人気ブログランキング |

イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ヴェローナ ( 9 ) タグの人気記事

贅沢に白アスパラを食べる、トラットリア・ファットーリ

d0219019_10192521.jpg

ヴェローナから車で30分、丘に囲まれた一角にある一軒家のトラットリアでランチ。

写真は、贅沢にも白アスパラをふんだんに使ったトマトソース。

も、もったいない!!高価な白アスパラが!!

ここヴェネト州は白アスパラの産地なので、フィレンツェでは滅多に見かけないこの野菜も、季節になるとスーパーにどーんと並びます。

フィレンツェでは勇気を出さないと買えない(よって1度も買ったことがない)程高いのですが、ここでは手を出せる価格です。

イタリアでは道路沿いにトラックを止めて特産の野菜や果物を販売していたりするのですが、ヴェローナでは白アスパラもこうやって販売されており、思わず「車止めて〜」と言いたくなります。

アスパラの苦味が効いた、美味しいソースとなっていました。

d0219019_10195098.jpg

あら、素敵なレストラン!という感じの外観ですが、中はとってもアットホーム。

田舎の大家族のお家に招かれたような、昔ながらの家族経営のお店です。

1927年から現経営者であるファットーリ家が引き継いでいますが、ここでは1800年から食事を提供する場として機能していたそうです。

d0219019_10185170.jpg

肌寒いこの日は、暖炉に火が入っていました。

d0219019_10190156.jpg

前菜はキノコのソテー、ポレンタ、サラミ、チーズの盛り合わせ。

プリモは、色々あって迷いまくり。

d0219019_10190472.jpg

友人の頼んだ、オースドックスなトルテッリーニ・イン・ブロード。

ブロードの中に、肉を包んだパスタが入っています。

d0219019_10190882.jpg

こちらは、お勧めだという「タリアテッレ・イン・ブロード・コン・フェガティーニ」

タリアテッレというよりは、カペッリーニぐらい細いパスタがブロードに入り、レバーまで入っています。

トスカーナではまず見ない料理。

味の想像ができず、我々フィレンツェ&日本組は誰も頼まず(笑)。

d0219019_10191609.jpg

私が選んだのは、大好物でこの時季旬のグリーンピースソースのタリアテッレ。

漫画盛りご飯はありますが、パスタでは初めて見ました(笑)。

食べても食べてもなくならない(汗)。

パスタだけのように見えますが、下にびっしりグリーンピースが隠れています。

d0219019_10192125.jpg

こちらも旬の白アスパラとグリーンピースのショートパスタ。

どのお皿もモリモリです。

作っているのは、正にイタリアのマンマという感じのお母さん。

d0219019_10191231.jpg

そういう料理が大好きな(といっても星付きレストランや話題のレストランにもよく行く)私のイタリア人の友人である元上司が、たまらずラグーを注文。

ほんのお味見程度でお願いしたのに、どーんとやってきました。

これが本当に美味しくて、私と友人で完食。

d0219019_10193024.jpg

ここに連れて来てくれた地元の知人は「どんどん食べろ」と言ってくれ、各自に運ばれたのは、名物、仔山羊の串焼き。

もう既にお腹パンパンの私は残す事確実だったので、それでは申し訳ないと辞退。

「どうか他のテーブルでのオーダーか、スタッフの方に回して下さい。」とお願いしました。

暫くして隣りのテーブルに運ばれたのは、私の仔山羊ちゃんかも♡

友人に一口貰いましたが、柔らかく美味しかったです。

d0219019_10194011.jpg

ドルチェはやはり別腹。

生クリームとカスタードをパイとスポンジで挟んだお菓子です。

d0219019_10193585.jpg

焼き菓子も。

d0219019_10194577.jpg

食後のコーヒー。

こういう薄い陶器のカップ、たまにしか見かけませんが、好きなんですよね。

家庭的なトラットリアでのランチ、大満足でした。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング

Antica Trattoria Fattori
Piazza Terrossa 36, Terrossa-Roncà Verona
Tel 045-7460133

by italiawine | 2019-06-10 11:42 | レストラン・イタリア | Comments(0)

