人気ブログランキング |

イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

タグ:代官山 ( 5 ) タグの人気記事

フリッパーズ代官山店でパンケーキパイ

d0219019_16532698.jpg

ゴージャスな店内で中華を食べ、絶品のバナナクリームパイを楽しんだ我々は、帰途へ着く為、代官山駅を目指します。

d0219019_16530654.jpg

そして、行きに目を付けておいたこちらのお店「フリッパーズ」へ到着。

駅の目の前にあるのです。

d0219019_16531198.jpg

ふわふわ新食感の「奇跡のパンケーキ」がウリみたいです。

d0219019_16530227.jpg
こちらは店内の様子。

白を基調にした、カジュアルで清潔感のあるお店ですね。

お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】

d0219019_16525683.jpg

友人達がお子へのお土産にと、テイクアウト用のショーケースにあった商品を殆ど買い漁った後、ポツンと残るレモンクリームチーズ味。

あっでもいいんです。買うならこの味と思っていたので。

という訳で、別段買う気はなかったのですが、友人達に触発されて私も買うことに。

d0219019_16531856.jpg

「自家製チーズクリームにレモンのピールを加えた爽やかなパンケーキパイ」だそうです。

見た目はね、美味しそうなんですが、やはり作り立てではないのでパンケーキが固い。

こちらの売りの「ふわふわ新食感」のふの字もありません。

しかもレモンの酸味が強過ぎて、甘さが控えめ過ぎです。

他の味を買った友人は美味しかったと話していたので、この味だけが失敗だったのかも。

イートインのふわふわパンケーキは美味しそうなので、いつの日かイートインでリベンジ!

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2018-08-13 17:21 | カフェ・東京 | Comments(0)

完璧なバナナクリームパイ「松之助NY」

d0219019_14321831.jpg

代官山で中華を食べてぶらぶらした後、お茶をしに立ち寄ったのは「松之助NY」。

京都に本店のある、アップルパイで有名なお店。

駅から徒歩4分、ヒルサイドテラスの中にあります。

私が学生の頃、ヒルサイドテラスといえば「トムスサンドイッチ」が有名でしたが、まだ存在していました。

レンガ屋などなくなるお店が多い中で、ちょっと感動。

d0219019_14324495.jpg

こちらがお店の入り口。その手前のスペースにもテーブルが並んでいます。

d0219019_14324952.jpg

左手が案内されたテーブル。

入店した時は店内も満席で、最後の1席でした。

d0219019_14311006.jpg

店内に入り、ショーケースの中からケーキを選びます。

季節によって種類が変わり、こちらサワークリームアップルパイとチョコレートパイは通年であります。

d0219019_14311547.jpg

ニューヨークチーズケーキ。

d0219019_14313479.jpg

チェリーパイもとっても魅力的。

d0219019_14312436.jpg

左がクランベリースコーン、一般にスコーンというとこの形を思い浮かべそうな右のそれは、ビスケットという名で呼ばれています。

お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】

d0219019_14314273.jpg

ニューヨーク・チェルシー・マーケットで大人気という、ファットウィッチベーカリーのブラウニーですって。

小さいのに、なかなかいいお値段をしています。

d0219019_14322867.jpg

そして、私が数あるケーキの中から迷わず選んだのは、バナナクリームパイ、520円。

この手作り感と、柔らかカスタードクリームたっぷりなところがたまりません。

味も、見た目の期待を裏切らない想像通りの味。美味しい!!!美味し過ぎる!!!

土台のサクサクパイと、素朴で甘過ぎないカスタードクリーム、そこにバナナと控えめな生クリーム。

完璧な組み合わせで、欠点がありません。

このビジュアルは、アンナミラーズのケーキを彷彿させます。

懐かしいと思って調べたら、全盛期には28店舗あったお店が、今はなんと高輪店1店のみだそう。

アイホップの日本撤退といい、時代の流れを感じます。

d0219019_14323745.jpg

ホットコーヒーと合わせて。

幾つでもパクパク頬張れそうな、最高に美味しいバナナクリームパイでした。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2018-08-12 15:28 | カフェ・東京 | Comments(0)

ゴージャスな店内で食べる代官山中華「龍坊」

d0219019_15285345.jpg

小龍包。餃子と並ぶ、飲茶の2大巨頭ではないでしょうか。

昔はその存在さえあまり知られていなかったのに、いつの頃からか大人気になりましたよね。

お洒落な代官山で、そんな小籠包を食べてきました。

d0219019_15285900.jpg

入り口も店内もシックでゴージャスな雰囲気のお店は、「龍坊」。

ロンファンと読みます。

各テーブルにバラの生花が飾られ、それだけで驚く庶民の私達。

否、友人達は庶民ではないのですが、それでも驚いていました。

よく見たら窓辺とトイレにもバラの生花。オーナーはお花屋さんも経営しているのではと疑いたくなります。

だってバラ、高いですもん(笑)。

d0219019_15290345.jpg

さて、そんなゴージャスロンファンで注文したのは、1300円のランチ。

値段がゴージャスではない点、嬉しい限りです。

まずは、セロリの前菜とスープ、お茶が運ばれてきます。

d0219019_15290966.jpg

次は小龍包かと思いきや、メインの「海鮮と野菜のアツアツ土鍋ご飯」が運ばれてきました。

イカ、海老、帆立、野菜は筍、青梗菜、ブロッコリー、人参、さやいんげんと具沢山ですが、ご飯の割に餡の量が少なく、最後はご飯だけ余ってしまいました。

前菜・スープ・メインとも、味にややパンチが欠けるかも。

小龍包も然り。

d0219019_15291474.jpg

友人は「名物 担々麺」にしていました。

名物というくらいですし、こちらの方が正解だったかしら。

お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】

d0219019_15292027.jpg

特製デザート。

スプーンが一緒に写っているのでわかると思いますが、本当にひと口。

まあ、代官山で1300円。贅沢は言えないですかね。

「中国料理人の最高クラスである特級厨師を取得したシェフによる、華やかで繊細な中華料理は、中華という枠組みを越え、欧風の息吹を感じさせるヌーベルシノワ」とHPには書いてあるので、夜にちゃんとした料理を頂くと、又違うのかもしれません。

