イタリアワインのこころ

italiawine.exblog.jp
ブログトップ

タグ:鎌倉 ( 11 ) タグの人気記事

厳かな気分に 鎌倉「長谷の大仏」

d0219019_11100469.jpg

長谷寺に行ったので、近くにある長谷の大仏を見に、高徳院まで歩きました。

駅から続く一本道には、両側に土産物屋やカフェが並び、歩きながら楽しめます。

外国人の観光客の方がいっぱい。

拝観料200円を払って中へ入ります。

d0219019_11101124.jpg

久しぶりに見る大仏像。

仏身高11,3m、重量121t あります。

おすすめ夏レシピ&お出かけ夏グルメ【PR】

d0219019_11101656.jpg

台座の右脇にある箱のような所から、胎内へ入ることができます。

胎内拝観料は20円と、入りやすい価格。

d0219019_11102276.jpg

中は意外にも狭いです。

d0219019_11102781.jpg

首部分の色が違う箇所は、修復の跡だそう。

中は物凄く暑いので、早々に退散。

でも、なかなかできない経験です。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-07-10 11:35 | 散歩

まだまだ沢山のアジサイがお出迎え「長谷寺」

d0219019_11244111.jpg

色とりどりの鯛焼くん型ビーチサンダル。

夏到来を感じさせてくれます。

d0219019_11244801.jpg

前回から2週間後、再び長谷寺の訪問です。

いつも楽しい高校時代の同級生との集まりなので、わくわくしながら長谷駅で待つ間、江ノ電をパシャリ。

d0219019_11245307.jpg

あっ向こうに違う形の車両がいる!

もう1枚パシャリ。オタクか、私は。

d0219019_11250179.jpg

駅を後にし、徒歩で長谷寺へ向かいます。

道沿いで鯛焼くん達がお出迎え。前回はいなかったなぁ。

子供が履いたら可愛いでしょうね。下りの階段はカニ歩きしないといけなさそうですが。

d0219019_11253444.jpg

空いています、長谷寺。

おすすめ夏レシピ&お出かけ夏グルメ【PR】

d0219019_11251391.jpg

こちらで命名されたという紫陽花「かまくら」。

d0219019_11254476.jpg

日差しが強い分、緑が綺麗です。

前回は30分待ちだった「あじさいの径」も、この日は待ち時間ゼロ。

たった2週間で混雑具合が全く違います。前回は見頃のピークだったので、納得ですね。

d0219019_11255080.jpg

色が落ちて来ている紫陽花も、儚げでいいです。

d0219019_11255623.jpg

ほぼ頂上からの図。

人は何故海が見えると歓声をあげてしまうのでしょう。

d0219019_11260483.jpg

すごく急勾配に見えますが、登る時はそれ程感じません。

ピークは過ぎたと言えど、まだまだ沢山のアジサイが咲いています。

人が少ない分、ゆったりできていいですね。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-07-06 12:09 | 散歩

