人気ブログランキング |

イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ワイン ( 28 ) タグの人気記事

キャンティワイン試飲会

d0219019_19390057.jpg


イタリアから20社以上の生産者が来日し、キャンティ協会主催の試飲会&セミナーが開催されました。

写真はカステルヴェッキオ社のステファニア。

d0219019_19383200.jpg

会場はホテル雅叙園東京。

目黒駅からホリプロの前を通り、坂を下ります。

この坂の急さが半端ない。

ヒールで行った私はいつ転んでも仕方ないと、半ば諦め状態&ドンと来い状態で下りました。

が、幸いな事に、転ばずに到着できました。

d0219019_19384131.jpg

前身の目黒雅叙園は1931年に料亭として誕生し、「昭和の竜宮城」と謳われたそうで、内部は豪華絢爛。

写真では分かりにくいですが、広い庭が広がっています。

【キャンペーン】ゴールデンウィークの思い出&おでかけスポット教えて!

d0219019_19391695.jpg

これ、びっくりしますが御手洗いです。

橋がある御手洗い。。。

あまりに豪華で、逆にコントでも始まりそうな可笑しさがあります。

d0219019_19384611.jpg

さて、4階の試飲会場へ。

イタリア人らしいイケイケオーラを放つ友人はロレンツォ。

第二子誕生を控えているので、そのオーラも程々に(笑)。

d0219019_19385418.jpg

こちらはほっとする和みタイプの友人、フェデリーコ。

前日午後にイタリアから入り、何故か渋谷でインド料理の夕食を食べたという彼。

仲間の友人が渋谷で唯一知っていた店だそうですが、初来日ならせめて日本食を食べて欲しかった(笑)。

翌日には中国へ移動するという、なかなかのハードスケジュール。

それでも、このプロモーションの参加費は、エアー代・ホテル代・ワイン輸送費・イベント代全て込みで、通常のエアー代ほどの料金だそうです。

中には、2〜3日前に入って東京見学をする生産者もいます。

ある生産者の友人は、このプロモーションに頻繁に参加していますが、今回は日程発表前に家族旅行のチケットを取ってしまい、奥様に「え?プロモーション?」と睨まれて棄権となりました(笑)。


キャンティと仕事を始めて7〜8年以上経ちますが、まだまだ知らない生産者がいっぱい。

全生産者を把握するのは、生涯かけても無理でしょうね。

d0219019_19392342.jpg

閉場まで2時間近く試飲をし、その後は1階のカフェで生産者の友人達と休憩タイム。

d0219019_19390885.jpg

りんごのシブーストは意外と普通のお味でした。

庭園の緑が見渡せる、一面ガラス張りのカフェ。

コーヒーは800円でお代わり自由。この場所と景観で、とてもお得と思います。

もっとホテル内を見学したかったのですが、時間がありませんでした。

東京都の有形文化財に指定されたという百段階段もあり、ゆっくり再訪したいホテルです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2019-04-27 23:52 | ワインイベント | Comments(0)

フィレンツェで最も愛する場所「レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ」

d0219019_14431753.jpg
d0219019_14520370.png
【キャンペーン】『ほっとフォトコンテスト』温まる、癒される「ほっ」とする写真を募集中!

私のフィレンツェで最も愛する場所であるエノテカ「Le volpi e l'uva 〜 レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ」。