ヴェローナの街の驚くホテル事情

d0219019_11331247.jpg

ヴェローナの街が1年の中で最も活気付くのは、毎年4月に開催されるヴィーニタリーの期間中。

会場となるヴェローナフィエレでは、年間を通して様々なイベントが催され、特に馬や大理石の展示会は有名ですが、やはり最も大きなイベントはヴィーニタリー。

イタリア国内のみならず、海外からも沢山のインポーターが訪れるので、4日間の期間中はホテル探しが至難の技。

出展者であるワイン生産者は、何年も通っているので毎年泊まる場所が決まっており、ヴィーニタリーが終わる際に又翌年の宿泊予約をするのが一般的。

それでも、街の中心地や会場近くは高いので、皆会場からは離れた宿泊場所を確保します。

そう、ヴィーニタリー期間中は、ヴェローナのホテル価格が信じられない程高騰するのです。

7〜8年前、ヴィーニタリーの1ヶ月前に仕事の依頼を受けた際、空室の残っているヴェローナのホテルの最安値が1泊400ユーロ、日本円で約52000円!!!

当日入りしたとしても最低3泊必要なので、それだけで15万6千円もしてしまいます。

結局ヴェローナ在住の知人の家に泊まることができたので、15万払う必要がなくなりました。セーフ!

その年に会場で会ったアテンドをしている友人が「中心地のホテルに泊まっている」と言うので、驚いて『高くないの?』と聞くと、「取引会社の負担で予約してくれたから」という返事。

こういう幸運な人も、中にはいます。

私の友人の知り合いは、或るホテルにネットで予約を入れたのですが、後日「コンピューターのミスで予約を受け付けてしまいましたが、既に満室で対応できません」とキャンセルになったそう。

その後、予約をした時の数倍の価格で空室情報が出ている事に気付いた彼。

どうやら、ヴィーニタリー期間を忘れて通常価格で設定していたホテル側が、それに気付いて価格を吊り上げたらしいです。

彼は予約サイトに苦情を申し入れたそうですが、酷い話ですよね。

d0219019_11325994.jpg

ヴィーニタリー期間外に宿泊することとなった、会場近くのこちらのホテルは「コルテ・オンガロ・ホテル」。

街の中心地まではバスで10分と、観光にはあまり便利ではない場所なので、期間外は良心的な値段のホテルですが、室内は広くモダンです。

住宅街なので、窓を開けるとお隣の一軒家が見えるところはご愛嬌。

d0219019_11330716.jpg

家具は黒で統一されています。

一体ヴィーニタリー期間中は幾らになるのか、知りたいですね。

そう思ってネットで調べてみましたが、まだ日にちが遠過ぎて受け付けていないのか、来年の4月はどの日も予約不可能でした。

d0219019_11325634.jpg

屋上にバーがあるというので上ってみましたが、日中は雨だったせいか営業していません。

d0219019_11325112.jpg

周りには住宅しか見えませんが(笑)、一応テラス席があります。

反対側にはジャグジーまであります。

観光には不便な立地、大きなイベントでフィエレ会場に来るお客さんがメインとあっては、こういった設備で集客を狙うしかないのでしょうね。

d0219019_11331651.jpg

朝食もなかなか充実しており、冒頭写真のフレッシュフルーツジュースも美味しくて、スタッフの対応も良好。

立地と訪問目的が合えば、とても良いホテルです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング

Corte Ongaro Hotel
Via Scuderland 40, Borgo Roma, Verona

by italiawine | 2019-06-06 14:33 | ホテル・イタリア | Comments(0)