300年の歴史、鎌倉名物「力餅家」

d0219019_11391294.jpg

ずーっと昔から気になっていたお店、「力餅家」。

湘南へ車で行く際はよくこのお店の前を通り過ぎ、大きく「家餅力」と書かれたインパクト大の暖簾を横目で見ながら「行ってみたいな」といつも思っていました。

食いしん坊の私が何故1度もお店に入らなかったのか謎ですが、車を駐車しにくい場所故諦めていたような記憶が微かにあります。

今の時期は店前の車の通りもそう多くはないですが、海へ行くシーズンの夏になると交通量も多かったと記憶しています。

きっとそのせいでしょうね。

今回は徒歩だったので、初めて中に入ってみました。

d0219019_11392285.jpg

女性の店員さんが2人いて、気軽に写真を撮らせてくれました。

私が学生の頃からあるので「このお店、長いですよね」というと、『そうですね、300年以上の歴史があります』とのお返事。

お見逸れしました。学生の頃どころじゃない。まさかそんなに長い歴史があるとは。

d0219019_11391717.jpg

このお店の名物は「権五郎力餅」で、餅をあんで包んだ日持ちのしないタイプと、求肥を包んだ日持ちのするタイプの2種類あります。

餅タイプは10個入りしかないので、バラ売りのある求肥タイプにしました。1個95円。

しかーし、帰ってから調べると、餅タイプの方かなり絶品らしいです。しまった。よく調べてから行けば良かった。

3〜5月には中の餅がヨモギ餅になるそうで、それもかなりそそられます。

d0219019_11392826.jpg

お店を出ると、すぐ向かいに食パンで有名な「ブレッドコード」があります。

15時頃だったのですが、既に完売のようで閉めに入っていました。

イタリアから戻る度に驚くのが、ケーキとパンの値段の高さ。

私が向こうへ渡った15年前は、350〜400円のケーキ、100円台のパンが主流だったので、今の価格を見るとびっくりします。

食パンブームもすごいですね。1000円の食パンとか、普通にありますものね。

でもここのパン、美味しそうなので1度買ってみたいです。

d0219019_11393525.jpg

15分程かけて、極楽寺駅まで歩きました。

駅のすぐ目の前に極楽寺があります。

中は撮影禁止なので、門とアジサイをパチリ。

極楽寺駅、初めて来たかもしれません。

風情がある駅だと思ったら、「関東の駅百選」に選ばれていました。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】

d0219019_11394015.jpg

駅のホームのベンチで電車を待ちながら、先程購入した力餅をパクリ。

小ぶりですが、さっぱりとした甘さのあんで美味しかったです。

次回は餅タイプに挑戦ですね。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-06-21 12:38 | ドルチェ

江ノ電とアジサイの人気スポット「御霊神社」

d0219019_21502628.jpg

江ノ電といえば、このショット。

民家の脇をスレスレに走る車体とアジサイのコラボが有名な場面ですよね。

子供の頃から、家から最も近い海が湘南だったので、江ノ電にも慣れ親しんでいるはずでしたが、意外とこの有名スポットが何処なのか知りませんでした。

長谷駅から近い、御霊神社でした。

境内のすぐ脇を、線路が通っています。

d0219019_21503486.jpg

レトロな後ろ姿。

d0219019_21504145.jpg

こんなハイカラ車両もありますよ。

私的には、身近で日常的な存在の江ノ電ですが、意外と知名度が高いみたいです。

先日TVで関東出身でないタレントさん2人が「昔から江ノ電を知っていた」と話しており、その内の1人は「上京してすぐ江ノ電に乗りに来た」そうです。ちょっとびっくりでした。

でも嬉しいですね。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】

d0219019_21510616.jpg

列車が何本か通り過ぎ、前の方でカメラを構えていた人々が去ったので、1番前を陣取ります。

カメラ小僧かって(笑)。

d0219019_21511486.jpg

来たーーー!!

d0219019_21512279.jpg

今日のベストショット♡

d0219019_21513092.jpg

私を含め、にわかカメラ小僧率高し!

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-06-20 15:00 | 散歩

色も種類も豊富なアジサイ「長谷寺」

d0219019_18211061.jpg

鎌倉アジサイ巡りの第2ポイント、それは長谷寺。

江ノ電「長谷」駅で下車し、徒歩5分。

「あじさいの径」と呼ばれる眺望散策路へ入るには、この時期整理券が配られ、券に印刷された番号が表示されたら中に入れます。

待ち時間が長い時は、一旦外へ出て再入場できるそうなので、便利ですね。

我々が到着した時はすごい人でしたが、意外に待ち時間は少なく30分待ち。

d0219019_18214337.jpg

時間まで境内を散策します。

散策路以外の場所にも、様々なアジサイが咲いています。

d0219019_18212815.jpg

力強い色。

明月院はブルーの紫陽花が大半を占めていましたが、こちらは色も豊富です。

d0219019_18215757.jpg

眺望散策路へ入る順番が来たので、登り始めましょう。

階段が続き、ゆっくり進みます。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】

d0219019_18221873.jpg

鎌倉の町が眼下に見えてきました。

d0219019_18224207.jpg

周りは紫陽花でいっぱい。

d0219019_18225379.jpg

可愛過ぎる。

d0219019_18232373.jpg

頂上付近。湘南の海が見えたー!