エノテカとは、ワインを販売、又ワインを飲みながら軽く食事もできるお店等をさします。

約25年続くこのお店は、フィレンツェで最も古くからあるエノテカの1つで、観光客は勿論、地元のフィレンツェ人も数多くやって来ます。

上の1品は、1番人気のメニュー「Crostone con salsiccia al tartufo 〜 トリュフ入りサルシッチャのクロストーネ」。

パンにチーズを載せ、トリュフの入ったサルシッチャ(豚のソーセージ)を載せて焼いた物。

これが本当に美味しくて、私の友人はフィレンツェに行く度に必ず食べる程。

他にもスペック&蜂蜜、アンチョビ&モッツァレッラ、ラルドと数種あるので、幾つか頼んでシェアがいいです。

d0219019_14431230.jpg

イタリアチーズ4種の盛り合わせ。

左から反時計回りに、トスカーナ産牛のチーズ、全くクセのない羊のチーズ、サフラン入り山羊のチーズ、牛のタレッジョ。

こだわって選ばれたチーズは、フランスチーズも含め、常時15〜20種程あります。

箸休めのミニトマトとタッジャスカオリーブが効いています。

d0219019_14430863.jpg

サラミは普通バージョンもありますが、こちらはシエナのブランド豚チンタ・セネーゼとの盛り合わせ。

手切りの生ハムの奥にある、左のカポコッロ、右のフィノッキオーナがチンタです。

この2種のチンタは、他ではなかなか味わえない美味しさなので、是非お試しを。

d0219019_14430248.jpg

合わせたのは、スプマンテ、€6。

その日によってグラス用のスプマンテが2〜3種用意されていますので、好みの物が選べます。

白・赤のグラスワインも、常時それぞれ15種程は揃っていますので、ワイン好きにはたまりません。

ワインは、醸造家やソムリエであるオーナーとスタッフが毎年試飲をして選択をし、他では見られない小規模生産の物が並びます。

d0219019_14432429.jpg

これからの季節、外のテラスも気持ち良いですね。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif
Le volpi e l'uva
Piazza de' Rossi 1, Firenze
Tel 055-2398132

by italiawine | 2019-02-24 15:33 | エノテカ | Comments(0)

ジュゼッペ・リナルディのワイン「ナマステ」

d0219019_14514628.jpg
d0219019_14520370.png


バローロの生産者「ジュゼッペ・リナルディ」を訪問した際、こちらのワイン「ナマステ」を購入しました。

このワインは、マルタが数年前から造る赤ワイン。

葡萄は、ネッビオーロ、バルベーラ、ドルチェット、フレイザ、ルケのブレンドです。

ラベルは、イタリアの現代画家ジャンニ・デル・ブーエの作品。

毎年様々な団体への寄付を目的に造られ、1年目はネパール、2年目はペルー、そしてこちら3年目は南イタリア、ランペドゥーザ島の団体へ寄付されます。

この年は1000本生産され、1本10ユーロで販売。

売上金10000ユーロが寄付されます。

d0219019_14513595.jpg

ラベルに「ジュゼッペ・リナルディ」と入っています。

d0219019_14514175.jpg

カプセルも、彼らのバローロなどと同じ。

d0219019_14515470.jpg

日本未入荷のこの「ナマステ」を輸入できないかとマルタに提案してみましたが、寄付目的である為、生産は採算度外視。

輸出に必要なコストを掛けられないとのことで、お断りされました。

コスト削減の為に、販売もワイナリーでのみ、他では販売されていません。

少しでも寄付のお役に立とうと、残っていた数本の内の2本を購入しました。

日本では知られていないのか、検索をしてもヒット件数ゼロ。

イタリアのネットでも、僅か数件のヒット。

その数件のうち2件は販売サイトで、それぞれ約7500円、6100円の値を付けていました。

寄付用に造られたワインが転売されているのもどうかと思いますが。

d0219019_14515854.jpg

訪問後に新たなヴィンテージも販売されたようで、売り上げはピエモンテ州クーネオにある山岳救助隊の支援に活用されるそうです。

今回ラベルはジャンニ・デル・ブーエの絵ではなく、クールマイヨールでフランスの山岳救助隊に助け出された、登山家ボナッティ氏の写真になっています。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング
by italiawine | 2019-02-15 15:45 | ワイン | Comments(0)