ようやく馬肉に辿り着く「オステリア・リパッソ」

d0219019_17190925.jpg

この日もヴェローナ。

ヴェローナに詳しいフィレンツェの友人に聞き、お勧めされたのは「オステリア・リパッソ」。

d0219019_17183188.jpg

店内はどうやらオステリアとバール半々に分かれているらしく、店内奥のセンタークロスの掛かったテーブルに案内されます。

壁などの仕切りがあれば良いのですが、何もないので、バールでお酒を飲んでいる5〜6人の女性グループの声が丸聞こえ。

しかもめちゃくちゃ騒がしい。

注文せずに退出したいほどでしたが、別のレストランを探すのも大変なので我慢。

メニューを見る限り、オステリアという割にはレストランのようなきちんと系が載っているので、せめてもの料理に期待。

d0219019_17182660.jpg

ワインはDurnsteinのリースリング。

d0219019_17183745.jpg

前菜は卵のフライ。

下は確かグリーンピースのソース。

d0219019_17184046.jpg

割るとこんな感じ。

黄身の流れ具合が完璧で、テンション上がります。

ただ、友人の注文した冒頭の「タリオリーニ、赤海老のタルタル載せ」が美味し過ぎて、ちょっと後悔。

お腹があまり空いていなかったので、迷って卵にしたのですが、このパスタの量ならいけましたね。

d0219019_17184407.jpg

セコンドは鳩のパイ包み焼き。

なかなかちゃんとした料理を出すので、バールと一体型という店の作りが勿体無いですね。

もっと落ち着いた雰囲気の中で食べたいです。

d0219019_17185011.jpg

そして、満を持して登場の馬!!!

馬肉のステーキです。

ヴェローナといえば、馬。

昨夜はロバで近いところまで行きましたが、ようやく馬に辿り着けた友人です。

ヴェローナを去る前にありつけて良かったですね。

d0219019_17185560.jpg

デザートは軽めのブリュレ。

d0219019_17190054.jpg

そしてオレンジのタルト。

又1軒、美味しいお店の発見でした。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング

Osteria Ripasso
Via Umbria 1/B Verona
Tel 045-2523493

by italiawine | 2019-06-03 18:13 | レストラン・イタリア | Comments(0)

ヴェローナでロバのラグーを味わう「ラ・ピアッツェッタ」

d0219019_15580589.jpg

ヴェローナといえば、馬肉やボッリート・ミスト(茹で肉盛り合わせ)が有名ですが、馬肉は数年前にヴェローナ中心地で食べた物があまり新鮮でなかったこと、ボッリートはフィレンツェでも割合食べるので(特にクリスマス)、今回はそれに捉われずに美味しそうなお店を選びました。