標高が結構高いですね。

d0219019_18234900.jpg

入場は規制されていますが、1度入るとどれだけ中にいてもいいので、皆思い思いに花の写真を撮ります。

d0219019_18240781.jpg

フリルのように小さな、グラデーションになったガクがとっても綺麗。

明月院も素晴らしいですが、長谷寺は40種類を超えるという種類も色も豊富な紫陽花が、楽しませてくれました。

d0219019_18242735.jpg

紫陽花で埋め尽くされた花畑。見応えがあります。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-06-19 15:00 | 散歩

鎌倉・長谷の、心地よい自然派ワインバーレストラン「ボータン」

d0219019_18222047.jpg

鎌倉でランチとなると、候補が沢山あって悩むところ。

今回は、アジサイ巡りで訪問するお寺のある、北鎌倉と長谷周辺で探してみました。

そして予約をしたのが、長谷駅から徒歩5分の場所にあるビストロ・ワインバーの「ボータン 〜 Beau Temps」。

d0219019_18231001.jpg

葡萄の蔦が絡まる、素敵な一軒家です。

d0219019_18243874.jpg

カウンター席の向こうには、夜のアラカルトメニューが書かれた黒板が。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】

d0219019_18244437.jpg

テーブル席もあります。

厨房のシェフとサービスの方と、2人で切り盛りされています。

席に着くと、シェフがわざわざ厨房からテーブルまで来て、「本日はご来店有難うございます」と挨拶して下さいました。

こういった心遣い、お店の真摯な姿勢が伺えますね。

予約時の電話での対応も、とても良かったのが思い出されます。

d0219019_18245045.jpg

vouvrayの泡 850円を注文し、一緒に出てきたのがこちらの見慣れた水用グラス。

フィレンツェのエノテカ「Le Volpi e l'Uva」のグラスと一緒です!なんか嬉しいな。

「Le Volpi e l'Uva」については、こちらをご参照下さい。↓




d0219019_18245559.jpg

お昼のセットメニューは、前菜+メイン+カフェで1800円。

この日の前菜はこちら。

手前左から時計回りに、人参のラペ、グリーンサラダ、パン、ラタトゥイユ、燻製ポテトサラダ。

なかなかボリュームがあります。

d0219019_18250353.jpg

メインは肉か魚かの選択で、魚にしました。

カジキマグロのソテーに、インゲンや蕪・バジリコが添えられ、グリーンピースのソースとイタリアンパセリのソースがアクセントになっています。

コーンのフライが甘くて絶品。

マグロもよくあるパサパサ感がなく、しっとりして美味しい。

d0219019_18251970.jpg

予約をした時は知らなかったのですが、お話をしてみたらイタリア関係で繋がっていることがわかり、デザートをご馳走して頂いてしまいました。

ブラッドオレンジのタルト。

イタリアはシチリアで有名なこのオレンジ、日本では愛媛で生産しているそうです。

初めて知りました。

d0219019_18253338.jpg

ココナッツのカタラーナ、パイナップル添え。

クレームブリュレに似たドルチェですね。ココナッツ味は珍しく、冷んやりとして暑い日にピッタリ。

料理は美味しくて値段が手頃、サービスも細やかな素敵なお店を発見できました。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-06-18 14:56 | レストラン・東京

北鎌倉の「葉祥明美術館」で見るアジサイ

d0219019_16443158.jpg

鎌倉の明月院へ向かう途中に、素敵な洋館があります。

行きは門が閉まっていたので、個人の方の邸宅かと思いましたら、帰りに通ったら開門されていて、絵本作家の「葉祥明美術館」でした。

ショップと庭は無料で入れるということで、お邪魔しました。

d0219019_16444172.jpg

可憐な花を付けた紫陽花。

d0219019_16450626.jpg

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】

洋館前のお庭には紫陽花が綺麗に咲いています。

d0219019_16451542.jpg

絵の具のような青色が美しい。

d0219019_16454276.jpg

こちらは写真ではよくわかりませんが、大きなガクを付けたとても立派なアジサイです。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-06-17 15:00 | 散歩