バローロ生産者「ジュゼッペ・リナルディ」への訪問

d0219019_16311145.jpg
d0219019_10550574.png

車でたった15分の距離なのに、往復で7500円もかかるハイヤーしか選択肢のない境遇(詳しくは→こちら)で辿り着いたのは、

「Giuseppe Rinaldi 〜 ジュゼッペ・リナルディ」。

d0219019_16312869.jpg

門を入るとすぐに、立派な建物が建っています。

呼び鈴を鳴らすと、昨年9月に他界した5代目当主べッペのお嬢さんで、彼から仕事を受け継いだマルタが出迎えてくれました。

他界されてから間もない訪問をお願いするのは躊躇われましたが、快く引き受けて下さいました。

d0219019_16302530.jpg

大樽が並ぶカンティーナを案内してもらいます。

d0219019_16304059.jpg

カンヌービとラヴェーラの畑で採れたネッビオーロ種で造った、バローロの入った樽。

d0219019_16310022.jpg

6〜40年の物が主流ですが、最も古い樽は102年も前の物。

d0219019_16305051.jpg

木で作られた味わいのある椅子が置かれた事務所へ移動。

d0219019_16304474.jpg

沢山ボトルが並ぶこの前で座る、ベッペの写真を見たことがあります。

その場所で、バローロを始めドルチェットやバルベーラなど、7種のワインを試飲させてもらいます。

d0219019_16305434.jpg

過去に数回飲む機会に恵まれた彼等のワイン。

私が今までに最も感銘を受けたバローロが、その中の1つです。

詳しくはこちらでご紹介しています。

d0219019_16310498.jpg

今回案内してくれた、醸造家でもある6代目のマルタ。

ワインだけでなく、ご家族の話も少し聞かせてもらいました。

d0219019_18223500.jpg

ベッペの存命中に訪問できなかったことを残念がる私に、おそらく葬儀の際に作られたであろうカードを、マルタが手渡してくれました。

彼の意志を引き継いで作る彼女達のワイン。

数年後の出来上がりを、楽しみにしたいと思います。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング
by italiawine | 2019-02-10 18:57 | ワイン | Comments(0)

シエナで立ち寄りたいエノテカ "エンポリオ・メディテッラネオ"

d0219019_22070759.jpg
ブルネッロの試飲を終え、シエナへと向かいます。

助手席の友人が、運転をしてくれている友人とお喋りをしてくれているのをいいことに、後ろで30分ほど爆睡してしまいました。すみません。。。


小1時間程でシエナに着き、我々が向かったのは、

【キャンペーン】私の「HOT」なモノ・コトランキング ということで、

モンタルチーノへ連れて行ってくれた日本の友人がイタリア人と共同経営をするエノテカ。ずっと来たかったのが、やっと来られました!カンポ広場の脇を入ってすぐという、とても立地の良い場所にあります。

d0219019_22070664.jpg

建物は、シエナの貴族であり銀行家のキージ家の物だったそう。ローマのパラッォツ・キージで有名ですね。そのせいか、アーチ状になった天井は高く、装飾も品格があり素敵です。冒頭の写真の、ボトル用スペースにも一つ一つライトがあって、それぞれのワインをライトアップ。新しいお店って違いますね。うちの古いエノテカとは大違い。まあ、うちのも味があると言えなくもないですが。。。


店内での各種ワインテイスティングは勿論、ワイナリー見学を始め、モンタルチーノやモンテプルチャーノ、サン・ジミニャーノやヴォルテッラといった、車がないと行きにくいトスカーナを代表する地域へのツアーも行っているそうです。


トレンティーノのスプマンテ、トレントDOCに精通したイタリア人スタッフもいて、スプマンテも色々揃っていました。

d0219019_22070767.jpg

こちらはトレントDOCではないですが、ヴェネト州トレヴィーゾのアストリア社による、寿司や刺身に合うように作られたワイン「Yu 寿司スパークリング」。ご馳走になってしまいました。アルコール度も10~11%程度と、飲みやすいワインです。