街の中心地、エルベ広場近くにあるエノテカレストラン「La Piazzetta 〜 ラ・ピアッツェッタ」。

外にテラス席もあり、新しそうで素敵なお店です。

そのテラス席ではスパークリングワインや生ハムが振る舞われていたので聞いてみたところ、有料だというのでそのまま店内の席へ直行(笑)。

d0219019_15575181.jpg

まずは、グラスで「Fongaro」のスプマンテ、パドゼ。ドゥレッラ種100%。

d0219019_15580017.jpg

店内は薄い白木で統一され、柔らかい雰囲気。

d0219019_15575755.jpg

パンは、白パンと全粒粉パンの2種類。もう一捻り欲しいところ。

前菜は、冒頭写真の料理。

「牛肉のタルタル、パプリカ風味。チンブロチーズと野生ルッコラ、アーモンド和え」€14。

チンブロはヴェローナのチーズで、13世紀という昔から、地元の牛乳のみで作られたハードタイプのチーズです。

イタリアは薄味のタルタルに出会う事が多いのですが、これは味付けも丁度良く、アーモンドのカリカリがアクセントになり、とても美味しいです。

d0219019_15580953.jpg

プリモは「ロバのラグー(ミートソース)のマッケロンチーニ、フォアグラソテーとアマローネワインのソース添え」€15。

そう、ヴェローナは馬の他に、ロバもよく食べるのです。

癖もなく、馬肉の味に近いです。

d0219019_15581301.jpg

次はグラスで「Ottella」のルガーナ。

d0219019_15581907.jpg

合わせるセコンドは「ニシカンパチのオーブン焼き、アサリとムール貝のスープのせ」€20。

普通に美味しかったです。

薄く長い黒い物は、ナスの皮でしょうか。

d0219019_15582452.jpg

ドルチェは、特に伝統的な物がなかったので、ババを選択。

1人前は結構なボリュームですが、2人でシェアしたので丁度良い大きさでした。

d0219019_15583328.jpg

地下にはクロスの掛かったテーブルが並び、1階よりフォーマルな感じです。

トイレがあるので行ったのですが、スタッフの誰もいないフロアーに並ぶワイン。

盗まれないのか、こちらが心配してしまいます。

イタリアのレストランには、トイレ近くに結構こういう無防備なワイン置き場があり、「ここはイタリアですよー。大丈夫ですかー。」と言いたくなります。

ともあれ、美味しい食事に大満足。

ヴェローナを訪れたら又行きたいお店です。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング

La Piazzetta
Corte San Giovanni in Foro, 4 Verona
Tel 045-591099

by italiawine | 2019-06-02 17:00 | レストラン・イタリア | Comments(0)

「ロミオとジュリエット」の舞台、ヴェローナの街の見どころ

d0219019_17250803.jpg

今日はヴェローナの観光名所をご案内。

迫力あるこちらは、かつての円形闘技場、アレーナです。

ローマのコロッセオに似ていますね。

1世紀の建築で、2万人を収容できます。

ヴェローナ在住の友人が「中に入りたい?」と言ってくれたのですが、入場料が必要。

オペラか何かを上演している時ならそのチケットで入れるので、又の機会にします。

翌日はたまたま毎月入場料無料日である第1日曜日で、友人達はしっかりアレーナに行っていました(笑)。私は仕事119.png

d0219019_17252036.jpg

そしてヴェローナといえば、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台になった所です。

ジュリエットのモデルとなったカプレーティ家の屋敷が残っており、観光客で大賑わい。

2階部分にバルコニーもありますが、実際にはなかった物を、ファンの要望で後付けしたそうです。

バルコニーへも出られる屋敷内の見学は有料ですが、庭だけなら無料で入ることができます。

d0219019_17253043.jpg

庭にはジュリエッタ像(イタリアでは女性名はaで終わるので、ジュリエットではなくジュリエッタになります)があり、右胸を触ると恋が成就すると伝えられています。

d0219019_17253964.jpg

近くにあるのは、エルベ広場。

毎日白いパラソルの下に市場が立ち、野菜や果物、土産物などを売っています。

広場に面してカフェやレストランのテーブル席が並び、お茶やアペリティーヴォを楽しむのに最適。

中央には14世紀に造られたヴェローナのマドンナの噴水があり、夏には涼を運んでくれます。

d0219019_17254886.jpg

中には入ることができないのでひっそりとしていますが、ロミオのモデルとなったモンテッキ家の屋敷も残っています。

赤い服の女性の後ろにある門がそれで、「所謂ロミオの家」と書かれた看板が目印。

d0219019_17251468.jpg

オレオがてんこ盛りのジェラートを思わずパチリ。

後ろのケースにジェラートが盛りもりですが、こういうお店は大抵美味しくないので注意しましょう。

d0219019_17255967.jpg

街を流れるアディジェ川に架かる石橋は、その名も「ピエトラ橋」、石の橋という意味です。

紀元前1世紀のもの。

d0219019_17255339.jpg

この日は雨の後で川の水が濁っていますが、川沿いにはバールやエノテカのテラス席があり、いつも大人気。

空席を見つけたら行ってみて下さい。

d0219019_17260786.jpg

川沿いの散策も、とても気持ちがいいのです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング
by italiawine | 2019-05-28 18:27 | 散歩 | Comments(0)

ヴェローナから足を延ばして、水の綺麗なガルダ湖へ。 sanpo

d0219019_18464311.jpg

ワインのイベント「ヴィーニタリー」の際、毎年前日もしくは当日入りをするのですが、今年はヴェローナに住む友人達が

「早めにおいで。山の上に素敵な場所があるから、そこに遊びに行こう」

と言ってくれ、2日前にヴェローナ入り。

その場所はヴェローナから車で2時間かかるそうですが、天気予報は雨。

それでは行っても仕方ないということで、近場のガルダ湖へ行くことに。

d0219019_18462472.jpg

ヴェローナから車でおよそ40分。

一旦乗り入れた有料駐車場のすぐ脇に無料駐車場を見つけ、すぐさま移動。良かった!