でも、その片鱗をランチでも垣間見せてくれたらいいな、という気はします。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

by italiawine | 2018-08-11 16:08 | レストラン・東京 | Comments(0)

代官山でパンケーキ「IVY PLACE」

d0219019_13484030.jpg

パンケーキの流行、長いですね。

私は子供の頃から日曜日の朝にホットケーキを自分で焼き、牛乳を飲みながら食べるのが好きだったので、イタリアに持ち帰る食材に、餅やラーメン等と並んでホットケーキミックスを入れる確率が高いです。

イタリアでホットケーキやパンケーキって殆ど見かけないですね。

なので、市販のホットケーキミックスも、アジアンマーケットに売っているアメリカのミックス粉のみ。

それが結構高いのと、自分で作るのが面倒なので、日本から持ち帰るという訳です。

d0219019_13493459.jpg

今回のパンケーキは、代官山の蔦屋横、雰囲気がとっても素敵な「Ivy Place 〜 アイヴィープレイス」で。

7〜17時まで販売しているパンケーキは2種類あり、クラシックバターミルクパンケーキ 1300円と、フレッシュストロベリーミルクパンケーキ 2200円。

私はシンプルな前者にしました。メープルシロップか蜂蜜が選べます。

好みでフレッシュクリームとフレッシュフルーツが追加トッピングできますが、それは今回なしで。

上に載っているバターミルクはホイップバターのようにふわふわです。

パンケーキは、正直普通の味でした。

d0219019_13494065.jpg

着席する際に椅子を引いてくれたりと、サービスはとても丁寧で好感が持てます。

d0219019_13495912.jpg

残念だったのがアイスコーヒー。

酸味が強過ぎて、飲み切れませんでした。

酸味が好きな人も勿論いるでしょうが、1種類しかなく選択のできないアイスコーヒー、万人受けするようにもう少しマイルドな方が良いのではと思います。

d0219019_13494517.jpg

場所柄外国人が多いと聞いていましたが、この日は100%ほぼ日本人でした。

テーブルが大きくスペースもゆとりがあるので、ゆっくりお茶が頂けます。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング
by italiawine | 2018-07-01 14:30 | カフェ・東京 | Comments(0)

代官山のレンガ屋跡地に立つフレンチ「ル・コントワール・オクシタン」

d0219019_15234080.jpg

代官山で食事といえば、「ラ・プティット・シェーズ」。

ここのオマール海老のオムレツライスがそれはそれは美味しかったのです。

しかし、19年間続いたお店は2006年11月17日に閉店し、もう味わうことはできません。

綺麗なオムレツ型にまとめられた周りにオマール海老のソースが掛かり、バジルソースとドライトマトがアクセントで載っていました。お皿の縁にはオマール海老の殻を砕いた粉も。今でも無性に食べたくなる味で、閉店が本当に惜しまれます。

d0219019_15235235.jpg

そんな訳で、今回のランチの場所はネットで評判を見て決めたのですが、行ってみると、これ又昔よく行った「フランス菓子 レンガ屋」の跡地。

まさかこのレンガ屋まで閉店してしまったとは。

先日の湘南のお店といい(詳しくは→こちら)、私の想い出の店はことごとく閉店してしまうらしいです(泣)。

時代の移り変わりといえばそれまでですが、寂しいものですね。

新しい店名は「ル・コントワール・オクシタン」。フレンチです。

d0219019_15241083.jpg

店に入るとすぐ右手に並ぶ、小さな木樽入りのワイン。

この中から好きなワインを選び、自分で注ぎます。1杯800円。

d0219019_15242179.jpg

満タンに注げるという情報を読み、私もやってみました。

プロとしてあるまじき注ぎ方(笑)。でもいいんです。

d0219019_15241601.jpg

中身はフランスの「レ・コンケ・ブラン」。

グルナッシュ60%、ソービニョン40%。

今楽天を見たらボトル680円。グラス1杯代より安い。。。

グラス2杯分ぐらいは注いでいるので大きなことは言えませんが、上乗せ多くないですか?こんなものですか?

d0219019_15242759.jpg

ケースにはパテなどが並びます。

注文したのは、冒頭写真の「オクシタン風オムレツ」。パン・サラダ・コーヒー付きで1000円。

この日は肌寒かったので、温かいオムレツを期待して頼んだのですが、なんと冷蔵庫から出したままの冷たさ。

外の黒板には「冷製オムレツ」と書いてあったようですが、テーブル上のメニューには「冷製」と付いていなかったので、まさか冷たいオムレツとは思わず。

しかも、ケーキ2切れぐらいの少ない量。味も普通。というか、冷たいオムレツってそもそも美味しそうじゃないですよね、普通に考えて。卵を割ってその場で作るオムレツの方がよっぽど簡単で美味しいと思うんですけどね。

セットのサラダも、お皿にちょこっと載っているこのサラダ。

パンとコーヒーが付いて1000円とはいえ、ちょっとがっかりなオムレツでした。

d0219019_13414680.jpg

コーヒーで締めくくり。

d0219019_15240404.jpg

テラス席もあってこれからの季節には良さそうですが、オムレツはちょっと。

友人の豚肉は美味しかったようです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

人気ブログランキング
by italiawine | 2018-06-29 18:32 | レストラン・東京 | Comments(0)