「司」の字の始まりが少し短いのはご愛嬌。


シエナに行かれる方、是非立ち寄ってみて下さいね。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
Emporio Mediterraneo
Via del Casato di Sotto 11, Siena
Tel 0577-46091

by italiawine | 2017-02-22 22:16 | ワイン | Comments(0)

2日間のキャンティ・クラッシコワイン展示会

d0219019_04271422.jpg

昨日、今日と2日間続いたキャンティ・クラッシコの展示会が先程ようやく終了しました。「疲れた~」の一言。

足は痛いし肩も痛い。お腹空いた(←関係ない)。


昨日は初日なので、朝の8時から会場であるレオポルダ駅跡にて仕事開始です。

430種類(!)あるキャンティ・クラッシコワインの抜栓。

430種類がどれだけかというと・・・。

d0219019_04271311.jpg

バーーーーーーン。

d0219019_04271316.jpg

ドーーーーーーン。

d0219019_04271236.jpg
ドキューーーーン(←???)。

果てしなく続くこの長い台。一体何mあるのだろう、という長さです。

向こうにいる人達が、小さい、小さい。

まるで、映画「ブルース・オールマイティ」で、モーガン・フリーマン扮する神様に届く世界からの願い事の詰まった果てしない引き出しが、ジム・キャリー目掛けて出て来る時のよう。わかるかな?(笑)

430種類がそれぞれ6本ずつ並んでいるので、その総数といったら2580本。

2580本ですよ!!

朝に抜栓するのはその内の860本。これ又すごい数。

それを20人くらいで開けるのですから、1人約40本。

こんなのはまだいい方で、数年前までは各種類を4本ずつ抜栓していたので、1600本を朝の2時間かけて皆で開けていたのです。さすがにそれだけ開けると2時間後には手がワイン色に変色していました。

それが半分になったのですから、今は楽なもんです。


一昨日のキャンティの展示会同様(詳しくは↓)、
ジャーナリスト達が希望するワインを4~6本持って彼らの席まで運びます。

それを朝の9時から閉会の18時まで行うのですから、重労働です。

お昼だってたったの30分休憩。

それでも毎年仕事を受けるのは、トスカーナを代表するワインの、年に1度の最も大事なイベントに参加するという意義があるから。

そして毎年この時期にしか会わない世界から集まるジャーナリスト達に会うことができるから。

ジャーナリストの中には、私の担当するテーブルをわざわざ選んでくれる人もいて、本当に有難いことです。

d0219019_04271185.jpg

昨日の仕事の後は、展示会後に用意されたアペリティーヴォのシャンパンを6種類味見することができました。

ご褒美、ご褒美♡


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

by italiawine | 2017-02-15 04:38 | ワインイベント | Comments(2)

フィレンツェで持ち寄りサンデーブランチ

d0219019_22584664.jpg


先週の日曜日は、私の友人であり仕事場のボスでもあるチーロの家にサンデー・ブランチのお呼ばれ。よく晴れた日曜日で、屋上のテラスでのランチにぴったり。

d0219019_23131279.jpg

14人+子供2人の大人数。イタリア・アメリカ・日本の3国籍。
皆で持ち寄った料理とワインもすごい量。

d0219019_2314576.jpg

さすがアメリカ人が作っただけあり、ケンタを彷彿とさせるチキンフライサンドで美味し〜い。
イタリア人男子に大人気でした。ケンタを食べたことがないでしょうから、初めて食べる味なのでしょうね。イタリアでは今年やっとローマにKFC1号店がオープンしたようです。