目の前は、もうガルダ湖です。

d0219019_18463345.jpg

湖のほとりに、物凄く大きな木を発見。


丁度陽が落ちる前の時間で、空の色が水に反射してとても綺麗。

d0219019_18464870.jpg

ガルダ湖の総面積は370㎡、イタリアで最も面積の広い湖です。

南北に52km、東西に18kmというのですから、相当大きいです。

d0219019_18465486.jpg

この日行ったのは、シルミオーネという地域。

レストランも沢山あります。

d0219019_18470086.jpg

それにしても、驚くのは水の透明さ。

東京から行く湖といえば、芦ノ湖、相模湖、河口湖、山中湖など、水が透き通っている印象がないので、湖でこんなに綺麗な水なんだ!とびっくりです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2019-05-23 23:39 | 散歩 | Comments(0)

ヴィーニタリーのお馴染みフォトスポット

d0219019_19353314.jpg

今年もヴェローナで開かれる、イタリアワインの一大イベント「ヴィーニタリー」に行ってきました。

正確な数字は記憶していませんが、10年以上は通っているヴィーニタリーで、今年は初の雨模様の毎日でした。

毎年4月開催は同じでも、日程の変化する4日間。

大抵は暖かな気候で、昼間など半袖でいいぐらいの日が続きます。

昨年が4月15〜18日開催だったのに比べ、今年は7〜10日と早めだったせいか、冬のような寒さの4日間で、これも珍しい事でした。

写真は、カングランデの入場口から入ってすぐにある、ヴィーニタリーお馴染みのフォトスポット。

この寒さの影響で花が咲かなかったのか、例年に比べて随分淋しい印象です。

いつもは写真を撮る人で溢れ、一般開場時刻前で生産者しか入れない時間帯でも、少し待たないと写真を撮影できないのですが、今年は楽々。

それだけこのフォトスポットに魅力が感じられないのでしょう。

d0219019_19365902.jpg

こちらは昨年2018年の写真。

紫陽花が満開です。

それでも、例年よりは地味な方。

d0219019_19372145.jpg

2017年はこんなに艶やかです。

d0219019_19361813.jpg

50周年を迎えた2016年も然り。

とても華やかです。

それまで全面がお花だったものを、昨年から3分の1程もの面積をコルクで占めるというデザインにしてしまったせいで、大分感じが変わってしまいました。

今までずっと2台だったトスカーナパビリオンのバールのレジが今年から1台になったり、配布されるカタログの数が減ったりと、あらゆる所で経費削減が見られますので、こちらもその一環なのでしょうが、なんだか寂しいものです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング
by italiawine | 2019-04-30 19:51 | ワインイベント | Comments(0)

イタリア最大のワインイベント『Vinitaly 』

d0219019_1381997.jpg


カンボジアから戻ったのも束の間、ワインイベント「Vinitaly」の仕事があったので、ヴェローナに4日間滞在してきました。
もうカンボジアではないのに、自分の街ではないので異国気分で、イタリアの友人に電話をするにも「この時間に掛けて大丈夫かな」と時差を気にする始末。。。

d0219019_1392610.jpg

こちらが私のブース。
今回もキャンティ・コッリ・フィオレンティーニ協会のお仕事です。
ヴィーニタリーを担当するのは、早いもので今年で4年目になります。
協会所属の生産者のワインが30種類並びます。冒頭の写真がそれです。
昨年までは手伝いの人が1人いたのに、今年は私のみ。
ブースを空にする訳にもいかないので、最終日以外はお昼もブースで食べました。