ブルーだけではない、色とりどりな明月院の紫陽花

d0219019_18295159.jpg

赤葡萄のような綺麗な紫色で、ワインを想像させるアジサイ。

明月院は、大半が「明月院ブルー」と称される青色のアジサイで埋め尽くされていますが、中にはこんなに可愛らしい色の物も咲いています。

d0219019_18295737.jpg

とても大きなガクを持つ、白い紫陽花。

d0219019_18301103.jpg

大小幾重にも重なったガク。

d0219019_18302963.jpg

色は「明月院ブルー」ですね。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】

d0219019_18304481.jpg

薄紫も素敵。

d0219019_18305033.jpg

縁どりタイプ。

d0219019_18310539.jpg

紫の中に、白色のアクセント。

d0219019_15285287.jpg

まとまって咲き乱れる明月院ブルーもやはり圧巻ですね。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-06-16 15:36 | 散歩

明月院の茶室でひと休み「月笑軒」

d0219019_17424694.jpg

紫陽花を堪能した後は団子も必要ということで、明月院内にある茶室・月笑軒へお邪魔します。

大混雑かと思いきや意外と空いていて、3分程待ってすぐに通されました。

d0219019_17425398.jpg

外の特等席は、ずーっと席が空くのを待っていた、学生さん達。

男女グループで楽しそう。

その手前の窓際の席もいいですね。

d0219019_17425941.jpg

珈琲もありましたが、ここはそれらしくお抹茶&和菓子のセット。700円です。

和菓子は鎌倉のものではなく、何故か島根の菓子所「桂月堂」の出雲三昧。

何か繋がりでもあるのでしょうか。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】

d0219019_17430323.jpg

落雁、粒入り羊羹、求肥の3段重ねです。

茶器は種類が色々あるようですが、私はたまたまアジサイ柄でした 💜

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-06-15 15:00 | 散歩

明月院の有名な丸窓撮影も、なかなか難しい!

d0219019_14394050.jpg

明月院の有名なアジサイの参道で写真撮影に苦労をした(詳しくは→こちら)後は、もう1つの撮影スポット、「丸窓」へ。

こちらも、明月院といえばこれ!というくらい有名です。

アジサイが見頃の今の時期は、「撮影を断念した」という人も出るくらいの長い行列ができるそう。

鎌倉石の参道の撮影に時間を掛けてしまったので、どれだけ並んでいるだろうと思いきや、20人程でした。

これなら余裕と思い、列の最後尾に付きます。

d0219019_10513197.jpg

丸窓のある本堂の前の「枯山水庭園」を見ながら待つこと10分ほど。

d0219019_10310536.jpg

丸窓のある部屋へは入れないので、外から撮影します。

花ショウブが生けてありますが、今の時期なら紫陽花の方が気分が上がる気がするなんて、思ってはいけないかしら。

だって、丸窓って向こうに紫陽花が見える訳でもなく、今の時期感がないんですよね。

紅葉の時期には向こうに見える木が紅葉しているので季節感満載ですが、今は新緑が見えるのみ。

しかも、紫陽花目当てですごい人出なので、まさかの「人写り込みまくり」💦

d0219019_10305722.jpg

こんな感じで、何枚撮っても人が通っている写真ばかり。

今まで人がいない丸窓の写真しか見たことがなかったので、向こうを人が通れることさえ知りませんでした。

この時期に人のいない丸窓の写真を撮るのはほぼ不可能の予感。

後ろには人が並んでいるので、あまり長く陣取る訳にもいかず、数枚撮影して終わりにしました。

そのベストショットが冒頭の写真。

それでも2人写り込んでいますが、これ以上は無理でした(笑)。

d0219019_10313064.jpg

本堂の裏は「本堂後庭園」となっており、終わりに近い菖蒲の花がまだ少し残っていました。

こちらへ入るには300円の寄付金を納めるのですが、それを知らずに入ろうとしてしまい、「寄付金をお願いしております」と声を掛けられ。。。恥ずかしい。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】

d0219019_14402562.jpg

こちらは丸窓を裏から見たところ。

d0219019_10314383.jpg

「本堂後庭園」にも明月院ブルーの紫陽花が咲いています。

↓ワンクリックで応援して下さい016.gif

[PR]
by italiawine | 2018-06-14 11:33 | 散歩