d0219019_23163843.jpg

辛口手羽先。結構辛い。

冒頭の写真はこの日の1番ヒット、ごま醤油手羽先。
鳥良の手羽を思い出させる味で、3つも食べちゃいました!
あー又食べたい。

d0219019_2321457.jpg

ワインもどしどし開けていきます。
珍しいカリフォルニア産のバルベーラ。
バルベーラは主にピエモンテ州で栽培される、イタリアの葡萄品種です。

d0219019_23194691.jpg

甘い物も盛り沢山。
ものすごくアメリカンチックなブルーベリーパイと思ったら、意外にもイタリア人作でした。

d0219019_23233959.jpg

沖縄のサーターアンダーギーに見た目そっくりなアメリカンドーナツ。

写真を撮りませんでしたが、私はティラミスを持参。
こんなに甘い物が持ち寄られるとは知らず、3台も作りました。
でも2台は終了し、3台目は翌日のチーロの朝食になったので、結果オーライ♪

d0219019_23283489.jpg

クッキー。
ここまでくると、さすがに甘い物好きの私でも手が出ません。
沢山食べた後に、この粉系、しかも1つのサイズが大きい物はきついですよね。
あっでも、この前にスコーンとワッフルも食べています(笑)。
手作り焼き菓子は大好きなのに残念!と思っていたら、私が甘い物に目が無いのを知るチーロが「持って帰っていいよ」と言うので、少し貰ってきました。良かった〜。

d0219019_23265187.jpg

14人で12本開けました!005.gif


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
by italiawine | 2016-10-05 23:09 | Comments(0)

『Le Volpi e l'Uva』のチーロのワイン

d0219019_19481448.jpg


私の職場のワインショップ『Le Volpi e l'Uva〜レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ』のオーナーの1人、チーロが、ワインの専門家である友人2人と2年前に始めたワイン造り。

標高612m、キャンティ地方のラーモレにある古い葡萄畑。
そこで2013年に収穫したサンジョヴェーゼ100%で作った、彼等の初めてのワインです。

ステンレススティール、アンフォラ(トスカーナ地方で有名な素焼きの壷・テラコッタ)、大樽での熟成を経て出来上がりました。
農薬は一切使用していません。

醸造家のアドリアーノ、今年のシャンパン大使に選ばれたベルナルド、そしてチーロのそれぞれの頭文字をとって『l'ABC』と名付けられました。

生産本数は僅か778本。
後に彼等が偉大なワインを造るようになった暁には、幻の1本となるでしょうね。
あ、でも全部飲んじゃった(笑)。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
by italiawine | 2016-01-12 19:53 | ワイン | Comments(0)

アグリツーリズモでワイン会・食べ物編(才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_7274154.jpg


友人アドリアーノのワイン会は、いつも美味しい食べ物も沢山出ます。
ワインよりもそれを目当てに行っているとかいないとか。。。

試飲会場のテラス部分の床が揺れて酔いが回るのを言い訳に、休憩と称して食べに走ります。
まずは朝食に(←って、しっかりバールでクリーム入りスフォリィアとカプチーノを摂りました。しかも前夜、車を運転してくれる友人に「集合してから朝食のためにバールに寄れる?」とメールで確認する念の入れよう。どこまで食いしん坊なんでしょう。)・・・カントゥッチーニから。

d0219019_7282398.jpg

どーんと大粒チョコレート入り、レモンとライムの果肉入りの2種類が陳列されています。

d0219019_728977.jpg

手前左手のミューズリー入りは朝食にぴったり。他に珍しいミント&チョコチップなんてものもあり、濃いミント味が苦手な私でも気に入る爽やかミントでした。
フィレンツェでも売っているそうなので、今度買いに行こう。
ところが今日仕事で、このワイン会に参加していたうちのオーナーに会った際、「あのカントゥッチーニ美味しかったよね〜」と盛り上がり、うちのショップで扱うことになるかもしれません。やったー!