d0219019_1402950.jpg

お世話になったのがこのお寿司。
€10とちょっと高めですが、味は結構イケます。
トスカーナのパビリオンのバールには、見るからに不味そうな、パンが80%を占めるのではないかと思われるパニーノしかないので、倍の値段を払ってもお寿司の方が美味しい感があります。

d0219019_1313976.jpg

ノービレ・ディ・モンテプルチャーノ協会のブース。

d0219019_134858.jpg

友人のワイナリー「フォントーディ」。
開場前なので誰もいませんが、いつも人気のブースです。

d0219019_1363057.jpg

うちのワインショップでも扱っている、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの「ピアン・デッロリーノ」。

d0219019_144228.jpg

今年は50周年!
イタリアのもう1つの大きなワインイベントである「メラーノ・ワイン・フェスティバル」が25周年なので、倍の年月ですね。
今年の1日入場券は、そのメラーノのように高い€80。
生産者は商談目的で参加するので、飲みに来るだけの一般人を阻もうとこれまでにも値上げが何度となくされてきましたが、地元ヴェローナには大量の入場無料券が出回ると聞きますし、酔って騒ぐ大半はその券で入る人々なので、根本的な対策にはなっていないのですけどね。



↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキングへ
by italiawine | 2016-04-20 01:46 | ワインイベント | Comments(1)

白アスパラガス

d0219019_111039.jpg


私が幼い頃、アスパラガスといえば瓶詰めの白いアスパラガスで、嫌いな食べ物の一つでした。ベビーコーンと同じで、生の姿を見ることのない謎の食べ物でした。
緑色のアスパラガスも、我が家の食卓にはあまり上らず、はっきりと食べたことを記憶しているのは大学時代です。それ以前は一般的にもあまりメジャーな野菜ではなかったような気がします。それとも、うちだけかしら?

2月に日本に帰った時にスーパーで白アスパラを見つけてびっくり。
5〜6本の1束を買って茹で、母と2人で食べました。

フィレンツェでもまず白は見かけません。
3年程前に働いていた店に1度だけ入荷しましたが、1kg17ユーロと野菜とは思えない値段で、しかも1束が大きいので15ユーロくらいしていました。通りかかったフィレンツェ在住の日本の方が買おうか迷っていましたが、さすがに止めていました。半分ならまだしも、夕食に1束15ユーロのアスパラは普通躊躇しますよね。

そんなフィレンツェでは高嶺の花の白アスパラも、北イタリア・ヴェネト州ヴェローナのスーパーでは1kg4、9ユーロでした。緑が1kg3、9ユーロでしたので、若干高いというところです。白の産地で有名なバッサーノ・デル・グラッパが近いからでしょう。
今まで細い方が美味しいと思っていたのですが、先日市場でアスパラ売りのおばさんに「太い方が甘いわよ」と言われたので、今回も太い物にしました。直径3cm程もあり、かなりぶっといです。

根元は切り落とし、皮が固かったので先の方まで皮も取りました。
試しに生で齧ってみましたが、生もいけました。
1、2kgもあったので半分は茹で、残り半分はオリーブオイルで炒めて変化を付けたのですが、それでも1人で食べると飽きます。
しばらくアスパラは見なくてもいいですね。

d0219019_123296.jpg


そんな念願叶って大食いした白アスパラですが、個人的には緑の方が好きでした。それとも、あまりに太いのを買いすぎたのでしょうか。
私に太い方が甘いと教えてくれたおばさんは、月に1度だけフィレンツェのレプッブリカ広場にやってきます。毎月第一土曜で、彼女の緑アスパラは本当に甘くて美味しいです。穫れたてなので生でもokです。
私は見るのも苦手ですが、彼女の養殖しているエスカルゴも販売していますので、興味のある方はどうぞ。写真の大きさになるのに2年かかり、野菜を大量に食べるので彼等の為に野菜も育てているそうです。

d0219019_185179.jpg

by italiawine | 2013-04-28 01:09 | 美味しい物 | Comments(0)