、食している間の暑さには卒倒しそうでした。
100年ぶりの暑さをナメていました。

d0219019_00044385.jpg

そして今日、ようやくパスタ解禁!!(←遅くない?)

たま〜にうちのワイン屋が、クリスマスにワインとセット詰めする為に購入する若干値の張るパスタ。
数年前に1袋貰っておいたのを、賞味期限が切れそうだったので使ってみました。

パスタの種類はフジッリ。
普通は長さ5cm程のショートパスタで、ネジのようにもっとぐるぐる螺旋が強いのですが、
これは長さはスパゲティくらいで、螺旋度合いはイライザの髪のよう。(←わかる方、同年代です)

d0219019_00042504.jpg

イタリアではパスタとラグーをしっかり混ぜてから盛り付けるのですが、どうしても日本流にラグーを上に乗せてしまう私。

正直言って、イライザじゃなくてもいいかなぁ。
イタリアに来た当初にホームステイをしていた家のマンマは、ラグーというとパッケリでした。
穴の中にラグーが入ってそれはそれで美味しいのですが、私はスパゲッティとのコンビが1番好きです。

d0219019_00050148.jpg
合わせたのは、ドイツの辛口リースリング。
ここ数年、辛口リースリングにハマっています。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

[PR]
# by italiawine | 2017-10-23 01:00 | 料理