d0219019_7291915.jpg

イタリアの甘い朝食後はやっぱり塩味系ですよね。子ヤギや鹿、猪などのサラミを次々試食。

d0219019_73082.jpg

生ソーセージのサルシッチャとじゃが芋を合わせたもの。これはヒットです。

d0219019_7304492.jpg

猪のソプラッサータ。普通は猪ではなく豚の頭の部分で作るサラミで好きではないのですが、この猪版は美味しい。

d0219019_7324328.jpg

「L’Abbonzanza」という生産者のチーズ。中でもフォッサという穴蔵で熟成させた左のチーズがミルキーで好みです。

d0219019_7331088.jpg

えっ?こ、これは・・・?
そうです、生トリュフが贅沢にも丸ごと入ったハムです。
サラミ類の中でもわりかし低価格のハムにトリュフというミスマッチ。不思議なコンビです。
試食は4種類あるハムの内、まずは普通のハムから。大量にスライスし、ピアディーナという薄パンを温めて挟んでくれます。スモークハムも同じようにパンでサンド。

d0219019_7334058.jpg

うま〜い。
初めは4人だったのにだんだん人垣ができ、おじさんも実演販売の様相を呈してきました。いよいよトリュフ入りハム!ですが、さすがにボリュームたっぷりのピアディーナサンドはもう食べられませんということで、ハムだけ1枚切ってもらいました。

d0219019_7341293.jpg

こ〜んな感じ。さすがにハイクオリティのトリュフを使っているわけではないので、香りはあまりしません。2番目に食べたスモークハムの方が口中でとろけて美味しかったです。

d0219019_7353154.jpg

こちらは右が26ヶ月、左が10年熟成のパルミジャーノ・レッジャーノチーズ。
10年ものはコクはありますがちょっぴり固く、26ヶ月の方が好みです。

まだ他にアーティチョークやドライトマト、にんにく、きのこのオイル漬け、生ハムのブース等もあるのに、庭では近くの有名レストラン(名前は忘れました)のシェフが用意する料理が次々に出てきます。

d0219019_7363487.jpg

パルミジャーノの前菜3種

d0219019_738118.jpg

卵麺のサルシッチャソース

d0219019_7383517.jpg

アスパラガスとからすみのリゾット。
もうお腹いっぱ〜い。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
by italiawine | 2015-02-27 07:40 | ワインイベント | Comments(0)

アグリツーリズモでワイン会(才能応援プロジェクト ウェブライター部門)

d0219019_2329971.jpg


月曜日はトスカーナ州の海沿い、カスティリィオンチェッロまで行ってきました。
友人のアドリアーノが開催するワイン&食のイベントです。
場所は丘の上にあるアグリツーリズモ“Casale del Mare”。
着いた途端、馬が出迎えてくれました。
餌をもらえると思ったのか、後を付いて来る姿がなんとも可愛いです。

d0219019_23322957.jpg

2月にしてはとても暖かい日で、ワイン生産者の友達と日向ぼっこ&お喋り。
最高の田舎日和です。

d0219019_23323579.jpg

朝早くまだ誰もいない会場で、「飲む?」と言われたので、早速試飲させてもらいました。
ぼってりしたボトルが愛嬌のある、ロンバルディア州ブレーシャのワインです。
ロンバルディアの赤い土着品種グロッペッロを初めて100%使用して作ったスプマンテが印象深かったです。

d0219019_2335067.jpg

15種ほどあったシャンパンも全て味見。
綺麗なロゼです。

d0219019_23352925.jpg

私の好きなオーストリアとドイツの白も沢山並んでいます。

d0219019_23355551.jpg

こちら、私の働くワインショップのオーナーと奥さん、そして彼等の作るボルゲリのワインです。彼は醸造家でもあるのです。

d0219019_23362779.jpg

そのワインショップの皆が好きな、ピエモンテ州のモスカート・ダスティ『Ca’ d’Gal』。
早飲みが主流なのに、左のボトルはなんと2008年。驚きですが、年齢を感じさせないすっきりさです。ここのは甘みもさっぱりしていて飽きずに飲めるワインです。


↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ

【才能応援プロジェクト】ブログを書いてプロをめざそう!
by italiawine | 2015-02-26 23:42 | ワインイベント | Comments(0)